« 13)、畑の遥か向こうに、教会の屋根が照り映えている。The roof of the Church are aglow with the far across the field, | トップページ | 16)、挨拶(あいさつ) exchange greetings »

2009年4月28日 (火)

14)アウトバーンと警察官 Talk about Autobahn running on a bicycle and was scolded by the policeman.

 バーゼルは、スイス・ドイツ・フランスが国境を接する町で、ライン河畔にモニュメント(ドゥライ・レンデ・レッケ)が立っている。 何の変哲もない低い塔であり、工事中でもあって、がっかり。 それはともかくとして、三か国が近い地点であり、この日一日で、3ヶ国の警察官と出会った。 次の話は、アウトバーンを走っていて ドイツの警察官に職務質問 された話。
Basel is a town bordered by Switzerland, Germany and France, with monuments (Durai Rende Lecque) on the banks of the Rhine. It is a low tower with nothing unusual, and it is under construction, too and it is disappointed. Apart from that, the three countries are close, and in one day, I met police officers from three countries. The next story is a story about a German police officer running an Autobahn.

 国境に架かる橋を渡って、バーゼルの看板に従いながら勢いよく走り込んだら、"またも"アウトバーンに紛れ込んだ。("またも"、と付けるのは、これで3回目だから)。 『 まあいいや。多分、アスファルトの2車線が高速道路で、端のコンクリート道路が一般道路であろう。』と、勝手な解釈をして走っていると、黄色っぽい(日本で言う道路公団の)車が、追い越した先、百メートル前方でストップした!
After crossing a bridge over the border and following the signs in Basel, he ran into the Autobahn again. (This is the third time I've been labeled as "re-re".) "Oh, no. Maybe two lanes of asphalt are highways, and concrete roads at the end are general roads. And running with a selfish interpretation, the car of the road public corporation said in Japan yellow-ish, the destination that overtook, stopped in front of a hundred meters.
『 やられるな 』と思ったら、案の定、「ここはアウトバーンだ。この道とライン川との間に、自転車が走っていい道がある。次の休憩所で出なさい。」と、きついお叱りを受けた。
「危ないので後ろを伴走してあげよう」。 しかたなく宏は前を走る。

黄色い車は後から付いて来る。 休憩所に着き、示された方向に走って行く。
 事件はこの後である。別れ際に(よせばいいのに)「そっちの道はデコボコの道じゃないのか?」と、渋ったせいかも知れない。
If you think you can't do it, you're going to have to say, "This is the Autobahn. There is a good way for bicycles to run between this road and the Rhine River. Get out at the next resting place. I received a hard scolding. I'll run behind you because it's dangerous. Hiroshi can't help but run in front of him. The yellow car comes with you later. We get to the rest area and run in the indicated direction. The incident is after this. At the time of the farewell, i.e., "Isn't that the rough-road : a deco-boco-michi?" It might be because it was reluctant.
 ライン河畔に出た。
何人かの人が、のんびりと散歩を楽しんでいる。 宏はそのまま少し進んだ所で自転車を止め、川岸で休息していた。 自転車との距離は50メートルばかり離れていた。
そこに来た来た、パトカーが唐突に現れる。

ゆっくりと宏の自転車に近付いて行き、停まった。 制服警官が二人、ニヤニヤしながら宏の方に近づいて来る。 二人共、ガッシリとした体格で背も高く、迫力がある。
I went out to the shore of the Rhine. Some people are enjoying a leisurely walk. Hiroshi stopped the bicycle in the place where it advanced a little as it was, and rested on the riverbank. The distance from the bicycle was only five meters away. Came there, a police car suddenly appears. I slowly approached Hiroshi's bicycle and stopped. Two uniformed policemen approach Hiroshi with a grin. Both of them are tall and powerful in their physique.

「私か?」
「そうだ。アウトバーンを走っていたのは、おまえだろう」
「そうだ。」と、正直に答える。
「どこから入った?」
「フランス側から橋を渡って来て、紛れ込んでしまった」
「6マイル(約10キロ)走っているぞ」 と、笑いながら言う。

 笑ってはいるが隙がない。腰にぶら下げているピストルがちょっと気にかかる。
「どこから来たか・・(と続いた後)、パスポートを見せろ」と来た。
「はい。はい。」と言って差し出す。
Is it me? "That's right. You were the one who was running the Autobahn. I answered honestly. Where did you come from? "I came across the bridge from the French side and got confused," he says with a laugh, "running six miles and about 10 kilometers."  He laughs, but he doesn't have a chance. I'm a little worried about the pistol hanging around my waist. I said, "Where did you come from? "Yes," he said. Yes. It says and it held it.
 一人がパトカーに戻って電話でチェックしている。 待っている間、宏はもう一人の警官と、「ドイツの天候は変わり易い。朝晴れていても、突然大雨だ。・・・」と、世間話をしている(沈黙が何故か怖かった)。
One of them is back in the police car and checking on the phone. While waiting, Hiroshi said to another policeman, "The weather in Germany is easy to change. Even if it is sunny in the morning, it suddenly rains heavily. I was afraid of silence for some reason when I was talking about it.
ベルギーでしか入国審査をしていないのに身元確認がもう済んだ様子で、警官が戻ってきた。
「OK!」
「ヨーロッパでは国境を越えてもパスポートチェックされたことが1回もなかった。通用するのかどうか不安だった。サンキュー」 と言って、例のセブンスターを一箱差し出した。
《 ちゃっかりと受け取っていく警察官。》
The policeman returned because he had already confirmed his identity even though he was only in Belgium. "OK!" "In Europe, there was never a single passport check even if I crossed the border. I was unsure whether it would work or not. Thank you for the Seven-Star of the TABACO. 《 The police officer who receives it frankly.
後でたばこの残りが少ないことに気が付き、『 やるんじゃなかった。』と思ったが、後の祭り。 何処かで落としたらしい。 他にも6ヶ国語の会話集もなくしているが、この時には、まだ気が付いていない。
Later, I realized that there was not much rest in the cigarette, and I thought, 'I shouldn't have done it. I thought, but the festival after. It seems to have dropped it somewhere. I haven't had a conversation in six other languages, but i haven't noticed it yet.

 紛失物と言えば、2,3日前に買ったばかりの財布を落とした。 『 財布を拾った奴は、初め喜んで跳び付き、後でがっかりしただろうな。何にも入っていないのだから。』と、酸っぱいブドウのイソップ狐のごとく、自分に言い聞かせた。Speaking of lost items, I dropped my wallet i just bought two or three days ago. The guy who picked up his wallet would have jumped happily at first and was disappointed later. It's not in anything. It told me like the aesop fox of the sour grape.
『 ようやく本日の洗濯も終わった。 既に23時30分。 少々(?)お腹は空いているが、今夜の夕食はチョコレートの"かけら"と、昼間会った自転車じいさんがくれた「チョコ付きウエハス」で我慢する。 もう眠くてしょうがない。 明日はスイス入りし、ジュラ山脈を越える。 少々日程が遅れているので、峠越えの近道をしよう。 南に下ったせいか、もう外は真っ暗だ。』
"Today's laundry is finally over. Already 23:30. A little (?) I'm hungry, but tonight's dinner is a piece of chocolate and a "wafer with chocolate" that my old bicycle i met in the daytime gave me. I'm already sleepy. Tomorrow we will enter Switzerland and cross the Jura Mountains. The schedule is a little late, so let's take a shortcut over the pass. It's already pitch black outside, probably because we went south. 』

|

« 13)、畑の遥か向こうに、教会の屋根が照り映えている。The roof of the Church are aglow with the far across the field, | トップページ | 16)、挨拶(あいさつ) exchange greetings »

W ヨーロッパ縦断の旅(前編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14)アウトバーンと警察官 Talk about Autobahn running on a bicycle and was scolded by the policeman.:

« 13)、畑の遥か向こうに、教会の屋根が照り映えている。The roof of the Church are aglow with the far across the field, | トップページ | 16)、挨拶(あいさつ) exchange greetings »