« 第3話、”リフレクターの主光路”"primary length of optical reflector". Hiro. Oyama | トップページ | ”異次元世界の同時表示”。It is about "the simultaneous viewing of different dimensional world".Riemannian Geometry リーマン幾何学 »

2009年5月22日 (金)

第 4話、”反射光像は、どうやって形成されるの?"The reflected image is formed how?" I received the question.

 先日、ある方から、『(素人の方にも納得できるように)、反射光像 というものが形成される様子を"絵"に表して欲しい。』 との依頼がありました。 易しいようで、これが結構難しいのです。 一か月悩み続けて書いた絵が、以下の挿し絵です。
(下手な絵ですが)この絵の面白さは、このブログを開いてくれた貴方なら、直ぐにお分かり頂けると思います。 虫になったつもりでランプ灯具の中に入り込んで、その"テントウ虫"が、上下左右に周囲の様子を見回している状態が、描いてあるのです(描こうとしたのです)。Zu1_4  From there the other day, "(understandable to laymen as) want refers to "picture" the reflected image is formed. "With asked. It is so easy, this is quite difficult. Painting wrote 1 month worrying is illustrated below. I think (it is a poor picture) interest in this picture if you opened this blog, soon you'll notice. Is drawn into a bug lamp fixture, looking around the State on all sides "vaipa" State (it is a draw).

 油絵など、絵画の世界で 『こんな絵 どこかで見たことがありそうな』気がしませんか? そうなのです。パリの"街角"の絵を描くと、こんな構図が出来るのですね。

 周囲の建物は馬鹿でかく、一目では見れないので、目をグルグルと 動かしながら、全体の様子を認識しようと努める。その時得られた"美"の感動を1枚のキャンパスに、なんとか表したいと模索している内に、こんな絵が出来上がって、感動を他の人に伝えられる状態になるのですね。
 前置きはその位にして、テントウ虫になったつもりで、ランプ灯具の中に入り込んで見ましょう。
 In the world of art, such as painting, "paintings can be seen somewhere in probable ' or don't feel like? That's right it is.  I can draw a picture of the "streets of Paris", and this composition. Try surrounding buildings, big idiot not to see at a glance, so tries to recognize the whole picture while moving round and round the eyes.  It is finished paintings in the excitement of 'beauty' at that time obtained represent managed on one campus, and exploring the impression conveyed to others. Without further ADO, let's look into light fixture will have its place, and then become vaipa.
 下の方に、"円柱光源"が見えます。右手に楕円反射面が、自分(テントウ虫の貴方)に覆いかぶさるかの如くに、天空に広がっています。左手には、なにやら半透明のカーテンのようなスクリーンらしきものがあり、十字線が引いてあります。スクリーンの目印ですね。そのスクリーンに向かって、楕円の鏡の反射作用によって、光源像が送られています。
 In the world of art, such as painting, "paintings can be seen somewhere in probable ' or don't feel like? That's right it is.  I can draw a picture of the "streets of Paris", and this composition. Try surrounding buildings, big idiot not to see at a glance, so tries to recognize the whole picture while moving round and round the eyes.  It is finished paintings in the excitement of 'beauty' at that time obtained represent managed on one campus, and exploring the impression conveyed to others. Without further ADO, let's look into light fixture will have its place, and then become vaipa.
 光源の前端を A 、後ろ端を B としますと、反射象の端部が入れ替わって  B’、A’ となっています。 鏡の像は反転するからです。 その反射像がそのまま真っ直ぐスクリーンを突き抜けて進んでいるのです。実際には見えないものを見たいがために、半透明のカーテン(スクリーン)をわざわざ垂らして、光源像を見ようとしていたのでした。
 Swapped edges of reflective light front end and back end, A B, B ', A ' and has been. It is from the inverted mirror image. It is going, its reflection through the screen straight as. It was trying to light image and look at the hanging translucent curtains (screen) all the way because they want to see what is actually invisible.
 反射点に「C」という記号が付けてあります。その付近の代表点です。どんな複雑な曲面であっても小さく小さく分解していくと、分解した部分面は"平面"に近づいて来ます。地球は球面ですが、自分の回りの地面は、平たい平面にしか見えないのと同じです。
その「C」点付近の微小面に四角形の平面の印が書いてあります。この平面を、光学では"接平面"と呼びます。広い楕円面全体を小さな微小平面群に置き換えて、配光シミュレーションは実行されているのです。
 Reflex point with the "C" symbol. It is representative of the near. No matter how complex comes closer to the "plane" is dissolved and even down to smaller and smaller parts. The Earth is spherical, but around their ground is same visible only on a flat plane. Plane of the rectangular signs are written in 'C' point near the small faces. This plane is called "tangent plane" in optics. It is replaced into the small micro-plane group wide elliptical reflectors the light simulation.
 挿し絵では反射点Cは、楕円の中央付近に書いてあります。しかし、楕円の鏡全体に無数に反射点はあり、その位置によって微妙に反射象は変化するだろうと、想像できますね。
例えば、C1のように、光源の真横の位置では、光源は横長に見えます(テントウ虫なのですから、C1点に飛んで行って、そのC1点から光源を見ていることを想像して下さい)。ですから、その反射象は横に寝そべった像になるであろうと、想像できます。
 In the illustrations reflected point C is written near the center of the ellipse. However, I can imagine the wide oval mirror and reflex points to countless a position vary subtly reflected the elephant would. For example, C1, at the side of the light source, light landscape looks like (imagine flew to C1 from vaipa, and have seen the light from the C1). So the elephant that reflection will be stretched out next to the statue, can imagine.
 C2点に飛んで行って光源を見ると、斜めに傾いて見えるでしょう? しかも なんだか光源が小さく見えるでしょう? 距離が遠くなったからなのですね。 C2点での反射象はスクリーン上に斜めに傾いて、しかも小さな形で映るのです。
 と、こんな小学生向けのお話を続けていると日が暮れますので、後は、日能研問題よろしく、各自で想像してみて下さい。
 Position C2 of flying over the light, and light is leaning diagonally and looks. And yet somehow light look small? Was far away from me. Reflecting elephant in the C2 point leaning diagonally on the screen is also reflected in the small form. And continues to talk about children and it gets dark, because after the research problem, thank you, on your own imagine.
 配光シミュレーションは、この作業を、楕円鏡の全体に渡って、しつこく計算しているのです。その様々な大きさと傾きを持った光源像の集まりをグラフ化してみると、左下隅の描いたような、中央が明るく周囲が暗い、『なんとなく同心円状のパターン」が観測されるのです。 これが"反射光像"なのです。
 It is this task computing insistently across the oval mirror lighting simulation. Looking graphs on the set of source images with its various dimensions and slope and drew in the bottom-left corner, the Center is bright and dark ambient, "patterns of concentric, but" it is to be observed. This is the "light images".
 反射光像というものが、お分かり頂けたでしょうか? 下手な挿し絵を用いて反射光像の説明をしている振りをしながら、なんとなく理解して頂きたかったのです。
 今回のお話のもう一つのポイントは、シミュレーションは、"非常に細かくびっしり"と、全面に渡って反射曲面を分割し、その分割曲面群を"微小平面群"に置き換えて実行しているのだ という点でした。このことを貴方の頭の隅に置いておいて下さるなら幸いです。 あッいけない。まだテントウ虫のままの人がいました。
 目を覚まして! 仕事!仕事!
The reflected image of you realized?  I wanted to understand, and by describing the reflected image using bad illustrations, but is. Simulation is another point of this story is "very finely packed", across divides the reflective surface, replace "micro-plane group" split surface of running that it was. It is this that God put in the corner of your head if you. Ah don't.  There were still people vaipa remains. Wake up! Job! work!

|

« 第3話、”リフレクターの主光路”"primary length of optical reflector". Hiro. Oyama | トップページ | ”異次元世界の同時表示”。It is about "the simultaneous viewing of different dimensional world".Riemannian Geometry リーマン幾何学 »

Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第 4話、”反射光像は、どうやって形成されるの?"The reflected image is formed how?" I received the question.:

« 第3話、”リフレクターの主光路”"primary length of optical reflector". Hiro. Oyama | トップページ | ”異次元世界の同時表示”。It is about "the simultaneous viewing of different dimensional world".Riemannian Geometry リーマン幾何学 »