« 楕円という反射面,"ellipse reflector,"ellipsoid, "focusing"reflected image.負太陽 negative Sun. | トップページ | 第15話:”放物面の面白さ”についてのお話 "Parabolic surface interest" about the story. »

2009年5月23日 (土)

第14話、”難題から光明を見出す法”(KJ法の紹介)Introduction to ‘Find the light from the challenge of "solo KJ method.”’

一人KJ法」のポイント100枚のラベルを書くことです。関連のありそうな事実らしき事を100枚書き出してみるのです。 20枚くらいなら誰でもすぐに書けますが、100枚は大変です。最後は、絞り出すようにして紙面上に表してみるのです。
 その後、同じ事象を表している(意味している)もの同士を、
"想念"によって集合/分類しつつ、それらの関連性を検討していくのです。
 "solo KJ method" of points is write a 100 sheets of labels. It is and has a related thing, try exporting your event 100. 20 as anyone can write to 100 copies is difficult. It is to squeeze out the last, expressed on paper. Ones (mean) represent the same event and then getting together by the "thoughts" and classification and will consider the relationship between them is.
 昔、誰かから、『 アフリカのホッテントットとかいう人達の頭の中には、数が、1つ、2つ、3つ、しか無くて、3つ以上は、沢山(たくさん)、沢山で済ますのだそうだ。』 と聞いたことがあります。( 事実かどうかは知りません。もしそうでなかったなら、ホッテントットさんゴメンナサイ。)
 Long ago, from someone, "said hottentotto African people's head, number one, two, three, only without the three or more, said lot (a lot) and plenty of. "And can be heard. (Whether true or not. If no hottentotto, sorry to say. )
 現代人の我々も似たようなもので、数こそ10億でも38兆でも、数えられますが、複雑に絡み合う問題では、たとえ2つであっても、『 あちらを立てればこちらが立たず。』 と、苦労します。 まして、3つ以上が絡む問題では、日常生活においても、頭を抱え込んでしまうことが多々あります。
 In what looks like our modern, counts only the number of 1 billion or 38,000,000,000,000 in the tangled web of problems, even two, even "if it ensures that there is not." And have a hard time.
 このような時私は、紙に書き出し・並べ直して見るという方法で、切り抜けることにしています。 今日は、その難題解決法(KJ法)について、御紹介しましょう。 私がこの”KJ法”を知ったのは30年以上前でした。 日間の泊まり込み研修会で教わったのです。
 その方法とは、『 5~6名を1グループとして、各自に20枚の紙片を配り、設定テーマ(悩み)に関して 事実らしき事象 を書いてもらって、それをグループ内で"想念"でもって整理していく というものでした。
 Like this when I write on paper and has to be seen again lined up that way, go through. Today, about the challenge solution (kJ) and here. It was more than 30 years ago I learned this "kJ".  It is taught in slumber workshop for three days. And that way, "5-6 as a group, to distribute the 20 pieces of paper the subject settings (trouble) in fact seemed to be writing, it will organize! with "thought-in-mind" in the group." That was the one.

一人KJ法のポイントは、100枚のラベルを書くことです。 関連のありそうな事実らしき事を、100枚書き出してみるのです。 20枚位なら誰でもすぐに書けますが、100枚は大変です。最後は、絞り出すようにして紙面上に表してみるのです。 その後、同じ事象を表している(意味している)もの同士を、"想念"によってくっ付け合い・分類しつつ、それらの関連性を検討していくのです。
 Let's teach the "know-how" of how to do that. "solo KJ method" of points is write a 100 sheets of labels. And bearing a related thing is try exporting your event, 100 sheets. 20 # if anyone can write immediately, but 100 is difficult. It is to squeeze out the last, expressed on paper. Ones (mean) represent the same event and then attached by the "thoughts" each other each other, and classified, while is to examine their relevance.
 数時間かかりますので、やり始めるまではちょっと躊躇するのですが、終わった時には毎回、「やって良かった」という満足感で満たされ、創始者である文化人類学者の川喜田二郎先生に対して、感謝の気持ちで一杯になるのです。
"
だまされた"と思って"だめで元々"と思って、トライして見て下さい、悩みの淵に貴方が立たされて居る時には、、。
 It is filled with satisfaction that good doing every time, when finished is to begin may take several hours, so I hesitate to the founder of the cultural anthropologist Kawakita Jiro teacher to filled with gratitude. I "cheated" and "not original" and thinking, please, look at and try when there is you stand on the verge of trouble,
-------------------------------------------
PS、(1)、数学的に見た100枚の意味は、『 書き出しミスの1枚が存在する確率を、1%以下にする。』 という事です。
(2)、心理的に見た
100枚の意味は、『 最初の20枚には、無意識の内に避けている重要事項も、100無理矢理書き出す内に、自然の内に絞り出されて来る』 という事 らしいです。
PS, 100 pieces seen (1), in the mathematical sense, "export to less than 1% probability of being one of the mistakes. "That is the thing.
100 photos I saw in (2), a psychological sense that "in important matters is avoided in the giveaway 20 copies of the first, 100 forced exported to come are mounds in the nature." That seems to be it.

|

« 楕円という反射面,"ellipse reflector,"ellipsoid, "focusing"reflected image.負太陽 negative Sun. | トップページ | 第15話:”放物面の面白さ”についてのお話 "Parabolic surface interest" about the story. »

Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/29425378

この記事へのトラックバック一覧です: 第14話、”難題から光明を見出す法”(KJ法の紹介)Introduction to ‘Find the light from the challenge of "solo KJ method.”’:

« 楕円という反射面,"ellipse reflector,"ellipsoid, "focusing"reflected image.負太陽 negative Sun. | トップページ | 第15話:”放物面の面白さ”についてのお話 "Parabolic surface interest" about the story. »