« 第18話、”ホイヘンスの原理”光の粒子説・波動説。Here I talk about theory of wave-particle theory of light, and "Huygen's principle" that will. | トップページ | フォッサマグナ!( 白馬村・青木湖・黒部ダム・室堂)Fossa! [Hakuba village, Lake Aoki, Kurobe dam, Chamber Hall] regarding the article is. »

2009年5月23日 (土)

”デザイナーが目指す絵・弁理士さんが喜ばれる絵”Picture designer's vision. A picture that pleases Attorney's.ディフォルメ(誇張)

 あるデザイナーの方から教えて頂いたことです。「・・、丸いランプの絵を正確に(真円に)描いても、丸くは見えないのです。車のデザインの中では、少し釣り目に描いて初めて、丸く見えるのです。」
 もっともなお話で、今でも記憶に残っています。あえて理屈を付け加えると、「人間には、目の錯覚というものがあり、デザイナーさんは、その錯覚さえもうまく取り込み、融合した絵を理想としておられるらしい。」と感じたのです。
 特許庁の方が好まれるというのもあります。それは、『構成部品が全て一枚の絵に収まっており、少し歪んでいたとしても、全てが書き表されている絵(ある特許事務所の方)』なのだそうです。
 It is from a designer who capped it. "-The invisible drawing accurately round lamp on the (circular) or round. It is visible for the first time round, in the design of the car, a little drawn to fishing. "However the story, still remains in memory. And dare to add "human, there is an optical illusion designer and I, well take the illusion even included the fusion design ideals and with that seems to be. "And it is felt. There pictures are preferable to patent. It is in "components and fits all picture was slightly distorted, but all are represented writing picture (one of the Patent Office), it seems.
 特許の世界は、絵画でいう"ディフォルメ(誇張)"が珍重される世界!という気がします。Patent world is the world that is prized in the painting "Deform (not exaggerating)"! "feel.

 破断なども多用しつつ、なるべく1枚の絵で表し、部品の関連性が、重視される世界です。 我々設計者は、CATIAで3D図を描きます。知財室では、『その図でいいですから、添付して下さい。』とおっしゃっておられるようですが、弁理士さんにはとても扱い難い複雑な"絵"であり、結局は手書きで書き直すことになるようです。
 While extensive use of fracture as well as represent the picture as much as possible will be important parts of the world. Our designers draw a 3D figure in CATIA. Intellectual property Office offers a "in the picture is from, please attach." and so that it is substituting, but very difficult on the Attorney's complex "picture", and eventually rewritten by hand.
 3D図は確かに正確なのですが、デザイナーさんが目指す絵でもなく、弁理士さんが喜ぶ絵でもないらしい。 原因はいくつかありそうです。
(1)、線が多すぎる。不必要な線が多くて美観を損ねる。肝心の部分が霞んでしまう。
(2)、透視図ではないので、見た時違和感を生じやすい。奥行き関係がつかみ難い。
(3)、線の太さが一定で細い。前にあるものは太く、後ろにあるものは細く、などど気をつかっていると、気が遠くなるほど時間がかかってします。
 Is a 3-dimensional figure is certainly accurate, but designer's Attorney's will be pleased, without picture aimed at painting seems not to exist. It seems there are several causes. (1) the line is much too. Unnecessary lines and detract from the appearance. Vital parts are away. (2) the perspective is when I saw not so prone to. Depth relationship is hard to grasp. (3) the thickness of the line is constant, fine. Before one is thicker after use care and narrow, and is far more time consuming.
 最近、一見異なる"職場のデザイナーの皆さん"と、"知財の方"とを相手にして、お話を展開していて感じることは、デザイナーさんの絵と、特許弁理士さんの絵とは近い親戚関係であり、"3DのCADで書いた絵"とは、赤の他人に近い関係なのではないかなと、勝手ながら思うのですが、いかがでしょうか?
 Recently, seemingly different designers at work you and the "intellectual way" to your opponent, and expand the story and feel is the picture of designers and the patent attorney's picture is closely related, and "painted in 3D CAD" and Kana in a close to perfect strangers, I think while selfish is??
 -----------------------------------------
 Received a polite reply to this question.
こんな問いかけに対して、丁寧な返信を頂きました。
1)、デザイナーが描く絵は、考えているアイデアを"他と違う特徴の部分"を強調して表現するのです。3D図面に較べて精度は欠けますが、形が伝わり易く、人が覚えやすいと思います。1), designer painting emphasize "part of characteristic different from others," thinks the idea is to represent. I think accuracy is less compared to the 3D drawing, but is easy to spread and easy for people to remember.
2)、時には正確さを求めて、"データを下地に"デザインスケッチを描くこともあります。その時は(おっしゃる通り)、自分で解釈を付けて、"線の強弱"や"リズム"などをつけて形を「表現」します。2), seeking accuracy during the "data base" may draw a design sketch. At that time (as you say), with their interpretation, such as "strengths and weaknesses of the line" and "rhythm" shapes "express".
3)、私は、"特徴の分かりやすい絵"を好みます。3Dデータはより現実に近いですが、その使い方によっては、人に分かりづらいかもしれません。そこで、デザイナーの出番です。『実現可能な"技術の特徴を生かした"デザイン絵』を描くことも、デザイナーのスキルの一つだと思います。3), I prefer the "features easy-to-understand pictures". 3D data is closer to reality is, depending on how the person as well. This is where the designer come. I think also ‘possible "taking advantage of the technology" design’ to draw one of the skill of the designer.
4)、製品のデザインアプローチには、2種類あると思います。一つは、デザイナーが考えたアイデアをいかに実現するか、二つは、優れた技術をいかにデザインできるか です。
4), would be two product design approaches. Designer ideas to realize one or two skills on how design can do.
 ----------------------------------------
 私はピカソの絵は好みません。
抽象画というものが 体質的に受け付けないようなのです。しかし、デフォルメや、隠し絵・だまし絵などに対しては、どことなく惹かれるものがあり、『実生活の中で何か役立つのではないか?』と思っていたのですが、私にとって"特許の添付図"がまさにそれでした。
 そう思って見ると、亡くなった親父の油絵の中にもデフォルメは認められますし、簡単な挿し絵や会社内の説明図などには、強調技法が自然の内に・ふんだんに、使われているようです。
 皆さんが特許添付図などを作成なさるときの参考になれば・・と思い、本文を整えてみました。
 I don't like Picasso's paintings. Is the abstract paintings that are in the Constitution cannot to be acceptable. However, vaguely drawn against distortion and hidden painting, trompe l'oeil, and "is not something useful in real life?' Thought is for me "patented attachment figure" that was it.  Illustration of simple illustrations and within the company, etc., and distortion is acceptable during the painting's father passed away and I see enhancement technique in nature, is used in abundance. Helpful when you create a patented attachment figure, such as everyone,-and I think the full text.

|

« 第18話、”ホイヘンスの原理”光の粒子説・波動説。Here I talk about theory of wave-particle theory of light, and "Huygen's principle" that will. | トップページ | フォッサマグナ!( 白馬村・青木湖・黒部ダム・室堂)Fossa! [Hakuba village, Lake Aoki, Kurobe dam, Chamber Hall] regarding the article is. »

Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”デザイナーが目指す絵・弁理士さんが喜ばれる絵”Picture designer's vision. A picture that pleases Attorney's.ディフォルメ(誇張):

« 第18話、”ホイヘンスの原理”光の粒子説・波動説。Here I talk about theory of wave-particle theory of light, and "Huygen's principle" that will. | トップページ | フォッサマグナ!( 白馬村・青木湖・黒部ダム・室堂)Fossa! [Hakuba village, Lake Aoki, Kurobe dam, Chamber Hall] regarding the article is. »