« 27)、"机"はあったが、"仕事"は無くなってた?I was doing, I was still working desk was gone? | トップページ | 雷鳥を守ってやって(立山)Keep doing the Thunderbird in the Tateyama Mountain range. »

2009年5月20日 (水)

28)、東急東横線、菊名駅にて。At the ‘Tokyu-Toyoko-Line’, ‘Kikuna’ station ran by "Kestrel".

 菊名駅、毎日ここで、宏は電車を乗り換える。 少し待ち時間があるので、汚い字が乱雑に並んでいる例の手帳を取り出して、解読を試みようとしていた。 突然横っちょからD重役に声を掛けられる。「さっきからここに座っているのに、また俺を無視したな。」 「?、済みません。気が付きませんでした」 「何を読んでるのかと思ったら、ははー、旅の記録か」
「そうです。えらいところを見られてしまいましたね」 「仕事もしないで、とんでもない奴だな」 「そんなに虐めないで下さいよ。旅行に行く前には『 帰って来たら今度こそ例の技術論文をまとめるぞ 』と思っていたのですが、なかなか着手できません」
「全く変わった奴だな、お前と言う奴は」 「すみませんね。こんな変わり種で。」と、短い会話を戦わせる。D重役は菊名から一つ先 JR新横浜駅で降りられる。菊名で鉢合わせになることは滅多にないのだが、えらいところを見つけられてしまった。
 田舎の母 と話す妻の声が、聞こえてくる。「・・旅行から帰って来てからというもの、宏さんは憑きものが落ちたように、仕事に精出しておられますよ」「・・・」  早く帰宅できた夜と、土・日、宏は日記のワープロ化に追われていた。仕事も要らぬことに気を使うことなく、落ち着いて出来るようにはなっていたが、妻が「仕事に精を出している」と見たのは誤りであって、内実は旅行後の整理作業だ。
(高校時代)下宿生活をしていた頃「字が汚い」のを直すために、母に命じられて日記をつけ、それを母に郵送する習慣があった。そんなことは暫くぶりではあったが、半分は親孝行のつもりで日記をワープロ化し、送ろうとしていた。口だけは達者だが、数年前から寝たきり老人に近い。『暇つぶしにちょうどいいだろう。旅の間の1か月間、ハガキ一枚送らなかったのだから。』 
  顔の黒い人
 
何日か後、菊名駅でD重役とまた会った。 宏は考え事をしながらホームを歩いていて、それが重役だとは気が付かなかった。ベンチはみな塞がっている。『しかたない。立って待とう』 と、頭の片隅で判断し、通り過ぎようとした。
その時何か視線を感じて振り返ってみると、顔の黒い人がこちらを見ている。ニヤリと笑って、またムッツリ顔になる。どこかで会ったような気もするが分からない。またニヤッと笑う。『誰だったかな?』 黒い顔に黒っぽい服で、ブスッとした横顔はなんとも薄気味悪く、あるイメージを連想させる。
『D重役に笑った顔は似ているんだ。しかしムッツリ顔は似ていない。第一、こんな顔の黒い人は、私の知人にはいないはずだが、、』(その時読書用のメガネをかけていて遠くが良く見えない宏は、いぶかしげに(慎重に)近付いて行く。
あの~、どなたさんでしたっけ」と言いかけて怒鳴られた。「おまえはまた俺を無視するのか」。その声でやっと分かった。「D重役でしたか。これは失礼しました。あまりにお顔が黒くて別人だと思ってました。ゴルフ焼けですか?どこに行っておられたのですか?」 「まあそんなところだ」
 電車がホームに入ってくる。「そう言えば最近、お見かけしませんでしたね。チャージ休暇中だったんですか?」 「たった5日間だけだ」 「前後の土日を合わせて9日間ですよね。そりゃー良かった。アメリカですか、それともカナダ? 両方かな?」
「ハハハ、それなりに楽しんで来たよ。お前ほどではないけどね」 「ところで若専務も今チャージ休暇中ですって?」 「そうなんだ。アメリカ辺りで羽を伸ばしているみたいだよ」 「若専務自身が提案なさった制度です。大いに青春を謳歌してきて欲しいですね」
 たった一駅であり、D重役は降りて行かれる。『まいったな。D重役だったか。あの黒さはなんだ。てっきり別人(やくざ?)かと思った。自分もあんな顔だったのかな? いやもっと黒かったらしいぞ。」
 旅行から帰って来て既に3週間は経っていた。
会社と家庭との往復の毎日であり、宏の顔からは"黒さ"が抜け、普通の黄色人種並みの顔色に戻っている。むしろ青い顔に近かった。意識して野外活動をしない限り、都市での生活では、本当に陽に当たる機会が少ないのだ!

| |

« 27)、"机"はあったが、"仕事"は無くなってた?I was doing, I was still working desk was gone? | トップページ | 雷鳥を守ってやって(立山)Keep doing the Thunderbird in the Tateyama Mountain range. »

W ヨーロッパ縦断の旅(後編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 28)、東急東横線、菊名駅にて。At the ‘Tokyu-Toyoko-Line’, ‘Kikuna’ station ran by "Kestrel".:

« 27)、"机"はあったが、"仕事"は無くなってた?I was doing, I was still working desk was gone? | トップページ | 雷鳥を守ってやって(立山)Keep doing the Thunderbird in the Tateyama Mountain range. »