« 雷鳥を守ってやって(立山)Keep doing the Thunderbird in the Tateyama Mountain range. | トップページ | 第2話、” 平均光路長 ” と” 明るさ ”Regarding the relationship between "average optical path length" and "brightness". Hiro. Oyama »

2009年5月22日 (金)

第1話、”ヘッドランプの遠方視認性”Headlamps distance of visibility. Hiro. Oyama

 自動車用前照灯(ヘッドランプ)で遠方視認性を議論する場合、通常は、すれ違いビームのカットオフ近辺の照度を意味し、その照度が高ければ高いほど良いとされています。 また、カットオフラインに”高照度の細い帯”が近ければ近いほど、遠方視認性が良いのです。
 When discussing the visibility distance in the automobile headlight (headlamp), usually near the cut-off of the passing beam light means, and higher, the intensity has been. It is also a good cut offline "high intensity narrow band" is as close as the visibility distance of.
 更には、最高光度ポイント(ピークポイント)がスクリーン正面(H-V)に近ければ近いほど、高性能のヘッドランプとして評価されます。 遠方視認性のすぐれた灯具の代表例は、探照灯であり、大きな反射面が光源を包み込むように取り付けられています。 探照灯の小さいものが、懐中電灯ですね。
 As a high-performance headlamps, high luminous intensity (peak points) in front of the screen (H-V) closer, will be evaluated. Representative examples of the excellent visibility of far-field fixture, Searchlight, equipped with large reflective surfaces to wrap the light. Smallest searchlight is a flashlight.

 極端に遠方まで光を送り届ける例としては、灯台の照明設備があり、数10キロ先の超遠方にまで光を送り届けることができます。 この照明システムには、凸レンズを主とするプロジェクター形式と、放物反射面を主とするリフレクター形式のものとがありますが、ここで主に論じるのは、リフレクター形式のタイプです。
 As a high-performance headlamps, high luminous intensity (peak points) in front of the screen (H-V) closer, will be evaluated. Representative examples of the excellent visibility of far-field fixture, Searchlight, equipped with large reflective surfaces to wrap the light. Smallest searchlight is a flashlight.
 その反射面は口径の大きな”お皿”のような形状を持ち、光源の背後に位置しています。 この大きさを焦点距離で表すと、数百mm~1000mm程度もあるという大きなものです。
凸レンズに主体があるプロジェクター形式の場合も同様であり、その凸レンズの焦点距離も、数百mm程度なのです。
 Its reflective surface has a large caliber "dish"-like shape, is located behind the light source. This amount represented the focal length and several hundred mm-1000 mm long that big thing. As well as be a projector if is convex, focal length of the lens are about several hundred mm.
その焦点位置に”光源”を置きます。 光源には”ある大きさ”と”形”が存在します(点光源は実在しない便宜上のものなのです)。
この”光源の形”を、遠方にスクリーンがあったとして、そこに投影(投射照明)するのが、探照灯の原理であり、超遠方スクリーンに光源の光を送り届けるのが、灯台の原理なのです。
ヘッドランプの原理も同様です。 数十年前には探照灯そのものでした。 探照灯のリフレクターは光源を大きく包み込むという形をしており、遠方視認性と同時に、周囲も”ぼんやりと照らし出す効果”も演出しています。
 Place the "light" to its focal point. In the light there is the "size" and "shape" (point light source is non-existent for convenience is what). There projection (projection lighting), and "the shape of the light source" far away in the screen's principle of Searchlight, and deliver light to ultra distance screen is the principle of the lighthouse. Principle of headlamps are similar. Searchlight was a few decades ago. Form large enveloping light reflector of a searchlight, remote visibility and at the same time, relaxed surroundings are "Dim Starlight effect".
ヘッドランプにも周囲を薄く”ぼんやりと照らす機能”が必要なのです。 街角から急に歩行者や自転車が飛び出してくるかもしれません。それを昼間と同様に早期発見するためなのですが、今回は深くは触れないで、 ただ、”遠方視認性”という機能と同時に、”ぼんやりと周囲を照らしておく”という機能も、ヘッドランプには必要なのだな 、記憶しておいて下さい。 それではまた、Hiro. Oyama
 Headlamp too thin around the lights Dim and the functionality required. Street may comes out to pedestrians and cyclists. Early that same day and for that I deeply touch, however, said "distance visibility" and please remember your features and at the same time, "and be against the surrounding" the ability, in the headlamp need, said. See you later

|

« 雷鳥を守ってやって(立山)Keep doing the Thunderbird in the Tateyama Mountain range. | トップページ | 第2話、” 平均光路長 ” と” 明るさ ”Regarding the relationship between "average optical path length" and "brightness". Hiro. Oyama »

Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1話、”ヘッドランプの遠方視認性”Headlamps distance of visibility. Hiro. Oyama:

« 雷鳥を守ってやって(立山)Keep doing the Thunderbird in the Tateyama Mountain range. | トップページ | 第2話、” 平均光路長 ” と” 明るさ ”Regarding the relationship between "average optical path length" and "brightness". Hiro. Oyama »