« フォッサマグナ!( 白馬村・青木湖・黒部ダム・室堂)Fossa! [Hakuba village, Lake Aoki, Kurobe dam, Chamber Hall] regarding the article is. | トップページ | 29)、ナポリ、卵城、サンタルチア港 »

2009年5月27日 (水)

第20話”光源の見かけの面積と指向特性の関係” "the relationship between the apparent light area and directional characteristics".

 It is shape the directional characteristics of the area of this apparent. "Apple shape", another feature that θ = 20-please remember that COS (θ) curve was a little roughly 30 ° orientation, such that. (Remember the Pythagorean theorem is felt questioned. It is looked at from an angle cylinder length is "longer" than the height of the cylinder. )
 まずは、白熱電球・シールドビーム・ハロゲン電球に共通して使用される『フィラメント光源』に関して、「指向特性がどのように形成されるか」に関して説明しましょう。
お手元に電球があれば、ちょっと虫眼鏡で拡大して見て頂けるとすぐ分かる事ですが、フィラメント光源は、弦巻バネ(つるまきばね)のように"コイル状の形"をしています。全体としては、円柱形状をしていますので、軸方向から見た"みかけの面積"が小さくて、「リンゴのように北極・南極の方向がくぼんだ指向特性」が得られるのです。
 Your bulbs, there little with a magnifying glass expanded look at us and you can tell it is a filament light source, ‘Tsuru- maki’ to spring (hung reeling spring) "coiled shapes". It is seen from the direction as a whole, has a cylindrical form, so "apparent size" small, "in the Apple direction of Arctic and Antarctic sunken directivity'.

 更によく見ると、密着巻きではなくて、隙間が開いているのが分かるでしょう?(密着巻きだと全体がショート状態で、フィラメントになりません!)
この隙間の影響に関しては次回に回すとして、
今日は、隙間が埋まっている円柱形状の光源から、「リンゴの様な形」の指向特性が、どのようにして生まれるかに関してお話します。
 You could not look more closely at the close and open space? (Filament, not the close rolls and whole is short!) Talk about trying to turn into the next effect of this gap, born today, and then buried in a gap between cylinder-shaped light-oriented characteristics of the shape of the Apple and how will.
円柱の径が長さに較べて無視できるほどに小さい場合には、"線分"に見えます(これを、線状光源と呼びます)。線状光源を真横(赤道方向)から見ると、線分の長さがそのまま見えます。 一方、北極・南極の方向から見ると、"無視できるほどの長さの径"が観測されるだけですので、実質ゼロの長さに見えます(あたかも"点"に見えます)。
 赤道面からの角度(緯度)θ°の方向では、COS(θ)の長さに縮まって見えます。これを θ=-90°~+90°の範囲で計算しグラフ化すると、"線分"に接する"円"となるのはご存じですね。(最近はこの「COSθ則」のことを、"ランバーシアン"という言葉で表現されているようです)。
If the diameter of the cylinder is negligible compared to the length looks (this is known as the linear light source) "lines". Linear light sources from the side (toward the Equator) and length of the line looks intact.  "Length of negligible diameter" can be observed, on the other hand, and from the direction of the North Pole and South Pole, simply because (looks as if "point") looks to zero length.
The shrinking in the direction θ ° angle from the Equator (latitude), COS (θ) length. This θ =-90 °-"circle" touching "segment" within a range of +90 ° and calculate and chart, which is you know. (Recently COS θ class with the word "lumber cyan" phrased seems to).

 経度方向は一緒ですから、この"円"をグルッと一周させたものが、線状光源の指向特性です。たとえれば、『中心穴が閉じたドーナツ』の形状、と言えます。
実際の円柱光源では、径は"無視できない大きさ"を持っています。その大きさは、ヘッドランプの場合、1.2Φx5mm程度で、長さの数分の1程度の径があり、その影響が指向特性に現れてきます。そのため(結果的に)北極・南極方向でも光出力が観測されることになって、『リンゴの様な形』になるのでした。
 Longitude is then "circle" made around Ko is the directivity of a linear light source. If you compare, "donut hole is closed' shape, said. In the cylindrical light source of the actual diameter has a "not negligible". Its size is 1.2 Φ x5mm about if the headlamp has a diameter of about one of several minutes in length, impact-oriented characteristics emerge. Therefore be supposed to (eventually) light output are observed at the North Pole and South Pole direction, "Apple shape".
 円柱光源を真横から見たら長方形に見えます。角度を変えて、少しだけ傾いた方向から見たらどうでしょうか? "見かけの大きさ"が少しだけ大きくなったように思いませんか?
そうなのです。見える面積が増えるのです。
 これを"見かけの面積"と呼びます。
この見かけの面積が、指向特性を形作っているのです。『リンゴの様な形』の、もう一つの特徴は、θ=20~30°の方向が、COS(θ)カーブに較べて、少し出っ張っている点にあるのだな、ということを覚えておいて下さいね。(疑問に感じられる方は、ピタゴラスの定理を思い出して下さい。円柱を斜めから見た長さは、円柱の高さよりも"長い"のです。) 続きはまた今度! Hiro. Oyama
 Looks rectangle watching from a cylindrical light source. From the direction angle, leaning just a little bit? Grows just a little bit "apparent size"? That's right it is.  It is more visible area. This is known as the "appearance area". It is shape the directional characteristics of the area of this apparent.
 "Apple shape", another feature that θ = 20-please remember that COS (θ) curve was a little roughly 30 ° orientation, such that. (Remember the Pythagorean theorem is felt questioned. It is looked at from an angle cylinder length is "longer" than the height of the cylinder. ) Followed is also now!

|

« フォッサマグナ!( 白馬村・青木湖・黒部ダム・室堂)Fossa! [Hakuba village, Lake Aoki, Kurobe dam, Chamber Hall] regarding the article is. | トップページ | 29)、ナポリ、卵城、サンタルチア港 »

Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第20話”光源の見かけの面積と指向特性の関係” "the relationship between the apparent light area and directional characteristics".:

« フォッサマグナ!( 白馬村・青木湖・黒部ダム・室堂)Fossa! [Hakuba village, Lake Aoki, Kurobe dam, Chamber Hall] regarding the article is. | トップページ | 29)、ナポリ、卵城、サンタルチア港 »