« 第 7話、”ガラス管の反射光像” is a story about "reflected image of the glass tube". | トップページ | 第 9話、”立場を代えて『ランプ』を見る(てんとう虫)”Opposite situation, see the "head-lamp" [transformed vaipa, observe] that is a story. »

2009年5月22日 (金)

第 8話、”光と光線とはどう違うのでしょうか?”(拡散光)"Because the difference between Light and Ray would?" (Diffuse)

 Received a question from a person. "Because the difference between ’Hikari’(Light) and ’Kousen’(Ray) would?" that is the question. Interesting question, so Hey, let's discuss.
 ある人から質問を受けました。『光り光線とはどう違うのでしょうか?』 という質問です。面白い質問なので、ちょっと、議論してみましょう。
"光り"とは非常に広い概念であり、学問・芸術・生活一般のいたる所で用いられています。ランプや灯具を設計・販売する我々は、この""を商売のタネにしている訳ですが、余りに広くて様々な意味を持っているために、少々使いにくいのです。
 そのために、前後に修飾語をくっ付けて、内容を限定して用いることが、多々あるのです。例えば、黄色い光、赤い光、直接光、反射光 ・・ という具合です。

 The word: light has very wide concept, and the word "light" is used in every nook and cranny of academics, arts and life in General. There is a lamp and fixture design and sales we are the reason that the business of this "light" is too large and has many different meanings for the little clean. It is, sticks a modifier ago and after, with limited content, there are some. For example, yellow light, red light, direct light and reflected light, and that is the condition.
"光線"という場合には""の方に重きがあって、『光りが直進する』事に、重点を置いた言葉なのです。矢で射るかの如く強烈に、真直ぐ進んでいる光の事を"直射光"という呼び方をしますが、これは"光線"とほぼ同義語と考えていいでしょう。
 直接的に光が届いた(進んで来た)時には、間接的に届いた場合と区別して、"直接光"と呼ぶ場合もあり、これも、光線という言葉にかなり近いと言えます。 では、間接的に(1クッション置いて)届く光を、間接光と用いるかというと、どうも違うようで、間接照明、直接照明という具合に、"照明"という言葉に付けることが多いようです。
 The word ‘Kousen 光線is composed with the ‘Kou and ‘sen ’, and the latter ‘sen is more important, and is the words "light to go straight" thing to emphasize. "Sunlight" to mean things are going straight to the intense light like the archers will shoot at you, but think it's "Ray" almost synonymous with good will. It can be said that this is pretty close to the word "rays", sometimes referred to as "direct light", to distinguish it from if (Advanced) when light is received directly, indirectly. Indirect light indirectly (1 cushion), reach, seems very different and rather light and with the indirect lighting, direct lighting and so on, the word "light" to many.
 話を光線(直射光)に戻すと、それと対になる形で用いられるのは、"拡散光"という言葉でしょう。私がたびたび議論に持ち出す"反射"という言葉を付けて、拡散反射光と、その意味を より明確化する場合もあります。
何だか、言葉の遊びだけをやっているようなイメージになってきましたが、逆に、私から質問してみましょう。「あなたが今見ている(ひかり)は、光線(直射光)でしょうか?それとも、光(拡散光)でしょうか?」
 Going back to the rays (sunlight), it is used in mating would term "diffuse". As the term "reflex" I often bring up the discussion, more diffuse and thus may be clarified. Has become the image, doing just a play of words, but on the contrary, ask from me. "You're now seeing light at the rays (sunlight) would? or light (diffuse) would?"
 ギラギラした太陽を見つめていたり、ヘッドランプの光をまともに食らっているのでなければ、拡散光が貴方の目に届いているのです。 身の回りのほとんど全ての物は、拡散光によって"そこに存在している物"として、認識されているのですね。
 光≒拡散光 であって、"光線"という場合は、多分に幾何学的要素を含んだ言葉 と言えるでしょう。
 ランプの内部は"光線"で一杯ですが、貴方の身の周りは、"光り"で満ち満ちているのです。( ちょっと キザっぽかったかな?)
 It is have received in your eyes or staring at the Sun glistening, not blind-sided in decent light headlamp, diffuse light. Almost all the things around us are diffuse recognizes "there exists" as it is.
 Light say that word means "Ray" possibly containing geometric elements, which diffuse light. It is a lamp inside is full of "Ray", but around you is been filled with "light".
 以下は2018 7/19 付記(additional)
 ‘Hikari 光りis original Japanese saying.
英語には光り’Light’ しかありません。光線は英語ではRayという別の言葉で呼んでいます。中国人は光のことを’Hikari’ とは呼ばないで、’Kou’と呼んでいます。そして光線のことは’Kou-sen’と呼んでいるのです。
 'Hikari' but 'light' in English. 'Kousen' calls in the Ray of another word in English. Chinese light that don't call 'Hikari', called 'Kou'. And is that the rays are calling 'Kou-sen'.
 日本人は寛容な民族なので、中国人の発生音も英語の発生音も皆受け入れてしまいます。しかし、’Hikari’ は日本独自の発生音であり、それはしっかりと残しているのです。では英語・中国語‥日本語の中で、どちらが先に地球上に存在したと思いますか?
日本語の発生音’Hikari’の方が古いのです。縄文時代から面々とつながって来ている言語なのですよ。
『どうして、そんな大それたことが言えるのか。その証拠は?』との質問ですね。
それは、聖書の創世記を読んでみると、その第一章に書いてあるのです。『最初に光り’Hikari’が存在しました』と明言してありますでしょ
 Japanese are a forgiving nation, so accept all Chinese noise is sound in English. However, the 'Hikari' is Japan's unique sound, and has left it securely. At English and Chinese...... do you think Japan language in which existed on Earth ago? There is a sound of Japan 'Hikari' is older. It is coming from the Jomon period connected with language. "Why is such a big deal?. Is the evidence? ' With question. It is noted in the first chapter it is reading the book of Genesis in the Bible. You have stated ''Hikari' at first, 'Hikari' existed'. Is the letter H is issued first.
 That the term Jomon is the oldest in the world language as in the understood you.
縄文言葉が世界中で最も古い言語であることを、その内にあなたも理解されるようにしてあげますよ。大山宏

|

« 第 7話、”ガラス管の反射光像” is a story about "reflected image of the glass tube". | トップページ | 第 9話、”立場を代えて『ランプ』を見る(てんとう虫)”Opposite situation, see the "head-lamp" [transformed vaipa, observe] that is a story. »

Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」」カテゴリの記事

コメント

心の問題は永遠のテーマですが、「命」も永遠のテーマです。「光と光線とはどう違うのでしょうか?」このような疑問にわかりやすい解説がなされていて、有り難いです。先生は「心や命」の問題も含めて真正面から取り組んでおられています。沢山の短編小説がブログ記事としてオープンされています。追々に読ませて頂きます。きっと「私達の心も1つの光となって〔命の灯となって〕どこかに向かっているのでしょう」。この謎に先生が答えを与えて下さるような期待を持っています。
 今後とも、よろしくお願いします。 三上洋子

投稿: 三上 | 2016年8月24日 (水) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/29622466

この記事へのトラックバック一覧です: 第 8話、”光と光線とはどう違うのでしょうか?”(拡散光)"Because the difference between Light and Ray would?" (Diffuse):

« 第 7話、”ガラス管の反射光像” is a story about "reflected image of the glass tube". | トップページ | 第 9話、”立場を代えて『ランプ』を見る(てんとう虫)”Opposite situation, see the "head-lamp" [transformed vaipa, observe] that is a story. »