« 第 4話、”反射光像は、どうやって形成されるの?"The reflected image is formed how?" I received the question. | トップページ | 第 6話、”その光線が見えた時は死ぬ時!”When you saw the light, that when you die ! »

2009年5月22日 (金)

”異次元世界の同時表示”。It is about "the simultaneous viewing of different dimensional world".Riemannian Geometry リーマン幾何学

 『放物面は楕円面の特殊な1形態です』というと、納得できますか? 似たような例では、『平面は球面の特殊な1形態』と言うのがあります。半径無限大の球面を描くと、それは"平面"です。この事は、『地球の地面が平たく見える』という事を数学的に(厳密に)言っただけなのです。
 楕円の話に戻って、楕円には第一焦点と第二焦点とがあり、第一焦点に光源を置くと、第二焦点に光が集まります。その第二焦点を無限遠方に置いたものが放物面なのですね。
 "Parabolic surface is a special form of an ellipsoid. "And if you can convince the? In a similar case, "a special form of the sphere's surface. "And there is. Draw a sphere of infinite radius, and it is "flat". This is the "Earth's land surface looks flat." That is, mathematically, (strictly) said. Back to the story of the ellipse, oval is the primary focus and the secondary focus and primary focus on light and gather light secondary focus. The grounded infinitely distant on the secondary focus parabolic surface as well.
 無限遠方にスクリーンを置いたのでは、飛行機に乗って飛んで行ってもスクリーンの見える位置にたどり着けませんので、適当な距離、例えば10m先とか25m先とかにスクリーンを置いて、自動車用ヘッドランプの配光シミュレーションは実行します。
 前回第 4話で)、"テントウ虫"になってもらって、ファントムフード(楕円を対に組み合わせた反射鏡のニックネーム)の中で、あちらこちらを飛び回って見て頂きました。もう一度 あのテントウ虫に戻って、"半透明のスクリーンが垂らしてあった辺り"まで、飛んで行ってみましょう。Zu3  The infinitely distant on the screen, so eat on an airplane and fly screen looks at suitable distance, e.g. 10 metres or 25 m left to do screen,  Automotive headlamp light distribution simulation runs. Last time (in the episode), became "vaipa", in phantom feed (combination vs. elliptical reflector nickname), there was seen flying around here. Back in that vaipa, let's go flying up "was a translucent screen hanging around".

なにやら十字スクリーンの先に空間があります。そこが放物面の世界でした。放物面の焦点位置は、今 停まっている"スクリーンの十字印"の辺りにあり、そこに出来ている反射光像を受け取って、異次元の"大きなスクリーン"に向けて、反射(投光)しているのです。
 そばに出来ている反射光像を手で触ってみて下さい。""みたいで 手がすり抜けたでしょう?でも そこに実際に"像"があるので、これを、"実像"と呼びます。
 反対に手で触ろうとすると、見えない壁に邪魔されて、像に触ることが出来ない像の事を、"虚像"といいます。Something which crosses the screen space. There are paraboloid surface world did.  Parabolic focal point of a surface is the "cross sign on screen" now standing around, receives the reflected image is made there (radiate) reflecting towards a new dimension of "big screen". Are made by the reflected light image please feel in the hands.  Like in the "cloud", but my hand slipped through? even so there actually is "image", this is known as "real". Picture wall to touch by hand in the opposite way, touching the statue cannot be referred to as "fiction".

 Parabolic in the surface world, real or authentic sources, or even good. 放物面の世界では、実像もしくは本物の光源、どちらでも良いのです。 1_2

 乱暴ですが、そこから光が出て来ていればいいのですから、虚像からの光でも同じように扱えるのですが、ここまで言うと、混乱するでしょうから、虚像の事は今は忘れて下さい。
とにかく、手で触れる(触れそうな)実像が焦点付近にありました。その雲みたいに光る物体を新たな光源として、2回目の反射作用を担っているのが、第二反射面であり、そのシステム( 実光源と楕円系面と放物系反射面のセット )のことを、"2回反射システム"と呼んでいます。テントウ虫の状態では、放物面が作っている像は見えないでしょうから、一旦人間の眼に戻って下さい。半径25mの球面スクリーンが見えてきましたか?
 From you may be confused and say here's handle is a light out there coming as long as good as even light from the image, but the image is forget now. (Like touch) real touch by hand anyway, near the focal point. Luminous cloud like object holds second round of reflex action as new light sources is the second reflection plane system (parabolic and elliptic system light reflective surface of the set) of the "twice reflex system" and refers to. At vaipa, parabolic will I can't see making faces images, once back in the man's eyes. See spherical screens in a 25 m radius?
 こんな作業を繰り返しながら、配光設計作業は行われているのです。イチイチ、テントウ虫になったり、人間様の眼に戻ったりしていたのでは煩雑で大変でしょう。( 気が狂っちゃう位、作業時間を食います!)
 CATIA の同じ画面上に同時に書いてあって、それらをちょっと目線を動かすだけで両方が見比べられるなら、配光設計作業はずっと楽になると予想されます。
 Is a light design work is done through such work. Chelsea, vaipa, was back in the eyes of human beings is cumbersome and would find it hard.  (Eats the work place I have upset the mind!) The CATIA is expected to reconcile both written on the same screen at the same time, move them a little perspective, if lighting design work will be much easier.
Screen

 この図は、その両方の実像を一緒に自動描画するシステムの絵です。(CATIA-V5)  実光源を動かすと、楕円が作る実像も、放物が作る実像も、同時に動きます。 楕円の大きさを変えたり、放物面の向きを変えたりすると、各像の方も、それに連動して形や向きを変えるのです。
 随分と変わった世界のお話をしてしまいました。手塚治虫の漫画の世界に紛れ込んだよう感覚を感じられたなら、このお話は大成功なのですが、如何でしたか? This illustration is a painting to drawing together of both systems. (CATA-V5) image makes the ellipse and move the light also makes a parabolic quadric moves at the same time.  Change the size of the ellipse, parabolic, change shape and orientation to change the orientation of the surface, and interlocked with each image more than it is. And I talk about their world changed much. To have crept into the world of manga Osamu Tezuka is a felt sense, if this story is a success, but how did?

( 恥ずかしながら本日、初めて、"写真付き”のブログにトライしました。文章と写真とが合わず、仲々難しいですね。頑張りま~す。)
作成、2009 6/15 Hiro. Oyama
修正、2017 7/20 Hiro. Oyama
(I'm ashamed today, for the first time, the "photo" blog I tried. Was writing and photography and difficult relationship. Hard up-do. )

  Discussion
議論 Discussion 2018./08/08
 この記事は理解も出来るし、納得も出来ます。
円とか楕円とかの球面上の幾何学的問題はリーマン幾何学として数学の重要なテーマとしてありますが、その構成要素の一つです。別に異論はありません。Miyamoより
 Can understand this article, you can also convince. Geometric problem on the sphere of circles or ellipses have an important theme of mathematics as Riemannian Geometry is the one of its constituent parts. There isnt another objection. From miyamo.
 miyamoさん、コメント有難う。
 そうですよね、リーマン幾何学(非ユークリッド幾何学の中の一つでこの世は出来上がっているのです。それにもかかわらず高名な物理学者も天文学者も『宇宙最大のミステリーだ!』と言い合って、暗黒物質・エネルギーを探し求め続けているのですね。時間とお金の無駄遣いも甚だしいとは思いませんか。
 And we think, in Riemannian Geometry (non-Euclidean geometry in one) is this world is done. Both nevertheless renowned physicist and astronomer "is the biggest mystery in the universe!" And saying to each other, have followed seek dark-matter and dark-energy. You don't think outrageous waste of time and money?

|

« 第 4話、”反射光像は、どうやって形成されるの?"The reflected image is formed how?" I received the question. | トップページ | 第 6話、”その光線が見えた時は死ぬ時!”When you saw the light, that when you die ! »

Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/29609882

この記事へのトラックバック一覧です: ”異次元世界の同時表示”。It is about "the simultaneous viewing of different dimensional world".Riemannian Geometry リーマン幾何学:

« 第 4話、”反射光像は、どうやって形成されるの?"The reflected image is formed how?" I received the question. | トップページ | 第 6話、”その光線が見えた時は死ぬ時!”When you saw the light, that when you die ! »