« 第2話、” 平均光路長 ” と” 明るさ ”Regarding the relationship between "average optical path length" and "brightness". Hiro. Oyama | トップページ | 第 4話、”反射光像は、どうやって形成されるの?"The reflected image is formed how?" I received the question. »

2009年5月22日 (金)

第3話、”リフレクターの主光路”"primary length of optical reflector". Hiro. Oyama

 And the primary optical path? By reading, literally, "light the main passage', is speaking at the telescope, the center axis of the long barrel match. Same with microscopes, implicitly points the center axis of the cylinder.
 主光路とは? 
読んで字の如く『主となる光の通路』のことで、望遠鏡で言えば、長い筒のセンター軸と一致しています。顕微鏡に関しても同じで、筒のセンター軸を、暗黙の内に指しています。
 
顕微鏡は複数枚の凸レンズで構成されていますが、その凸レンズ群は例外なく、丸い凸レンズの回転中心軸の全てが、”主光路”に一致させてあります。 もし、斜めに(主光路から傾けて)設定したらどうなるでしょうか? レンズ収差が発生して、像がぼけてしまうのです。 高級カメラでも同様で、やはり、主光路と各レンズの回転中心軸とを、正確に一致させてあるのです。
 
Microscope is composed with several sheets of convex, convex group, without exception, all round convex lens rotation axis of "Lord of light" to match there. If will be set at an angle (tilt from the primary optical path), or? It is an image becomes senile lens aberration. Is a high-quality camera at the main optical path and each lens rotation axis and is still match exactly.
 反射式望遠鏡の主光路は折れ曲がっている。 望遠鏡には、凹面鏡を用いる反射式のものと、レンズだけを用いる”屈折式”のものとがあります。・・・

 屈折式の主光路は前に述べた通りで、光学の観点から見ると、顕微鏡やカメラと同様に、主光路を扱うことが出来ます。 しかし、反射式の望遠鏡では少し趣が違ってきます。 凹面鏡は、正確には回転放物面ですが、製造工程上の理由から、ほとんどの凹面鏡の表面加工は、球面の一部として製作されており、丸いお皿のような円形の中心に、中心軸があるように見えます。
 その中心軸を、接眼レンズの中心軸と一致させたような望遠鏡もありますが、一般的な反射望遠鏡は横から覗くタイプでしょう。 この場合には、主光路も直角に折れ曲がっていると考えます。
 凹面鏡の中心軸に穴を開けて、その穴から接眼レンズで覗く”中心軸一致タイプ”では、主光路は、「180度の折り曲げが2回存在」しているのです。
 Bent the main optical reflecting telescope.
 Reflective telescope using a concave mirror, and one using only the lens "articulated". As mentioned ago is articulated mainly optical path, from the point of view of optical and can treat the primary optical path, as well as the microscope or camera. However, in a reflective telescope a little different flavor.  Concave mirror is precisely parabolic revolution surface is because of the manufacturing process is made as part of the spherical most concave surface, the center axis is at the center of the circular like the round dish. Telescope which match the eyepiece axis and axis, but General reflector telescope will look from the next type.  I think in this case, the primary optical path is bent at right angles. Pierced to the center axis of the concave mirror, look in the eyepiece hole from Center shaft match type, primary light path is bent 180 degrees twice "exists" and that it is.
 部分リフレクターの主光路 リフレクター式のヘッドランプには、ちょっと変わった形の反射面が用いられています。 自由曲面と呼ばれる反射面ですが、これにも主光路が存在します。自由曲面の詳しい説明は別の機会に譲るとして、その外形も変わっています。 昔のランプには外形が円形か長方形であって、回転軸が目に見えるようであり、その回転軸をスクリーンの正面方向に(暗黙の内に)設定していたのでした。 ヘッドランプの異形化が進んだ今日では、複数枚の部分リフレクターが組み合わされて用いられています。 その各部分リフレクターの主光路というのは、どのように考えて設定したらいいのでしょうか? 答えを先に述べると、「多角形をしたお皿”の(重心点)らしき点を通り、その(重心点)で折れ曲がる折れ線(入射光と反射光の通路)を、主光路」と考えるのが、理にかなっているようです。
 The strange little piece reflector main road reflector optical of headlamp reflectors are used. Is called curved reflective surface, exists in this primary optical path. Give detailed description of free-form surfaces on different occasions and has changed its shape. Did old lamp is round or long square which axis is seems visibly because its axis of rotation was set (in implicit) toward the front of the screen. Today advanced variants of the headlamps, combined with multiple partial reflector and is widely used. Right after you set the primary optical reflector that each part is what do you think? Ago we answer, and "street that looks like a polygon "dish"(gravity), (gravity) in angled line (corridor of the incident light and reflected light), Lord of light Rd Ste" and sense seems to think.

 凸レンズの主光路 プロジェクター式と称されるヘッドランプの、凸レンズの主光路も再定義することが出来ます。 それは、「凸レンズの重心点を通り、光が主に入射して来た方向と屈折していく方向の通路」のことを、主光路として再定義するのです。
 凸レンズの重心点(中心点)を通過する光は、リフレクターからの反射光が入射してきますので、プロジェクターの凸レンズ付近の主光路は、《 リフレクターの(重心点)と凸レンズの中心点とを通過する直線  が、実用的な解釈となるのです。
You can redefine a plano-convex lens headlamp called convex main road projector optical and the major roads.  Redefine a as the primary optical path direction as gravity point of a convex lens, the Lord came to incident light and refracted path that it is. Light passing through a convex lens center of gravity point (the point) will the incident reflected light from the reflector, so primary optical path near the convex lens of the projector is "(gravity) of the reflector and straight line through the center point of the convex lens and", is a practical interpretation.
 プロジェクターが前後に長くなる原因 随分と前置きが長くなってしまいましたが、書き始めに述べた『 プロジェクター式ヘッドランプが奥長になってしまう理由  に関して、お話しましょう。 第2話で、平均光路長を定義し、その観点から見た場合の両者の機能類似点に関して、お話しました。 今回は、両者の相違点を述べるために、長々と”主光路”に関するお話をしてきたのでした。
 ヘッドランプに用いられる凸レンズ近辺の主光路は直線であり、主な光の進行方向を実質変えない。」 これに対して、「 ヘッドランプに用いられるリフレクターの主光路は(重心点)で折れ曲がる折れ線であって、主の光の進行方向は大よそ直角方向に進路を変える。」 という大きな相違点が存在したのです。
この「主光路が折れ曲がるか折れ曲がらないか」の相違が、『プロジェクターランプは前後方向に長く,長くなってしまう』という傾向を作り出していたのです。
 Projector type headlamp becomes marketing reasons projector back and forth causes fairly and without further ADO became larger, started writing said, speaking of Facebook.
 In episode 2, define the average optical path length from the perspective of both functional similarities that talk did. It was to talk about differences between the two, and have to talk about the "major channel". "Plano-convex lens near the headlamp used mainly optical path is straight and does not change the real direction of the main light."
 In contrast," (gravity) is the main optical reflector used for headlamps angled line in the direction of the Lord of light is approximately at a right angle turn in the direction. "That is that there are big differences. It is this 'Lord of light is angled, or less likely to buckle" differences had produced a "projector lamp back and forth long, long' tendency.

 リフレクターは、左右に長くなる傾向あり。  これに対してリフレクターの方は、主光軸をスクリーン方向へ約90度に折り曲げる事を機能として内包している関係上、左右方向に延びる特性を有しています。 即ち、ある程度 横長のランプ となる傾向が、元々あるのです。 左右方向に延びる必要が何故あるのか? それが、第1話の遠方視認性を確保する必要からの要請でありました。 即ち、リフレクター焦点からリフレクター重心点までの平均光路長を、50mm程度以上確保する必要から、少なくとも140mm(出来れば200mm)の左右巾寸法が必要なのでした。 その代り、反射後にはアウターレンズ(前面をカバーする素通しレンズ)まで光が届けばいいだけなので、前後巾は最小限に抑えられるのです。
 Reflector, tend to be long on the left and right and. This reflector for has extending to the left and right main beam bent at about 90 degrees toward the screen that is involved as a feature on the property. In other words, some tend to be the lamp of the landscape and have originally. Why need extending to the left and right? At the request from the necessity to ensure the visibility distance of the first episode it was. Namely, the need to ensure more than 50 mm from the reflector until reflector gravity average optical path length from at least 140 mm (if 200 mm) of width left and right because the. Instead, after reflection golz light outer lens (the transparent lens covering the front) until it is I need to do so, minimizes the width before and after.
 主光路に沿って測った長さが、”平均光路長” 「凸レンズ式プロジェクターで最近C-6置き(ソケットが横に出ている置き方)のものが増えているが、これは、奥行きが100mm程度と短いではないか」という抗議の声が聞こえてきます。 この質問に対して答えておきましょう。 現状の凸レンズ式プロジェクターの背後にはリフレクターが存在しており、それが光学系全体の主光路を折り曲げており、灯具全体の奥行き長さを短縮しているのであって、C-6であろうと、C-8(ソケットが後ろに伸びる一般的な置き方)であろうと、凸レンズ近辺の主光路は、折れ曲がっていないのです。 先走った話をしますと、以下のように言えます。
C-6置きで、凸レンズのプロジェクターが100mmで出来るなら、リフレクター式ならば、同程度以上の遠方視認性を確保しつつ、80mmとか、70mm程度の奥行きで、ヘッドランプが出来る可能性がある。』と、予見できることになります。Hiro. Oyama
 Length measured along the major road that does not "in a plano-convex lens projector lately one of the c-6 position (socket next to the out feed), but this is a depth 100 mm and short", "average optical path length", "with the voices of protest. Let me answer this question. Has a reflector behind the lens projector stands, because it reduces the entire fixture depth length and bending the main optical path of the entire optical system it is convex near major road is crimping would be would be the c-6 and c-8 (stretches behind the socket is a general orientation), and. Getting ahead of myself the story follows said. "Headlamps, projector lens can be at 100 mm, if the c-6 position in the depth of 80 mm and 70 mm, while maintaining a comparable or better distance visibility reflectors-if possible." And will be foreseeable. Hiro. Oyama

|

« 第2話、” 平均光路長 ” と” 明るさ ”Regarding the relationship between "average optical path length" and "brightness". Hiro. Oyama | トップページ | 第 4話、”反射光像は、どうやって形成されるの?"The reflected image is formed how?" I received the question. »

Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/29291825

この記事へのトラックバック一覧です: 第3話、”リフレクターの主光路”"primary length of optical reflector". Hiro. Oyama:

« 第2話、” 平均光路長 ” と” 明るさ ”Regarding the relationship between "average optical path length" and "brightness". Hiro. Oyama | トップページ | 第 4話、”反射光像は、どうやって形成されるの?"The reflected image is formed how?" I received the question. »