« 相対性原理では”太陽が地球の周りを回っている想定も可 "The Sun turns around the Earth! (Introduction to hyperbolic) 双曲線の紹介。 | トップページ | E-12  イメージ図・想像図の 嘘( うそっぱち )Image is sometimes (third?) lies. NASA »

2009年7月14日 (火)

CAITA虎の巻-1、”平面を使う事は特殊と心得よ!”Special use (plane) should be know.

 変なタイトルですが、CATIA(3D-CAD)の話です。CATIAに全く無縁の方には申し訳ありませんが、光に関する”一般教養” 程度に考え、流し読みして下るなら幸いです。 還暦を過ぎた者が、3次元CADと悪戦苦闘 しているのも滑稽ですが、その笑い話の中にも、意外に技術の本質に通じるものがあるのではないかと、勝手ながら思い、このシリーズを書き始めました。
Is a strange title, is the story of CATIA (3D-CAD). Sorry to completely unrelated to CATIA, think about "liberal" on the light, skim through the fall if appreciated. And in over sixty persons struggling with 3D-CAD is funny, but the joke during the very essence of technology is something that liberty wanted, I started writing this series.

 CATIA-V5(以下”V5”と略称します)に少し慣れて来た段階で、必ずぶつかる(らしい)事が幾つかあります。その一つが表題の件です。遅ればせながら最近ようやく会得出来たようなので、ご紹介して置きます。
 平面はV5上では、四角い1cm角の記号で表示されます。この平面は無限の面積(広がり)を持っているのです。最初は便利なので、多用する傾向が私の中に有ったのですが、最近は出来るだけ使用しないように努めています。 それは何故かというと、
in CATIA-V5, some that came a little bit familiar with the collision course (seems to be). One of them is the subject matter. Belated recently finally learnt was like, let me introduce lay.
Plane looks at square 1 cm square symbol on the V5. It is this plane has infinite area (spread). We strive to do not tend to heavily, so convenient at first I had inside of me is recently used as much as possible. And say why not?
(1)、無限平面でカットしたとしても、最終段階では、その切り口に面を貼り付ける必要が出て来ることが多い。
(2)、入り組んだ図形処理を行う場合に、トンデモナイ別の場所も、 一緒に切り取ってしまう場合が多い。
(3)、平面はデフォルトで位置を決めると、後のパラメータ操作中に変な場所に移動してしまうので、扱いづらい! と、こんなのが主な理由です。 ( 挙げればキリがない!)
(1), tend to come out, even with the cuts in a plane infinite in the final stage, paste side to cut. (2), often convoluted shape handle, unthinkable elsewhere also cut together. (3), the plane is the default position, and will move the parameter manipulation in a strange place, so awkward! And such is the main reason. (If you cite is not!)
『 大体において無限平面なんて、CATIAという有限世界で扱える訳でもないのに、持ち込んでいるのが、そもそもの誤りなんだ 』なんて、ぼやくのはその位にしておきまして、平面がどうしても必要な場合を紹介しましょう。
 それは、数学上の定義面として必要な場合です。
 "Even though in General can handle in the finite world of infinite plane's CATIA's error in the first place, but have brought no ' if the plane is absolutely necessary to introduce a market that so much of what a grouch. It is required as a mathematically defined surface.
例えば、コニック曲線(:円錐曲線)を引く場合、描画平面が必要となります。これは避けては通れない所です。このコニック描画の場合には、後で、描画平面を含めて丸ごと移動出来るように”仕組んで置く”のが、良いようです。
 次の例は、空間を二つに分割したい時に用いるのです。 無限平面の最大の特徴は、無限の空間を「正空間」と「負空間」の2つに、分断しているということなのです。
「めったやたらに使用すると怪我をする、恐れ多い存在!」と覚えておくのが、無難です。
For example, the Conic curve (: CONIC) If you draw a drawing plane would need. Is it unavoidable. But, if the Conic drawing later, including the drawing plane whole can move to "put them" seems good.
It is used when the following example is space you want to split in two. It is that the most important feature of the infinite planes is infinite space "positive space" and divided in two of the "negative space". "Indiscriminately with serious personal injury to the daunting presence!" It is safe and remember.
 恐れ多い存在はもう一つあります。
それは座標系というものです。 CATIAを開くと、何も無い空間の中に、最初に表示してある”あれ”です。 あれは、絶対座標系 と言って、これが無ければ始められない荘厳(厳粛)なものですので、これは、避けては通れません。
 厄介なのは、相対座標系 というものです。幾つでも作れます。”一見(?)便利”です。 配光シミュレーションの中でも、2つ(電球座標系とスクリーン座標系)が用いられています。 「一見(?)便利」 と言ったのは、別の神様を設定するようなもので、ともすると、どの神様の下で仕事をしているのか、時々(再々?)解からなくなるからです。
 余談の余談ですが、現在使われている”V5用配光シミュレーション”は、非常に良く整備されたプログラムなのです。しかし、図形をパラメトリックに変更しながらシミュレーションしたい場合に、『 ”スクリーン座標系”という神様の下で操作をしないといけない。』という不便さがあります。点座標(表示)が”相対座標系”にいきなり変ると、やり難くてしょうがない!
Another daunting presence. It is a coordinate system. It is "That" open CATIA and is in no namespace is displayed first.  Do not start it without saying the absolute coordinate system that is the solemn (solemn) a pass, so avoid it. Trouble is the relative coordinate system. But how many can be made. "At first glance (?) Convenient "is. Distribution of luminous intensity in the two (light bulb and screen coordinate systems) are used. "At first glance (?) Useful "and said is to set the different God, or assumed, under which God has work sometimes (third?)  That solution will not. Digression aside is currently used "V5 for lighting simulation" is the program was in very good condition. However, if you want to simulate parametric shape while the "under God"screen coordinate system"that you don't. "It is inconvenient. Coordinates (show) "relative coordinate system" suddenly changed and unbearably, not ginger!
 愚痴はこの位にして、まとめをして置きましょう。
(Ⅰ)、(無限)平面の使用は必要最低限に留めることとし、最初から、線分1本と(方向)線分1本を使って、 SWEEP面(有限平面)で済ますように、習慣を身に着ける事
(Ⅱ)、取りあえず・便利だからと、無闇に相対座標系は、作らないこと。
(Ⅲ)、平面と座標系とは、神様だと心得よ!
   2009年 7月 20日  Hiro. Oyama
(I) the (infinite) using planes to minimum and then from the beginning, line 1 and (arrow) thing to wear the habit, as done in the SWEEP (finite plane) with line 1,. (II), first-that's useful and not relative coordinate system is needlessly. (III) the plane and coordinate system are the two!

|

« 相対性原理では”太陽が地球の周りを回っている想定も可 "The Sun turns around the Earth! (Introduction to hyperbolic) 双曲線の紹介。 | トップページ | E-12  イメージ図・想像図の 嘘( うそっぱち )Image is sometimes (third?) lies. NASA »

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CAITA虎の巻-1、”平面を使う事は特殊と心得よ!”Special use (plane) should be know.:

« 相対性原理では”太陽が地球の周りを回っている想定も可 "The Sun turns around the Earth! (Introduction to hyperbolic) 双曲線の紹介。 | トップページ | E-12  イメージ図・想像図の 嘘( うそっぱち )Image is sometimes (third?) lies. NASA »