« イメージ図・想像図の 嘘( うそっぱち )Image is sometimes (third?) lies. NASA | トップページ | 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。In meteorite collision not extinct dinosaurs. "syllogic lie" 三段論法の嘘(うそ) »

2009年7月26日 (日)

CATIA虎の巻-2 他人の家の"包丁"は使うな。It is not, you should use other "cutting edge".

 今日は「曲面を切り出す順番」の"お話"です。 料理で言うなれば、「包丁の使い方」 というところでしょうか。 バーチャルリアリティーの世界ですので、この包丁というのが本当に良く切れるのです。錆びもしないし、厚みも無い。
ただし、”ある”と思っていた包丁が、時々消えて無くなる(、とんでも無い場所に”かくれんぼ”する。)という事もしばしば起こる。
 Today, it is "cutting surfaces in order" "talk". In cooking, I would say use the knife. It is because it is a world of virtual reality, this knife is really very sharp. No rust, no thickness. However, Cleaver thought "sometimes disappeared, gone (a considerable place "hide and seek" to. ) That things often happen.

 欠点を挙げ連ねると、
1)、余りに切れ過ぎて、余計な所まで瞬時に切り取ってしまう。
2)、「そこは切れない。切る物がありませんよ。」 と しつこく"警告" を頻発する!
3)、「複数個所に面が分かれてしまいますが、それでも良いのですか?」というようなことを、しつこく”英語で”聞いてくる。
 という具合に、挙げ出したらキリがないので、この辺で本論に入りましょう。
幾つかの曲面を準備し、お互いを斬り合わせて部品(部分面)を作るときの”カット”です。
 CATIA講習会で講師は、「切る順番を良く考えて!」とか、「出来るだけ大きな面(元の面)で、カットするように!」という注意はしてくれますが、この注意の意味が、中々自分の体では分らないのです。
( 注意に従わなくても、カットはできるから始末に悪い。後で困ることになる!)
何度もコンピュータに叱られつつ、試行錯誤の内に体得することになります。 ただ、これでは効率が悪いので、私が会得した方法をご紹介しましょう。
(1)、遠い所にある包丁から使っていく。
(2)、出来るだけ大きな面(元の面:最初に作成した面)で、カットする。( 大きな面は邪魔なので、非表示のまま履歴リストをクリックするも可。)
(3)、右半分とか上半分とか、明確な場合(前段階として)、無限平面という 特殊な包丁(:四角印の包丁)を使って、面をカットする。
 一つ注意ですが、包丁は必要の生じた時に、改めて作って下さい。くれぐれも、素性の知れない平面で代用する”愚”は避けるように! 包丁とは、曲面("線分や折れ線"を引き伸ばした"平面"も含む"曲面")のことです。
(4)、最終段階でない限り、包丁はそのオープンボディー内部で準備してから使う事。
他所の家にある包丁を"取りあえず"と 取って使っていると 後でひどい目に逢いますぞ!》
 2009 7/20 Hiro.Oyama
And its disadvantages include,
1), too much, too quickly cut away too much.
2), "there are inseparable. I cut the thing. "And frequently warning nag!
3), ' faces will be divided in several places, but still good? " It and insistently asked in "English". So as you listed once it is endless, so read on paper in this area. It is a "cut" and prepare the surfaces of some, and cut in between each other, we make parts (parts surface). CATIA Workshop Instructor "to turn off!" Or, "do as much as possible on the big side (original side), to cut!" It is not understood, but note that this note means they in their bodies. (Attention not cut will be from bad to deal with. Will do later!)
 Many times scolded on my computer, but will be learned during the trial. Let me introduce, however, this is inefficient, so I learned how. (1) the use from a kitchen knife is far away. (2) as much as possible on the large surface (original face: you first create a surface), cut. (Big side out of the way, so you click the history list remain hidden-friendly.) (3), or right half on half or a clear-cut case as a (first floor), a special knife called a plane infinite (: square knife) with the cut surface. Note that one knife is caused when you need to create again. Not to substitute plane may also feature in "stupid"! Knife is a curved ("plane" stretched "lines and lines" also contains a "surface"). (4) the use, unless the final knife is prepared within the open body! "Knife home elsewhere in a "hurry" and going across to later take with!"

| |

« イメージ図・想像図の 嘘( うそっぱち )Image is sometimes (third?) lies. NASA | トップページ | 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。In meteorite collision not extinct dinosaurs. "syllogic lie" 三段論法の嘘(うそ) »

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CATIA虎の巻-2 他人の家の"包丁"は使うな。It is not, you should use other "cutting edge".:

« イメージ図・想像図の 嘘( うそっぱち )Image is sometimes (third?) lies. NASA | トップページ | 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。In meteorite collision not extinct dinosaurs. "syllogic lie" 三段論法の嘘(うそ) »