« ある日突然、神様が何百・何千と増えた?One day, God and hundreds and thousands more suddenly? | トップページ | スライド ノア異変(沖縄博) »

2009年8月14日 (金)

G07 地図遊び 海底の土石流はもっと素直な流れ

日本近海の海底地形図[海上保安庁水路部(1997)]を、載せておきます。

1971先日の海底地形図は、これから部分拡大して、掲載しました。海の中を見る目が変わってしまったでしょう?

海は深いですが、この図を見ると、意外に平坦なんだと納得されるでしょう。

フィリピン沖プレートが太平洋プレートよりも少しだけ(1000メートルほど)浅いのも、何となく判りますね。

もう一つ、面白い(?)測定データがありました。次の図がそれなのですが、富山県沖の日本海の海底 を、詳細に調査したものだそうです。

Photo_6 この調査は、「山脈が侵食され、その土石が河川によって海まで運ばれ、(海の中を流れる)乱泥流によって海底に造られた。」という仮説を実証するために行われたようです。

しかし、その結果であるデータ(海底地形図)は、川が蛇行しつつ造り上げた地形であることは、明白ですね。

どう見ても、山岳地形で見られた川の蛇行図そっくりであり、平野部の地形なら、「北海道の石狩川附近の地形」と類似していると言った方が説得力があります。

本の制作者の主張では、「ガンジス川の乱泥流が造った地形と、同じ構造だ!」とのことですので、その辺りの海底地形図も添付しましょう。

Scan0039

どこをどう間違えれば、富山沖の海底地形とガンジス川沖の海底地形図とが、同じだと言えるのでしょうか?

ガンジス川が運んだ大量の土石は、確かに流れ積もっています。しかし、富山沖は、大きくて急な蛇行を繰り返していて、どう見ても、川の浸食地形の跡でしょう?

味噌くそ一緒にして、"屁理屈"を展開され・洗脳されたら、小中学生・高校生の理科感覚は狂ってしまいますよ。

もっと謙虚に、論陣を張ってもらいたいものです!

2009年 8月 8日 大山宏

|

« ある日突然、神様が何百・何千と増えた?One day, God and hundreds and thousands more suddenly? | トップページ | スライド ノア異変(沖縄博) »

a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G07 地図遊び 海底の土石流はもっと素直な流れ:

« ある日突然、神様が何百・何千と増えた?One day, God and hundreds and thousands more suddenly? | トップページ | スライド ノア異変(沖縄博) »