« 高間大介(NHK)様へ | トップページ | 火山噴火でもCO2は増えない エルニーニョ ピナツボ火山が噴火。Increase in CO2 is volcanic eruption. El Nino. Eruption of Pinatubo volcano. »

2009年9月11日 (金)

CO2と温暖化、どっちが先?   原因と結果の取り違えでしょ!

灼熱の氷惑星殿、・・・ 地図遊びの延長として、「グラフ遊び」をしてみましょう。

 Photo 気温変化とCO2濃度変化の観測データをグラフ化したものです。両者を、ちょっと見較べて見て下さい。
 問題です。「気温とCO2、どっちが先に変化したものでしょうか?」

矢印が根元順吉氏によって書かれているので、分かり易いですね。
「気温の変化」の方が先で、それを追うように、「CO2濃度変化」が起きているのが分かりますね。
「地球温暖化の元凶はCO2だ。CO2を減らせ」という意見は、皆さん最近度々耳にしておられるでしょう。でも、このグラフが語っている事は、その逆、「気温の方が先に上がったり下がったりしていて、その変化を半年~1年遅れで後追いしながら、変化」して来ています。
 このデータは、CO2温暖化説を最初に唱えた人(キーリング氏)本人が、オープンにされたデータだそうですが、変でしょう?
 何故? ⇒ 原因と結果が間違って世間に宣伝されているではありませんか? 世の学者先生方も「人が悪い」と思いませんか? 私もすっかり騙されていました。(各国政府まで、CO2削減に必死で取り組まされていますね、京都議定書関連で。)

この図は、人間が排出するCO2を減らしても気温は下がらない(徒労に終わる)という事を示唆しています。
 出題の図は、槌田敦著「CO2温暖化説は間違っている(ほたる出版)」から借用しました。
「海水温度が先に上がったので、海水からCO2が大気中に後追いで放出された。」となると、地球温暖化議論だけでなく、プレートテクトニクス・プルームテクトニクス議論にも多大な影響が出そうですね。

NHKの高間大介様へ ・・・ この槌田敦氏の「本と主張」とは、当然御存知だったのでしょう? 政府が騙されるのはしかたないとしても、報道関係者・テレビ、特にNHKさんまで同調する必要はないし、社会正義に反すると思うのですが、如何ですか?
 2009年 9月 11日 大山宏

|

« 高間大介(NHK)様へ | トップページ | 火山噴火でもCO2は増えない エルニーニョ ピナツボ火山が噴火。Increase in CO2 is volcanic eruption. El Nino. Eruption of Pinatubo volcano. »

a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/31278691

この記事へのトラックバック一覧です: CO2と温暖化、どっちが先?   原因と結果の取り違えでしょ!:

« 高間大介(NHK)様へ | トップページ | 火山噴火でもCO2は増えない エルニーニョ ピナツボ火山が噴火。Increase in CO2 is volcanic eruption. El Nino. Eruption of Pinatubo volcano. »