« 火山噴火でもCO2は増えない エルニーニョ ピナツボ火山が噴火。Increase in CO2 is volcanic eruption. El Nino. Eruption of Pinatubo volcano. | トップページ | ミランコビッチサイクル(寒・暖サイクル)の次に来る仮説 the hypothetical next Milankovitch cycle (cold-warm cycles)? »

2009年9月13日 (日)

過去/未来への気温予想遊び  飛鳥・奈良・江戸時代の飢饉。Temperature forecasts play into the past and future. The famine of the Asuka-Nara period and during the Edo period.

槌田敦様、初めてお手紙さし上げます。私は「灼熱の氷惑星(故高橋実著)」の名誉復活に熱を上げている者です。この関係から図書館で ふと、槌田様が書かれた『CO2温暖化説は間違っている。』という本が目にとまり、読ませて頂きました。感激しました。「御本」の紹介がてら、3日前から幾つかの絵(図)を借用させて頂いていますが、今後ともよろしくお願い致します。Well as Atsushi Tsuchida will for the first time your letter. I'm nuts about "burning ice planet (the late Minoru Takahashi) honor the resurrection of. From this relationship, tsuchida as written in the library "CO2 global warming theory is wrong.' That I read the book. I was impressed. Introduction to your book Temple, 3 days ago some pictures (picture) borrowed from we have gotten is that in the future will be appreciated. Well ladies and gentlemen, today Mr. Tsuchida's book painting (illustration) borrow, try temperature forecasts play into the past and future.
5000 さて皆さん、今日も槌田氏の本の絵(図)をお借りして、『過去/未来への気温予想遊び』をやってみましょう。
この図は、過去2万5千年間の北半球の気温変化をまとめたものだそうです。(出典はブライソン『飢えを呼ぶ気候』だそうです。その元は連邦研究協議会記録(1975、P130)とあります。花粉の記録(後述)、樹相、氷河の記録より作成したもの。a は小氷期とのこと。
 問題です。「2009年現在は、a (小氷期)を抜け出た所の様子ですが、近未来の温度変化予想をしてみて下さい。」

模範解答 : 『現在、気温は増加傾向にあるようですが、もうじき上げ止まる(頭打ちになる)であろう。その先は、小さな振動を繰り返しつつも、全体としては[気温低下]に向かう。ひょっとしたら、更にその先では、急激に温度が低下(氷河拡大)に向かうかもしれない。』 妥当なところだと思いませんか?
 屋久杉の安定炭素同位体分析から明らかにされた歴史時代の気候復元図だそうです。飛鳥・奈良時代の飢饉、江戸時代の飢饉・・との温度対応がわかりますね。(期間は、約2000年間)。
 著者である槌田氏のコメント。: 寒冷化は、温暖化に比べて急激であることが分かる。西暦600年頃、1000年頃、1300年頃、1600年頃と、300年~400年おきに激しい寒冷期があった。そうであれば、まもなく、寒冷化が始まるかもしれないではないか。心配すべきは現代の温暖化ではなく、次の寒冷化である。人類には、冷静な判断が求められている。 と、コメントされています。This figure is likely that summarizes the past temperature variations in the northern hemisphere for 25000 years. (Wikipedia is Bryson's "hunger calls climate'. The original Federal Research Council records (1975, P130). Made from tree phase, glacial, pollen record (see below).  a thing with the little ice age. This is a problem. "Appearance of 2009, moved it out of a (LIA) is please to temperature changes in the near future. "Answer:" temperature is is on the rise now, but another will soon stop raising (becoming stagnant) would be. While repeatedly tiny vibrations which are facing temperatures reduced as a whole. Perhaps further ahead in the sudden temperature decline (ice expansion) could turn.  "Don't think it's reasonable? It seems Cedar stable carbon isotope analysis reveals the historical climate reconstruction. Asuka and Nara period of famine and famine during the Edo period, with notice that temperature range.  (Period is, for about 2000 years). The comments of Mr. Tsuchida is the author. : Know that rapid warming than cooling. 0/600, around 1000, around 1300, 1600 and 300 years from intense cold period was every 400 years. If so, then may begin soon, cooling is not or. In modern warming should worry about is not the next cooling. In human beings, a calm judgment is sought. And the comment is.

Photo_3 花粉分析による古気温曲線。(測定期間は、8000年間)
槌田氏のコメント。: 8000年前から現在までの尾瀬ヶ原ハイマツ花粉の百分率。基準線は±3℃に相当する。温暖化と寒冷化は繰り返されている。 と、コメントされています。
 最初に示した図表4-5の期間は、2万5000年間であり、屋久杉(2000年間)、花粉分析(8000年間)、のようなデータも含めて総合的に判断したグラフだということが納得出来たでしょうか?
更に過去にさかのぼってみましょう。Old temperature curve based on pollen analysis. (Measuring the period 8,000 years) comments of Mr. Tsuchida. : 8,000 years far ‘Oze-Gahara’ pumila pollen percentages. Baseline is ±3 in the corresponding. Warming and cooling has been repeated. And the comment is. And 25,000 years is shown in the first chart 4-5 period ‘Yakusugi’(2,000 years), pollen analysis (8,000 years) and the like will was convinced that comprehensively, including data chart or? To go back in the past.
Photo_5 様々なスケールで過去でみられる気候変動のデータです(出典はRaymo et al.(1990) Earth Plan. Sci. Lett., 97, 353-368 に基づく。とありました)。「図解入門 最新地球史がよくわかる本(川上紳一/東條文治著)」より、コピーさせて頂きました。
 一番下のデータは、過去90万年までさかのぼられています。
上から3段目が、最初の図と対応していますね。最初の図で2万年前~1万5千年前が点線で示されていた部分は氷河期だったのですね。
 そこで改めて問題です。
2009年現在は、a (小氷期)を抜け出た所の様子ですが、近未来の温度変化予想をしてみて下さい
Data of climate fluctuations in the past on various scales (Wikipedia is Raymo et al.(1990) Earth Plan. Sci. Lett., based on 97353-368. And it was).  "Illustrated introduction to the most recent earth history is a book (Shin-ichi Kawakami / written by Tojo bunji)" than had to copy. Data at the bottom, past 900000, dated from that is. It corresponds to the 3rd stage of the first figure from the top. In the first diagram 20000 years ago-was a glacial period is 15000 years ago, had been shown by a dotted line.
 So it is a problem all over again. "Appearance of 2009, moved it out of a (LIA) is please to temperature changes in the near future."

 先ほどの模範解答 を変更する必要があると思いますか?(無いでしょう?)
そればかりか、『 現在、気温は増加傾向にありますが、もうじき上げ止まります。その先は、極小規模の氷河期と間氷期とを繰り返しつつも、全体としては[気温低下]に向かいます。約2万年後には、大氷河期に突入しているでしょう と、より強い確信を持って宣言できるでしょう? 9/13/2009 Hiro. Oyama
I think it is necessary to change the answer above? (Will?) Moreover, or "now temperatures are increasing, but another will soon stop raising. While that repeatedly tiny scale glacial and interglacial, head temperature reduced as a whole. About 20,000 years, into the great ice age." And the more confidently will be declared?
 9/13/2009 Hiro. Oyama

|

« 火山噴火でもCO2は増えない エルニーニョ ピナツボ火山が噴火。Increase in CO2 is volcanic eruption. El Nino. Eruption of Pinatubo volcano. | トップページ | ミランコビッチサイクル(寒・暖サイクル)の次に来る仮説 the hypothetical next Milankovitch cycle (cold-warm cycles)? »

a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過去/未来への気温予想遊び  飛鳥・奈良・江戸時代の飢饉。Temperature forecasts play into the past and future. The famine of the Asuka-Nara period and during the Edo period.:

« 火山噴火でもCO2は増えない エルニーニョ ピナツボ火山が噴火。Increase in CO2 is volcanic eruption. El Nino. Eruption of Pinatubo volcano. | トップページ | ミランコビッチサイクル(寒・暖サイクル)の次に来る仮説 the hypothetical next Milankovitch cycle (cold-warm cycles)? »