« ポールシフトの虚・実と大陸移動説の関係。Relation of ischemic pole shift and real theory of continental drift | トップページ | 太平洋プレートの動きと方向 "The Pacific plate moving speed and direction" »

2009年9月30日 (水)

環太平洋異変は、台湾からサンゴ礁の島々を経てイースター島までの、大圏コース上で起こった!Trans-Pacific accident happened on the great circle course from Easter Island through the coral islands from Taiwan!

灼熱の氷惑星殿へ、・・・ 地図を見ていて面白いことを発見しました。イースター島への大圏コースに沿って、ほとんどの太平洋の島々は並んでいるのですね。飛行機の窓から下界を眺めていたら、サンゴ礁の島々が次々に現れて来るので、退屈しないことでしょう。To the ice planet, scorching... and look at a map, I found interesting. It is the most Pacific Islands lined up along the great circle route to Easter Island. I would not get bored from the airplane window looked at Earth, come one after another appeared coral islands since.
 さて皆さん、今日は、「環太平洋の成立」に関してのお話です。まず飛行機でイースター島まで飛んでみましょう。
【日本から】というよりもむしろ【台湾から】イースター島に向かって直行便の飛行機があったとして それに乗り込み、窓側の席(主翼付近ではなくて 太平洋がよく見下ろせる席)に座ります。すると天気さえ良ければ、太平洋にある数多くのサンゴ礁の島々の大半を楽しむ事が出来ます。
 Well ladies and gentlemen, today, regarding the formation of the Pacific rim is a story. First of all let's Easter Island ago flying in an airplane. From [Japan] is more into it with direct flights towards rather from the [Taiwan] Easter Island, sit in the window seat (the seat near the wing, without overlooking the Pacific Ocean well).  Then you can enjoy the most of the numerous coral reefs located in the Pacific Ocean weather permitting the Islands.
 Because the belt area of this circle (width: 2000 Km, length: 15000 Km) Strip in the coral reefs of the Pacific Ocean is lined up most of the Islands are scattered. I think it's a lie, try on the next map.
 何故なら、この大圏コースのベルト地帯(巾:2000Km、長さ:1万5000Km)の帯の中に、太平洋のサンゴ礁諸島の大半が並んで点在しているのですから。 嘘だと思ったら、次の地図で確かめてみて下さい。Photo

 この地図で、台湾島は左上隅に、イースター島は右下隅にあり、両者間を大圏コース(最短経路)で結んであります。
「直線で結んであるだけじゃないか?」
その通り! 日付変更線と赤道が交わる点を中心にしてその真上から描かれた地図であり、今回のケースでは直線≒大圏コースとなります。
(通常はこうはいきませんで、東京とサンフランシスコ間の最短コース【大圏コース】は円弧状に表現されます。それは余談として)、

 On this map, Taiwan island is in the upper-left corner, Easter Island and in the lower-right corner and tied up in a circle (shortest route) between the two. "Or in a straight line with is just I'm not?" that's right! By focusing on the point where the international date line and Equator meet, was drawn from the above map, in this case straight ≈ becomes a great-circle route. (Usually can't do the shortest route between San Francisco and Tokyo [circle] is represented in the shape of an arc. It is as an aside), a glance from this map that many coral reefs and the Islands region of this great circle course is obvious. It is even more interesting. It's in the following map.
この大圏コースのベルト地帯に多くのサンゴ礁の島々が並んでいることは、この地図からも一目瞭然ですね。
もっと面白いことがあるのです。それは次の地図で。

Photo_2
 この地図は、もっと周辺までを描いた地図であり、台湾イースター大圏コースの真ん中は「フェニックス諸島の近く[西経 175°南緯 3°]に○に十字の島津家紋が描かれています。この○に十字を中心とした太い点線で大きな円を描いておきました。
This map is the map drawn up around more, and is in the middle of Taiwan Easter great circle course "near the Phoenix Islands [175 ° West longitude latitude 3 °] to are drawn cross Shimazu family crests. Great I've circled in a circle centered on the cross border.
 Running parallel to the Rocky Mountains and from the East coast of Mexico North through the Bering Sea, sea of Okhotsk and North mountains, and through the mountains of the East coast of China, South China Sea, Borneo, after skirting the passes through the mountains of Western Australia and the Antarctic continent Boldly through the Albatros sea Ridge on (Easter Island before one's eyes watching), is coming back to Mexico.

 メキシコ東岸から北へロッキー山脈と平行に走り、ベーリング海・オホーツク海・北朝鮮の山々を経由して・中国東岸の山々も経由して・南シナ海・ボルネオ島・オーストラリア西の山々経由・南極大陸をかすめ通った後は、アルバトロス海嶺(東太平洋海膨)上を大胆に通って(イースター島を眼下に眺めながら)、メキシコに返って来るのです。
 即ち、環太平洋のややこしいくて複雑な地域を粗方通りつつ、一周しているのです。
 Running parallel to the Rocky Mountains and from the East coast of Mexico North through the Bering Sea, sea of Okhotsk and North mountains, and through the mountains of the East coast of China, South China Sea, Borneo, after skirting the passes through the mountains of Western Australia and the Antarctic continent. Boldly through the Albatros sea Ridge on (Easter Island before one's eyes watching), is coming back to Mexico. I.e., via the Pacific Rim slightly strain it a complex area but have to go around it is.
最大のポイントは、南米大陸からメキシコまでを、だだっ広い中でも比較的ややこしそうな海嶺(周囲の海盆からは1000~2000Kmは高い膨らみ)上を経由させている点です。
 地球儀をお持ちの方は是非、地球儀で確認して見て下さい。真上から見下ろすと、
(1)地球地盤の弱い地帯の粗方が、地球儀の水平線近くに綺麗に並んでみえますよ。 しかも、
(2)太平洋の大半の島々は中央ベルト地帯に含まれている。
 
この2点だけでも凄い事だと思いませんか?
 Maximum points is through Mexico, sprawling while relatively those who put off a ridge from the South American continent (from the surrounding basin 1000-2000 Km's the high swelling) is let through on. Globe holders come in globe sure look. Looking down from the top, and (1) most of the weak areas of the earth ground line very near horizon Globes, it seems.  And (2) most of the Pacific Islands are included in the central belt area. I think Karate Kid with only two points?
 この台湾⇔イースター大圏コース30°ぐらい傾いていますね。この角度方向、以前に見た記憶はありませんか?
そうです。 太平洋プレートが西北西方向に毎年10㎝/年の速度で移動 していた あの絵です。再転記しましょう。

Photo_4This Taiwan-I am leaning towards Easter circle is about 30 °. This angular, remembered seeing before? Right. Is the Pacific Northwest to the West each year at a rate of 10 cm / year moved to that picture. Let me repost.

どうです。大圏コースと同じ方向に太平洋プレートが移動しているでしょう!
 今後はこの太平洋を取り巻く地域を巻き込んだ異変の事を、【環太平洋異変】と呼ぶことにします。
 
 続きはまた明日 大山宏
 Whether it is. Pacific plate is moving in the same direction as the great-circle route! That the incident involving the area surrounding this Pacific now [Pacific incident] and we will call. More also tomorrow
  Hiro. Oyama  2018 7/26 added English text.

|

« ポールシフトの虚・実と大陸移動説の関係。Relation of ischemic pole shift and real theory of continental drift | トップページ | 太平洋プレートの動きと方向 "The Pacific plate moving speed and direction" »

a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環太平洋異変は、台湾からサンゴ礁の島々を経てイースター島までの、大圏コース上で起こった!Trans-Pacific accident happened on the great circle course from Easter Island through the coral islands from Taiwan!:

« ポールシフトの虚・実と大陸移動説の関係。Relation of ischemic pole shift and real theory of continental drift | トップページ | 太平洋プレートの動きと方向 "The Pacific plate moving speed and direction" »