« ミランコビッチサイクル(寒・暖サイクル)の次に来る仮説 the hypothetical next Milankovitch cycle (cold-warm cycles)? | トップページ | 南米と南極の間の小さな爪跡 南サンドウィッチ諸島・フォークランド »

2009年9月24日 (木)

カリブ海周辺への爪跡:ギアナ高原・プエルトリコ・小アンチル諸島。Longing for the Caribbean area: Guiana Highlands, Puerto Rico and small Antilles.

灼熱の氷惑星殿へ、・・・ カリブ海周辺で(天体Mの)爪跡が見つかりました。その爪跡半径は、約600Km でした。まず、その地図を示しましょう。To the ice planet, scorching... of (celestial M) were found in the Caribbean area. The left RADIUS was about 600 Km. First of all, here's the map.
Photo  ドミニカ島からプエルトリコ島・小アンチル諸島にかけての沖合に、プエルトリコ海溝が連なっています。 その凹みカーブの流れをベネズエラ国内にまで追っていくと、太い実線のようなカーブが描けます。 赤道に平行線な線(北緯14度線)でほぼ対象なカーブとなっていますね。(心眼で引いて下さい)。 更に言うと、「ドミニカ島からプエルトリコ島・小アンチル諸島・・ベネズエラ北辺までに連なる島並み・山並みの全体カーブが、実線カーブに沿って綺麗に並んでいます!」 また、バハマ諸島の列がドミニカ島の沖合に位置していますが、その北東には(---)で示す少し深い部分が認められます。 その凹みと対応するように、ベネズエラからコロンビア国に向かって凹み(---)が連なっていて、これもほぼ対象位置です。From the island of Dominica offshore between Puerto Rico and the small Antilles Islands, consist of the Puerto Rico trench. You can draw and dent curve flows through in Venezuela until the thick solid line curves. Equator, parallel lines (14 degrees north latitude line) in almost a target curve, I. (Pull in the eye). Said further "from the island of Dominica, Puerto Rico and the small Antilles Islands, lined up in the Venezuela city island par-mountains entire curve along solid line curves cleanly lined!" also column of the Bahama Islands located off the coast of Dominica, but in the northeast (---) in show a little may deepest part. To match the Dent towards the country of Colombia from Venezuela (---), this is almost the point.

 灼熱の氷惑星の進入経路は、東から西に向かっており、氷のブルドーザーの爪跡は、東側に出来た。 言い換えれば「ヒマラヤ山脈に相当する高み列は、小アンチル諸島と対応しているらしい」と、判ります。 昨日地図遊びをした「アフリカ大地溝帯周辺付近への進入路は、西から東に向かっていましたが、今回は逆方向(東から西)です。 この「東から西に向かう進行方向」どこかで聞いた記憶はありませんか?
 そうです。サハラ砂漠に膨大な砂(沙)をひき敷いた「ノア異変」の時の進入経路と同じですね。緯度もほぼ同じ。(ノア異変は北緯23度であり今回が北緯14度ですから、たった7度のずれしかありません)。 爪跡半径を計ってみると、600Km でした。アフリカ大地溝帯の爪跡半径は 1000Km でしたから、それよりは小規模です。
 但し、直接衝突(天体Mの氷殻が地球表面に頭突きを喰らわせる衝突)なのですから、(カリブ異変もアフリカタンガニーカ異変のどちらも)ノア異変とは比べ物にならない大異変には違いありません。 数億年ぐらい昔の事件だろうとは思いますが、その時に、ギアナ高地はかろうじて破壊を免れた ものと想像できます。
Approach path of the ice planet of the from the East to the West towards the ice bulldozer claw marks made on the East side. In other words "apparently corresponds to the Himalayan heights columns supports and small Antilles. "The find. Map play yesterday "was heading east from the West approach road to the African Great Rift Valley near the, this is opposite direction (East to West) is.  Never heard of this "going from East to the West direction" somewhere, do you? Right. It is the same as the entry routes for "Noah incident" laid the ground vast sandy (SHA) in the Sahara desert. Almost the same latitude. (Noah incident is 23 degrees north latitude, is not only a gap of only 7 degrees, 14 degrees north latitude). It was 600 Km and measured the left RADIUS.  From 1000 Km was the rift left RADIUS is smaller than it. However, direct-impingement (celestial M ice core is on the Earth's surface head-butt Munch! to collision) of so (Caribbean incident both of the Africa Tanganyika) and Noah incident infinitely without major incident is certainly. Think about several hundred million years old, but can you imagine narrowly escaped destruction and the Guiana Highlands at the time.

|

« ミランコビッチサイクル(寒・暖サイクル)の次に来る仮説 the hypothetical next Milankovitch cycle (cold-warm cycles)? | トップページ | 南米と南極の間の小さな爪跡 南サンドウィッチ諸島・フォークランド »

a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリブ海周辺への爪跡:ギアナ高原・プエルトリコ・小アンチル諸島。Longing for the Caribbean area: Guiana Highlands, Puerto Rico and small Antilles.:

« ミランコビッチサイクル(寒・暖サイクル)の次に来る仮説 the hypothetical next Milankovitch cycle (cold-warm cycles)? | トップページ | 南米と南極の間の小さな爪跡 南サンドウィッチ諸島・フォークランド »