« 潜水艦地形・ブーメラン大陸の成立。Formation of submarine topography boomerang shaped continent. | トップページ | 環太平洋異変は、台湾からサンゴ礁の島々を経てイースター島までの、大圏コース上で起こった!Trans-Pacific accident happened on the great circle course from Easter Island through the coral islands from Taiwan! »

2009年9月29日 (火)

ポールシフトの虚・実と大陸移動説の関係。Relation of ischemic pole shift and real theory of continental drift

 ポールシフトとは、惑星の回転軸が初期の状態から突如変化してしまう事です。例えば現在地球の回転軸は北極星の方向を向いていますが、これが【突如、ex.さそり座の方向に変化してしまい、そのまま安定してしまう】と言うような現象の事を指しています。
 混同されやすい現象として、歳差運動【地球に関しては約2万年周期の変化回転軸方向が恒星空間(天球)に対して緩やかにその向きを変える】 がありますが、これは穏やかに周期的に変化する現象であって、ポールシフトに含めない方が分かりやすいと思います。
 あくまでポールシフトとは、【それまで安定していた回転軸が突如別のより安定な軸方向へ取って替わる】という狭義の範囲に留めるべきでしょう。
 Pole shift and suddenly changes from its initial state axis of rotation of a planet is.  For example Earth's axis of rotation is geared towards the direction of the Pole Star, but this [suddenly ex. changes in the direction of Scorpio, as it stabilizes] and refers to the phenomenon that says such. As the symptoms are easily confused with precession [: comes to Earth about 20000 years changes in the period.  Direction of the rotation for interstellar space (celestial) gradually and turns] I think, this is a gentle, periodically changing phenomenon, and should not include the pole shift is easy to understand. Last pole shift and [axis was stable until it suddenly with another more stable alternative, taking along the axis] that will to bear in a narrow range.
 さて、ポールシフト、そのような現象は起こりそうには思えませんが、実際には過去に起きた模様なのです。 ある本によりますと、太陽系の各惑星の傾斜角度(現時点での回転軸方向)はバラバラなんだそうです。小さい順に列記しましょう。
【現在傾斜角度】【狭義のポール方向】【ポール方向≒傾斜角】
水星 :    0.°     ⇒   0°   ⇒   0°
木星 :    3.1°    ⇒   0°   ⇒   3°
地球 :   23.44°   ⇒   0°   ⇒   22°
火星 :   25.19°   ⇒   0°   ⇒   25°
土星 :   26.7°    ⇒   0°   ⇒   27°
海王星:   29.6°    ⇒   0°   ⇒   30°
天王星:   97.9°    ⇒ 180°   ⇒   98°
冥王星: 121.9°    ⇒ 180°   ⇒  120°
金星 : 177.3°     ⇒ 180°   ⇒  177°

 Is now likely to happen, pole shift, such phenomena is the pattern, but don't actually occurred in the past. It seems according to the angle of inclination of each planet in the solar system (the axis of rotation direction at the moment) is different. Let me list in ascending order.
[Current angle] [Narrow pole direction] [Pole direct.≈angle]
Mercury:  0. °    
0 °       0 °
Jupiter:  3.1 °    
0 °      
3 °
Earth:  23.44 °    
0 °     
22 °
Mars:  25.19 °    
0 °     
25 °
Saturn:  26.7 °    
0 °      27 °
Neptune: 29.6 °    
0 °      30 °
Uranus:  97.9
°    180 °       98 °
Pluto:  121.9
°     180 °      120 °
Venus:  177.3
°    180 °     : 177 °
 中央欄に【狭義のポール方向】を示しました。狭義のポール方向(極論)としては【 0°】と【 180°】しか存在しない事になります。 もし仮に傾斜角度がちょうど89°である惑星があって歳差運動の軸が横道面と垂直ならば、狭義のポール方向は0°ということになりますし、91°の傾斜角度の惑星があったならば、狭義のポール方向は180°ということになります。(これは極論でした) 
 In the Central column [narrow pole direction] showed. As the pole direction of (extreme) [0 °] and [180] but will not exist. If planets even if the angle is just 89 °, the precession axis is vertical and side street, narrow pole direction 0 degrees, it will, if there had been 91 ° inclination angle of planet pole direction of 180 degrees, will. (This was the extreme)

 現実には歳差運動の円錐角度は±10°程度でしょうから、常識的な狭義のポール方向は右端の欄の数値程度に丸めておくべきでしょう。
太陽系の成立の常識論としては、黄道面にほぼ垂直な回転軸をどの惑星も持っているはずなのですが、実は逆回転している(180度近くポールが傾いている)惑星がある ということなのです。
 In reality the cone angle of the precession ± will be 10 degrees from pole orientation of common-sense should be rounded to numeric values in the rightmost column will. It is that planets should as a commonsense theory of the formation of the solar system, axis nearly perpendicular to the ecliptic plane have any planets is, to tell the truth to reverse that (Paul leans close to 180 degrees).
 こういう事が起きる理由はただ一つ、「惑星が出来上がる過程で、小惑星が衝突した時、回転軸が傾いた。あるいは逆回転を与えられるような衝突があった。」という一語に尽きるでしょう。 この意味では、各惑星が完全な円軌道になっておらず、楕円軌道になっている原因も この衝突が原因した と言えるでしょうし、歳差運動に関しても、それが原因だったといえるのでしょう。
 Reason for this kind of thing is just one "process is a planet, asteroid that collided at the inclined rotation axis. Or had a conflict given the backlash. "It boils down to 1, you will. It might be said that it was due to precession, too, and I would say that due to this crash is not complete in this way, each planet orbit, an elliptical orbit causes.
 現代アカデミーの世界では、『月はムカシ地球に火星サイズの小惑星が衝突し、ムカシ地球から飛び出して出来たものだ。地球は月が飛び出した直後にその衝突穴(クレーター)をふさいで現在の地球が出来た。』というのが定説となっています。
 その時の衝突衝撃で、回転スピードは決定され、少なくともコアー部分の回転軸方向と回転スピードは 以降ほとんど変化していないと考えられます。
 In the world of the modern Academy ", stepped out from the Earth mingle, mingle collided a Mars-sized asteroid to Earth's moon. Blocking immediately jumped on Earth the impact hole (crater), the present Earth. "It's has been established. Likely collision impact at the time, rotational speed is determined, at least the speed and direction of the rotation of the core since virtually unchanged.
 そりゃあそうでしょう。もし成立以降に、核(コア)の回転軸の傾斜角度を変えるほどの小天体衝突があったならば、「月がもう一つ」出来ていても不思議はないですから。
つい昨日まで このブログでは”天体Mが衝突した衝突した”と言ってたじゃないか?』
という疑問にお答えすれば、
『氷殻は確かに地球にぶつかっていますが、その下はミズ(水:液体)でした。頭を水圏に突っ込んだだけ(高橋実説)』ということになります。
   Yes, it might be so. If there are small impact of changing the inclination of the axis of rotation of the nucleus (core) in the month since made "one more thing," no wonder. "Until yesterday this blog recently," crashed celestial M collided "and didn't I tell you?" that answer your questions "ice shell is certainly has hit Earth, but underneath it was ‘Mizu’ (water: liquid). Just stuck my head in the water (because of Minoru-Takahashi), that thing will be.
 何を言いたかったかというと、【地球の核(コア)の回転で決まっている回転軸(ポール)は、この40億年間ほとんど変化してはいない。即ち、厳密な意味での(実ポールシフト)は起こっていない。】ということです。
 「しかし現実には、ポールシフトが起きているように見えるのは何故か?」
 お答えしましょう。 現在太平洋プレートは10㎝/年で移動し、オーストラリアプレートは8㎝/年で別方向に移動してますね、同様にユーラシアプレートも他のプレートも動いているというのが大陸移動説です。 どういう訳か それぐらい 大陸は動き易い のです。》
 各プレートが互いの下に潜り込むこと無く(例えば太平洋プレートと同一方向に)回転移動すれば、ポールシフトが起きているような記録が地表に残るでしょう?
ポールシフトが過去頻繁に起こっているように見えるだけ なのです。この【見かけのポールシフト】のことを、今後は、(虚ポールシフト)と呼ぶ事にしませんか?
 Say what you mean and [4 billion years hardly changed the axis of rotation is determined by the rotation of the Earth's core (core) (Paul), did not. Namely, in the strict sense (real pole shift) is not happening. : It is.
 "But look is the pole shift happening in reality, why?"
 Let's find out. Currently the Pacific plate moves at 10 cm per year, Australia plate is moving in another direction at 8 cm per year, similar to Eurasian plate and other plate are moving is the theory of continental drift. "For some reason it's easier to move the continents it is."
 Will remain on the surface of the Earth without undercuts on each other each plate (for example the Pacific plate and the same direction) rotation move the pole shift is happening, such as recording? It is only visible is happening often past the pole shift. This [apparent pole shift] of, the (imaginary pole shift) and would you like to call?

|

« 潜水艦地形・ブーメラン大陸の成立。Formation of submarine topography boomerang shaped continent. | トップページ | 環太平洋異変は、台湾からサンゴ礁の島々を経てイースター島までの、大圏コース上で起こった!Trans-Pacific accident happened on the great circle course from Easter Island through the coral islands from Taiwan! »

a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポールシフトの虚・実と大陸移動説の関係。Relation of ischemic pole shift and real theory of continental drift:

« 潜水艦地形・ブーメラン大陸の成立。Formation of submarine topography boomerang shaped continent. | トップページ | 環太平洋異変は、台湾からサンゴ礁の島々を経てイースター島までの、大圏コース上で起こった!Trans-Pacific accident happened on the great circle course from Easter Island through the coral islands from Taiwan! »