« 南米と南極の間の小さな爪跡 南サンドウィッチ諸島・フォークランド | トップページ | 世界一のスンダ(ジャワ)海溝 とタクラマカン砂漠との関連性. »

2009年9月26日 (土)

シベリア異変・モンゴル異変・ヒマラヤ異変と[ノアの箱舟異変]の関係.

灼熱の氷惑星殿、・・・ 前々からシベリアのバイカル湖( 三日月形 )が気になっていました。『 もしや これも ヒマラヤ地形?』との観点で 高校の地図帳を引っ張り出して見てみたら、やっぱりですね。
 随分古そうな( 数億年前?十数億年前?)の「爪跡」模様です。Burning ice planet of the... long Siberia's Lake Baikal (Crescent-shaped) had become concerned about. "If this Himalayan terrain? ' With high school atlases, saw dust in terms but it is. With so much old (several hundred million years ago? several billion years ago?) The "fingernail" pattern.
Photo  
 湖面の標高は455m、湖面からの最大水深はー1620m(深さが1.6Kmですよ!)、円弧の差し渡し長さは600Km以上。
【西日本にある瀬戸内海の長さ(大阪から下関まで)が、約400Km】ですから、規模の大きさが想像できますね。The elevation of the Lake is 455 m, maximum depth from the surface of the Lake was-1,620 m (depth is 1.6 Km!), diameter length of the arc is more than 600 Km. [Length of the Seto Inland Sea in Western Japan (from Osaka to Shimonoseki), approximately 400 Km] so you can imagine the sheer size of it.
 そのバイカル湖(綺麗な三日月型)と平行して数本の山脈が認められます。ゴビ砂漠のワジ(枯れた川)や低湿地帯の並び、アルタイ山脈の円弧形状も、バイカル湖の円弧中心点を共用しているようにも見えます。Photo_2 Parallel to the Lake Baikal (a beautiful Crescent-shaped), several mountains are permitted. Sharing the arc center point of the Lake Baikal arc shape sequence of Wadi (dry river) in the Gobi desert and marshes, the Altai Mountains, also seem to have.
 北極海まで含めた広域地図のコピーです。ゴビ砂漠の円弧を両側に延長していくと、オビ川・レナ川の両低湿地帯がありました。 

中心線(対称線)は、タイミル半島の真ん中を突っ切って、ちょうど「北極点」付近に向かって伸びています。 オビ川・レナ川の更にその向こう側には、ウラル山脈・ベルホヤンスキー山脈が位置していますが、ほぼ対称位置にあると言えます。 また、ウラル山脈の更に北方にあるノバヤゼムリャ島(メルカトール図では、バカでかく拡大表示されて印象の深い島)がありますが、これと対象位置には、ノボシビルスク諸島が存在しています。This is a copy of a map including the Arctic Ocean. Go extend the arcs of the Gobi desert on both sides, and Obi-Wan had both lowland of the river and the Lena river. Central line (symmetric), through the middle of the taymyr peninsula, just near the North Pole points towards. Obi-Wan River and Lena river to further beyond the Ural mountains, said verkhoyan ski mountains are located, but almost symmetrical position to be. Further north of the Ural mountains to Novaya Zemlya (Island moron in the Mercator chart shows anyway, impressive), but there is Novosibirsk Islands present in the target location with this.
 こういう眼で見比べると、「バルハシ湖・カザフステップ」と「満州平野」とが対象位置にあるのも、この「事変」と無関係ではなさそうな気がして来ますね。今後はこの事変の事を、シベリア(シベリヤ)異変と呼ぶことにしましょう。 『シベリア異変での天体Mの進入方向は、南から真北に向かって』であったと判断出来ます。Compare with kind eyes, "Balkhash Lake and the Kazakh steppe" and come to this "incident" with "Manchurian plain" point is also that it seems like it. Let's call Siberia (Siberia) and the evil things of this incident in the future. "Orientation of celestial bodies in the Siberian incident, from the South towards the North, and used to determine.
バイカル湖はあんなに深くて大きいのに、対称側の南西部地域には深い爪跡が見当たらないのは何故?」 当然の疑問です。その理由は大きく2つ挙げられます。
【一つ目】は、ヒマラヤ褶曲山系が出来た時にチベット高原やタリム盆地周辺に、膨大な砂がばらまかれたのですが、その砂は同時に、ゴビ砂漠・アルタイ山脈・サヤン山脈辺りにも大量の砂が振り撒かれた から{【ヒマラヤ異変】}。
【二つ目】は、ヒマラヤ褶曲山系できるもっと以前に、別の「衝突事変」が過去にあったという事{【モンゴル異変】}。
 この大きく2つの事後異変(ヒマラヤ異変とモンゴル異変)があったため、バイカル湖の対称地形周辺の”過去の凹み”は埋められ、山も高くなった。という訳です。
「タクラマカン砂漠~モンゴル高原」で起こった「衝突事変」は、「ヒマラヤ異変」よりも古くて、西南西から東北東の方向に(斜め上方向に)天体Mが進入して来ています。 貴方がお持ちの地図で進入路を確かめてみて下さい。インターネットのGoogle地図でも明確!(タクラマカン砂漠の形が潜水艦の胴体のような流線型 になっていて進入経路が明らかです。その方向3000Km先にゴビ砂漠が存在!この事変の事を、今後は、モンゴル異変と呼びましょう。)《 ノア異変はのニアミス衝突、モンゴル異変はもっと古い時代の秋に起こった、衝突事変らしいです。》
"Lake Baikal is such a deep and large, isn't there a deep claw marks in the southwest region of the symmetrical side why?" is a question of course. That's why big two include: [One], is a vast sand strewn on the Tibetan plateau and around the Tarim basin during the Himalayan fold mountain system is made of, but at the same time the sand Gobi and Altai were guaranteeing large amounts of sand to mountains and Sayan mountains around from {[Himalayan incident]}.  [The second], Himalayan fold mountain range can be more before another collision incident was last thing {[Mongolian incident]}. This happens 2 posterior (Himalaya and the Mongolian incident) was greater for the "dent in the past" symmetric terrain surrounding the Lake Baikal is buried, high mountains. It is being said. "Taklimakan desert-Mongolia plateau" in collision incident took place is older than "the Himalayan incident", from West in the direction of the East (diagonally in the direction) are coming into celestial M. You are sure you have map approach. Google map of the Internet even clearer! (Approach path is clear, the Taklimakan desert, submarine body sleek. Direction 3000 Km away in the Gobi desert! this incident I will call and the Mongolian. ) "Noah incident Miss hit of the spring, Mongolia accident collision incident took place in the autumn of older age, it seems."
 詳しくは、氷灼熱の氷惑星(高橋実著)の「S25・・地軸が変動_ゴビ砂漠も」を参照されると きっと納得されると思いますが、さわり部分をちょっとだけ書きますと、[タクラマカン砂漠~ゴビ砂漠]間には、砂漠・砂漠・砂漠・とは言っても、あちこちに「草」が生えているでしょう?
 毎年春になると、日本にまで黄砂が飛来して「洗濯物が黄色くなった」という騒ぎが起きますが、この辺りの細かな砂が飛んで来ているのです。新しいサハラ砂漠では砂嵐が吹き荒れて全くの不毛の地ですが、砂漠も古くなるとも生えて来るし放牧段々と出来るようになって来る。という話です。More ice planet of ice (Minoru Takahashi) "-S25-Earth's axis varies _ even the Gobi desert" write just a little part, I'd be convinced and referenced, neutral and [Taklimakan desert-Gobi desert] during the desert, desert, desert, and is "grass" grows here and there, say you will? It is this area of fine sand flying in and yellow sand is blown to Japan each year in the spring and the turmoil that turned yellow washing up. And is totally barren land in the new Sahara desert sandstorm blows, but older than the desert comes growing grass, grazing gradually become able to come. It is the story.

|

« 南米と南極の間の小さな爪跡 南サンドウィッチ諸島・フォークランド | トップページ | 世界一のスンダ(ジャワ)海溝 とタクラマカン砂漠との関連性. »

a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シベリア異変・モンゴル異変・ヒマラヤ異変と[ノアの箱舟異変]の関係.:

« 南米と南極の間の小さな爪跡 南サンドウィッチ諸島・フォークランド | トップページ | 世界一のスンダ(ジャワ)海溝 とタクラマカン砂漠との関連性. »