« 太平洋海底の断裂帯解析(1) Analysis of the origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean. | トップページ | 太平洋下の断裂帯&海膨の成因(3) Pacific has big bulges and Fracture zones. »

2009年10月21日 (水)

太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean.

 昨日の続きです。今日はイースター近辺の「巾4000Km x 1万Km」マグマオーシャンの横巾方向の冷却に関して構造分析を”頭の体操”でやってみましょう。 条件を再録しておきます。
 It is a continuation of yesterday. Today in the vicinity of Easter "width 4000 Km x 10000 Km" Let's do the analysis in "head gymnastics" for the horizontal width of the magma Ocean cooled. Leave reprinted the condition.

(1)マグマオーシャン域】イースター島近辺に左右幅  4000Km、南北幅  1万Kmの領域。 表面温度  1001℃、 数百キロ深い所の温度  1300℃程度 (1) [Magma Ocean area]: depends on the Easter Island near area width: 4000 Km, width: 10000 Km. 1001 ° C, several hundred kilometers deep temperature: surface temperature 1300 ° C degree
(2)その他の場所:表面温度:100℃程度、数百キロ深い所の温度:1100℃程度。マグマオーシャン域の表面温度が1001℃⇒1000℃に1度だけ下がると、637Km深さの【地殻層1】が固化します。更に1度温度が下がると、【地殻層1】は999℃になり、その下の【地殻層2】は 1001℃⇒1000℃になって、固化します。順次、1度下がる毎に、【地殻層1】⇒998℃、【地殻層2】⇒999℃、【地殻層3】⇒1000℃になって固化。・・・となって行きます。
(2) [other places]: surface temperature: temperature 100 ° C degree, several hundred kilometers deep, 1100 degrees Celsius. [Magma Ocean area: the surface temperature is 1001 ° C down once to 1000 ° C and 6.37 Km deep layer in the crust 1 solidifies. Even once the temperature drops, and crustal layer 1 is to 999 ° C and beneath earth's crust layer 2, 1001 ° C to 1000 ° C, and solidifies. Each successively lower once the crust layer 1 998 ° C, crustal layer 2 999 ° C, crustal layer 3 to 1000 ° C, and solidifies.・・・  And go now.
 【マグマオーシャン域の横巾は4000Kmですので、わずか1度冷えただけで、4000Km x 0.0000090.036Km縮みます。1000℃⇒100℃程度まで温度降下すると、0.036Km x (1000-100)32Kmどなりますが、この32Kmの縮みが±2000Kmの両端でのみ発生するのではないことは、昨日の縦方向縮みの場合と同じです。
 最終的には、32Kmの縮みが「地殻のしわ」となって現れてくるはずです。そのしわのピッチ、現実の海底地形から逆に推測しましょう。  

[Magma Ocean area] of horizontal width is 4000 Km, so just one cold, alone, 4,000 Km x 0.000009=0.036Km contract. 1000 ° C temperature drops up to 100 degrees Celsius and 0.036 Km x (1000-100) ≈ 32kmdonari press, shrink 32 Km ± do not occur only on both sides of the 2,000-kilometre is the same as of vertical direction yesterday.
 Eventually, 32 Km shrink crust wrinkles and, should appear. Reverse your inferred from the submarine topography of the pitch part of the reality.

Photo
 大断裂帯のピッチは、約1000Kmでした。小断裂帯のピッチは200Km(±100Km)程度でした。 これを尺度として「しわピッチ」をエイやッで計ると、最小断裂帯の約半分とみて、「50Km」というところでしょう。 即ち、全巾4000Kmに対して、50Km毎に小さい断裂が起こり、80本の亀裂の総計が、32Kmになるという計算です。これだと、1本当りの亀裂巾が、32Km÷80本=0.4 Kmとなります。
50Km毎に、400メートル巾の亀裂が走る」・・・現実的に起こりえる範囲ではありますが、もう少し分析的に考えるなら、以下のストーリーになるでしょう
 Large fracture zone of the pitch was about 1000 Km. Small fracture zone of the pitch is 200 Km (±100 Km) with a degree. It will say this as a measure to wrinkle pitch-and whale sharks and the minimum shear fracture zone about half the 50 Km. It is a calculated, happen small tear every 50 Km to 4,000 Km width, crack 80 total 32 Km. This per crack width is 32 Km / 80 km =0.4. In the following story, look a bit analytical in... Realistically happen scope "every 50 Km, run crack width 400-meter" should be.
 『50Km10分の1の5Km毎に40メートル巾の亀裂が走るような環境に海底の広いがなっていて、その近辺で最も弱い箇所に応力が集中し、その結果、集中した亀裂巾が400メートルになる。』
 わずか1度冷えただけの話に置き換えると、以下のようになります。『5Km毎に、40m÷(1000-100)0.044mの亀裂が走るという冷却環境下に海底の広い範囲が置かれていて、その近辺で最も弱い箇所に応力が集中した結果、応力集中箇所の亀裂巾が、0.44m=44 になる』・・・柱状節理?
 50Kmの長さは、ちょっとした「島」のサイズ、5Kmの長さとは、小さな「島」のサイズと考えられますので、頃合いの「ギャップ」の推測値と思われます。
"Concentrated stress environment like running 40 meters width crack 5 Km every 1 / 10 of the 50 Km-wide submarine is the weakest in the neighborhood where, as a result, crack width, the focus becomes a 400 m.' And just chilled just once to replace the as in the following. "Every 5 Km, 40 m ÷ (concentrated stress on cooling environment of 1000° C -100° C)=0.044m crack is running a wide range of marine, the weakest point as a result, stress crack width becomes 0.44 m = 44 cm,  And columnar? Considered the size of the small island and the size of the island, 5 Km length of 50 Km in length, it's because time is of think and the estimated value of the 'gap' that?
  何が言いたかったか?
 海底が冷却(固化)する段階では、深さ方向(数キロ)と同程度の巾毎に、縦横方向に亀裂が走る可能性が十分にあり、深さ方向厚さ(数キロ)と同程度の亀裂ピッチになりそうである事。
 誤解を恐れず結論を先に言って置きましょう。
 太平洋の東半分だけマグマオーシャン化していて静かに冷却固化した場合、最初の段階で出来る【地殻層1】は、厚さが5Km程度ありますが、
その内部は、縦横方向に5Km程度毎に縦割れの亀裂が発生している可能性があり、亀裂の大きなものは、およそ50Km毎に発生していて、未凝固のマグマが地表に噴出して来れる状態にある事。
 【地殻層2】【地殻層3】・・も同様であり、その全体像は、東京ドーム天井(アーチ構造)を角材の積み上げによって造り上げた状態となっている事。
 その天井高さは1000mもあり、ちょっとしたきっかけで、崩落事故に繋がる(繋がった)。
 崩落を繰り返しつつ(マグマ噴出を繰り返しつつ)海膨(海嶺)構造は出来上がった。続きはまた今度 大山
What I wanted to say?
 At the seafloor cooling (solidification), depth (number of kilograms) of width for each may well crack running vertically and horizontally, depth thing likely be thick (several kilometers) of crack pitch.  Without fear of misunderstanding, let's say ago conclusion. If only the eastern half of the Pacific Ocean and magma Ocean-by and quietly cools in the first stage can be 1 layer in the crust, and thickness is about 5 Km, but its interior is vertically and horizontally about 5 Km every crack for longitudinal cracks potential  Each having large cracks is approximately 50 Km that is to come under solidification of magma erupt to the surface of the Earth. Crustal layer 2  Crustal layer 3, and also as well and the whole picture is the State built by lumber stacked up Tokyo Dome ceiling arch structure full.  Its ceiling height is 1000 m, little start and lead to collapse (led). While falling (magma erupted while) rise (Ridge) structure is finished. More also tomorrow.

|

« 太平洋海底の断裂帯解析(1) Analysis of the origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean. | トップページ | 太平洋下の断裂帯&海膨の成因(3) Pacific has big bulges and Fracture zones. »

KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean.:

« 太平洋海底の断裂帯解析(1) Analysis of the origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean. | トップページ | 太平洋下の断裂帯&海膨の成因(3) Pacific has big bulges and Fracture zones. »