« スンダ(ジャワ)海溝の真央点 Real Center of Sunda (Java) trench arc? | トップページ | 議論、ブラジルが北極、インドネシアが南極で自転してた時. »

2009年10月10日 (土)

第61話、天体Mの進入方向が直交するとは?What does it mean that the direction of entry of celestial body M is orthogonal?

Summary: The example of the intersection of the earth's circular orbit and the elliptical orbit of the celestial body M (collision between celestial bodies) was briefly explained in the play of hula hoops. It is also once every 3,000 years, including near-miss collisions, gravitational anomalies and abnormal weather. Don't worry!
概要:地球の円軌道と天体Mの楕円軌道が交差する(天体同士の衝突)例を、フラフープという遊びの内に、易しく説明しました。ニアミス衝突や 重力異常や異常気象を含めても、高々3000年に1回です。安心して!
灼熱の氷惑星殿へ
・・・ 久々に「易しいランプ技術のお話」になりました。カテゴリーは「氷惑星の解説」にしましょう。【光・ランプの61話~】
 でも、天体Mが地球に直接衝突する”お話”には変わりありません。放物線の接線方向の議論です。
It became "Story of easy lamp technology" after a long time to the scorching ice planet den. Let's make the category "There". [61 episodes of light and lamp] but the story of the celestial body M colliding directly with the earth is no different. It is a discussion in the tangential direction of parabola.
放物線・円・直線・・とは言っても この場合大きさを持っているが面白い点!
例えば、地球が太陽の周りを回っている。その通路は、"大きなフラフープ"見たいな通路 なのです。
フラフープ
そうです。大昔の遊び道具で、お腹の辺りで回した遊び道具!
でも、そのフラフープ、極めて細いパイプが大円形に繋がったものです。地球の公転軌道半径は(太陽から地球までの距離ですから) 1.5億Km。一方 地球の半径は、6370Kmですから、0.004%しかありません。
 恐ろしく細いフラフープでしょう?
 Parabola, circle, straight line, and even so, it has a size in this case, but it is an interesting point! For example, the earth is circling the sun. The passage is a passage you want to see as a "big hula hoop".
"Hula hoop?" yes. It is a play tool of the old times, and it is a play tool which turned around the stomach! However, the hula hoop and a very thin pipe were connected to a large circle. The earth's orbital radius is 150 million Km (because it is the distance from the sun to the earth). On the other hand, the radius of the earth is 6370Km, so there is only 0.004%.  It's a horribly thin hula hoop, isn't it?

 一方の天体Mは、3000年という公転周期を持った これまた恐ろしく長い楕円軌道を持っています。
地球と衝突するのですから、太陽に最も接近した時の距離(近日点距離)は、地球半径以下ですが、最も太陽から遠のいた時の距離は、想像も及ばないほど遠くにあります。
こういう超長楕円の第二焦点は、無限遠方と見て差し支えありません。

 One celestial body M has a rotation cycle of 3000 years and has a horribly long elliptical orbit. Because it collides with the Earth, the distance (near-the-day distance) closest to the sun is less than the earth radius, but the distance when it is far from the sun is beyond imagination. The second focus of such a super-long ellipse is infinitely distant and no problem.
以前に(「異次元世界の同時表示」)にて、『飛行機で飛んで行っても無限遠方にある楕円の第二焦点にはたどり着けません。それは放物線!』というお話をしましたが、
今回は、『超高速のロケットに乗っても、生きている内に(天体M楕円の)第二焦点にたどり着けるかとうか分からない。⇒ その天体M軌道は放物線軌道と見なせる!』ということになります。
 少なくとも、地球と衝突する可能性がある範囲内では放物線とみなせます。
Previously ("Simultaneous display of a different dimension world"), "Even if you fly by plane, you can't reach the second focus of an ellipse that's infinitely far away. It's parabola! I told him, "I don't know if i'll be able to get to the second focus in the living (celestial M-ellipse) even if I'm riding a super-fast rocket. ⇒ The celestial M orbit can be considered a parabolic orbit! It becomes.
 At the very least, it can be considered parabola within the range of potential collisions with the Earth.
 さて、その【天体M放物線軌道フラフープ】も【地球軌道フラフープ】と同じ太さ(恐ろしく細い素線径=地球公転軌道半径の0.004%相当)を持っています。
そのフラフープ同士が交差する事件(天体衝突事件)が実際に起きたことが、過去何回かあったのですが、Now, its [celestial M parabolic orbital hula hoop] also has the same thickness as [Earth orbit hula hoop] (horribly thin wire diameter = 0.004% equivalent of the earth orbit radius). There have been several incidents in the past where the hula hoops intersect.
 衝突するためには、公転軌道面が交差していなければなりません。取りあえずは交差しているとして、交点は2個所で発生しますね。
ノア異変」が起こったのは、「春(春分点付近:日本時間で6時頃)」であったようでした。「モンゴル地方に砂をばらまいてゴビ砂漠が出来たモンゴル異変」の時も、春(日本時間で真夜中)だった模様です。
In order to collide, the orbital plane must intersect. As if it's crossed, the intersection occurs in two places. It seemed that the "Noah incident" occurred at around 6 o'clock in Japan time. It seems to have been midnight in spring (Japan time) at the time of "Mongolia accident where sand was scattered in Mongolia and the Gobi desert was able to be done".

まあ偶然にも、ニアミス衝突で砂や水を大量に浴びせられる程度で済んだのは幸いでしたが、ニアミスも衝突の一つとして含めるなら、0.004%よりもう少し太めのフラフープを想定する必要があります。
 しかしまあ今回は、そのままの太さで行きましょう。
Well, coincidentally, it was fortunate that we were able to get a lot of sand and water in the near miss collision, but if near misses are to be included as one of the collisions, we need to assume a slightly thicker hula hoop than 0.004%.  But this time, let's go with the thickness as it is.
に起きた例とは【環太平洋異変】がそのようですが、それも置いておいて、春と秋は太陽に取ってみると、真反対の位置にあります。
地球公転軌道の向こうとこっちの2か所です。これに天体Mのフラフープ(放物線軌道)を重ねてみましょう
春と秋で衝突したのなら、その放物線フラフープは、夏か冬に近日点を通ることになり、放物線の焦点距離は地球円軌道半径の半分ということが分かります。
The example that occurred in autumn seems to be [Pacific Rim accident], but it is in the opposite position when i put it aside, and take it to the sun in spring and autumn. It is two places here to face the earth orbit. Let's pile up the hula hoop (parabolic orbit) of the celestial body M to this. If you collide in spring and fall, the parabolic hula hoop will pass through the near-day point in summer or winter, and the parabola's focal length is half the earth's orbital radius.

何? 分からない? じゃあ【放物線の面白さ】という題のブログ記事を書いて置きましたので、開いて見て下さい。』
 この放物線、地球の春と秋の2点での接線方向(進行方向)は、直交関係にありますね。(分からなければ、やっぱり、「放物線の面白さ」をGoogle検索すること!)ですから、インドネシア付近に衝突した時の進入方向がならば、その真裏のブラジル・ペルー沖に衝突したのはであって、両接線方向は直交するという訳でした。
What? Don't understand? Then I wrote a blog post titled [the fun of parabola], so please open and look. This parabola, the tangential direction (traveling direction) at two points of the spring and autumn of the earth, is orthogonal. (If you don't know, google search for "parabola fun"!) Therefore, if the direction of entry when it collided near Indonesia was spring, it was autumn that it collided off the coast of Brazil and Peru in the back, and both tangent directions were orthogonal.
 なお、この2つの【軌道フラフープ】、ちょっとねじれが大きくなると衝突しなくなりますし、黄道面に対して完全平行に近づいてくれば、正面衝突が起こって、天体Mも地球生物も一挙に消滅ということになります。
20億年前ごろから衝突が始まって、近年段々と、軌道面が黄道面に近づきつつある模様です。
In addition, these two [orbital hula hoops], will not collide when the twist grows a little, and if it approaches completely parallel to the zodiac surface, a head-on collision occurs, and the celestial body M and the earth life will disappear all at once. The collision began around two billion years ago, and in recent years, the orbital surface seems to be getting closer and closer to the zodiac surface.
 最後に一言。3000年の公転周期ですが、地球軌道面に入る毎に危ないという訳ではありません。何故なら、そのフラフープ内のほんの一部にしか地球は存在していないのですからね。
 直接衝突確率は 1億年に2回程度、ニアミス衝突を全て含め、更に 重力異常や異常気象を含めても、高々3000年に1回 なのです。 ちょっとは安心しましたか? 大山宏
 A word at the end. It is a 3000-year-old orbital cycle, but it is not dangerous every time it enters the earth's orbital surface. Because the earth exists only in a small part of the hula hoop.  The probability of direct collisions is about twice every 100 million years, including all near-miss collisions, and even gravity anomalies and abnormal weather, which are high ly once every 3,000 years. Are you a little relieved? Hiroshima Oyama

|

« スンダ(ジャワ)海溝の真央点 Real Center of Sunda (Java) trench arc? | トップページ | 議論、ブラジルが北極、インドネシアが南極で自転してた時. »

K・・・氷惑星の解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第61話、天体Mの進入方向が直交するとは?What does it mean that the direction of entry of celestial body M is orthogonal?:

« スンダ(ジャワ)海溝の真央点 Real Center of Sunda (Java) trench arc? | トップページ | 議論、ブラジルが北極、インドネシアが南極で自転してた時. »