« 太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean. | トップページ | お節介、コーヒータイム、脇役 »

2009年10月22日 (木)

太平洋下の断裂帯&海膨の成因(3) Pacific has big bulges and Fracture zones.

 以前に「隕石衝突も無くて、ゆっくりと静かに全球面に均一にあるマグマオーシャンが冷え固まった場合」に関して検討しました。その条件の下では「玉ねぎ構造」が出来るという結論でした。 そして昨日、「東京ドーム天井と似たような巨大な建造物が地殻冷却過程で出来るのだ」というお話をしました。
 東京ドーム天井は大きさをイメージして頂くために挙げましたが、実際の「海膨」は数万倍以上の大きさなのです。石を積み上げた構築物という意味では(アーチ構造)を例示すべきでしょう。
 石を積み上げて造ったアーチ橋をイメージして頂いて、そのアーチ円弧の半径を数Km⇒数十Km⇒数百Km⇒数千Kmと大きくしてみて下さい。(アーチの高さは元のままですよ)。
 崩落事故は何時起こっても不思議はないでしょう

 Previously explored for meteorite collisions are, slowly and quietly to the whole sphere uniformly a magma Ocean cold hardened. It was a conclusion that can be 'onion structure' under the conditions. And yesterday, the talk that Tokyo Dome ceiling  and looks like a huge building I can throughout the Earth's crust cooled.
 To envision the big Tokyo Dome ceiling is raised, the "rise" of the actual magnitude of tens of thousands of times more than is. Mean built of stacked stones (arch structure) will be demonstrated. And image built a stone arch bridge arch arc RADIUS Km tens of kilometers hundreds of kilometers please try increasing and several thousand Km. (The height of the arch is intact.) No wonder what happened the collapse?
 4000Km x 1万Kmの東太平洋【マグマオーシャン域】の何処から崩落事故は起きるでしょうか
 
答え:「周辺部から起きる。特に±2000Kmの両側から崩落事故は起きる」模様です。
 
 何故か?

4000 Km x 10000 Km East-Pacific [magma Ocean area] from the collapse accident will happen? Answer: "originates from the periphery.  Especially ± falling accident originates from both sides of the 2,000-kilometre "pattern. Why do you?
「±2000Kmの両側は100℃の地殻岩石で仕切られ、それに1001℃のマグマが接触していて、熱を奪い取り続けているからです(中央部では、上下方向(球面半径方向)にしか熱は奪われようがない)。」

 
 仕切られた場所での温度差は(1000-100)900度(初期条件差)もあるのですからね。
 
 See from ±2000 Km on both sides are separated by a 100 ° C of the crustal rocks, and contact with the magma it 1001° C, has been stealing my heat (no heat wiped only in the vertical direction (radial spherical) in the central part of) is. "The temperature differences at separated locations (1000-100) = 900 ° (the difference between the initial conditions) there is.
 マグマが冷える(熱が伝搬する)スピードを検討してみましょう。
 
まず上下方向(球面半径方向)に関してですが、ちょうど良い概略計算式がありました。 d(Km)
9.5√(age:m.y) という式です。
 
参考図書は「重力からみる地球(藤本博巳、友田好文)[東京大学出版]P104」です。 (age:m.y.) というのは、百万年単位での経過時間という意味で、[d]は、熱伝導で熱が伝わる距離Kmです。
 
 Let's consider the speed cooling Magma (heat transmission). It was a first for the vertical direction (radial spherical), but just good general formula. d(km)=9.5 (age:m.y) and the formula is. Reference book "Earth from gravity (Hiromi Fujimoto, Tomofumi Yamada@dent.Niigata-u.AC.jp) [University of Tokyo press, P104 ' is. (age:m. y.) It's in the sense that over time in millions of years, [d] is the heat transmitted by thermal conduction distance (Km).
 まあ、ややこしいことは抜きにして、計算結果も転記させて頂きましょう。
 
1秒で1mm、 1日で0.2m、 1年で5.6m、 1万年で、560m、1千万年で 1.12Km、 百万年で 5.6Km、 1億年で56Km、という計算結果になるそうです。
 
 Well, that without further ADO, I'll have to post calculation results. 1 mm per second, 0.2 m in one day, 5.6 m in one year, 10000 years, 560 m, calculated that in 10 million years 1.12 Km, 5.6 Km in millions of years and 100 million years 56 Km, it will.
 太平洋の年齢は2億年程度ですから、これで我々の検討には十分!です。
 
 熱の伝わる速度は、温度勾配に比例して起こります。先日の深さ方向の検討の時、『1001℃⇒1000の1度で【地殻層1】が出来る。』と仮定していました。これは地球半径方向の話でした。
 
 横方向(仕切られた場所)での最初の温度差は、(1000-100)900度(初期条件)ですので、横方向の熱伝導速度は、上記の900倍と見積もれます。
 
 Age of the Pacific is 200 million years so, we examined the enough!.. The thermal velocity is proportional to the temperature gradient. On the depth of the recent study "1001 ° C at 1000 ° C for 1 crust layer 1 can. "And it would assume.  It was a story of Earth RADIUS direction. The first temperature differences in the horizontal direction (where used) (1000-100) = 900 ° (initial conditions) because the lateral heat conduction rate is 900 times above estimate.
 即ち、1千万年で、1120Kmの所まで熱が伝わる計算になります。
 
2千万年では、2倍して、15841600Kmの所まで熱が伝わるのです。
 
 逆に±2000Kmの場所まで中心部の熱が伝搬するにかかる年数はというと4千万年あれば十分という計算結果になります。
 
 私もこの4千万年と出て来たことに少なからずびっくりしたのですが、東太平洋の大断裂帯はハワイ島近くまで伸びていて、それが4千万年前とは少々出来過ぎの見積もりでしょう?
 
 In other words, 10 million in the heat travels up to 1,120 km.  20 million in the 2 x 1584 ≈ is transmitted heat up to 1600 km.  Reverse the ± and the number of years it takes to propagate the central heat up to 2000 km to will calculated that 10 minutes saying if 40 million years. 40 million years and came out I was surprised more often than not, is a major fracture zone of the Eastern Pacific Ocean near the island of Hawaii extend, it felt a little quote would see 40 million years ago"?
 ではこれから東太平洋海膨の構造が出来る過程を展開しましょう。
[1]
4千万年前に(何らかの原因によって)、東太平洋の左右巾±2千Km内が1300程度以上に加熱され、マグマオーシャンが出来た。 周辺部分は特に冷却速度が速くて、じきに1001になり、更に1000となって周辺部分は固化し始めした。
 
Structure of the EPR process from now on, let's deploy.
[1] 40 million year before left and right width of the Eastern Pacific Ocean by (for some reason), ± is heated above 1300° C about 2000 Km in a magma Ocean. Periphery is especially fast cooling, soon 1001 ° C to 1000° C, is the area surrounding the solid began.

[2] 3千万年前に至るまでの1千万年の期間内に、4分の1巾(500Km巾)が固化すると共に、細かな亀裂が深さ方向にも縦横方向にも発生しています。
 
(縦方向は断裂帯に発展していくのですが、その長さは200Kmとして置きましょう)。
 
横方向の亀裂の内には、応力集中が起きて、熔融マグマ領域に達するものも出て来ます。その大亀裂溝に沿ってマグマは上昇してきて冷やされ固まります。また、大亀裂に沿って上下ズレ段差が発生することもあるでしょう。
[2] 10 million years 30 million years period in the 1 / 4 width (500 Km width) is solidified with minor cracks occur depth well vertically and horizontally. (Vertical develops a fracture zone is its length and 200 Km to put). Stress concentration is happening to horizontal crack in the molten magma reach comes out. Grooves and large cracks increased the magma cooled and hardens. Up and down along the large cracks and gaps might also experience step.

[3]2千万年前に至るまでの2千万年間に、2分の1巾(1000Km巾)まで固化が進みます。勿論、マグマオーシャンの極薄い表層は、4千万年前から固化が始まっており玉ねぎの様な地殻構造はどんどん進行していますし、縦横深さの3方向亀裂はどんどん生産されています。
 
[3] 20 million years ranging from 20 million years ago go solidified until 1 / 2 width (width of 1000 Km). Of course, extremely thin magma ocean surface is 30 million years ago began solidified crust structure of the onion is in full swing, now is the three-way crack depth aspect of getting produced.
[4]1千万年前に至るまでの3千万年間に、4分の3巾(1500Km巾)の冷却固化が進みます。極薄い表層(玉ねぎの様な構造)も既に何層かが成長しています。その層の間にもマグマが進入しています。そして一番上の層の上にまでマグマが火山噴火の如くに出て来ることもあるでしょう。
[4] 30 million years ranging from 10 million years ago to continue cooling solid-3 / 4 width (width of 1500 Km). Layer is already growing too thin surface (onion-like structure). In between the layers of magma entering. And will sometimes come up on top of the layer at the top like volcanic magma.

[5]近年に至るまでの4千万年間に、地下数キロまでの地殻層の固化が完了します。
 
その構造は、膨大な角材を数層に積み上げつつ左右巾4000Kmという巨大アーチ構造が出来上がることになります
[5] 40 million years leading up to the recent underground until a few km crustal layer solidifies is complete. Structure is horizontal width 4000 Km and massive timbers stacked several layers while the giant arch structure is ready.

 以上は±2000Kmの左右方向に関して注目しながら、大きな崩落事故が起こらない場合のストーリー展開をしました。現実には、数十万年に1回位の割合で、大規模な上下ズレ段差(崩落事故)は発生するし、発生後直ちにマグマが割れ目・崩れ目を通して上昇・固定化するということになります。
 
 しかしこの崩落事故現場も、年代時間経過とともに、中央部(最終的に中央海嶺になるであろう箇所)へと左右から移動して来ます。最後に、陥没・隆起した場所が「中央海嶺であった」というストーリーです。
More than
± to the storyline of the big collapse happens while noting about 2,000 Km horizontally.  In reality, in the percentage of the number 100,000 in one place, and down a large gap becomes raised bumps (collapse), and, after immediately magma through the crack and crumble first rise and immobilized by it.
 But the collapse accident are age over time, Central (Central Ridge will ultimately place) from side to side moved on to come. Inverted and uplift in the last place is a story "was in the mid-Atlantic Ridge".

 現代の我々が東太平洋の海底の地質年代を調べ地図に描き現わしてみたら、中央海嶺の両側に略左右対称に見える地層年代図が現れていた。という訳です。
次回
は、170回とか300回以上とか叫ばれている「磁気異常」に関して論を展開しましょう。 大山宏
 
 Today we examine the geologic age of the East Pacific, and on the map, revealing painted look on both sides of the Ridge stands for symmetric geological age appeared a figure. It is being said. Unfold the theory for tomorrow amid 170 times, more than 300 times, "magnetic anomalies".
Photo_2  太平洋の海底地形図ばかり載せていると、応用・発展性を疑われますので、北大西洋中央海嶺の海底地形図例を添付しました。地球儀イメージでまとめられたものです。
この図では、中央海嶺が意識的に() 強調表示されている模様ですが、それにも関らず、横方向に何十本も走っている断裂帯の方が、遥かに重要な「深い溝」という印象が現れていますね。
 断裂帯の長さは、北アメリカ西岸(東太平洋)大断裂帯長さの[3分の1]の規模です。
 出来ましたら、Google地図検索でも確認してみて下さい。
 So suspect, application and development of carrying only bathymetric map of the Pacific Ocean and North Atlantic Ridge seafloor terrain fig. attached. It is organized by the globe image.  This figure, mid-ocean ridges intentionally (?) seems to have been highlighted, but nevertheless it appears impression that gap shear fracture zones running dozens of books are much more important in the transverse direction.  Length of the fracture zone is a [3-1] North America West Coast (Eastern Pacific) big shear fracture zone length scale. If you click the Google map search to check please.

|

« 太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean. | トップページ | お節介、コーヒータイム、脇役 »

KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋下の断裂帯&海膨の成因(3) Pacific has big bulges and Fracture zones.:

« 太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean. | トップページ | お節介、コーヒータイム、脇役 »