« 第61話、天体Mの進入方向が直交するとは? | トップページ | 第63話、グラフのマジック magic of the chart (K/T boundary 境界)科学者も時々嘘をつく。 Scientist, sometimes to lie. 8/06 2018 »

2009年10月11日 (日)

議論、ブラジルが北極、インドネシアが南極で自転してた時.

灼熱の氷惑星殿へ、・・・ 「ちょっと待て、大山宏さん。おかしいじゃないか。ブラジルのアマゾン奥地が北極、インドネシア付近が南極、それで自転してたのなら、両進入方向線が直交するという保証はないじゃないか?
 ペルー沖に天体Mが突っ込んで来た時期・時刻と、インドネシア沖に天体Mが突っ込んで来た時期・時刻は同時刻ではあり得ないのだから。
 『季節は春・秋の差がある』は認めるとしても、『衝突時刻が一緒である』という保障はどこにもないぞ。如何に?」 という意見がありました。
 To the ice planet, scorching... "wait, Oyama-San. Not funny?  You can't guarantee that the Amazon hinterland of Brazil is Indonesia near the North Pole, Antarctica, so if you had rotation approach both direction lines are orthogonal to?
When stuck came celestial M off the coast of Peru, because it came into celestial M off the coast of Indonesia and the time period and time in the same time is impossible. 'There's a difference between spring and autumn seasons are', I also acknowledge and guarantee that "together with collision time' nowhere. How? " is there opinion.
 鋭いご指摘です。お答えしましょう。
そうなのです。ムカシ地球も、自転していたのですから、
ペルー沖に突っ込んで来た時刻と、何億年かの後にインドネシア沖に天体Mが突っ込んで来た時刻との間には、因果関係は存在しないのでした。
It is a sharp pointed out. Let's find out. That's right it is. It was in was rotates Old-Earth and then came stuck off the coast of Peru and, after millions of years into the celestial M off the coast of Indonesia came time during a relationship doesn't exist.

 「では、偶然の直交だったのか?」「その通りです。但し運が良かった。」「?? ? ? 」
 説明しましょう。【ブラジルに突っ込ん出来た時の方向】と、【インドネシアに天体Mが突っ込んで来た時の方向】とは、3次元空間上では直交なのですが、地球は自転していますので、どの方向に爪跡が出来るかは「ルーレットのどこに矢が当るか」と同様に不確実(分からないのです)。
 但し、運良く、浅い角度では交わらなかった。
  《 たまたま直角に近い角度で交わっていた。》
それで、交点が求めやすかったし、押込量(地層帯が押し込まれてしわ寄せされる量)という発想に繋がったのです。
 インドネシア付近の爪跡円弧の中心点を地球中心点て点対称に移動した時、そこに別の爪跡円弧さえあれば、この2地点を北極点・南極点として自転していたのだと判断できたのです。
"So, was the accidental cross?" "You are right. However, the luck was good. ""? ? ? "
Let me explain. [Direction for head-butt which came in addition to Brazil] and [direction of Indonesia into the celestial M came], or can be left in any direction is a cross on the 3-dimensional space, but also the earth rotates, so " Roulette where the arrow hit "and similarly uncertain (do not know what it is). However, luckily, wasn't shallow angle is the angle. "Happened to be at a right angle was cross at an angle."
 That led to the idea of penetration (geological zone is pushed in, the toll amount), and was prompted to intersection. Indonesia near the left arc center point Earth benefits symmetry that was determined was rotates as the North Pole and South Pole two points when we moved there left an arc of another even if it is.

 ちょっと変わった例になりますが、NASA発の火星の写真には、極地方でしか出来ないはずの【特殊なクレーター地形】があるそうですが、もしやと地球の真裏をみると、点対称位置に同様の【特殊なクレーター地形】が存在しているそうです。
 この事実を持って、「何億年前かの一時期に、この2つの【特殊クレータ地形】を南北極として火星は自転していたはず」という論理が成立するのです。
 Unusual examples can only in polar regions to the pictures of Mars from NASA should not [crater terrain special] seems to be, but if & quote Earth pedestrianized and point symmetric position as [a special crater terrain: is present. Have this fact, "millions of years ago in period, this 2 [Special crater terrain: one as the North and South poles Mars rotation was supposed" that logic is established.

 今検討しているのはクレータ地形ではなくて、爪跡円弧なので、方向性と左右対称性が記録として残された。『それがヒントになった。たまたまほとんど直角に近かったので、押込量分析も、やり易かった。』という訳です。
 左右対称性という意味は、もっと発展性を持っているのですが、それはまた次の機会にしましょう。( ヒントは次の絵です!)
 Crater terrain is now considering the left arc, so direction and left/right symmetry was retained as a record. "It was on the tip. Because it happens to be almost perpendicular to the close, comfortable push embedded analysis also. "That is the reason. Should have that symmetry means that more of it next time. (Tips are the following picture!)Photo

 明日は、この2.5億年前の自転状態の下で、【赤道近くで回っている南極大陸に氷塊群を積む】と同時に、【見かけのポールシフト(虚ポールシフト)】を起こして南極大陸を現在の位置まで持って来て見せましょう。 乞うご期待! 大山宏
 Tomorrow 250 million years ago bike status under the [load group of ice around near the equator in the Antarctic continent] and at the same time, [apparent pole shift (imaginary pole shift)] the Antarctica show brought up to the current position. Stay tuned! Oyama

|

« 第61話、天体Mの進入方向が直交するとは? | トップページ | 第63話、グラフのマジック magic of the chart (K/T boundary 境界)科学者も時々嘘をつく。 Scientist, sometimes to lie. 8/06 2018 »

g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議論、ブラジルが北極、インドネシアが南極で自転してた時.:

« 第61話、天体Mの進入方向が直交するとは? | トップページ | 第63話、グラフのマジック magic of the chart (K/T boundary 境界)科学者も時々嘘をつく。 Scientist, sometimes to lie. 8/06 2018 »