« 議論、ブラジルが北極、インドネシアが南極で自転してた時. | トップページ | 環インド洋異変 Indian Ocean catastrophe (pole shift apparent)見かけのポールシフト »

2009年10月12日 (月)

第63話、グラフのマジック magic of the chart (K/T boundary 境界)科学者も時々嘘をつく。 Scientist, sometimes to lie. 8/06 2018

高間大介(NHK)様 ・・・ 今日は「グラフのマジック」という”お話”をしましょう。
実験データや測定データを公表する場合、科学者/技術者としてあってはならないことなのですが、ついつい無意識の内に(?)自分の都合の良い方にグラフをまとめてしまう傾向があります。どの位の差が出るか、まず例で示しましょう。
Daisuke Takama (NHK) '. Today is "a chart Magic" talk. Is that if they publish their test and measurement data, as scientists and engineers is not a, but they couldn't help in (?) Tend to combine a chart to their convenience. Will make a difference in how much I show here first.
Photo_2 
 この図1は、恐竜が絶滅した白亜紀末期の頃の大陸分布地図上に、当時の隕石クレータ火山活動の位置を示すと同時に、
イリジュウム異常の発見地とイリジュウム濃集量」を示したものだそうです。
 「図説 地球の歴史」(小泉格著/朝倉書店)という本の中に引用されていたものを、転載させて頂きました。
 Shows
the discovery of Iridium anomalies and Iridium concentrated collection of
Figure 1 shows locations of meteorite craters and volcanic activity on late Cretaceous dinosaurs became extinct around the continent distribution map, and at the same time, it seems. What was cited in the book "the illustrated history of the Earth" (Koizumi's personality by Asakura publishing) to reprint the gave. 
 アカデミズムでは「恐竜は隕石が地球に衝突した事で絶滅した」という重要証拠の一つとして扱っているグラフ図なのです。 その隕石衝突位置は、ユカタン半島北端であって、図の中で「シスル(170Km)」と記述してある所です。
(170Km)はクレーター直径であって、推定では直径10~20Kmの隕石が、数十Km/秒の速度で衝突したとのこと。
 This is the diagram as one of the important evidence that the "dinosaurs became extinct by the meteorite crashed into the Earth" covered in the academic. It is a meteorite collision position is the Yucatan Peninsula at the northern end, and "thistle (170 Km)" described in the diagram. (170 Km) the crater diameter, is estimated at diameters of 1020 Km meteorite is dozens and collided at a speed of Km / s.
 NASAが発表し、お歴々の先生方がそろってそう仰ると、『へえそうですか。』と思わされてしまいますが、ちょっと待って下さい。
 上図のデータ群は、本当に「恐竜絶滅シスル隕石衝突原因」仮説を支持しているのでしょうか?

 Great teachers in NASA are told that "Oh, it is?" And I will. Please wait a minute. Data of this figure is really supportive Thistle meteorite impact hypothesis?

2
 図2は、図1の右端を切り取って、左端に移動しただけです。(太平洋が一個所にまとまるように移動してみました)。 シスルクレータは、この図でも中央に位置しています。
 各地域がまとまりましたので、地域毎の平均を算出してみました。
 Cut the right side of Figure 1 to Figure 2, moved to the left. (Pacific, converge to 1 move I tried).  Thistle crater lies in the Middle again. Each region is a done deal, so I calculated average in each region.
太平洋 Pacific Ave.=139 (Max.= 330, Min.= 5 )
ニュージーランドNew Zealand = 120
北米・中米North America and Central America
_______ Ave.= 37 (Max.= 43, Min.= 32 )

 
南大西洋 South Atlantic
        Ave.= 28 (Max.= 95, Min.=  1 )
ヨーロッパ Europe Ave= 70 (Max.= 197,  Min.=10 )

 変でしょう? 隕石が衝突したという中米・北米のイリジュウム量は、他の地域より多くはなく、むしろ少ない方ですね。
 明らかに多いのは,ニュージーランドを含めた太平洋地域でしょう?
Isn't it funny? It is a rather small, not Iridium of North America and Central America that the meteorite hit, more than in other regions. Obviously a lot of Pacific including New Zealand?
 図2は「【ユカタン半島のシスル隕石衝突】と【恐竜絶滅】とは対応関係には無い模様だ。全世界的な異変の一部ではあるが、異変の中心源はむしろ環太平洋地域内に有りそうだ。」ということを、示唆していますね。
 Figure 2, "[the Thistle meteorite impact on the Yucatan Peninsula] and [dinosaurs] and the correspondence is not likely. Is a world-wide catastrophe is the central source of rather looks is available in the Pacific rim region." that suggests that a.
 これが、「グラフのマジック」です。 先入観念があってデータをまとめると、逆の結論に導かれる(導く事が出来る)という好例でしょう?
 (高名な学者先生方もすっかり(NASAに)だまされてしまってますね)  くわばら、くわばら。
 ついでですので述べておきますが、6500万年前の大陸分布地図は、重宝でした。図2は、「灼熱の氷惑星」の高橋実説をしっかり援護射撃(傍証)してくれていると思います。 天体Mが頭突きを喰らわせたのは、ポリネシア辺りでした。3000年という長い旅路の途中で幾つかの隕石を集め、地球まで運んで来ていた模様ですね。

(参:K/T境界とは、白亜紀と古第三紀の境界の事で、この時 恐竜が絶滅しています) 大山宏
 This is the magic of the chartGuided by the conclusions of preconceived, organize data and vice versa would be a good example that (can lead)?  Heaven forbid that it (eminent scholars who in the (NASA) had been gone!).
 Note by the way so is 65 million years ago continental distribution map was useful.
 Would figure 2 is because of Minoru-Takahashi's "burning ice planet" firm enacted (provides some support) and thanks for that. Celestial m head-butt-Munch contact had, was the Polynesia area. It seems some meteorites collected in the middle of a long journey of 3000 years, was into the Earth. (See in old No. 3 tertiary and Cretaceous boundary: K/T boundary and the extinct dinosaurs at this time)  Hiro. Oyama

|

« 議論、ブラジルが北極、インドネシアが南極で自転してた時. | トップページ | 環インド洋異変 Indian Ocean catastrophe (pole shift apparent)見かけのポールシフト »

g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第63話、グラフのマジック magic of the chart (K/T boundary 境界)科学者も時々嘘をつく。 Scientist, sometimes to lie. 8/06 2018:

« 議論、ブラジルが北極、インドネシアが南極で自転してた時. | トップページ | 環インド洋異変 Indian Ocean catastrophe (pole shift apparent)見かけのポールシフト »