« 環太平洋異変は、台湾からサンゴ礁の島々を経てイースター島までの、大圏コース上で起こった!Trans-Pacific accident happened on the great circle course from Easter Island through the coral islands from Taiwan! | トップページ | 環太平洋異変(氷塊置場、海水面が上昇した訳)Pacific incident (ice bin, sea level rose translation) »

2009年10月 1日 (木)

太平洋プレートの動きと方向 "The Pacific plate moving speed and direction"

概要:太平洋プレートの移動速度が最大であることから、天体Mの最後の直接衝突は、環太平洋異変時と判断できます。地球裏側で起こったノア異変時の進入コースと平行であり、理にかなっています。
Description: Pacific plate moving speed is up from the last direct collision of celestial bodies, can determine and trans-Pacific accident. And the parallel with the approach course of Noah incident occurred halfway around Earth, makes sense.


灼熱の氷惑星殿へ
、・・・ 移動速度の大きさを比べて見て、直接衝突の最後の大きなもの[太平洋プレートの移動] と判断できます。その時期は、恐竜が滅亡した7000万年前と思われます。この【環太平洋異変】時に、天体Mが頭突きを喰らわせた場所はポリネシア諸島近辺だった模様ですね。
Compare the magnitude of the velocity, directly on the moving Pacific plate and determine the last big thing hits. It seems 70 million years ago dinosaurs were destroyed at that time. [Pacific incident], celestial m head-butt-Munch took place is near the Polynesian Islands have been.

Painting is "The Pacific plate moving speed and direction" was put together well.
 「太平洋プレートの移動速度と方向」が上手にまとめられた絵データです。
Photo_6
 昨日の話の中で、南極をかすめ通った後、海嶺(少し膨らんでいる海底のややこしい部分)の上を走りました。(この図でもその海嶺の部分が分かります。)

 その先にナスカプレートとココスプレートがありますが、ナスカプレートの移動方向が、太平洋プレートの移動方向とは真反対方向という事を覚えておいて下さい。(メルカトール図法なのは残念ですが、地球儀があれば見て下さい。真反対方向になっています)。

 ココスプレートに関しても斜め上方向ですが、まあ太平洋プレートの進行方向とは逆方向と言えるでしょう。イースター島の近辺の海嶺では拡散(拡大・分離)傾向にありますね。 ナスカプレートの移動速度は逆向きの5㎝/年、太平洋プレートは10㎝/年の移動速度ですから合計15㎝/年で開いて行きつつあります。
 After attending a skirting the South Pole in yesterday's story, ran on the Ridge (submarine bulging a little difficult part). (Even this figure shows part of the ridge. ) Is away the Nazca plate and the Cocos plate, the Nazca plate moving direction, direction of movement of the Pacific plate and please keep in mind that the opposite direction. (Look at a Mercator projection is unfortunate, but if you have the globe.  Has been in the opposite direction). For the Cocos plate on the diagonal direction is well say reverse direction and the direction of the Pacific plate. Dispersion (expansion and separation) tend to be in the Ridge near Easter Island. Upside-down the speed of the Nazca plate being 5 cm per year, the Pacific plate is speed of 10 cm / year total 15 cm / year in the open.
 もうひとつ覚えておいて欲しいことがあります。『アルバトロス海嶺東太平洋海膨)の片側に南極大陸プレート南米プレートとが位置している。』という位置関係を覚えておいて下さい。プレートのサイズとしては似たり寄ったりの大きさです。
 太平洋プレート(太平洋の海の底)を宇宙から見る気持ちで大きく見ていて驚きました。何と昨日発見したイースター島から台湾に向かっている大圏コース上に、フィリピンプレートの円弧爪跡が在ったのです。
 You may want another one to remember. "Antarctic continent plate and South American plate located on either side of the Ridge, albatross. "" Please keep in mind that positions.
 It is much the same size as the size of the plate. Watching in the Pacific plate (the bottom of the Pacific Ocean) seen from space, I was surprised. It is on the great circle course from Easter Island was discovered yesterday and headed for Taiwan, the Philippine plate arc fingernail tabi.
Photo_9

 世界一深いマリアナ海溝の円弧爪跡が日本の南方にあります。その円弧半径は約1100Km でした。円弧中心点がイースター大圏コース上にあるでしょう!
 もう一つびっくりしたのは、マリアナ諸島と同じような円弧状に並ぶ島々が大圏コースの真ん中付近に認められたのです。
地図にその島々の連なりを円弧で現わして置きました。
こちらの円弧半径はマリアナ海溝の円弧半径より少し大き目で、1400Km です。
 この二つの円弧、同一の大圏コース上に位置しており同程度のサイズということもあって、偶然の一致とは思えません。【その円弧間距離】≒【ハワイのホットスポットの延長位置にある天皇海山(7000万年前に出来たらしい平頂海山)~ハワイ島 間距離
である事も、妙に気になります。
 もう少し西南西方に位置するポリネシアの島々の密集度は異常なまでと言えるでしょう。
この辺りの島々の流れはハワイホットスポットの流れと対応議論される事も多いのですが、そういう気持ちで見ると、何となく潜水艦地形(魚が泳いでいる)と見えなくもありません。
 ポリネシアに天体Mは最初に衝突し、まずポリネシア地域周辺の大地を広く抑え込みつつ積み上がって行くと同時に、ズルズルと地表を移動させようと、仕事をする。その結果出来たのがフィリピンプレートであり、そのフィリピンプレートは太平洋プレートと一緒にユーラシアプレート方向に数千年間移動を続けて、現在の位置まで来たのではないか?
誤解を恐れずにはっきり言い切ってしまうと、以下のようになります。
 天体Mは約7000万年前に、イースター⇒台湾大圏コースで進入し、頭突きをポリネシア辺りに喰らわせた後、東南アジア方向に通り抜けて行った。
 天体Mの水圏に深く頭を突っ込むという直接衝突であり、太平洋は勿論のこと、南極大陸から北米大陸にかけての広い地域膨大な氷の山を積み上げた後、飛び去って行った。
 赤道付近の氷はすぐに融けたのですが、南極大陸やグリーンランド付近の氷の積み上げられたものは、融け残ったというストーリーです。
Photo_8
続きはまた明日!大山宏

Fingernail around the world deep Mariana Trench arc South of Japan. The arc RADIUS is approximately 1100 Km.  Arc center point is located on the great circle course Easter! It is was surprised one more similar to the Mariana Islands with an arc-shaped islands are observed near the middle of the circle. Map of the Islands put shown in an arc.  ARC radius of the arc of the Mariana Trench with a little bit bigger than the RADIUS, is 1,400 Km. Located on the arc of a great circle course on the same means of comparable size, coincidence I don't think.  [The arc distance: ≈ [emperor seamounts (guyots 70 million years ago seems to be made) is in the extended position of the Hawaii hotspot and Hawaiian Islands distance] is it will feel strange. Abnormal density of the islands of Polynesia located a little Southwest West will say yet.  And at such feelings can be discussed for flow between the Hawaii hotspot and flow of the Islands in this area a lot, but somehow, not even visible and submarine topography (fish swimming). Polynesian collided first celestial m and go up while the first Polynesian region around Earth four widely tried to move ground slurping and a job. That you came by the Philippine plate and the Philippine plate along with the Pacific plate Eurasian plate horizontally for several thousand years go continues to, came up to the current position?  Clearly assert without fear of misunderstanding, as shown below.  Celestial m 70 million years ago Easter invades Taiwan great circle course, head-butting to Polynesia around Munch made in South-East Asia through the went.  Pacific over the North American continent, from the Antarctic continent and plunge head deep into the aquatic environment of celestial M direct impingement of was flown, after racking up a huge ice mountain over a large area. This is the story remained one Equatorial ice quickly melted'd stacked near the Greenland and Antarctica ice melt.

|

« 環太平洋異変は、台湾からサンゴ礁の島々を経てイースター島までの、大圏コース上で起こった!Trans-Pacific accident happened on the great circle course from Easter Island through the coral islands from Taiwan! | トップページ | 環太平洋異変(氷塊置場、海水面が上昇した訳)Pacific incident (ice bin, sea level rose translation) »

a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics」カテゴリの記事

コメント

今から9年前に書いたブログですが、人気ランキング上位を維持し続けている記事です。最近、新たな発見がありました。
巻頭に示した『プレートの移動速度と方向』の図で、太平洋プレートの移動方向に➡をたどって地球を一周してごらんなさい。人工衛星軌道のようなサインカーブが認められるでしょ。その人工衛星が地球を周回している回転軸は地表のどこで交わっていると思いますか?
その交わっているらしき場所の(緯度経度)がなんと、地磁気の磁極と一致しているのでした。
言い方が逆です。氷惑星が太平洋に頭突きを食らわせた後遺症が「太平洋プレートの移動と地磁気〔地球の磁場〕」現象だったのです。
 この件、改めて近日中にブログしましょう。

投稿: | 2017年5月27日 (土) 05時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋プレートの動きと方向 "The Pacific plate moving speed and direction":

« 環太平洋異変は、台湾からサンゴ礁の島々を経てイースター島までの、大圏コース上で起こった!Trans-Pacific accident happened on the great circle course from Easter Island through the coral islands from Taiwan! | トップページ | 環太平洋異変(氷塊置場、海水面が上昇した訳)Pacific incident (ice bin, sea level rose translation) »