« 環太平洋異変(氷塊置場、海水面が上昇した訳)Pacific incident (ice bin, sea level rose translation) | トップページ | 虚ポールシフトも発生した大異変 Big incident ischemic pole shift has occurred. »

2009年10月 6日 (火)

太平洋プレート下の熔融マグマオーシャン Molten magma Ocean exists beneath the Pacific plate.

灼熱の氷惑星殿へ、・・・ 昨日までで【太平洋プレート】の動く速度と方向」の学習が、ほぼ済みました。
 今日は太平洋プレートに次いで目立つ動きをしている【オーストラリアプレート】に関して、地図を使ってプレートテクトニクス(頭の体操)をやってみましょう。
To the ice planet, scorching... until yesterday in the [Pacific] of move speed and direction "of learning session almost over. Have today stands next to the Pacific plate motion [Australia plate], let's do plate tectonics (Brain Twister) using a map.
(1)太平洋プレートが7000万年間、ずーっと10/年で動き続けていたこと、
(2)更に、フィリピンプレートも、その間ずーっと一緒に動き続けていたこと、
(3)この2つのプレートがユーラシア大陸の下に潜り込んで行ったこと、 等々、最新地球科学の定説を前提にするならば、7000万年前の7000Kmをバックさせた所が元の位置いうことになります。 が、しかし、これだとちょっと遣り過ぎの気がします。
(1) Pacific plate 70 million years all that was kept at 10 cm per year,
(2) the Philippine plate also during that time all together continued. went hiding under Eurasia plate two kite and
(3) ;The "original position", drove back the 70 million years ago, 7,000 Km of Earth science to assume if it is. But it's kinda the care of watering too much.
 そこで、現状のフィリピンプレート平均移動速度7.5㎝/年を採用して、元の位置を算出しましょう。
SPI 算数計算で 7.5/100/1000*7000≒5,200Km 地球儀上でフィリピンプレートを回転移動してみて びっくり! 
 そこはフェニックス諸島(○に十印)の真上じゃないですか!
マリアナ海溝という爪跡円弧の中心点が、【台湾⇔ナスカ大圏コース】の中間点
(環太平洋地震活動帯の中心点)に、ピッタリと一致するじゃないですか!
まあ、このことに対する話は後日展開するとして、まずはオーストラリアプレートの話に戻りましょう。
So we adopted the present Philippine plate average velocity 7.5 cm / year, let's calculate the position of the original. SPI arithmetic calculation 7.5 / 100 / 1000 *7000*10,000 ≈ 5,200 Km on the globe try the Philippine plate is rotating moved and surprised! There is not directly above the Phoenix Islands ( to signs)! The center point of the left arc the Mariana Trench [Taiwan-Nazca lines circle] of midpoint (Circum-Pacific seismic belt of central point), perfect to match it's not?! As well, to talk for this deployment at a later date, the first back to the Australia plate.
 オーストラリアプレートは現状 8㎝/年で北上を続けていますので7000万年間の距離分バックさせると これまたオーバーな結果で、南極大陸とオーバーラップしてしまいます。遣り過ぎはいけません(半分に抑えて)、南極大陸にオーストラリアプレートが接する程度に抑えて置きましょう。
ついでにインドプレートも映写機(ビデオ)の逆回しよろしく、7000万年前に移動して描いたのが、この絵です。
 In this and the result is over 70 million years to back away-Australia plate keeps going North at 8 cm per year, so, will overlap with the Antarctic continent. (Lower half) should not be watering too much, leave with some bordering Australia plate is on the Antarctic continent. It is incidentally also the India plate reverse projector (video) regards turn 70 million years ago go and drew this picture.

Photo_2
 「驚き・ももの木・さんしょの木」とはこのことでしょう、何と、オーストラリアプレート南側の半円弧中心()と、世界最大のスンダ(ジャワ)海溝【インドネシア沖】の爪跡円弧の中心点(A)とが一致するではありませんか!
 
"Surprise, peach tree, is I think of trees" and is Sunda (Java), the Australia plate South circular arc Center (points), and the world's largest, will this be trench [off the coast of Indonesia] left arc center point (A), to match the?!

 Seeking confirmation, (A) tried measure the distance from point to various places on the globe. What distance are all the same value could be.
 確証を求めてA)点から各地までの距離を地球儀上で計ってみました。
 どの距離も似通った値でした。
Aソマリア東岸中央部】  = 7400Km
 A-Somali East coast of Central = 7400 Km
Aモザンビーク東岸中央部】= 9300Km
 A-Central East Coast, Mozambique = 9300 Km
A南ア東岸の中央部】  = 10700Km
A-central part of the South East coast of =10,700Km
A南ア東岸沖:クローゼ諸島】=9100Km
-off the South East Coast: Klose Islands] = 9100 Km

A⇔南ア南東:ケルゲレン諸島】=8000Km
 A-South East: Kerguelen Islands] = 8000 Km
A南極大陸豪州西岸向き海岸】=8600Km
 A-Antarctic continent Australia West Coast orientation coast = 8600 Km
A⇔同上 豪州中央向きの海岸 】=8600Km
 A-said on Australian Central direction of the coast = 8600 Km
A⇔同上 豪州東岸向きの海岸 】=9100Km
 A-coast of the same on the Australian East Coast orientation] = 9100 Km
Aニュージーランドの中央部】=8400Km
 A-central part of New Zealand = 8,400 Km
A西サモア諸島 中央付近 】= 8600Km
A-near the center of the Western Samoa = 8600 Km

Aハワイ諸島 マウイ島 】=9500Km
 
A from and to the island of Maui in the Hawaiian Islands: = 9500 Km
 Simple average = 8,850 Km minimum average = 8,800 Km excluding the maximum ± 10% range: [8,000 Km-9,600 Km]
単純平均=8,850Km 最小最大を除いた
平均=8,800Km±10%の範囲:[ 8000Km ~ 9600Km]
 半径8,800 Kmの大きな円の範囲内が、天体Mの氷殻内(水圏内)に突入した範囲らしい。【地球全表面積の半分近くの範囲】が一時的に天体Mの水圏内に浸っていたらしい。
『あらッ、もしや?』と思って、太平洋の地図を出してみたら、この大きな円の範囲内は、”じんましん”のごとくに海底が膨らんでいるじゃあないですか!
 Range into the celestial M ice shell (in the water), but within the range of the 8,800-Km radius of the larger circle seems to be. From to nearly half of the total surface area of earth it was immersed in the aquatic in the celestial M temporarily. "Oh!, if or? ' Thought, out of map of the Pacific Ocean if it is within the range of this great circle "hives" as sea swell are not!
Photo_3  この地図の真ん中にハワイ諸島がありますが、その縦線を堺として、向かって右側に較べて左側の地域の方が白い部分(:水深4000メートル等高線より浅い領域)が、明らかに多いでしょう?
 地中深いマグマ内が高温になった残存現象(温もり)は、21世紀の現代でも、太平洋西半分の地下にも、厳然と存在しているようですね。
 Right side compared to the white area on the left side of the Hawaiian Islands are located in the middle of this map the vertical headed as Sakai (: 4000 meters less than the surface area), but will reveal a lot? Remaining phenomena in deep underground magma became hot (warm) is even now in the 21st century, Pacific Western half underground, and it seems to have existed..

 最初に掲げた図で、フィリピンプレートを移動表示(---)してありますが、その位置はこの地図の中央です。
 フィリピンプレートが数千キロも移動したのなら、オーストラリアプレートもその方向に押しやられているはずです。
その程度は、【南極に近い辺りが小さく・現在のハワイに近い付近ほど大きく】という具合に(回転するが如くに)です。頭の体操でやってみましょう
 First to the Philippine plate moving display (---) and, its position is the center of this map. If you moved the Philippine plate is thousands of kilometers is the Australia plate in that direction are pushed should be. The extent of [closer to Antarctica around smaller, increase in close vicinity to the Hawaii] that condition to (the Yakuza) is. In a brain teaser!
 ニュージーランドから北方に向かって、白い部分青い部分(海溝列)が接近して並走しています。
この大きな並走円弧を、30度ばかり時計方向に回転して見て下さい(回転中心は南極大陸です!
 どうです? さっき求めた半径8800Kmの大きな大円と一致したでしょう?
 ( 余談ですが大昔の地図(紀元前の古地図)には、南極大陸が面積で倍以上に大きく描かれ、且つ、30度程度(?)回転して描かれているそうですよ。証拠資料はアレキサンドリア図書館秘蔵の【ピリ・レイスの地図】とのこと。現段階で邪推すれば、【30度という同じ角度で南極大陸も回転移動】したのかも知れませんね。これは余談でした。)
 White and blue parts (trenches column) close northward, from New Zealand, has run parallel.  Large parallel running ARC just 30 degrees clockwise to turn on watch (Center of rotation is the Antarctic continent!) How is it?  Match the 8800 Km radius I asked big circle? (As an aside on the ancient map (map of BC), Antarctica area bigger than drawn in, and the 30-degree (?) Spinning as it is portrayed. Evidence of the Alexandria Library of treasured [Piri Reis Map] with you. If at this stage suspect somebody without reason, [at the same angle of 30 degrees than the Antarctic continent rotation] I might have. It was an aside. )
 オーストラリアプレートが動くきっかけを作ったのは天体Mであり、進入方向はスンダ(ジャワ)海溝という
爪跡円弧中心に向かう方向であった。 頭突きを喰らわせた位置はインド洋のはるか南方、[東経70°南緯50°]付近。 その衝突直後、半径8800Km以内広大な(地球面積の半分にも及ぶ広大な)地域は、厚い氷塊群で覆われた
 同時に深さ数百Kmまでの【地殻とマントル部】は異常高温高圧になって、その後遺症(温度が異常に高いという以後事象)が地下マグマとして残された。地殻部分のこの熔融マグマは仲々冷えなかった、
現在も地下数百Kmは、マグマオーシャン状態!(地震波トモグラフィーデータがそれを明瞭に語っています。昨日・一昨日のブログを参照)
 Made the Australia plate moves sparked celestial M, and direction towards the left arc center of Sunda (Java) trench in the approach direction. Head-butt-Munch had point, South of the Indian Ocean, [longitude 70 °latitude 50 °] near.  Shortly after the collision, 8800 Km within a radius of a vast (over half of the Earth a vast) area was covered in thick ice. At the same time depth of up to several hundred Km [Earth's crust and mantle,] is abnormally high temperature high pressure in the aftermath of (after unusually high temperature events) remained as an underground magma. This molten magma in the Earth's crust was very cool. Hence, still hundreds of kilometers of underground is a magma Ocean State! (Seismic tomography data telling it clearly. See my blog yesterday and the day before yesterday)
 約1億年ぐらい経った後、天体Mは今度は太平洋のポリネシア付近に頭突き を喰らわせて、太平洋プレートを動かした。(過去何回もの衝突で地下は熔融マグマ状態なので非常に滑りやすくなっています。太平洋プレート全体を一気に数百Km瞬間移動させるなんて"お茶の子さいさい"!)
 About 100 million years later, celestial m now Pacific Polynesia near the head-butt-Munch moved to the Pacific plate. (Very easy to slip past clashes several times with underground molten magma State so. I move the whole Pacific plate moment hundreds of kilometers to "piece of cake it"!)
 太平洋プレートが動くきっかけとなった【環太平洋異変】時に、南極大陸に氷の山が築かれたと(以前)話しましたが、オーストラリア大陸が動くきっかけとなった今回の異変の時に南極大陸に氷の山(わずか700秒間の間に)積み上げられていたと推測出来ますね。
《計2回積み上げられた。それだけ南極大陸の氷の量は、北極海よりも多い?》
Incident that sparked runs Australia continent had told me during that sparked the Pacific plate moves [trans-Pacific accident] built mounds of ice on the Antarctic continent, but this time and the continent of Antarctica ice mountain (during the only 700 seconds) I can guess and had piled up. "Stacked twice. It just the amount of ice in Antarctica Arctic Ocean than many.?. "
 同時に、虚ポールシフト(見かけのポールシフト)が起こった模様、今から2.5億年前のペルム紀末期に。
何故そう推測?
    ⇒ インドネシア沖の爪跡【スンダ(ジャワ)海溝】は、世界中の学者が認める世界最大の海溝 (爪跡)なのですから。
 これだけの大異変なのだから、証拠は地球表面上にまだまだあるはず!地図遊びで一緒に(コロンボ刑事よろしく)その証拠を探し回ってみましょう。
 続きはまた明日 大山宏
 Pattern ischemic pole shift (pole shift apparent) took place at the same time, from now on the latest Permian 250 million years ago.
 So guess why?  ⇒ Indonesia Oki scarred [Sunda (Java) trench] was acknowledged by scholars around the world world's largest trench (left) is so.  Only this big incident, because there is evidence on the Earth surface still should! on map play together (the best Detective) proof that scoured the let. More also tomorrow. Hiro. Oyama

|

« 環太平洋異変(氷塊置場、海水面が上昇した訳)Pacific incident (ice bin, sea level rose translation) | トップページ | 虚ポールシフトも発生した大異変 Big incident ischemic pole shift has occurred. »

a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋プレート下の熔融マグマオーシャン Molten magma Ocean exists beneath the Pacific plate.:

« 環太平洋異変(氷塊置場、海水面が上昇した訳)Pacific incident (ice bin, sea level rose translation) | トップページ | 虚ポールシフトも発生した大異変 Big incident ischemic pole shift has occurred. »