« マグマオーシャンが冷却し,地球の地殻が形成される姿を想像。Imagine the magma Ocean cooled the Earth's crust is formed. | トップページ | 太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean. »

2009年10月20日 (火)

太平洋海底の断裂帯解析(1) Analysis of the origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean.

 昨日の頭の体操で、「隕石衝突も無くゆっくりとマグマオーシャンが冷却すれば、地球地殻は玉ねぎ構造になる。」という結論が得られました。 今日は その続きですが、太平洋の東半分だけマグマオーシャン状態であって、[ 他のプレート地殻は既にかなりの温度にまで冷えていた ] という条件で考えてみましょう。
 In yesterday's mental gymnastics, "no meteorite slowly cooling magma Ocean, Earth crust will onion structure." the conclusions were drawn. Today that picks up where the magma Ocean State in only the eastern half of the Pacific Ocean, on the condition that [other plate tectonic already considerable temperature was cold, consider.
 暗算がし易いように、条件をもう少し絞りましょう。
(1)、【マグマオーシャン地域】 : イースター島近辺に左右幅 : 4000Km、南北幅 : 1万Kmの領域。 表面温度 : 1001℃、 数百キロ深い所の温度 : 1300℃程度
(2)、【その他の場所】 :表面温度 : 100℃程度、数百キロ深い所の温度 : 1100℃程度。 この条件でスタートしましょう。
その他の場所】 では既に地殻が冷え固まっており、イースター島付近の「4000Km x 1万Km」領域だけ、(何らかの理由で)マグマオーシャン化していた。とします。
 Hand a little bit more conditions, subtracting a so easy to do mental calculations.
(1) [magma Ocean area]: Easter Island near the area of the side width: 4000 Km, width: 10000 Km.
 1001°C, several hundred kilometers deep temperature: surface temperature 1300 °C.
(2), [elsewhere]: surface temperature: the temperature of about 100°C, several hundred kilometers deep, approx. 1100 °C. Let's start with this condition.
[Elsewhere] is already the crust cools and solidifies, near Easter Island "4,000 Km x 10,000 Km" area only had of magma Ocean on (for some reason). we suppose.

 マグマオーシャン表面温度が1001℃⇒1000℃に1度下がると、(昨日同様に)6.37Km(地球半径の1000分の1)の【地殻層1】が固化します。 その後更に、1度温度が下がると、【地殻層1】は999℃になり、その下の【地殻層2】は、1001℃⇒1000℃になって、固化します。順次、1度下がる毎に、【地殻層1】⇒998℃、【地殻層2】⇒999℃、【地殻層3】⇒1000℃になり固化。・・・となって行くのは、昨日と同様です。
 Magma ocean surface temperature is 1001 °C down 1 ° to 1000 °C and (yesterday as well as the)6.37Km(Earth radii 1/1000) of the crustal layer 1 solidifies. And then once the temperature drops, the crust layer 1 is to 999 °C and beneath earth's crust layer 2, 1001 °C to 1000 °C, and solidifies. Each successively lower once the crust layer 1 998 °C, crustal layer 2 999 °C, crustal layer 3 to 1000 °C and solidifies. ... Getting going is similar to yesterday.
 【その他の場所】に関しては、既に地下数十キロ範囲は固化していて、温度もそれほど高くないので伸び縮みは無視しましょう。その「4000Km x 1万Km」の凹地の中で、マグマオーシャンが冷え固まって行く過程を考えるのです。
 【マグマオーシャン地域】の縦幅は1万Km(緯度で言えば±45°巾)ですので、わずか1度冷えただけで、1万Km x 0.000009=0.09Km も縮むのです。1000℃⇒100℃程度まで温度降下すると、0.09Km x (1000-100)=81Km だけ南北方向に縮まる事になります。
 長さ1万Kmの凹地の中で、両端だけに81Kmの半分ずつの「(40Km巾の)深い溝が出来るでしょうか?
[Other places] for the already tens of kilometers underground range is solid and the temperature is not so high, so let's ignore the contraction.  The "4000 Km x 10000 Km" of the thinking process of depressions in the magma Ocean cools and solidifies to go.
[Magma ocean areas: the vertical size is 10000 Km (latitude in
± 45 ° width) is so cold just once, just 10000 Km is shrinking even x 0.000009=0.09Km.  1000 °C temperature drops up to 100 degrees Celsius and 0.09 Km x (1000-100) = 81 Km in the North-South direction shrinks it.
 10,000 Km long depressions in the can ends only in the deep groove of (40 Km width) of each half of the 81 Km?

 まあ、常識的に考えても、数Km巾の「深い溝」が10本程度出来て、短冊状になるという所でしょう。 この短冊状地殻の巾は、1万Km÷10=1000Kmです。 果してこの1000Kmという数値は、現実的な値なのでしょうか?( 地図で調べてみましょう。)
 Well, even thinking Km width of trenches is 10 degree will be made from the strips of. The width of the strips of crust is 10000 Km / 10 = 1000 Km away. As one numerical value of 1000 Km is a realistic value? (Look at the map. )
Photo
 This map is a bathymetric map of the off the West coast of North America (Northeast Pacific). Several big transversalis (Escarpment) are conspicuous.
 この地図は、北米大陸の西岸沖(東北太平洋)の海底地形図です。大きな横筋(断裂帯)が数本目立っています。北から、From the North,
1【メンドーシノ断裂帯】Mendocino fracture zone
2【マレイ断裂帯】Murray fracture zone
3【モロカイ断裂帯】Molokai fracture zone
4【クラリオン断裂帯】Clarion fracture zone
5【クリッパートン断裂帯】Clipperton fracture zone
6【名無しの権兵衛断裂帯】fracture zone of no-name
この6本の断裂帯の平均間隔は、1000 Kmです
1000Km毎に「深い溝」が出来るというのは、無茶苦茶な結論ではないようですね!) もう少し詳しく調べてみましょう。
6 this fracture zone of the average interval is 1000 Km. (For every 1000 Km "gap" that is not a ridiculous conclusion it seems!)
 Let's take a little closer look.
 隣り合う大断裂帯の中には、4本~8本の小断裂線が認められます。これを平均5本とすれば、小断裂線の平均間隔は、200Km(±100Km)ということが分かります。
 南半分を調べて見ましょう。
 Adjacent major fracture zones in the 4-8 small shear fracture lines are permitted.  This means if five, average interval of small shear line is 200 Km (± 100 Km) that you can see. Look in the southern half.
Photo_2
 一番上の目立つ断裂帯は、6【名無しの権兵衛断裂帯】です。
 左右両側から諸島(海山)群が迫って来ている辺りまでの傾向は、北米西岸沖の傾向とほぼ一致した「小断裂帯の並び」が認められます。
 それ以下に関しては、総巾≒3600Kmの中に、「中位の断裂帯」が 18本程度 等間隔で存在しているようです。平均ピッチは200Km
Fracture zone is visible at the top of the 6 [gonbei fracture zone of the no-name].
 Around the Islands (seamount) group is coming from the left and right sides of the trend are admitted small fracture zone of the sequence coincided with trends in the North American West Coast. For less total width ≈ 3600 Km in the "medium fracture zone" is 18 degree at regular intervals, so there. The average pitch is 200 Km.

1)北アメリカ西岸沖の断裂帯は、大きな本の断裂帯小さな断裂線(200Km間隔)で成立。The escarpment of the North American West Coast consists of big six fracture zone and little shear line (200 Km distance).
*2)一方、南米沖では、中規模の断裂帯が,200Km間隔で存在する、という差があります。しかし、「Km巾の「深い溝:断裂帯」が10本程度出来て、短冊状になるという所でしょう」という予想は、オーダーとして間違っていなかったと判断出来ます。
 There is a difference, on the other hand, at intervals there, medium-sized fracture zone, 200 Km off the coast of South America, but "few Km width" deep grooves: fracture zone "10 strips made of this degree, which will." It can be considered not as wrong as the order expected.
 南米沖(イースター島以南)海底には、東太平洋海嶺が走っており、太平洋プレートが西に、ナスカプレートが東に向かって移動しているとされる地域です。
 大袈裟に宣伝されてはいますが、その境界(中央海嶺位置)は明確ではない のが分かります。
(まさかと思われる方は最新の海底地形地図を
Google検索して自らの目で確かめて下さい。遥かに断裂帯の方が支配的と納得されるでしょう。)
 この断裂線に直交する細かい”しわ構造”分析に関しては明日やりましょう。 大山
 And runs through East Ridge on the ocean floor off the coast of South America (South of Easter Island), the Pacific plate to the West, the Nazca plate moving eastward and the area is. Is advertised exaggerated, although its boundaries (Center-ocean ridge) is clear but not know. (Believe it or not and submarine topography map of the latest Google search would seem to be, please check with our own eyes. You understand that much of fracture zone is dominant. ) I'll do it tomorrow for fine wrinkles structure analysis perpendicular to the shear fracture line. Hiro. Oyama

|

« マグマオーシャンが冷却し,地球の地殻が形成される姿を想像。Imagine the magma Ocean cooled the Earth's crust is formed. | トップページ | 太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean. »

KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋海底の断裂帯解析(1) Analysis of the origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean.:

« マグマオーシャンが冷却し,地球の地殻が形成される姿を想像。Imagine the magma Ocean cooled the Earth's crust is formed. | トップページ | 太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean. »