« コールタール・大陸プレート移動実験 Continental plate movement test using coal tar. | トップページ | 北米大陸の地質年代。The geological age of the North American continent. »

2009年10月17日 (土)

インドプレートの瞬間移動の時期.The India plate is moving moment when time was what?

灼熱の氷惑星殿へ、・・・ インドプレートの瞬間移動に関しては正直なところ、悩んでいます。 褶曲山脈の高さ(激しさ)からは、【環太平洋異変】と同時期かその前後のようにも見える一方で、東経90度海嶺の流れからは、【環インド洋異変】と同時期かその前後のようにも見えます。
 今日は、このインドプレートの移動に関して改めて検討してみましょう。
 To the ice planet, scorching... honestly for the teleportation of the India plate, is suffering.  From a range of fold mountains height (intensity) [trans-Pacific accident] and, on the other hand looks like at the same time or before and after 90 degrees East longitude from the ridge of the [Indian Ocean incident] and looks like at the same time or before and after.
 Today, for the India plate moved consider again.

Photo_3  白亜紀末期(6500万年前)の大陸分布図とのことですが、この地図の上では、インド半島はインド洋の真ん中当りに位置していたように推定されています。
And the continental distribution of the late Cretaceous (65 million years ago) is on this map, India peninsula was located in the Indian Ocean in the Middle per is estimated.

Photo_4

 2008年発行の最新図書「図説 地球の歴史(小泉格著)」から引用した【パンゲアの分裂史】の絵です。
 この図によると、白亜紀末期には、ユーラシア大陸近づいてはいるものの、インドネシア方面に進んで行きそうな勢いが感じられます。
 In 2008, taken from the latest books published history of the illustrated guide to Earth (written by Koizumi's case) [history of the breakup of Pangaea] is a picture. So go in the direction of Indonesia, according to this figure, in the late Cretaceous, the Eurasian continent closer even though momentum is felt.
 この勢いは最初の絵でも感じられ、急カーブして現在の位置にぶち当たるとは、とても思えません。 現実には、アラビアプレートと共に、急カーブして進行し、ユーラシアプレートにぶつかって、あのヒマラヤ山脈を造ったらしいのです。
 この現実と考え合わせると、転載した両図内での「インド半島部の位置」は、ひどく不自然感じられるのです。
 This momentum is felt in the first picture, curves sharply, hit the current position, so I don't think. Is a reality, along with the Arabian plate, sharp and progress and seems to be built that the Himalaya, bumping into the Eurasian plate. Is the position of Peninsular India in both figure in the match this reality with the idea and was reprinted will be felt very unnatural to.
 インド半島部がゴンドワナ大陸や南極大陸から分離したのは、この図(b)では三畳紀末(2億年前)とのことです。
アフリカ大陸が南アメリカから分離した時期は、この図(C)(d)からは、約1億年ぐらい前と読み取れ、インド半島部分離以降、1億年以上経っていることを示唆しています。
 これまでの爪跡分析から、「オーストラリアプレートの動きとインドプレートの動きが余りにも似ているものなので、同一時期であろうと判断していましたが、どうやら別物らしい。
各種の化石や詳細な測定データに基づいたアカデミックが判断した1億年の差は尊重すべきでしょう。
 In this figure (b) separated from Gondwana, Antarctica peninsular India and the end of the Triassic (200 million years ago) is.
 Read about 100 million years ago and from this figure (C) (d) when the African continent is separated from South America, and India, separated since the peninsula has been more than 100 million years suggests.
 From the fingernail analysis "was judged Australia plate movements and of the India plate is similar too, so at this time, but apparently one thing. Should respect the 100 million years determines academic based on fossils of various and detailed measurement data.

 そうなると、オーストラリアが本格的な移動を開始したあの"環インド洋異変"(この異変後、南極大陸は現在位置までシフト移動した異変)の少し前に、『インド半島部はゴンドワナ大陸から既に分離独立していた。』と考えるのが自然でしょう。
 その時期には、南極プレートはまだ赤道付近にあり、【アマゾン奥地-インドネシア】軸を中心軸として自転していたと つかめています。
 果してその状態で『インド洋をその方向に移動させる天体M衝突の可能性』はあるのか考えてみましょう。
 Starts a full-scale move to Australia, that "Indian Ocean catastrophe" (Antarctica's current position moved to shift the accident after the incident) of long ago, "peninsular India, Gondwana already spun off from was.' And will think about nature.
 At that time in the Antarctic plate is still near the equator, [Amazon-Indonesia: axis to rotate as a central axis and are held. Consider as one is the "possibility of M impact Indian Ocean to move in that direction, in that State.

 アマゾン奥地を地球儀の真上に(インドネシアを地球儀の真下に)なるようにセットしてみて考えます。 スンダ(ジャワ)方向と同じ進入・衝突が2回あったとして、
(1)、1回目でインド半島部をアフリカから分離独立させ、現在のインド洋の中間辺りに移動させます。
 Amazon, directly above the globe (Indonesia, beneath the Earth), we try to set to become. Sunda (Java) the same approach and impact was twice (1) from Africa spun off and Peninsular India in the 1st, a move of the current Indian.
 同時にオーストラリアを南極大陸から分離独立させ、更にアフリカプレートも20度程度回転して、南大西洋を広げておきます。
(2)、第2回目の衝突で、環インド洋異変が発生したとして、インド亜大陸・オーストラリア・アフリカを同時に各方向に押し出すとします。
 Simultaneously separated from Antarctica to Australia and even rotate the African plate is about 20 degrees, pull out the South Atlantic Ocean. (2) the 2nd hit the Indian Ocean Rim incident occurred, India subcontinent, Australia and Africa at the same time push in each direction.
(3)、第1回目の衝突で、関係プレート直下の深さ数百Kmは高温マグマ化しており、プレートは滑りやすく なっていますので、一気にその方向に動き(瞬間移動)インド半島部は、ユーラシアプレートに押しつけられます。
(3) the first hit is several hundred Km depth beneath the connection plate of hot magma, plate is slippery, so move quickly in that direction, in (teleportation) is part of the peninsula of India, get pushed into the Eurasian plate.
 その状況は、大局的な目でみると、【見かけのポールシフト】状態であって、最終的に南極大陸も現在の位置に移動した。
 こう考えながら、地球儀を眺めると時系列的にも衝突方向の観点からも、ごく自然な動きになるように思えるのでした。
 The situation in perspective and [pole shift apparent] State, finally Antarctica also moved to the current position. I had seem to be natural movement in terms of collision based on this thinking, look at the globe.
 Photo_2

 この図は地球史の中で起こった生物の大量絶滅事件5回あった事、その時期と規模との対応関係を示しています。
 これまでの検討で、白亜紀末期が【環太平洋異変】と対応するらしいと分かりました。
 今回の検討で、ベルム紀末期の事件が【インド亜大陸分離異変】と対応するらしい事、
【環インド洋異変】はその直後の三畳紀末の異変と対応するらしい事、
この【環インド洋異変】時に、最大の【見かけのポールシフト】も起こると共に、南極大陸が現在位置に移動したらしい。
 この接近した2つの大量絶滅事変は、2億年前後とアカデミズムは判断しておられる様子です。 こんな所まで、今日の検討で整理出来て来ました。 大山宏
 Things had happened in Earth's history of mass extinction event five times this figure shows the correspondence between the time and scale.  So far in the late Cretaceous [Pacific incident] and found it seems to respond. In the present study, Baerum late incidents [India subcontinent isolated incident] and [Indian Ocean incident], it seems to meet seems to be corresponding with the late Triassic that immediately after the incident and this [Indian Ocean incident] during a maximum of [apparent pole shift] also happens with  Antarctica currently located moved seems to be. Approached the two mass extinction event is how will God judge 200 million, back and forth and academicism.  Customers who checked away, I could sort in today's examination. Hiro. Oyama
PS北アメリカ大陸に大量の炭田を造った石炭集積事件】は、石炭紀末期の小さな落ち込み(小さな凹み)と対応しているのでしょう(高橋実説)。
 高橋実氏は著書の中で(その小さな凹みの所で)、天体Mの【ノア型異変(間接衝突・ニアミス衝突)】であろうと論理的に推定されています。
 規模から判断すると、そのような気もしますね。
「シルル紀直後の絶滅事件は? デボン紀直後については?」
今後の"お楽しみ"です!
PS
Built of large coal fields on the North American continent [coal accumulation incident], would correspond to small declines in the late Carboniferous (small dents) (because of Minoru Takahashi).
Minoru Takahashi would be in the book (where the small recess), celestial M [Noah-type incident (indirect hit-miss collisions): estimated logically. And judging from the scale, something like that.
 "The Silurian age shortly after the mass extinction event? For immediately after the Devonian period? " Our "fun"!

|

« コールタール・大陸プレート移動実験 Continental plate movement test using coal tar. | トップページ | 北米大陸の地質年代。The geological age of the North American continent. »

a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドプレートの瞬間移動の時期.The India plate is moving moment when time was what?:

« コールタール・大陸プレート移動実験 Continental plate movement test using coal tar. | トップページ | 北米大陸の地質年代。The geological age of the North American continent. »