« 浜辺のキツネ-7 ( 乞食とボランティアの境目 ) | トップページ | テロルの系譜(かわぐちかいじ) »

2011年9月10日 (土)

女キツネとタヌキの離婚騒動 ( イソップ 、マザコンとは?)

 昔、山奥のとある村里 に、男タヌキ 女狐A とが結ばれた夫婦が( 口げんかをしつつも )仲良く暮らしていました。二人の間に出来た子供も成長して嫁いで行き、可愛い孫も数匹生まれて、幸せな家族でした。 近所には、男タヌキ が生まれ育った実家と、女狐A が生まれ育った実家の両方があり、それぞれの両親共に健在だったのです。しかし、寄る歳波には勝てません男タヌキ の父親は亡くなってしまいました。
 男タヌキ は、自分を生んでくれた年老いた(少々ボケの始まった母親B を放っておく訳にもいかず、母親B の実家で暮らすことになりました。 当然、女狐Aの妻 を伴っての同居生活が始まったのです。
 女狐A を生んだ母親C も、少々ボケが始まっていたのでした。その母親C は、5匹の子供を生んでおり、長男狐D と一緒に暮らしていたのでした。
 もちろん、長男狐D にも妻(女狐E) がいて、孫も出来ていましたが、不幸なことに妻の女狐E は、何年か以前から若年性アルツハイマー (若い内に老人ボケ症状が現れる病気)にかかっていたのでした。
 そんな中で女狐A は、”両方の実家を毎日行き来する”という悲惨な介護生活 が始まったのでした。
 母親B は、女狐A の苦しい立場は理解してはいるのですが、なにせボケが始まっていますから、
「 両方の実家の面倒を見るのは無理です。貴女は私の息子の妻なのですから、私を(心をこめて) 看て下さいな。」と、嫁いびり を始めました。
 その発言は次第にエスカレートしていき、「 両方の実家の面倒を見るのは無理です。向こうの実家の方が大変なのですから、貴女は向こうの実家の介護に専念して下さい。私の方は一人でも大丈夫!心配しないで。」
 となり、終いには中江藤樹の母の如くに
「 私の前に顔を見せないで下さい。貴女は、あなたを生んだ両親の世話がしたいだけでしょう? それに専念しなさい。」と、突き放してしまった。そして、自分が生んだ息子(男タヌキ) に向かって、「あんな嫁とは離婚すべきだ。私のためにお願いだから離婚して下さい。もっと優しいお嫁さんと再婚 しなさい。」と言いだした。
( 老人ボケとは困ったものである。)
 夫である男タヌキ は困ってしまった。「母さん、よーく聞いてよ。夫婦が離婚するかしないかは、当事者夫婦の決めることであって、それ以外の者が『 離婚すべきだ。離婚してくれ。』なんて事は、たとえ生んだ親であっても 口出しすべきことではないんだよ。私は離婚しないよ。」と、諭した。

 しかし、ボケの進んだ母には通じなかった。 妻の女狐A からも離婚を迫られ、自分を生んでくれた母親B からも離婚を迫られた男タヌキ 切羽詰まって、しっぽを巻いて雲隠れ してしまった。
 普通は、これで離婚(熟年離婚)成立の運びとなるが、男タヌキは執念深かった。

雲隠れ先から時々ひょっこりと現れては、母親B の世話もするし、女狐の実家にも平気な顔現れて、介護援助の世話もするのであった。
 女狐の実家 に取って必要なのは、実娘である女狐A だけだ。執念深い男タヌキ が出入りするのは、なんとも目ざわり  であった。
しかし男タヌキ は何度追い出されても、追い出されても、カエルの顔にションベンという顔で 出入りし続けていた。
 ついに、母親B 「有料老人ホームに入る。後は息子(男タヌキ)よ、好きにしなさい。」 と 自ら宣言して、老人ホームに入ってしまった。一番面喰ったのは、息子の男タヌキ であった。
妻の女狐A 少なからず慌てた。二人で相談の結果、夫婦一緒に夫の実家に戻り、そこから妻女狐A が実家に介護に通うということになった。
 後日談である。義理の兄にあたる長男キツネ 男タヌキ に向かって言った。「あんたは母親に振り回されてばかりだ。貴方はマザコンじゃないか?」「冗談きついですよ。ハハハ」
 1月後にも、同じ事「貴方はマザコンじゃないか?」 と言われて、男タヌキ は(心の中で)つぶやいた。『 そうゆう義兄貴も、老人ボケだね。貴方自身も若年性アルツハイマー じゃないかな?』
 ・・
大人のイソップ「 雄狸と女狐の離婚騒動 」
  2011/ 9/07/   大山 宏
『 みんな多かれ少なかれ、年相応にボケて行くものなのだ。』

|

« 浜辺のキツネ-7 ( 乞食とボランティアの境目 ) | トップページ | テロルの系譜(かわぐちかいじ) »

T 心の科学 言霊 音霊 Words; soul; spirit; dwells wavelength」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女キツネとタヌキの離婚騒動 ( イソップ 、マザコンとは?):

« 浜辺のキツネ-7 ( 乞食とボランティアの境目 ) | トップページ | テロルの系譜(かわぐちかいじ) »