« ピアノの音が出なくなってしまった。さあ大変! | トップページ | 老いらくの恋 永遠の青年 イメージ人 »

2011年11月16日 (水)

アトンの娘[ツタンカーメンの妻の物語(里中満智子)]は圧巻でした。Aton's daughter the story of Tutankhamun's wife.

 2018/09/24 rewriten by Hiro. Oyama 5
アトンの娘 Aton's daughter: the story of Tutankhamun's wife was a sight to see. ツタンカーメンの妻の物語(里中満智子)]は圧巻でした。
 私は漫画愛好家の一人ですが、少女漫画は嫌いでした。理由もなく揺れる心、男心を弄ぶような女性心理が嫌でした。東広島市福富町図書館で、つい手に取って読んでみたのが「ギリシャ神話(里中満智子)」でした。それで興味を持ち、今回「アトンの娘 を読んでみました。中々良かった!
 Aton's daughter [the story of Tutankhamun's wife (written by Machiko satonaka)], was a sight to see. I is for comic book lovers who didn't like girl’s manga. For no reason did not want female psychology mind swinging the way that plays like that. ‘Fuku-tomi’ town in Higashi-Hiroshima City Library, I just read picked [Greece myth (Machiko satonaka) "was. So intrigued, I tried to read "Aton's daughter". Quite good!
『手塚治虫の哲学感を引き継いだのは、あるいは里中満智子さんではなかったかな』と、勝手ながら想像しています。「ツタンカーメンの棺に入れられていた花束」に関しては、私も印象深く覚えています(テレビ放映で見ただけですが)。発掘された考古学資料だけを頼りに、あれだけのストーリーを組み立てられ(創造され)ていたのにはいささか驚きもしたし感動ものでした。
アトンの娘全三巻は、最初の方は名前もゴチャゴチャしていてちょっと読み難かったのですが、グングンと惹き込まれるようにして、終いまで読んでしまいました。
  "Philosophy of Osamu Tezuka took over or Satonaka Machiko Ms. wasn't?' and the liberty to imagine." Bouquet of flowers was placed in the coffin of Tutankhamun", I also very much and remember simply (as seen on TV). Only excavated archaeological material assembled the story only in that the (creative) have had to had little surprise, was. "Aton's daughter all three volumes are also up at the moment was read, but be enchanted more and so that's until I read.
 筆者は「・・、アンケセナーメンの人生、そして人となりが、私の描いた通りかどうか、全くわからない。ツタンカーメン、ネフェルティティ、アクナトン、その他の人物についてもわからない。・・・」と、(あとがき)で謙虚に書いておられますが、『さもありなん。3,500年前に近い事があったのであろう。』と、素直に受け取れました。
 I see, and no street life of Ankhesenamun, and he drew me, whether or not. Tutankhamun, Nefertiti, Akhenaten, and other people don't know. ... ", (PostScript), writing a humble but" is also there. Was close to 3500 years ago, things might be.' And able to face the music.
「何のために生きるのかを知りたがるのが人間であり、人類の歴史とはその答えをさぐる道のりである」・・・筆者が描きたかったというこのテーマは十分に反映されていると感じました。有難うございました
   大山宏 2011,11,16 Hiro. Oyama
 I felt fully reflected "the journey is always wants to know what to live for humans, and seek the answer and the history of mankind,"... I wanted to portray this "theme". Thank you very much. From Hiroshima 2011/ 11/16 Hiro. Oyama 

何のために生きるのか」という疑問の前に、核戦争なんて起こって欲しくないでしょ。今オバマ大統領は、核で脅しあった世界を平和へと導こうと、必死で模索しているのです。あと4ヶ月したら、大統領を止めなければならないのです。
 
その前に、ノーベル平和賞にふさわしい成果をあげさせてやって下さいませんか?
 
 あなたがちょっとだけ、左上の欄(らん)に並んでいる、オバマ大統領に関連する記事を読んでくださるだけで、彼は、大いに励まされるのです。
 ちょっとだけでも、開いて見て下さいね。
 2016/09/16 PS & Hiro blog submission. Oyama

 Want nuclear war never happened ago the question of people who live for what? It is the lead and now President Obama, was threatened by the nuclear world to peace and desperate, looking for. After another four months, must stop the President..  Do give me to deserve the Nobel Peace Prize before that, would you? It is read articles related to President Obama, you are lined up in the column on the left a little bit, as he was greatly encouraged. Even just a little, please open it.

|

« ピアノの音が出なくなってしまった。さあ大変! | トップページ | 老いらくの恋 永遠の青年 イメージ人 »

V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アトンの娘[ツタンカーメンの妻の物語(里中満智子)]は圧巻でした。Aton's daughter the story of Tutankhamun's wife.:

« ピアノの音が出なくなってしまった。さあ大変! | トップページ | 老いらくの恋 永遠の青年 イメージ人 »