« 桂浜は桜が満開、東北地方には雪が舞う、という縦長の国で | トップページ | 料理が苦手な私が作った料理「肉肉野菜炒め」 »

2011年11月29日 (火)

東北太平洋岸沿いに、一路北へ走る

私は理学部物理学科の出身ですから(まことにしつこい)全体の被害状況が把握したかった。
お世話になった中村神社に御別れし、
海岸線を北上して気仙沼まで移動して行きました。

途中(近くに女川原発のある女川港を通った時)、目を疑ったのでした。

道路わきに立っている観光案内地図の大きな看板に描かれている堤防が無い!」のです。津波はあの大きな長い堤防を完全に砕き、その奥にある港を襲ったのでした。
1000トン級(?)の船が町に乗り上げて道をふさいでいたり、ビルディングを90度横倒し にしていたのでした。
 
気仙沼までの道は本当に心細かった。被災した海岸線沿いに北上したので、道は至る所でめちゃくちゃです。自衛隊が頑張ってくれてかろうじて通行できましたが、迂回中に山道に紛れ込んだり大きな橋が通行止めであったり、ガソリンの欠乏(ガス欠)を本気で心配しました。
 食糧の心配もしなければならなかった。
飯米は持っていても、炊飯が出来そうな場所もない状態。第一水が手に入らない(米が磨げない!)
パンも弁当も手に入りそうにない。
 愛煙タバコ「セブンスター」が手に入らない。フィルターの生産工場がやられたとの事だった

 

 

 

 

 

 

|

« 桂浜は桜が満開、東北地方には雪が舞う、という縦長の国で | トップページ | 料理が苦手な私が作った料理「肉肉野菜炒め」 »

x・・・ボランティア記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北太平洋岸沿いに、一路北へ走る:

« 桂浜は桜が満開、東北地方には雪が舞う、という縦長の国で | トップページ | 料理が苦手な私が作った料理「肉肉野菜炒め」 »