« E04、ハワイ諸島ホットスポット移動速度激変の証拠 Evidence took a sharp turn Hawaii Islands hotspot speed | トップページ | E06、大陸移動速度とホットスポット火山密集度との対応 Continental movement speed and density of Hotspot. »

2012年1月 9日 (月)

E05、大陸が強制的に瞬間移動させられた証拠 Continent was by teleportation to force evidence

灼熱の氷惑星殿へ太平洋プレートは顕生代において、「急発進⇒急減速⇒その前後はノロノロ蛇行移動」を繰り返していますね。
 まずは先日の結論を転記。
(1)、4240万年前の測定点(屈曲点)から上方に延びる海山列が"天皇海山列"であり、約5500万年前 までは、10㎝/sec 程度で太平洋プレートは移動していた事。しかし、
(2)、約5500万年前以降 に突如、70㎝/sec という猛スピード で太平洋プレートは移動した事( パルス的な驚異的な瞬間移動 )が認められること。 
(3)、その瞬間移動直後から(屈曲点)以降2300万年前まで は、6~8㎝/sec の速度で移動していて、2200万年前に至った直後に90㎝/sec 以上という驚異的なスピード が、観測データに現れている事。
(4)、1800万年前に至るとスピードは激減し、以降現在まで、 10㎝/sec 前後での 微増移動傾向 にあること。
 To ice planet of the Pacific plate in the Phanerozoic, "impulsively braking around the slag locomotion" repeat it. First posted conclusion the other day.
(1) The seamounts extending upward from the 42,400,000 years ago, measuring point (critical point) is "the Emperor sea-mount chain" and 55 million years ago, at around 10 cm / sec is the Pacific plate to move to. However,
(2) the 55 million years after suddenly 70 cm / sec that careened Pacific plate moving things (a pulse an astounding moment move) will be admitted.
(3), immediately after that moment moved from (critical point) since 23 million years 6-things immediately came to 22 million years ago and moving at a speed of 8 cm / sec phenomenal speed is 90 cm/sec or more appearing on the observation data.
(4) the 18 million years ago to drastically speed up now since that evident move at around 10 cm/sec.
 Chart below is the "conclusion" of the above raw data, and [Hawaiian island-seamount column shape until the Emperor seamounts adult dating results], and source of each seamount (-volcano) of is what determines the speed of was formed.

 以下のグラフは、上記の「結論」を導き出した生データであり、[ハワイ島~天皇海山列までの海山列形成年代データ] を元に、各海山(・火山)の形成された頃の移動速度を割り出したものです。

Photo 計算は至って簡単で中学校で習う「速度の計算」をしただけです。
 例えば、6000万年前に出来たと測定された海山の測定点をPt1、5000万年前に出来たと測定された海山の測定点をPt2 として、[Pt---Pt]÷[000-000]で速度が求められるでしょう? これを真面目にグラフ化しただけです。
 但し、ハワイ群島に関しては、詳細なデータがありますので、下図の如くに、近似の移動曲線を当てはめ、その曲線沿いに移動距離を(物差し)で測ってあります
 Calculations are only calculating speed yet easy and learning in school. For example, measuring point of the seamount measured 60 million years ago and Pt1, measuring point of the seamounts were measured and 50 million years ago as Pt2 [Pt1---Pt2] ÷ [60 million - 50 million, which require speed will? This graph into serious only. However, because the Hawaiian archipelago, there are detailed data like shown below, fitting the transfer curve approximation, along the curve in the distance (measure) are measured.

Photo_2さて、速度の変化のデータがグラフ中の印で得られた訳ですが、2か所に置いて、速度が異常に(パルス的に)早くなっている場所があります。
 2000万年前と、5500万年前の2か所です。 貴方はこれを単なるデーターのバラツキで済ませますか?( そんな事は、小学校の生徒でもしないでしょう?)
 でも、現在の地球物理学や地学の先生方は、直線を当てはめてしまっておられるご様子なのです( 僭越ながらその証拠を転載させて頂きました。)
 There is now, changes in the speed of data obtained in the circles in the graph, in two places, speed is unusual, (pulse) soon. 20 million years ago and is two 55 million years ago. You do this data just a variation? (Even elementary school students wouldn't do such a thing?)
 However, is a line that he had applied his current geophysics and Earth science teachers, (gave evidence to reprint as presumptuous.)

 Photo_4この図は、最近(1997年初版)発行の、ある本からコピーさせて頂いた説明図なのですが、等間隔で、10、20、30、40、50、60、70という具合に、年代が書いてありますね
 これを見たら『ああ、おおよそ等速度で太平洋プレートは移動しているのだな。』 読者に思わせてしまうでしょう?
--(お歴々の先生方もそう思っていらっしゃるらしい?)--
 At regular intervals, but this figure is capped to copy it from the recent (1997, first edition) published the book pictured is, there's a 10, 20, 30, 40, 50, 60, 70, and so on. I saw "is oh, roughly at uniform velocity is the Pacific plate moving. ' And will seem to the reader? -- (Authorities who it seems will have thought so?) --

 この思想を「巻頭に掲げた凸凹プロットのグラフ 」に書き表すと、15cm/年で一定の横線をあてがったことになります。
( 実に変でしょう? 私自身も電卓計算し グラフ化してみて初めて気が付いたのです!)
 単純な速度計算ですので、もし御時間が許されるなら、貴方も検算してみて下さい。そして、どのようにカーブを引くべきか検討して見て下さい。
(もっと詳細な調査データが得られるなら議論の余地はないのですが)。
 Foreword in contoured plots graphs to describe this philosophy and I provided certain horizontal 15 cm/yr.
 (Would be really funny? is also my own calculator calculate try charting and realized for the first time!) Simple speed calculations, so if your time is allowed, try double-checking can you please. And please look at considering or how to draw curves.
 (Although if you get the more detailed survey data is not moot).

結論
太平洋プレートは5500万年前に回、2000万年前に回(合計2回)、急激に(パルス的に)移動した事、その前後の数千年間はノロノロ蛇行移動 をした証拠がここにあった!
 
と見たのですが、如何でしょうか?
 今流行りのマントル対流(プレートテクトニクス・プルームテクトニクス・スーパープルーム・大陸移動説)では このパルス的激変移動現象は説明出来ません。
 外力として外から大陸を強制移動させた何か(:灼熱の氷惑星)なら説明は付くのですが、、。 ( 続く )
7/1/2009 大山宏(修正 2011/9/7 英文付 2018/8/7)
Conclusions: evidence of thousands of years between the Pacific plate moved 55 million years ago once 20 million years ago once (twice), rapid (pulse in the), around the slag locomotion was here!  Saw it, but how?
 Cannot explain of pulse-upheaval movement now in the popular mantle convection (plate tectonics, plume tectonics, super-plume and continental drift). As from outside the continent to seize was something (: burning ice planet) If is the explanation, but the. 7/1/2009 (continued) Hiro. Oyama 2018/8/7 added english.

|

« E04、ハワイ諸島ホットスポット移動速度激変の証拠 Evidence took a sharp turn Hawaii Islands hotspot speed | トップページ | E06、大陸移動速度とホットスポット火山密集度との対応 Continental movement speed and density of Hotspot. »

a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E05、大陸が強制的に瞬間移動させられた証拠 Continent was by teleportation to force evidence:

« E04、ハワイ諸島ホットスポット移動速度激変の証拠 Evidence took a sharp turn Hawaii Islands hotspot speed | トップページ | E06、大陸移動速度とホットスポット火山密集度との対応 Continental movement speed and density of Hotspot. »