« E05、大陸が強制的に瞬間移動させられた証拠 Continent was by teleportation to force evidence | トップページ | E07、地球磁石(地磁気)を頭の中に造って!Earth magnet (magnetic) Let's build in my head! (Water balloon game)(水風船遊び) »

2012年1月10日 (火)

E06、大陸移動速度とホットスポット火山密集度との対応 Continental movement speed and density of Hotspot.

灼熱の氷惑星殿、ホットスポットで形成される海底火山(海山・島)の[体積 x 密集度] [大陸移動速度] との間には、興味深い対応関係がありそうですね。
It is formed in hotspot volcanoes (seamounts, Islands) [volume x density], and the continent moving speed during the interesting correspondence.

Photo_6  先日の「ハワイ群島に連なる海山移動速度グラフ」の下段に、海山分布図を対応させてみました。
1)、ハワイ諸島は右隅に(30°倒して)置いてあります
 先日の図では、4240万年前に出来た雄路海山の位置にて"の字"に大きく折れ曲がっていました。(この折れ曲がりがプレート移動方向の激変であることは周知の事実ですので今回は触れないこととしましょう)。
 Tried for seamount distribution map at the bottom of the other Hawaii Islands to seamounts move speed graphs.
1), the Hawaiian Islands are in the right hand corner (30 ° down) there. Male was 42,400,000 years ago, in the picture the other day at channel seamount locations were bent heavily "winding". (Let's say that because it is a well known fact this bend would be a sudden change in the direction of plate movement do not touch this.)
2)、ハワイ島・雄路海山・明治海山が一直線上に並ぶように回転修正してあります。
{ 明治海山列を更に+60°(合計90°)回転して配置しました。}
(それ故、アリューシャン海溝が上下方向に伸び・経度線は横に伸びた表示になっています。)
3)、日本近海海底地形図[海上保安庁水路部(1971)]より天皇海山付近のデータがありましたので、ボリューム感を補う意図で、並べて置きました。
2), island of Hawaii, male have to fix rotation on a straight line with its road seamount, Meiji seamount. {Spinning Meiji seamount further +60 ° (90 ° total), has been placed.} (Hence the Aleutian trench vertical growth longitude lines are shown next to the extended is. )
3), intended to supplement the voluminous data around the Emperor seamounts from Japan shore topography [Coast Guard hydrography Department (1971)], so the put side by side.
 
Is the Pacific plate moving speed is radically a pulse?!
どうです、太平洋プレートの移動速度がパルス的に激変 しているでしょ!

 詳細を検討してみましょう。この図でまず目立つのは、
[1]、2000万年前の急激な(パルス的)移動直後の速度落ち込み部 <=a=>の区間に火山噴出物が密集している事。(<=a=>区間は1000万年弱)
[2]、 <=b=>の区間は2000万年以上という長期間であるにもかかわらず、火山噴出物が少なくまばらに分布している事。
 太平洋プレートは、地球全周(4万キロ)の3分の1を覆うという大変大きなプレートですが、現在、10~15㎝/年で移動し続けています。一方、ホットスポット噴出量と噴出位置とは(この顕生代に於いては)不変量扱い出来ます。
 よって、海底火山(海山・島)の[体積 x 密集度] が極端に偏在するという事は、太平洋プレートの移動速度が大きく変化しているという事実を側面支援していることになりますね。

 Let us consider the details. Stand out in this picture first [1], 20 million years ago sharp (pulsed) speed drop part of navigating <=a=> sector crowded with volcanic material things. ( <=a=> section is less than 10 million years)
that section <=b=> a [2] 20 million, over a long period, although distributed less-sparsely populated volcanic ejecta. Big plate Pacific plate covers 1 / 3 of the Earth all around (40,000 kg) that is now a 10-continue to move at 15 cm per year. On the other hand, the volumetry of hot spots and venting position and invariants in (this Phanerozoic) treat can be.
  Help fact that eccentric extremes [volume x density), submarine volcanoes (seamounts, Islands), changed the movement speed of the Pacific plate side.

 天皇海山列内に関して、
[3]、顕著ではありませんが、[1]と同様の傾向が天皇海山列においても認められます。5000万年付近の速度落ち込み部( C )の密集度が大きそうです。
--( 海底地形図の海山ボリュームも参照して頂きたい。ハワイ島の体積がカウワイ~マウイに較べて異常に大きいこととも対応しています。サイズも同程度でしょう?)--
[4]、大観視すれば、海山の一つひとつが斜め下方向に成長している傾向が認められます。
--( ハワイ島が現在 成長している方向と一致している、とは思えませんか?)--
 Tend to the same [1],
[3], pronounced with Emperor seamounts in the column is not permitted in the Emperor seamount chain. 50 million, speed drop part near (C) density is so large. -– (Please see the seamount topography also. Volume of the island of Hawaii kahawai-compared to Maui and also corresponds to the unusual. The size is comparable would be?) --
[4], Grand view vision, each of the seamount has grown diagonally downward trend. -- (Do not seem to match the direction island is currently growing and is?) --

 海山分布図全体を大観して、
[5]、ハワイ諸島がなり形状を示していると同様のなり傾向は、数か所に存在している事実も、私には、大変重要な(示唆に富んだ)地球情報に思えますが、如何ですか?

 海山は、5000メートルの海底プレートにしっかりと根ざしています。太平洋プレートが一枚岩の如くに動いている(動かされている)その動きの歴史的変遷を見る時、海山列の挙動は大変貴重なものに思えます。
 インド洋にも大西洋にも海山列は存在します。(ex. 東経90度海嶺、中央インド海嶺、ヴォルビス海嶺)。これら各海山列(:海嶺)の動きの対応関係もいずれ明らかになってくるでしょう。 今後の展開をお楽しみに!
 2009年 7月 2日  大山宏
[5] and Hawaii Islands suggests a curved shape, and they take a large picture of the seamount distribution as well as arched trend that facts exist in several places, to my very important sounds (provoking) global information, but how do?
 Seamount is firmly rooted in the bottom plate of 5,000 meters. When you see the history of its movement (moved) the moving Pacific plate like the monolith in the behavior of seamounts seems very valuable. Exists in the Indian Ocean and Atlantic Ocean seamounts. (ex. 90 degrees East Ridge, central India Ridge, Vorbis Ridge).
 These each seamount (: Ridge) of will the relationship between movement eventually become clear. To enjoy the future! 7/02 / 2009 Hiro. Oyama

|

« E05、大陸が強制的に瞬間移動させられた証拠 Continent was by teleportation to force evidence | トップページ | E07、地球磁石(地磁気)を頭の中に造って!Earth magnet (magnetic) Let's build in my head! (Water balloon game)(水風船遊び) »

a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/30334527

この記事へのトラックバック一覧です: E06、大陸移動速度とホットスポット火山密集度との対応 Continental movement speed and density of Hotspot.:

« E05、大陸が強制的に瞬間移動させられた証拠 Continent was by teleportation to force evidence | トップページ | E07、地球磁石(地磁気)を頭の中に造って!Earth magnet (magnetic) Let's build in my head! (Water balloon game)(水風船遊び) »