« E06、大陸移動速度とホットスポット火山密集度との対応 Continental movement speed and density of Hotspot. | トップページ | E08 太平洋プレートを他のプレート下に潜り込ませる実験 »

2012年1月11日 (水)

E07、地球磁石(地磁気)を頭の中に造って!Earth magnet (magnetic) Let's build in my head! (Water balloon game)(水風船遊び)

灼熱の氷惑星殿・・・地球が過去何回も衝突(合体)して現在の大きさに至った事を認めるならば、「地磁気の出来た理由」も、「地磁気軸が地球の回転軸からずれている事」「地磁気軸が歳差運動をする事」、なども、中学校理科での簡単な説明が可能になりますね。
 水風船(ふうせん)遊び Water balloon play
 If you admit that led to the current size of the Earth (combined) hits too many times past, the reason why was Earth's magnetic "geomagnetic axis has shifted from the rotation axis of the Earth thing" to precession geomagnetic axes, a brief description in the junior high school becomes possible.
 まず最初に「水風船(ふうせん)遊び」をしてみましょう。水で満たされた風船1個と、たらい・おけ・洗面器など、適当な容器を一つ(頭の中にイメージで)用意し、水風船をその中に入れます。
 そーっと長時間ほったらかしておくと、水風船は洗面器の中ほどに
"浮きもせず沈みもしない状態"で静止するでしょう。
- -
 疑似無重力状態が出来ました!)- -
 
 First of all let's water balloon (balloon) play.
A balloon filled with water and water balloons on them, and provide an appropriate container, such as a tub and tub and wash basin (in the head in the image) one. Wash water balloons you Missy quietly for a long time, and in the middle of the instrument will remain stationary "scum, no sink condition".
--(Able to simulated zero-gravity conditions!)
- -
 風船の口(水を入れて閉じた部分)を静かにつまんで、そーっと回転力を与えて見て下さい。
最初は少し力が要りますが、3回転くらいすると、指を離しても風船は元の位置で回転してるでしょう?これが自転ですね。(スペースシャトル内なら完璧なのですが、これで地球が自転している状態だと思って下さい)。

 風船内の水が回転しているので、風船は仲々回転が止まりません。スペースシャトル内なら半永久的に回り続けているだろうと想像できますね。
しかし、宇宙空間実験棟内であっても空気がありますから(その空気抵抗のために)段々と回転速度は落ちて来ます。
 ロシア人形(マトリョーショカ)の如くに水風船の中に更に小さい油風船を入れてみたと想像して下さい。 油の比重は仮に1(水と同じとなるよう調整)とすると、洗面器の中で自転しているマトリョーショカ風船は、やはり半永久的に回り続けるでしょう。でも段々と回転速度は落ちてきます。
 中の(小さい)油風船と外の水風船の回転の落ち方は一緒ですか?
 Balloons (put water and closed part) to tweak quietly, quietly give look at torque. Will also let go, but first I need a little more power to 3 turns around and spinning at the original balloon? this is the rotation. (Think State is perfect if you're in the space shuttle, but the earth rotates at it).
 Because the spinning water balloons in balloon does not stop turns the relationship people. You can imagine if you're in a space shuttle permanently keep spinning that would.
 However, the experimental wing in space come falling from the air may be (due to the air resistance) gradually and speed.
 Russia dolls (matryoshka) like to imagine putting even small oil balloons during a water balloon. Matryoshka balloons even if the specific gravity of the oil is 1 (adjusted to be the same as the water) and rotates in the basin will keep spinning it permanently.  But gradually loses speed.
 With falling balloons in the (small) oil and water balloons out of the rotation?

 違いますね。
中の油風船の方が、いつまでも回っているでしょう(回転が仲々止まらない)。
スペースシャトル内なら油風船の代わりに鉄球を用いても同じ現象が観測できます。しかも より半永久的に回転が続きます。
 でも いずれ(水との摩擦抵抗の影響で)回転速度は遅くなって行くでしょう。
 鉄球を回転しているので、弱い磁石が出来ることになり、磁力線が発生して、それが水風船を取り巻きます。『これが地磁気なんだな!』と納得出来たでしょうか?
That's wrong isn't it. Of balloons in the oil around forever (can't stop the rotation relationship) would be. If you're in a space shuttle using iron oil balloons instead is the same phenomenon can be observed.
 And the rotation will continue more permanently.  But I will go slow speed of one (in the effects of friction and water). Spinning iron sphere, so can a weak magnet, magnetic lines of force are occurring that surrounds the water balloons. "And it's magnetic! ' What could convince?
 スペースシャトル内での衝突実験
 
Collision simulation in the space shuttle

 シャトル内では、水滴は球形になって浮かんでいます。先ほどの水風船の表皮(薄いゴムの膜)を取り払っても球形のままなのです。鉄球を内部に持たせたマトリョーショカ水滴であっても、先ほどの地磁気実験は同じ結果が得られるだろう事は想像出来るでしょう?
 In the shuttle in the collision experiments in the space shuttle, spherical, floating water droplets. It is spherical like water balloons earlier skin (thin rubber membrane) to get rid of any.  Had the ball inside the matryoshka drops even geomagnetic field we get the same results I can imagine?
 Anyway, Let's now colliding water droplets comrades. Namely, stationary water droplets toward other drops went closer in the inertial force slowly and let them collide. Combine with water this will do it well, and masquerades as a slightly larger drop will (Phantom of the)?

 それはさて置き、今度は水滴同志を衝突 させてみましょう。
即ち、静止した水滴に向かって、別の水滴をゆっくりと慣性力でもって近づけて行き、衝突させてみましょう。
上手くやれば、水滴同志が合体して少し大きな水滴に化けた(ファントム化した)でしょう?

 小さな鉄球同士ではファントム化は出来ませんが、地球のコア部分くらいの非常に大きな鉄球同士を衝突させると、あたかも先ほどの「水滴同士の衝突」と同じように合体する現象が起きるのです。 最近の地球物理学はそれをシミュレーションで実証しつつあります。これは信じて下さい。信じれない方はNHKにでも問い合わせて下さい。ビデオを見せてくれるはずです。 And not among small iron ball Phantom of the very core part much of the Earth's big iron sphere collisions happen to unite as "collision of droplets" just like it is. Has recent Earth physics simulation to demonstrate it. Please believe this. "More also contact NHK. The video should show.

 水滴同士の衝突実験に戻りましょう。
真正面からぶつかり合う正面衝突の確率は非常に小さくて、ほとんどの場合はニアーミス(すれ違ってしまうケース)か、ちょっと触れた程度の衝突になります。
平均的に見れば、45度だけずれての衝突が代表的なので、それをNHKさんは採用されたようです。
 Let's go back to the collision between the drops of water. Head-on collide head-on collision probability is very small and in most cases is touched for a moment about a near miss (they passed cases) crash. Typical crashes if you look at the average, shifted by 45 degrees, so it is adopted NHK says.
 ちょっと色を付けておきましょうか。止まっている水滴を近づいて行く水滴を水色としましょう。衝突合体後の大きな水滴(ファントム水滴)はどんな動きをしていますか?
 そうです。ファントム水滴は回転しているのです。大きな鉄球同士が衝突合体した場合も同じことで、合体したファントム鉄球は回転が変化する![ 地磁気の軸方向と大きさとが激変する ] のです。回転が逆になる場合も当然あるでしょう。
 
Put a little color? Water stopped coming red, blue and let the water go.  Any motion after the collision coalescence of large water droplets (phantom drops)? Right. It is the phantom drops is spinning. Changing rotation combined, the same thing as the large iron balls between collision and merging the phantom ball! It is rapidly changing the magnitude and direction of the geomagnetic field. Of course if the rotation is reversed.
 以上は地球モデルを[鉄球+水]のみとした場合ですが、もう少し現実の地球に合わせて[鉄球+水+岩石{地殻}]で構成したマトリョーショカモデルであっても、似たような結論が導き出されることは想像に難くありません。
 蛇足ながら、生命がまだ誕生していない40億年前に、地球に巨大隕石が大衝突を起こしたようです。その時に合体出来なくて飛び散った星屑が地球のまわりを一杯回っていて、それら星屑が合体を繰り返しつつ現在の””になった というのが現代科学での定説になりつつあるようです。[Iron balls and water only] when the Earth model is more than a little matryoshka model in [iron ball + water + rock {earth's crust}] tailored to the real earth that leads to conclusions, even something like that is not easy to imagine. 4 billion years ago, icing on the cake, while life was not yet born, Earth-giant Meteor big collision seems to have caused.  Stardust splattered, not incorporated at the time Earth around the Cup, those of Stardust polymers while the current "month" is becoming accepted in modern science seems to be.
  灼熱の氷惑星の衝突
 高橋氏は「地球という星には水が多過ぎる。その水は何処から運ばれて来たのか?」という素朴な疑問に重点を置かれて研究を開始され、「灼熱の氷惑星」を書かれました。
それはちょうど、ニアミス状態、もしくは、鉄球同士がぶつかり合わない(水圏だけでの)衝突を想定されていました。
 ノアの箱舟のケースはニアミス衝突ですし、この想定(鉄球同士がぶつかり合わない衝突)で、充分に顕生代(5.5億年前~現代)の急激な増水が起こったと証明できるという立場だったのです。
 これをシャトル内でシミュレーション実験(実証)することも、ここまで読まれた貴方なら簡単に結果を予想出来ることでしょう?
日本の実験棟も宇宙ステーションに出来つつありますが、こんな易しい理科実験結果がテレビで放映される日が早く来るといいですね。
 期待しましょう。 2009年 7月 5日 大山宏
 Burning ice planets collision
Takahashi, who had "on the planet water is much too much. Whether the water was brought from somewhere?" he was written "burning ice planet", initiated the study placed emphasis on a simple question. It is not just hit miss State, or between the iron ball were supposed to clash with (water only).
 Case of Noah's Ark is a near-miss collisions and the assumption (not colliding iron sphere collision), fully revealing Mesozoic (550 million years-modern) of standpoint is rising rapidly and could prove it was. You can expect results if you read until here also to this (demonstration) simulation experiments in the shuttle?  Soon becoming Japan's laboratory can be done on the space station, so easy science experiments will be aired on TV. Let's hope. 7/5/2009 Oyama.

|

« E06、大陸移動速度とホットスポット火山密集度との対応 Continental movement speed and density of Hotspot. | トップページ | E08 太平洋プレートを他のプレート下に潜り込ませる実験 »

a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/30080236

この記事へのトラックバック一覧です: E07、地球磁石(地磁気)を頭の中に造って!Earth magnet (magnetic) Let's build in my head! (Water balloon game)(水風船遊び):

« E06、大陸移動速度とホットスポット火山密集度との対応 Continental movement speed and density of Hotspot. | トップページ | E08 太平洋プレートを他のプレート下に潜り込ませる実験 »