« E11、キノコ雲(プルーム)は、大陸を動かせない!Mushroom cloud cannot move the continent. | トップページ | 地震波トモグラフィーDataの解釈 »

2012年1月16日 (月)

手近な地層に見られる天体M(灼熱の氷惑星)衝突の証拠 Evidence found in a nearby geological bodies, celestial-M (scorching Ice planet) crashed into the Earth.

 2018/09/24 rewriten by Hiro. Oyama 6
手近な地層に見られる天体M灼熱の氷惑星衝突の証拠
 まずは、褶曲山脈がダイナミックに観測される例を2枚、コピー紹介します。2枚とも中国チベット自治区のヒマラヤ山系の中で、観測される例だそうです。(出典は忘れました。ゴメンナサイ)Examples observed dynamic range of fold mountains, two copy to introduce. Below attached pictures (2 pictures) it's cases was observed in the Himalayan mountain system in the Tibet Autonomous Region, China. (Source is lost. Sorry to say.)
Photo_2
Photo_3
 このような大胆な褶曲地層は、チベットの辺りに行かないと見ることは出来ませんが、貴方の身近な場所にも、地層がむき出しになっている場所はあるはずです。
例えば、道路の拡張工事がなされている最中の崖斜面とか、激しい波で今も浸食され続けている海岸絶壁などに出かけて行って見て下さい。そこには、地学の教科書で頻繁に目にする「数層の地層断面」が観測されることがよくあります。
 Where the strata are exposed places you, there should be we cannot see such a bold fold stratum is to go to Tibet around. For example, look at go go, during road widening has been Cliff slopes and waves still continues and eroding coastal cliffs. To eyes frequently in Earth science textbooks, there are several layers stratum can be observed.
 ダーウィンが「種の起源」を書いた当時(今から約150年前)には「大陸移動説」は出ていませんでしたが、その前提となった動植物化石の分布(特徴的分布)に関しては、その当時のインテリ連中にはかなり知れ渡っていたようです。「種の起源」の中でダーウィンは、それら地質学の情報も駆使して、進化論を力強く説いているのです(説得力ありますよ)。2012/1/16 作成Hiro. Oyama
 Darwin wrote the origin of species at the time (now from the approximately 150 years ago) that is was pretty well known for flora and fauna fossil presupposed that did not come out was the continental drift theory, distribution (characteristic of distribution), intellectuals who at that time. In "origin of species" Darwin, those of evolution powerfully explains the geological information is (convincing there). 1/16/2012 create Hiro. Oyama
 2018/09/24 rewriten by Hiro. Oyama

|

« E11、キノコ雲(プルーム)は、大陸を動かせない!Mushroom cloud cannot move the continent. | トップページ | 地震波トモグラフィーDataの解釈 »

a・・ 種の起源と大陸移動説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手近な地層に見られる天体M(灼熱の氷惑星)衝突の証拠 Evidence found in a nearby geological bodies, celestial-M (scorching Ice planet) crashed into the Earth.:

« E11、キノコ雲(プルーム)は、大陸を動かせない!Mushroom cloud cannot move the continent. | トップページ | 地震波トモグラフィーDataの解釈 »