« Evidence photos 日本列島下に太平洋プレートがタタミ込まれている証拠写真 by the fact that "the Pacific plate are tucked under the Japan Islands". | トップページ | 映画の逆回しで過去の海を再現 »

2012年3月26日 (月)

天体Mが地球に衝突する衝突断面積の修正方向。The direction of correction of the collision cross-sectional area in which the object M collides with the earth.

 さて、これまでの私の【地球儀や地図帳を使った思考実験】にて、
1)、サハラ砂漠に代表される間接衝突よりも、ヒマラヤ山脈に代表される
直接衝突の爪跡証拠の方が断然多く地表に残されている事。
2)、見かけのポールシフトは、数億年前から直接衝突によりちょくちょく引き起こされているらしい事。
3)、【北半球の春】時点での衝突は頻発しているが、【北半球の秋】時点での衝突であろう爪跡はほとんど見当たらない、ということが掴めて来ました。しかも、その直接衝突の中には、
4)、衝突時の円弧(爪跡)半径が数百Km以下という小さいけれども明確な爪跡まで存在する(ex,サンドウィッチ諸島(海溝)円弧)

By the way, in my [thought experiment using the globe and the atlas] so far, 1) than the indirect collision represented by the Sahara Desert, the nail trace evidence of the direct collision represented by the Himalayas is far more left on the surface. 2) The apparent pole shift seems to have been caused frequently by direct collisions for hundreds of millions of years. 3), [Spring of the Northern Hemisphere] Although collisions at the time are frequent, it has been grasped that there are almost no nail marks that would be collisionates at the time of [Autumn in the Northern Hemisphere]. Moreover, in the direct collision, 4), there is up to a small but clear nail trace with a radius of several hundred Km or less arc (nail trace) at the time of collision (ex, Sandwich Islands (trench) arc).
 高橋実氏がやられたであろう思考実験に準じつつ、考えてみますに、
Ⅰ)、『 地球の遠日点近日点を有する楕円軌道と、氷惑星の軌道の
浮き上がりとを考慮すれば、【北半球の秋】時点での衝突は起こり得ない。』 という結論が幾何学的検討にて引き出せました。
 実際に起こったであろう衝突頻度は変わらずに、秋衝突を無くして春衝突だけにする回帰検討の可能性は、【衝突断面積を2倍にする】という変更が妥当なところでしょう。 どの方向に衝突断面積を広げるべきか、と、検討しましたところ、
Ⅱ)、地球公転方向の前方に間接衝突断面積を広げるべき。
Ⅲ)、直接衝突断面積に関しては、前方への広げを後方への広げよりも、若干多めにする程度でいいらしい
という結論になりました。
In accordance with the thought experiment that Mr. Minoru Takahashi would have done, I), "If you consider the elliptical orbit with the far-to-date point of the Earth and the rise of the orbit of the ice planet, the collision at the time of [Autumn of the Northern Hemisphere] cannot occur.  The conclusion was drawn by geometric study. The frequency of collisions that would have actually occurred remains the same, and the possibility of regression consideration to eliminate autumn collisions and only spring collisions would be reasonable to change [double the collision cross-sectional area]. II) Should expand the indirect collision cross-sectional area forward in the direction of the earth's rotation. III), with respect to the direct collision cross-sectional area, it was concluded that it would be better to slightly increase the spread to the front than to expand the front.
 The reason for this is, in a word, IV), the modified angle (square velocity?) is to change the ice planet to an oval shape due to the effects of the Earth's gravity, and to correct its exit direction in the Earth direction. It is easier to collide directly with the earth if it is smaller. In other words, "The case where the earth approaches the outstretched part is easier to collide than the case which goes away. It seems to be.  Furthermore, V.), compared to the earth size of 6370Km nail trace radius of the direct collision, the reason why it is relatively small (minimum is 450Km) is because it is the radius of curvature of the egg-shaped protrusion (hemispherical) it seems to be true. I think that this hypothesis can be clearly derived by using 3D-CAD and simulating it with a computer of the degree to which it is installed in the university. That's all. March 26, 2012 Hiro. Oyama
 この理由は、一言で言ってしまうと、
Ⅳ)、氷惑星が地球の重力の影響で卵形形状に変化し、その出っ張り方向を地球方向に修正して行くのに、修正角度(角速度?)が小さい方が、地球に直接衝突し易い。 言いかえると、
地球が出っ張り部に接近して来るケースの方が、遠のいていくケースよりも、衝突し易い。』ということらしいです。 更には
Ⅴ)、直接衝突の爪跡半径が6370Kmの地球サイズに比して、比較的小さい(最小は450Km)である理由は、それが、卵形状出っ張り部(半球)の曲率半径だから!、
という説明が成り立ちそうです。
 この仮説は、3D‐CADを駆使し、更には大学に設置されている程度のコンピュータでシミュレーション計算してみれば、明確に導き出せると思っております。
以上です。 2012年 3月26日 広 大山

|

« Evidence photos 日本列島下に太平洋プレートがタタミ込まれている証拠写真 by the fact that "the Pacific plate are tucked under the Japan Islands". | トップページ | 映画の逆回しで過去の海を再現 »

a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天体Mが地球に衝突する衝突断面積の修正方向。The direction of correction of the collision cross-sectional area in which the object M collides with the earth.:

« Evidence photos 日本列島下に太平洋プレートがタタミ込まれている証拠写真 by the fact that "the Pacific plate are tucked under the Japan Islands". | トップページ | 映画の逆回しで過去の海を再現 »