« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

ピアノは「スポーツ」では?

ピアノはボケ防止に役立つ とは思いませんか?
考えても見て下さい、軽い全身運動 なんですよ、ピアノを弾くことは。

 右手と左手とが違う動きをするでしょ。椅子に中途半端(?)に腰掛けたまま、右足と左足とはペダル操作をしつつ、身体を曲に合わせて左右に滑らかに移動させる。
これはスポーツ ですよ。アクロバット に近い!
聴覚訓練を常にしているし、耳が遠くなっても身体で(皮膚を通して骨から)聴こえるらしい(耳鼻咽喉科の先生、これは事実でしょ)。
 たとえ眼が見えなくなっても  このスポーツ は続けられる!

フジ子ヘミングさんの生演奏
を聞きながら、そう思ったことがありました。
 私も死の間際までピアノを弾いていたい と思う 今日この頃です。
  《 ノッツェ婚活日記 》 2012 6/30 大山宏

続きを読む "ピアノは「スポーツ」では?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

第147話、ダウンバースト現象だってシミュレーション出来る?

 前回のようなヒートシンクの絵を示すと、『天井に穴を開ければ、熱は篭らなくなるではないか?』という意見がすぐ出て来るでしょう? なるほど、そうすると、熱は篭りにくく、冷却効果は増します。そういうモデルを前回示さなかったのには、ある意図があったのです。
放熱フィンの製造のし易さ・ランプ内部に開けた穴が外観上問題にならないようにする・・なども、ありますが、それ以外にも、冷却ベッドの目的があったのです。それは、
寒冷地で付着する雪対策のため なのでした
 HID 電球でも”雪が解けない(解け難い)”という問題がありましたが、LED ヘッドランプの場合は(赤外放射熱がほとんど発生しないため)、その光でレンズに付着した雪を融かすことは不可能なのです。
 そこで、冷却ベッドの排熱通路をレンズ近辺にまで延ばして、出て来た暖かい空気に前面レンズを内側から舐めさせるようにしてみたのです。( 排熱の積極活用であり、京都議定書にも貢献出来るアイディアかな?)
 おふざけは別として、単純な形状をしている電子部品用のフィンに関して、この進歩した時代に、まだ、かような面白い展開があるとは、私も想像していませんでした!
---------------------------
[参考] の方が長いという変ったお話です。( 興味ある方はどうぞ!)
(1)、密着? 冷却ベッドの上辺はランプ内部の空気も暖めます。これも雪を融かすのには有効です。が、それにも増して、レンズ内面を舐めるように這わす方が効果的でしょう。 穴を開けると外観上は、困りものなのです。
 穴を隠そうと思うと隙間が小さくなりすぎる。隠す部品が必要になって来る。と、大変です。その隠す部品が、ともすると、光の通路さえも邪魔してしまう・・といった具合です。
 LEDの発光箇所とヒートシンクとは出来るだけ近づけたい(出来れば埋め込みたい位)です。 なお、LED素子とヒートシンクとは、密着がベストです。標準仕様はハンダ付けです。
(2)、ランプ内で、ダウンバースト現象? ジェット機がダウンバースト現象にあって、数百メートル急下降して、ヒヤリとする事故で有名ですが、このダウンバースト現象も、ランプの中で起こし得るのではないか?
 その方法は、フィンの埋め込みピッチを広め(20mm程度以上)にしてLEDへの電流供給を止め、上辺が少しだけ冷えると起きるのです。天井方向は塞がっていて、その部分が少し冷えると、その内部に隣接した空気は、天井に張り付いているよりも、左右両脇から「どけどけ」と言われて下方に移動した方が安定になるので、下降を始める。
 一旦下降が始まれば、急激にそれが加速して、大量の空気が、両側のドーナツ状の流れの一部として、大挙下方移動するようになるはずです。これは遊びですが、ピッチを広く取ると、冷却効率が下がるのは、道理です。
 一番良くないのは、金属ヒダの割合が下がり(断面積比率が減少して)、ヒダ内部での熱の移動速度(温度差)が大きくなって来きます。(従来のフィンは、このことに重点を置いてフィン間隔を狭く設定してありましたが)、この発想に於いては、広め(境界層の2~3倍以上≒6mm程度以上)に設定しています。
 しかし、広すぎても冷却効率が下がります。その上限は、境界層の厚さの5倍程度と予想されます。即ち、升目で仕切られた空気の塊が入れ替わる範囲を越えると、かみ合った歯車の歯が隣の歯車を”逆転”させる如くに、なってしまうのです。(これがダウンバースト現象)。
なお、ちょっとモデルを変更すると、竜巻や台風まがいも、ランプ内部で再現できそうです。広い板を準備しておいて、その板をそろりと過熱し、周囲に冷たい空気の層を重ね置くと、突如として竜巻が起きるのです。暇な時に考えて見て下さい。
(3)、サイズを小さくするには、? 前回示した冷却ベッドの絵は、随分と馬鹿でかいフィンでした。どこまで小型化することが出来るかは、実験とか、熱シミュレーションとかを実施して調査する必要があります。めったやたらと、条件ばかり増やしても、結論が散漫になるだけでしょう。 肉厚とか隙間・長さなど、パラメーターをシッカリ押さえた(第14話)上で、”実験計画法(第21話)”に基づくシミュレーションが有効でしょう。
それらを実施する事前の頭の作業として、四角い升目での試行錯誤で絵を描いてみる作業は、有効的と、(我田引水的ですが)思う次第です。
以上    2007年 7月 21日  大山宏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

ノア事変の年代推定【2】 どんぶり勘定の例!(高校生向き) Example of a rough estimate Noah incident! (for High school students)

8ノア事変の年代推定₋2【続きです】
エジプトの統一ノモスの形成 エジプト人の生活は、始め氏族単位に行われていたが、次第により大きな集団にまとめられ、
4000年ごろ今から約6000年前 にナイル川沿いに数10のノモスと呼ばれる都市国家を作るようになった。このノモスの形成とともに貧富の差がハッキリして来て、捕虜や農民を支配する貴族が現れ、農民はノモスの君主に貢献することを義務づけられるようになった。(P21)
Unification of Egypt (: formation of the Nomos). Egypt life was done clans in the beginning, but gradually combined in greater populations, circa 4000 years (from now on about 6,000 years ago) to make the City-State called Nomos of the number 10 on the Nile River. Come clear the difference between the rich and poor with the formation of this Nomos, rule peasants and prisoners of war lords, farmers were obligated to contribute to the monarch of the Nomos. (P21)
シュメール文明都市国家の形成 人種不明のシュメール人が両河の下流地域に住みつき、農耕生活を展開した。彼らは治水工事も行い、村落を作り、前3500年ごろ今から約6500年前 にはウル、ウルクのような都市国家を形成した。既に王、神官、平民、奴隷などの階級が存在し、王はエジプトと同様最高の神官として神権政治を行った。
Sumerian civilization (: the formation of City-States). Unknown race of Sumerian people settling in the downstream region of the two rivers, expansion of agricultural life. They do flood control construction, making the village, circa 3500 year (now approximately 6500 years ago) has formed a city-state such as UR and Uruk. Already exists a class such as King, priest, commoners, and slaves, King was a theocracy as a priest as well as Egypt's.
インダス文明:前2500年ごろ今から約4500年前 からインダス川流域を中心に都市文明が起こった。これがインダス文明でその代表的な遺跡は、インダス川下流域のモヘンジョ=ダロ と上流域のハラッパ である。・・・、インダス文明は、前2000年ごろ(今から約4000年前 のアーリア人の侵入と時を同じくして突然滅んだが、その原因については不明な点が多い。(P67)
Indus Valley civilization. : Circa 2500 (from now on about 4,500 years ago) from the Indus Valley civilization happened in the heart. This is in the typical ruins are Harappa archaeological=darro River called the Indus Basin and the upper in the Indus Valley civilization. -, And the Indus Valley civilization, before the year 2000's (now about 4000 years ago) of invasion and of Aryan but suddenly collapsed at the same time, often unclear about the cause. (P67)
中国の新石器文化:前3000年ごろ今から約6000年前 から黄河流域の住民は黄土地帯の湧水を利用して農耕生活に入った。竪穴に住み、木器や磨製石器を用いてあわやきびを作り、小さな集落を作って生活していた。彼らは現在の中国人の祖先で原中国人 と言われているがその起源は不明。前2000年ごろ今から約4000年前 になると、中国人は縦穴を出て、次第に家屋生活に移り、土塁をめぐらした大集落を作るようになった。やがてそれは邑 と呼ばれる都市国家(部族国家)に発展した。(P75)
Neolithic cultures of China. : Before about 3000 years (from now about 6000 years ago) from inhabitants of the Yellow River basin by using spring water from the loess land and farming life. Live in the pit, heh make acne using organs or dolmens, making a small settlement lived. They said the Chinese junior high school in the ancestor of the current Chinese but its origin is unknown. Before the year 2000 (now about 4000 years ago) to, make the large settlements gradually shifted to House life, with earthy, out of the Chinese pit. Eventually it developed into city-States known as EUP (tribal nation). (P75)
 ノア異変によってそれまでの文明世界は一瞬にして滅び、改めて「1」からの出発となったのであるが、上記4大文明の発生年代を見較べると、チグリス・ユーフラテスの両河に発生したシュメール文明が、今から約6500年前で最も古く、約500年遅れて、エジプト文明の都市国家が形成され、さらに500年遅れてインダス文明が発生し、さらに500年遅れて中国の都市国家が形成されていったらしい

続きを読む "ノア事変の年代推定【2】 どんぶり勘定の例!(高校生向き) Example of a rough estimate Noah incident! (for High school students)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

「ノアの箱舟」事変の年代を探ってみませんか?【1】Why not explore the age of Noah's Ark incident?

 2018/09/24 rewriten by Hiro. Oyama 7
ノアの箱舟事変年代を探ってみませんか? 旧約聖書にある「ノアの箱舟」事変はいつ頃起こったのでしょうか?
その事変が「灼熱の氷惑星」にあるならば、我々でもその時期は探れるはずでしょ。高校の歴史(世界史)の参考書を参考に見当して見ませんか?
"Noah's Ark" incident
in the old testament at any time what happened? If the incident is "burning ice planet" should we even lent is the time right? Textbook of high school history (world history) to see clue?
 まずは、年代が推定記述されている項目を片っ端から引っ張り出して見ます。
着眼点はノアの箱舟以降に4大文明が起こったはず という観点で拾い出します。
このアプローチ観点は納得出来るでしょ。参考図書は兼岩正夫著の「世界史(高校ベストコース)授業から入試まで」です。
 
Estimated age is described first, item watch pulled out one after another. Constellations [to since the Noah's Ark four supposed civilization that happened] is in terms I. You can understand this approach point of view. Reference books written by Masao Kaneiwa " from the history of the world (best courses in high school) class until the admission" is.
Photo
牧はオリエントから:人類は前7000年ごろ(今から約9000年前)から、オリエント地方の肥沃な三日月地帯で農耕・牧畜を始めた。ここに生まれた農耕・牧畜文化はしだいにヨーロッパ、北アフリカ、インドへ広がり、更に中央アジアのオアシス沿いに黄河流域方面にまで伝わった。(P13
 Agricultural (: pasture farming) is started from the Orient: human beings before 7000 years around now about 9000 years ago, from, began farming and herding in the "fertile Crescent" in the Middle East. Further along the oasis of Central Asia was transmitted to the Yellow River basin district, was born here in farming and stock raising culture gradually spread to Europe, North Africa and India. (P13)
最後の氷河期に現生人類は出現しました。:洪積世にはヨーロッパを中心に4回の氷河が地球を襲い、最後の第4氷河期には海面が約100m低下したと言われている。ネアンデルタール人はこの氷河期に絶滅した。それに代わって氷河期の末期から後氷河期にかけて(約3万年前)現生人類が登場 した。彼らの身体つきは現在の人類とほとんど変わらず、我々の直接の祖先=【ホモ=サピエンス(知恵のある人の意)】と考えられる。
(P12)
Sapiens emerged in the last ice age.
: Europe mainly struck Earth four glaciers in the Pleistocene, last 4 have been dropped in ice age sea level is about 100 metres. Neanderthals are extinct ice age. On behalf of it from the end of the ice age after the glacial period (approximately 30000 years ago) sapiens appeared. Their body with the change in the present human race, our direct ancestors = [Homo-sapiens (mind of wisdom)] and thought.
(P12)
 
この後氷河期(約3万年前)が多分「アダムとイブが楽園から追放された時期なのであろう。》と私(大山宏)は考える。何故なら、
氷河は「灼熱の氷惑星の直接衝突」によって起きたはずであり、大量の氷が地表に積み上げられた。直接衝突ならばノアの箱舟なんか一溜まりも無く消えてしまうから
 ノア異変は「氷惑星の間接衝突」によって起きている。
(高橋実説)。

続く2012/06/25 作成 Hiro. Oyama
"After this is the ice age (approximately 30,000 years ago) maybe" when Adam and Eve were expelled from paradise in. "And think I(Hiro. Oyama). Because the glacier and be caused by direct-impingement of ice planet, where large amounts of ice are stacked on the ground. From direct impact if Noah's Ark I 1 Tamari marimo no fade. Noah incident has occurred by indirect conflict of the ice planet. (Minoru Takahashi because).
continue

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

横山光輝のマンガ「史記」は必見よ!

 史記 を読んだことありますか?2000年前に司馬遷 という人が書いた歴史書です。それを読んで感動し自分のペンネームを「司馬遼太郎」とした話は、彼のネーミング秘話として有名です。
 漫画世界では「横山光輝」 が11巻にまとめ、その名の通り「史記」 として書いています。「三国志」や「狼の挽歌」なども傑作ですが、最高傑作マンガとして、私はこの「史記」 を推薦します。

 10何年かぶりに図書館でこの「史記(横山光輝)」を借りて来て読み直しています。大半のストーリーは覚えていますが、中には全く忘れていて『こんな内容有ったっけ?」と、苦笑しながら読んだ箇所も多くて、苦笑しつつ読んでいます。

 今日読んだ箇所(第3巻)の中で特に感動を得たのは、秦が領土を拡張していく時期を描いた第16話「長平の大合戦」でした。秦の猛将:白起 が登場する部分です。
白起 は連戦連勝で負け知らずの猛将であり、最後の戦いでは捕虜40万人を(提供する食糧が無いので)生き埋めにするということまでしたそうです。始め頃からの戦いで殺した兵士の数は百万人とか、、

秦の猛将:白起 は捕虜40万人虐殺以降は、[後の秦の始皇帝の祖父]の要請にもかかわらず戦いに参加せず、秦は負け続け となるのです。始皇帝は白起に自決(自殺)するように指示します。白起は静かに自決して果てて行くのでした。

 何に感銘したかを一言では言い表せられませんが、
何事も、一人勝ちはいけませんな、やり過ぎは身の破滅の繋がる、、なんていう多くの教訓を教えてくれました。
 大抵の図書館のマンガコーナーに、「史記」 は置いてあるようです。手に取って読んでみて下さい。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減点法・加点法・プラス思考・マイナス思考・ポジティブ・ネガテブ

 人間全て長所と欠点とを合わせ持っているものです。長所と短所とは裏表とも言います。欠点を探り出して、減点して物事を評価して行くのが減点法です。本人が意識的・無意識的に隠している事を暴き出し数え上げられてはたまりません。
世界(特に中国)の歴史を見て見ると、欠陥欠点を見つけては相手を落としめ死罪にしていく事件で埋め尽くされているような気分になります。

 これでは世の中は不安だらけでやって居れません。あなたはそんなことしてませんか?夫婦生活でこれをやると離婚に至るのです。そうではなくて、相手の良い所を見つけ出し(積極的に誉めて行く)評価して行く加点法・プラス思考・ポジティヴ発想法に切り替えて御覧なさい。あっという間に夫婦円満になりますよ。

 結婚相手を探している最中?
だったら、【最初のフィーリングさえ良ければ】付き合いをまず始めて、努めて相手の良い所の発掘に努めて御覧なさい。きっと相手もそうしてくれるようになりますよ。欠点に関しては相手と同程度に自分自身も持っているものです。欠点を隠す必要はありません、遅かれ早かれ分かって来るものですから。
それよりも相手の良い点を見つけ出し誉めてあげましょう。その点が「好きだ好きだ」と言ってあげるのです。そしたら相手も嬉しくなって良い点を見つける努力を始めてくれるでしょう。
 そうやって、相思想愛に至るのです。

 世の中はあなたが思っていることが”半分は実現していくもの”らしいです。
後ろ向きで防衛的に考えていると、暗い未来が引き寄せられるらしい。反対に明るい未来を常に心に描いていると、希望ある未来があなたの廻りに実現して来るでしょう。
 仕事でも恋愛でも人間関係に於いても、共通する事らしいですよ。
  騙されたと思って、今日から思考方法を切り替えられては如何ですか?

高田明和氏の著書:「一秒」禅を読みながら、こんな事を考えるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

スケーリングについて-5【まとめ】

 小さいものから大きいものを設計する時、ただ幾何学的に拡大するだけではいけない。 必ず、物理学的スケーリングが必要となる。
そうすると何が大事か、何が重要視される世界か が、想像がつくようになる。

 場合場合によって、重力が支配的であることも、表面の効果が支配的であることも、全く予想もしなかった新しい引力が支配的であることも出て来る訳である。

 この様に科学ではハッキリ捉えられる事柄を基礎として、一歩一歩、その世界像 を広げている。
宗教的世界像と一致することは恐らくあり得ないけれど、それに近づくことをこそ、それを希求 することこそ、科学の一番大事な狙いである

 私(大山宏)は、『このような講演を学生時代に聞いていれば、もっと科学というものに大きな興味を抱いて研究に取り組めたのではないかな』と、この歳になって思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

スケーリングについて-4【星は何故 球形?、世界観をも】

 以上、小人の国での変わった現象、【水にぬれた場合】【熱の問題】についてであったが、物理学上ではどんな問題があるだろうか?

 建造物の強さ = K【L^2】:断面積に比例する耐久力
 建造物の荷重 = k【L^3】
と、前に述べたと同じ関係となるから、とても高さ1万メートルの建造物は出来ないし、例え重力の及ばない宇宙空間に建築したとしても、それ自体の万有引力で内部に崩れてしまうだろう。

 天体に於いて、惑星あたりが最も簡単な形である球形を保っているのは、この理由による。
運動している場合は別として、全て重力が支配的となる。

 太陽の活動も重力で考え計算すれば、中心部分の温度が約2000万度であると推定出来、原子核反応が行われ、どの程度のエネルギーが放出されるか、
何年持続するかも、一応計算出来る。詳しくはガモフの「太陽の・・・」を見て下さい。

 惑星位の大きさでは  重力が支配的、
 小人やハエや”霧”などでは、表面の効果が支配的、
 もっと小さくなると  表面は凹凸で分からなくなる。
 原子の世界では、電気的引力、核内の引力が大きく支配する

物理学で研究する場合、
 物理量の大きさの程度を決めると共に、
 スケーリングの考察が必要となってくる。

 今までの物理学で思いがけない発見がなされた訳は、
1)、並み外れたバカでかい実験装置を造ったことによる。
2)、超高速、微速、超高温、極低温と並外れた状態に興味を持ったため。
普通では余り目立たないことでも極端な状態にすると 判然と現れることによる。

 人類の作り得る限界は、人間の世界観に支配されます。
身長の1万倍から、1万分の1までを越えない物理学では、宇宙から原子の世界まで覗くことが出来、その結果、人間の世界観をも、より大きくしている。

-- ( まとめ に続く ) --

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

スケーリングについて-3【小人の国では ぬれ鼠だらけ?】

 次に小人の場合であるが、変わった現象として、まず初めに【水にぬれたとき】について考察する。
プールから人が上がった時、同じ厚さの水が付いているとすると、その水の量は体の面積に比例するであろう。

 【水の量】∝【表面積】∝【 L^2(長さの2乗)】

 一辺が2倍になれば4倍の面積になる。
頭なら頭の表面積についても、体の各部分について同じことが言えると思う。

  【ぬれた水の量/体積】 ∝ 【 L^2/L^3】=【 1/L 】

人間の場合コップ一杯位の水となるから、1%までの数値となるのに対して、
身長12分の1の小人では、体重の12%  ・・
 重い冬の外套位の量となる!


 蠅(ハエ)の場合だと、身長1cmとして人間の180分の1となるので、蠅の体重の約2倍の水量となる。水からはい上がることが困難なのがよく分かる。


 変わった現象の2番目として、体の表面から逃げる熱の問題 がある。

熱損失(逃げる熱エネルギー) ∝ 【 L^2 】
これを補う最小の必要な食事量 ∝ 【 L^2 】
であるから、
     男一人       :   小人(1/12)
小羊の足1本+パン1塊 : 【(1/12)^2】 の量
( これで2,3日保てる ) :( これで2,3日保てる ) 

 ところが、小人の国ではすべて【1/12】となっているのだから小羊もパンも【(1/12)^3 】になっている。

 従って、【(1/12)^2】 の量とは、
12本の小羊の足と12個のパンということになる!
 だから、小人 は落ち着かなくて、いつも腹をすかせていて、
活動的で、ちょっと上品ではあるが”ぬれ鼠(ネズミ)”になり易い。
ちょうど”ハツカネズミ”的 となる。

 全くハツカネズミ はしょっちゅうチョロチョロし、何かを食べている。
体温を保持するに必要な熱源である食糧をあさっているからである。

気温より高い体温を持つ温血動物で、廿日鼠(ハツカネズミ)より小さいものが無いのは、実にこのためと考えられる。
例え生きていたとしても莫大な食糧を集めなくてはならぬし、それを消化しなければならないから早く死んでしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

スケーリングについて-2【巨人の骨に掛る負担は12倍?】

 ここで問題となるのは、『骨の耐えうる力は断面積に対して比例するのに対し、支えられるべき体重が肉や骨の総量即ち体積に比例すること』である。

巨人の身長もガリバーの12倍であると共に、横も幅も12倍であるから骨の強さは[12^2倍]即ち144倍、体積は[12^3倍]即ち1728倍となる。

 【(体重)/(骨の強さ)】 は人間の場合[1]、であるのに対し、巨人の場合は[12]となる。同じ断面積の骨に対して12倍の荷重がかかることになる。
言いかえると、巨人は自分の体を支えるために、我々が11人の人を背負っているのと同じ負担が、骨に掛ることになる。

 これは話は違いますが、
私が昨年正月に病気で学校を休み皆さんに御迷惑を掛けたこと2年の皆さんは御承知の通りですが、病気が治り始めると体重がどんどん増して みたいに太ってしまいました。前には60Kg越えたことがないのに恐らく、70~80Kgになったのでしょう。子供が[1.5倍]位だと言ってましたから、もっとだったかも知れません。
 そしたら、足がだるくて仕方ありません。

 それから痩せるように御飯を減らしたり等して、65Kgまで減ってもまだ足の疲れがひどかったのを忘れる事が出来ません。
家内(澄子のこと)は「太ったからですよ。仕方ありません。御飯の量を減らしなさい」と全くすげない返事。 ビタミンを飲んだり、足を椅子の上に挙げて休息ばかりしなければなりませんでした。

 今もニヤニヤしていらっしゃる先生が居られますが本当に足がくたびれました。
余談になりましたが、実際、鹿科の近い2種の動物である[カモシカ]と[野牛]の骨を比較して見ますと、長い方の足は長さの割合に比べてずっと太くなっています。

 このことについて ガリレオ は、
巨人の骨格を普通人のそれと単なる相似的な拡大だけということにしたならば、ずっと丈夫な硬い材料で骨を作るか、さもなければ巨人が普通人よりも弱くてよいとするしかない。 もしも身長を法外に大きくしたなら、彼は倒れて自分の体重でつぶれてしまうだろう。
 反対に
小人を作るとしたら小人の強さは身長の割には減らない。
実際、体が小さければ、【身長に相対的な強さ】は返って増加するのである。こういう訳で
小犬なら自分と同じ大きさの小犬をおそらく2、3匹は背負えるだろうが、は自分と同じ大きさのを一頭だって運べないに違いない。」

 と言っている。

 実際、蟻が自分の体の数倍・数十倍の獲物を運ぶことや、
  ノミが身長の何10倍も飛ぶことが出来ることや、
 象が非常に不格好な手足をしていることがこれで納得できる。

   -- 続く --

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

スケーリングについて-1(ガリバー旅行記・新科学対話・・・・)

 ”スケーリング”とは”スケール”が大きくなった時どうなるか小さくなった時どうなるか 見当することです。
人間でも物体でも、長さが縦も横も高さも2倍になった時どうなるか、といった問題を扱うのが”スケーリング”です。

 こう言いますと皆さんの頭に出て来るのは,小さい頃に読んだ”ガリバー旅行記”の事を思い出すでしょう。  あの小人の国(リリプト国)では全てのものが[1フィートが1インチ]の割であったというのですから、縦も横も(1/12)であった訳です。

 ガリバー自身の身長を[1m80cm]としますと,小人は約15cmということになります。
又、巨人国(ブロブディンナグ国)の巨人は身長がガリバーの12倍あったと書いてあります。
小人の国も巨人の国も身の回りの全ての物がその割合で小さかったり大きかったりしたとありますが、そういうことが有り得るか否か、考えて見たいと思います。

---(このお話は私の父哲雄が、今から約60年前に何かの講演の折に話したものです。余りに感動的且つ解かり易い内容だったので,このブログで紹介しています)---
 
 このことについては”ガリバー旅行記”を描いた著書スウィフト よりズーッと以前に、ガリレオ・ガリレイが”新科学対話の中でハッキリ示しています。
新科学対話 というのは、科学者とその友人との対話の形で書かれています。その友人は馬鹿というほどではないのですが、科学を生かじりした80%ぐらいの友人です。
その本にこういう所があります。

 その80%の友人が言うに、「”幾何学”では三角形にしても大きさだけ変えても形は同じなのだから、実際問題として円とは三角形とか、或いは円柱・円錐その他どんな図形にしたって大きさにより形が違うとは思わないのだが、どうだろう?」
これに対して科学者は、
「よくそういう意見を聞くのだが、大きさが変われば形が変わるというのは本当 なんだよ、絶対に!」と答えている。

 ガリバー旅行記の著書スウィフトが若しガリレイのこの本を読んでいたらガリバー旅行記も一寸変わったものになっていたに違いない。
どういうことになるか、先ず巨人の国について調べるのであるが、その前に一つ準備をしよう。
 ここに一本のロープがある。このロープは普通の人が一人で引っ張ったら、かつかつ切れない(切断寸前の状態で耐え得る)としよう。
すると二本のロープにすれば2人の人が引っ張るのに耐えられるだろう。
他の材料であっても断面積が2倍なら2倍の力に耐え得るであろうし、押す力に対しても同様のことが言える であろう。

 即ち、柱や筋交い(すじかい)は勿論、人間や動物の骨についても同様のことが言えるであろう。
--(続く)--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

月光仮面の懺悔

 「罪無き人がまず、その女を石打て」と、キリストは言われた。それを聞いたパリサイ人は一人去り二人去りして、最後には姦淫女とキリストだけがその場に残っていた。「私もあなたを罰しはしない。今後は罪を犯さないように」。
 聖書の中に出て来る話である。月光仮面はハタと気が付いた。『そうか私はパリサイ人であったか。周りの人の非が見えたら折々にそれを口に出して責め立てていたのか』。
その同じ咎で自分自身を責め立てていたのだった。誰だって非の無い人は有り得ない。それを責め立てられては身内だって友達だってどんな聖人であったって耐えられない。去って行って当然だ。月光仮面は孤独になるのは当たり前だった。
 ふと、彼は思い出した。彼の父親が彼にしんみりと言った言葉を思いだした。
『広雄よ。物事、見えても、半分は見過ごすのが良い。常に半眼で見るのだよ』と亡き父は言っていた。その事を改めて広雄である月光仮面は思い出していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »