« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月26日 (木)

満ち潮と引き潮とを覚える。もやい結びは眼をつむってでも結べ

 瀬戸内海で舟を操る原則は、満ち潮と引き潮での潮の流れをまず覚えること!
原則満ち潮は下関側から大阪方向に向かって流れ、引き潮はその逆の流れだ。

 但し例外は二つと覚える。一つ目の例外は、入り江になっている場所の多くは反流となっている事。
沖合は原則通りの流れでも湾内の沿岸部は逆の流れ(反流)となっていることが多い。ですから、流れに逆らって沿岸付近を舟で進むより、思い切って沖合に漕ぎだしてから潮の流れに沿って(潮に乗って)進む方が遥かに楽に目的地に着きます。

 初めの内は、沖合に大きく漕ぎ出すには恐怖の方が先に立ち、中々勇気が要りますが、逆流で苦労すると、『納得!これは楽で気持ち良い!』と分かります。

 瀬戸内海には島が大変多いですが、島の廻りは潮の流れが複雑です。野球ボールの後ろに渦流れが出来ますがそれと似たような流れはあるものと心得、それを上手く使うのです。

 瀬戸内海には橋も多く掛っています。その橋は海峡に掛っているのですから潮の流れは激しいと心得る。
それまで満ち潮流れであったものが、満潮を境に急に逆潮に変化して、岬や岩場を越えられないという事態にはショッチュウ出くわします。その時には時間にゆとりがあれば「潮待ち」するのが良い。

 とにかく、穏やかだった海に急にザワザワして来たら、潮の流れが逆になる兆向として要注意!
 沖合にも常に気を付けておく習慣はすぐ身に着きます、一度痛い目に会うとね。

 漁師さんは、満潮干潮時刻を常に把握して漁に出られていますし、天気の事風の事など毎日良く把握して船を運航されておられます。
最後に、今日の満潮時刻が12時だったとしたら、次の日の満潮時刻は約50分遅れるのは常識ですし、満潮は日に2回、干潮も日に2回あるぐらいは常識として知っておくべきでしょうね。

 くれぐれも、海上保安庁のお世話になることのないようにしましょうね。
付近に居られたモーターボートの助けを借りるようでは、櫓を漕ぐ船の男意気が泣きますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

櫓を漕ぐ舟のコツ(ノウハウ)

 まずはギッちらギッちらの櫓の漕ぎ方ですが、初めは短く持って漕ぐのがいいようです。その方が真っ直ぐ進み易い。慣れて来ると段々と長く持って試してみるとよい。
急流(逆潮)に会ってどうしてもその岩場を越えなければならない場合には、短く持ち換えて一生懸命漕ぎまくるのです。短く持つと方向のコントロールがたやすいし、常に舟に推進力を与え続けることが出来ます。

 これを長く持って岩場の逆流を進めようとしたら、大変です。方向は定まらないし、ちょっとした力の具合で岩にぶつかりそうになるし、支え金具から櫓が外れて大変な事態になりそう。
 自転車なら止まればそれまでで、別にバックさせられる事は無いのだけれど、舟では止まったら最後、逆潮に押し流されてあっという間に沖合にまで流される事態になります。それはもう必死ですよ!

 櫓を長く持ってゆっくり漕ぐのは潮の流れに乗って漕ぐ場合です。この場合の漕ぎ方は押しは櫓の角度だけ気を付けつつほとんど力を加えないで押し上げ、引きは体重を乗せつつ引き寄せるのです。その時体重を乗せて弾き寄せている間も舟がほぼ真直ぐに前進するように微妙に力加減を調整すると良い。

 まあ何とか、上手くなるもんで、昔の人はそれは良く研究して、櫓の構造を考えたものだと、感心しますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

櫓漕ぎボート(舟)は面白い!

 この1週間の間、親しくなった海辺の方から「櫓漕ぎ舟」を借りることが出来、毎日数時間づつ櫓を漕ぐ練習をしました。大変面白い!初めは舟が進まない!その内進み出すが、右か左にどうしても曲がって行く。
 ともするとすぐに、櫓が支え金具から外れてしまい、てんてこ舞いになる。それでも1日立つと、何とか真直ぐに進むようになる。

習うより慣れろとやっている内に、何とかなるもので、段々欲が出て来てついつい冒険癖が頭をもたげて来て、ついつい遠出をしてしまう。
『あの島まで行ってやろう、ぐるっと廻ってきてやろう』とか、『あの岬の向こうに見える因島大橋の下まで行って見てやろう』とかついついね。

で、帰りに逆潮にあったり、向かい風に傷めつけられたりと、酷い目に合う!しかしそれでも楽しいよ。漕ぎ方にも色々コツがあるようです。陸上での車に例えれば、自転車みたいなものですね。
漁師さんの漁船も含めて最近はほとんど櫓で漕ぐ舟は見当たらなくなって、モーターボートばかり目立ちます。でも、スピードばかりを楽しんでもすぐ飽きてしまいそうな気もしますが、持てないヒガミかな?

 言っておきますけど、私は船舶二種の免許は持ってますよ、念のため(無いのはお金だけ)。ちなみに二種免許を取るには13万円掛ります。近い内に小さなエンジンは欲しいな、非常用に!
 そうそう、燃費ですが、自動車とモーターボートではどちらが燃費良いか知ってますか? 自動車の方が燃費は数段良いようです。自転車と櫓漕ぎ舟とでは自転車の方が距離は稼げるようです。でも、舟でチンタラチンタラは最高ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

[角隠し]って知ってる? お嫁さんが頭に付ける白い帯だけど、

 何故あれを[角隠し] って言うのか? 嘘みたいな話だけど、女性には角があるという共通認識 があって、『角があることを分かった上で 結婚するのよ、その角を隠して 結婚式を上げているんだ。』と再認識し合っているのです。(日本の昔の人は賢い・偉い!
 では外国には(角隠し)の認識は無いのか?
私の知る範囲では、その認識はほとんど無い、あるとしてもさりげなく、
『怒ると恐い、見境が無くなる、ヒステリーは女性の特権で、男はひたすら耐えろ』と、随筆などで(ポロっと)言うだけらしい。

 少なくとも、結婚式という晴れの舞台で、わざわざ「女には角があるのよ」と皆で確認し合う習慣は【国外には存在しない】 ようです。
 結婚式での【角隠し】の習慣はないけど、社会生活の中でそれを習慣として戒めている(制度化してる)ものはあるようです。
例えば、イスラム教で、女性が黒い服を身に着けると同時に顔全体を目だけ出すだけで頭全体に黒い布で覆うでしょ、あれも角隠しと似たような意味を持っているかもしれない、、なんて考えるのだけど、どうだろうか?

 もう一つ面白いことがある。悪魔 とかに性別があることです。
小悪魔 とは、女性 にしか使わないでしょ。小悪魔 は女性の代名詞であって、多かれ少なかれどの女性も持っており、少しだけ小悪魔性を発揮する女性は「可愛い!」と男性の眼には映るらしいから始末におえない!

 これに対して、大悪魔 は、ほとんどの場合、男性に対して使われるらしい。
ですから、稀に女性の大悪魔が居た場合には、わざわざ「女の大悪魔」 とか「女大悪党」 とか「妖女」 とかいう言葉を使う習慣が定着しています。
 更に、鬼は大体に於いて性別は男性ですが、鬼の名前で女性名刺があります。それは、夜叉(ヤシャ) ですね、あれは日本国では女性ということになっている気配があります。元々はインドの猛悪な鬼神だそうですが、そのインドで性別があったのかどうか、私は知りません!

 もう一つありました。仏教関係者からはお叱りを受けるかもしれませんが、
般若(面)も鬼女の面 ですから、般若は女性名詞かも、、。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

精神年齢と[平均寿命・余命]の関係 / 美人薄命は嘘です!

 若く見える人[精神年齢が若い方] ですね。この精神年齢 がその後の人生の長さと関係があるようです。例外は[英雄色を好むで無茶苦茶した場合][精神年齢が若い人は無鉄砲な冒険をし易い傾向にある ] など色々ですが、一般的に見て童顔の方 は長生きですよ、近所の長生き爺さん婆さん を御覧なさい、明らかでしょ?

[美人薄命]は嘘です!
  
貴女もきっと長生きですよ。

 死相が現れている人(?)は要注意
(見掛けより老けて見える人/覇気が衰えている方は要注意)

 私ですか?
勿論精神年齢は若いです。現在の所は50歳位かな?
 嘘だと思ったら会って見て下さい。
  きっと納得なさる事でしょう(笑)
 
ノッツェ婚活日記より 2012/07/02
         大山 宏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »