« STAPはstarting-Point-細胞、2分割stepでend-Pointに至る! | トップページ | バベルの塔の崩壊 Collapse of the Tower of Babel を砂場遊びで確認しょう, in the sand pit play sure would be. »

2014年7月 4日 (金)

嘘みたいな本当の話(偶然は必然連続の結果らしい)

 先週のある日,「ふきを取らせてくれ。焚いて持って来て上げる.」という83歳の元気なおばあちゃんが現れた。
雨上がりの今朝ふとそれを思い出し、そのおばあちゃんが住んでおられる所まで届けてあげよう。」と思い立ち、電話帳を繰ってみたけど良く分からない。『,さてこまったぞ、』、なんて思っている処に、そのおばあちゃんの車がタテ道に入って来た。ジャストタイミング!
 長靴と鎌(かま)まで準備してきたおばあちゃん作業を手伝ってあげようかな、』、なんて思っていたその時、
携帯電話の着信メロディーが鳴り響いた。東京都・吉祥寺にあるT不動産会社からだった。
1988年製の給湯器の修理の話は直ぐ付いた。感じのいい人だったので、ふと年齢を聞いてみた。44歳。
生年月日は、1970年6月16日、との事で2度びっくり。
 何故びっくりしたか? 
       私の誕生日と一緒だった。
私は現在66歳。生年月日は1948年6月16日なのですから。
運命学(占星術)的にいえば、同じ星の下に生まれた人である。
ただ違いは、
オリンピックサイクルの4年の中間点であるだけのこと。
20年か24年なら4の倍数で、ピッタシカンカンの全く同じ星の下に
誕生したことになるのでした。

 それにしても、22歳は、20と24のジャスト中間地点で、波長が合う訳です。
~Hiroo(^o^)ooyamaA~
その人の名前、を絵文字にすると、
~Takashio(^o^)owatanebe~
となりますね。
 トーシンの木村さん、、如何?
 ああ、先ほどのおばあちゃんですか、
2箱の段ボール一杯の「ふき」を持って、帰られました。
来週、また立ち寄るそうです。
ついでに、そのおばあちゃんの名前で絵文字を作ると、
~Tuyukoo(^o^)onishikawa~
 21世紀はプライバシーなんで全く存在し無い時代であり、
このブログ発信と同時に(1秒後には)、地球の裏側で、
この記事内容を誰かが読んでいるのです。
 嘘だと思ったら、自分の名前をインターネット検索してみられたら納得できますよ。
ガタガタ言わずに、この情報化社会を上手く活かして、より良い社会をめざしましょうよ。
私は、ブログ文化 を、そのように活用しようと思っています。
 2014 7月4日 Hiro. Oyama

 

|

« STAPはstarting-Point-細胞、2分割stepでend-Pointに至る! | トップページ | バベルの塔の崩壊 Collapse of the Tower of Babel を砂場遊びで確認しょう, in the sand pit play sure would be. »

Y 古墳の科学的分析、昆虫記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘘みたいな本当の話(偶然は必然連続の結果らしい):

« STAPはstarting-Point-細胞、2分割stepでend-Pointに至る! | トップページ | バベルの塔の崩壊 Collapse of the Tower of Babel を砂場遊びで確認しょう, in the sand pit play sure would be. »