« H23、アダムの地から出たカインの6代目レメクまでの神話 | トップページ | 「かえるの歌」で子供がわかる »

2014年8月 8日 (金)

H24、アダム以降~ノアの箱舟事変_前夜までの経緯

 これまでの話で、レメクが6代目カインである事が分かりました。前回は、
「第四章の内容が、日本の古代の歴史神話と瓜二つ というような気がして来た」というお話をしました。 創世記の話は、神がカイン放逐された以降の アダムのその後に戻っています。

 創世記第四章25節~
 
アダムはまたその妻を知った。彼女は男の子を産み、その名をセツ(Setu)と名づけて言った、「カインがアベルを殺したので、神はアベルの代わりに、ひとりの子をわたしに授けられました」。セツにもまた男の子が生まれた。彼はその名をエノス(Enos)と名づけた。
  この時、人々は主の名を呼び始めた。】

 これまで気が付かなかったのですが、アダム(Adam)という名前は、この第四章の終りに来て初めて出て来たのでした。 思い出してみるに、”主なる神”という呼び方が いつの間にか「」という言い方に代わって来てもいました。『この時、人々はの名を呼び始めた』。という意味も、なんとなく解って来ました。

創世記第五章~
アダムאָדָםの系図は次のとおりである。
神が人を創造された時、神にかたどって造り、彼らを男と女とに創造された。彼らが創造された時、神は彼らを祝福して、その名をアダムと名づけられた。アダムは百三十歳になって、〔自分にかたどり、自分のかたちのような男の子〕を生み、その名をセツ(Setu)と名づけた。
 アダムがセツを生んで後、生きた歳は800年であって、ほかに男子と女子を生んだ。アダムの生きた歳は(小数点表示で) 130.800歳であった。そして彼は死んだ。】

 アダムは百三十歳になって、〔自分にかたどり、自分のかたちのような男の子〕を創造されたのでした。その様は、〔神が人を創造された時、神にかたどって造り、彼らを男と女とに創造〕されたのと、ソックリ瓜二つ でした。

セツは百五歳になって、エノス(Enos)を生んだ。セツはエノスを生んだ後、807年生きて、男子と女子を生んだ。セツの歳は(小数点表示で) 105.807歳であった。そして彼は死んだ。】
エノスは90歳になって、カイナン(Kainan)を生んだ。 エノスはカイナンを生んだ後、815年生きて、男子と女子を生んだ。エノスの歳は(小数点表示で) 90.815歳であった。そして彼は死んだ。】

カイナンは70歳になって、マハラレル(Mahararel)を生んだ。 カイナンはマハラレルを生んだ後、840年生きて、男子と女子を生んだ。カイナンの歳は(小数点表示で) 70.840歳であった。そして彼は死んだ。】
マハラレルは65歳になって、ヤレド(Yaredo)を生んだ。 マハラレルはヤレドを生んだ後、830年生きて、男子と女子を生んだ。マハラレルの歳は(小数点表示で) 65.830歳であった。そして彼は死んだ。】

ヤレドは百六十二歳になって、エノク(Enoku)を生んだ。ヤレドははエノクを生んだ後、800年生きて、男子と女子を生んだ。ヤレドの歳は(小数点表示で) 162.800歳であった。そして彼は死んだ。】
エノクは65歳になって、メトセラ(Metosera)を生んだ。 エノクはメトセラを生んだ後、300年、神とともに歩み、男子と女子を生んだ。エノクの歳は(小数点表示で) 65.300歳であった。エノクは神とともに歩み、神が彼を取られたので、いなくなった。】

メトセラは百八十七歳になって、レメク(Lemek)を生んだ。 メトセラはレメクを生んだ後、782年生きて、男子と女子を生んだ。メトセラはレメクを生んだ後、(小数点表示で)187.782歳まで生きて、男子と女子を生んみ、そして彼は死んだ。】
レメクは百八十二歳になって、男の子を生み、「この子こそ、主が地をのろわれたため、骨折り働くわれわれを慰めるもの」と言って、その名をノア(Noa)と名づけた。レメクはノアを生んだ後、595年生きて、男子と女子を生んだ。 レメクの歳は(小数点表示で) 182.595歳であった。そして彼は死んだ。】

 ついに、ノアが登場してきました。予めの集計計算により、ノアの箱船異変が起こったのは、彼が600歳のときであり、アダム紀元後、165.6万年後でした。

 単純な足し算の計算で、アダム~ノアまでの全員の生まれた歳(Toshi)を足し合わせれば、アダム紀元でのノアの箱舟事件年が出て来たのでした。
130+105+90+70+65+162+65
+187+182+600=1656歳年。
数え歳を満年齢読みに直して、
1656.0 x 1000  = 1 656 000年〔 165万6000年 〕と判明したのでした。
~amayao(^o^)oyama~。

 ~amayao(^o^)oyama~。
アダムが生まれたのが今から700万年前 が正しいなら、それから165.6万年後は、今から535万年前ということで、ノアの大洪水で数億人の人々が一瞬の内に死亡し化石と化し、現代になって発見される のもうなずけます。

まさに、小中学校の社会科の時間に習う、教科書通りのことが、聖書に書かれていたのでした。(考古学の膨大な発掘資料群と一致してくるのでした)。

【ノアは五百歳になって、セム、ハム、ヤペテを生んだ。】
第六章 に続きます。
 2014  8/8 大山宏
~amayao(^o^)oyama~

|

« H23、アダムの地から出たカインの6代目レメクまでの神話 | トップページ | 「かえるの歌」で子供がわかる »

B・・・天地創造の物語~ヨセフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H24、アダム以降~ノアの箱舟事変_前夜までの経緯:

« H23、アダムの地から出たカインの6代目レメクまでの神話 | トップページ | 「かえるの歌」で子供がわかる »