« H36、アブラハムは預言者の修行中、アビメレクは人格者。 | トップページ | 日本のアイヌ人は、アダムの長子:カインの後胤? »

2014年8月26日 (火)

H37、日本で12/31に生まれた赤ん坊は元旦の瞬間に2歳です。

 聖書 創世記 第21章1節~
【 主は、さきにい話ら多様にサラを顧み、告げられたようにサラに行われた。 サラはみごもり、神がアブラハムに告げられた時になって、年老いたアブラハムに男の子を産んだ。 アブラハムは生まれた子、サラが産んだ男の子の名をイサクと名づけた。
アブラハムはカミが命じられたように八日目にその子イサクに割礼を施した。 アブラハムはその子イサクが生まれた時百歳であった。】
【 そしてサラは言った、「神はわたしを笑わせてくださった。聞く者は皆わたしのことで笑うでしょう」。 また言った、「サラが子に乳を飲ませるだろうと、だれがアブラハムに言い得たであろう。それなのに、わたしは彼が年を取ってから、子供を産んだ」。】

 どうやら、サラがアブラハムに子供を産んだ時代には、「人生最大120年」が当たり前となっていたことが、ここまで丁寧に読み進めて来て見て判りました。
即ち、「歳≒年」(誤解)の時代突入です。
 もう一度、満年齢と数え歳との差(現代解釈)を説明しておくと、
 数え歳は、生まれ落ちたその瞬間に、とします。それで次の1月1日にはになるのです。ですから極端な例ですが、12月31日に生まれ落ちた人は、あくる日の1月1日には、なのです。
 これに対して満年齢では、12月31日に生まれた人は、あくる日の1月1日は、生後1日。 1月31日で、生後1カ月満年齢では なのです。
ノア事変以降あたりでに誤解が生じたのは、1サイクル(1歳クル:1循環)が現在の時間表示で〔1000年〕で廻(めぐ)って来ていた神代の時代の歳の考えがすたれ(忘れ去られ)て、
まことに不自然だけど、「歳=満年齢+1年」⇒「歳≒年」が定着してしまったことにあるのだと、私(大山宏)は、改めて気が付いたのでした。

 なんとなくこれに気が付いて初めて、
(1)、「地球が小惑星10個ぐらいが衝突して出来上がり、その最後の衝突時に月が派生して出来たらしい」というジャイアント・インパクトが得心いきましたし、
(2)、氷河期がサイクリックに4繰り返している考古学上の事実とのツジツマも合ってきた。 更に、
(3)、「600~700万年前に、アダムとイヴが生まれて、ノアの箱舟事変数千~数万年前の事件であった」らしいという考古学資料との年代対応関係がすっきりして来たのでした。
 だから、
 先史時代の遺跡(例えば、アルタミラの壁画etc.)が現代美術・技術に勝るとも劣らない技法で描かれ造られていたのですね、納得です。
 これらについては追って検討することとして、先を読み進みましょう。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
【 さて、おさなごは乳離れした。イサクが乳離れした日にアブラハムじゃ盛んなふるまいを設けた。 サラはエジプトの女ハガルのアブラハムに産んだ子が、自分の子イサクと遊ぶのを見て、アブラハムに言った、「このはしためとその子を追い出してください。 このはしための子はわたしの子イサクと共に、世継ぎとなるべき者ではありません」。
 この事で、アブラハムはその子のために非常に心配した。 神はアブラハムに言われた、「あのわらべのために心配することはない。サラがあなたに言うことはすべて聞き入れなさい。 イサクに生まれる者が、あなたの子孫と唱えられるからです。 しかし、はしための子も、あなたの子ですから、これをも、一つの国民とします」。】

 この話、現代劇としてもちっともおかしくないじゃあないですか。人間の性格は現在に至るまで、ちっとも成長していないのが良~くわかりますね。
【 そこでアブラハムはあくる朝早く起きて、パンと水の革袋とを取り、ハガルに与えて、肩に負わせ、その子を連れて去らせた。ハガルは去ってベエルシバの荒野にさまよった。
やがて革袋の水が尽きたので、彼女はその子を木の下におき、 「わたしはこの子の死ぬのを見るに忍びない」と言って、矢の届くほど離れていき、子供の方に向いてすわった。彼女が子供の方に向いてすわったとき、子供は声をあげて泣いた。 神はわらべの声を聞かれ、神の使は天からハガルを読んで言った、「ハガルよ、どうしたのか。恐れてはいけない。神はあそこにいるわらべの声を聞かれた。 立って行き、わらべを取り上げてあなたの手に抱きなさい。わたしは彼を大いなる国民とするであろう」。
 神がハガルの目を開かれたので、彼女は行って革袋に水を満たし、わらべに飲ませた。 神はわらべと共にいまし、わらべは成長した。彼は荒野に住んで弓を射る者となった。かれはパランの荒野に住んだ。母は彼のためにエジプトの国から妻を迎えた。】

実に生々しい人生劇場です。とてもこれが3500年前に書かれた戯曲(創作劇)だとは思えません。 「現代作家が書いたものだ」と言っても(聖書を知らない人が聞けば)信じてしまうほど、実によく書かれています。当時の人間は我々と同程度以上の能力・技能を持ち合わせていたことは明らかです。
 古代の人は(霊感に基づいて書いた)、天才的な現代作家も実は(霊感に基づいて書いている)と(科学的には)言えるのでしょう。
2014 8/11 H.Oyama(大山宏)  

|

« H36、アブラハムは預言者の修行中、アビメレクは人格者。 | トップページ | 日本のアイヌ人は、アダムの長子:カインの後胤? »

B・・・天地創造の物語~ヨセフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H37、日本で12/31に生まれた赤ん坊は元旦の瞬間に2歳です。:

« H36、アブラハムは預言者の修行中、アビメレクは人格者。 | トップページ | 日本のアイヌ人は、アダムの長子:カインの後胤? »