« 地球規模での大事件 | トップページ | 父兄参観日は「音楽と図工」の時間 »

2014年9月 1日 (月)

H42、ヤコブは継承権を謀略入手。氏神様はそれを黙認?

 キリスト者の皆様、敬虔な牧師の方々、神父の方々へ。 大山宏です。
 創世記 第26章34節~を解読中です。 ヤコブの兄〔エサウ〕のその後から、
【 エサウ40の時、ヘテびとベエリの娘ユデテとヘテびとエロンの娘バスマテとを妻にめとった。彼女たちはイサクとリベカにとって心の痛みとなった。】
創世記 第27章 ~
【 イサクは年老い、目がかすんで見えなくなった時、長子エサウを呼んで言った、「子よ」。 彼は答えて言った、「ここにおります」。 イサクは言った、「わたしは年老いて、いつ死ぬかも知れない。それであなたの武器、弓矢をもって野に出かけ、わたしのために、しかの肉をとってきて、わたしの好きなおいしい食べ物を作り、持ってきて食べさせよ。わたしは死ぬ前にあなたを祝福しよう」。
 イサクがその子エサウに語るのをリベカは聞いていた。やがてエサウが、しかの肉を獲ようと野に出かけたとき、リベカはその子ヤコブに言った、「わたしは聞いていましたが、父は兄エサウに、『わたしのために、しかの肉をとってきて、美味しい食べ物を作り、私に食べさせよ。私は死ぬ前に、主の前であなたを祝福しよう』と言いました。 それで、子よ、わたしの言葉にしたがい、私の言う通りにしなさい。群れの所へ行って、そこからヤギの子の良いのをニ頭私の所に取ってきなさい。私はそれで父のために、父の好きなおいしい食べ物を作りましょう。 あなたはそれを持って行って父にたべさせなさい。父は死ぬ前にあなたを祝福するでしょう」。】
 これって、現代劇そのものじゃあないですか。 ちっとも人間、特に女の性は変わっていないのですね。 私は熟年離婚の経験者ですが、女の身勝手さ、ずる賢さを、嫌というほどなめさせられました。 ふと気が付いてみると、男もけっこう自分本位(利己主義)ですが、これほど酷くはない。
 もし今後の展開で、カミ(氏神様)がそれを良しとするならば、これは許し難い背反行為です。 せっかくイサクが心の成長をして争いを回避したのに、氏神様はまだ、低い精神構造を保持し続け、正当化しようとしている(居直っておられる)ことになります。

【 兄エサウは毛深い人ですが、わたしはなめらかです。おそらく父はわたしにさわってみるでしょう。そうすれば私は父を欺く者と思われ、祝福を受けず、かえってのろいを受けるでしょう」。 母は彼に言った、「子よ、あなたが受けるのろい私が受けます。ただ、私の言葉に従い、行って取って来なさい」。】

 これらの箇所(文章部分)を、どういう気持ちで翻訳者が翻訳していたか、その心の揺れに非常に興味を覚えます。
 これらカミ(氏神)や人々の利己主義行動を、単に「契約実行」という一語でもって、それらを”やむを得ない行為”だと黙認しつつ、翻訳がなされたとしたなら、その人はパリサイ人・律法学者と、名前を付けられない神様( G :God)から断罪されるはずです。
《 世界の歴史をみれば、断罪 されて来たのは明らかです。》

【 そこで彼は行ってやぎの子を取り、母の所に持ってきたので、母は父の好きな美味しい食べ物を作った。 リベカは家にあった長子エサウの晴着を取って、弟ヤコブに着せ、また子ヤギの皮を手と首のなめらかな所とにつけさせ、彼女が造った美味しい食べ物とパンとをその子ヤコブの子に渡した。】
 この後で、リベカが雷にでも撃たれて死ねば、現代人やおさなご(幼児)だって、神様を信じますよ。そういう展開には早急にはなりそうにない劇進行ですね。翻訳者は苦しい作業をやっておられます。
【 そこでヤコブは父の所へ行って言った、「父よ」。すると父は言った、「わたしはここにいる。子よ、あなたはだれか」。ヤコブは父に言った、「長子エサウです。あなたが私に言われた通りに致しました。どうぞ起きて、すわって私の鹿の肉を食べ、貴方自ら私を祝福してください」。 イサクはその子に言った、「子よ、どうして貴方はこんなに早く手にいれたのか」。 彼は言った、「貴方の神、主が私に幸せを授けられたからです」。 イサクはヤコブに言った、「子よ、近寄りなさい。わたしは、さわってみて、貴方が確かに我が子エサウであるかどうかを観よう」。 ヤコブが、父イサクに近寄ったので、イサクは彼に触って見て言った、「声はヤコブの声だが、子はエサウの手だ」。】

 声はなかなかゴマ化されないものです。 電話やテレビでは、ある処理をすることで、ある程度は声(声色)を変えることが可能ですが、直接会って話す話声は、声色(コワイロ:Kowairo)は直ぐばれるのです。これは物理学(現代科学)の常識です。
 なぜイサクはゴマ化されたのでしょうか。 お人好しが損をする(被害を被る)ことを、良しとするカミ(神)は、『相当位の低い神様だ』と、断言できます。
 そんな神様は「糞っ喰らえ」と、21世紀の現代人は(子供でも)、相手にしません。
 宣教師の方々、牧師の方々、神父各位殿、
この点、よ~く わきまえた上で、日本での宣教活動をなさることを(さしでがましながら)、御助言申しあげます。

【 ヤコブの手が兄エサウの手のように毛深かったため、イサクはヤコブを見わけることができなかったので、彼を祝福した。 イサクは言った、「あなたは確かに我が子エサウですか」。 彼は言った、「そうです」。 イサクは言った、「わたしの所へ持ってきなさい。我が子の鹿の肉を食べて、わたしみずから、あなたを祝福しよう」。】
 余談ですが、バカ{馬鹿}というのは、秦の始皇帝時代(古代中国)での実話が語源だと聞いていたのですが、まさか、似たような実話が、旧約聖書にもあったのですね。こちらの方は、鹿と偽って、ヤギ(山羊)の肉を食わせるのですね。 イサクは一杯食わされた訳だ(Black-Jokeです。失礼)。

【 ヤコブがそれを彼の所に持って来たので、彼は食べた。またぶどう酒を持って来たので、彼は飲んだ。 そして父イサクは彼に言った、「子よ、さあ、近寄ってわたしに口づけしなさい」。 彼が近寄って口づけした時、イサクはその着物のかおりをかぎ、彼を祝福して言った、
 「ああ、わが子のかおりは、主が祝福された野の香りのようだ。
 どうか神が、天の翼と、地の肥えたところと、多くの穀物と、
 新しいぶどう酒とをあなたに賜るように。
 もろもろの民はあなたに仕え、もろもろの国はあなたに身をかがめる。
 あなたは兄弟たちの主となり、あなたの母の子らは、
 あなたに身をかがめるであろう。
 あなたをのろう者はのろわれ、あなたを祝福する者は祝福される」。】

【 イサクがヤコブを祝福し終わって、ヤコブが父イサクの前から出て行くとすぐ、兄エサウが、狩から帰ってきた。
 
彼もまたおいしい食べ物を作って、父の所に持ってきて、言った、「父よ、起きてあなたの子の鹿の肉を食べ、あなたみずから、わたしを祝福してください」。
 父イサクは彼に言った、「あなたは、だれか」。
 彼は言った、「わたしはあなたの子、長子エサウです」。
 イサクは激しくふるえて言った、「それでは、あの鹿の肉を取って、わたしに持ってきた者はだれか。 わたしはあなたが来る前に、みんな食べて彼を祝福した。ゆえに彼が祝福を受けるであろう」。】
【 エサウは父の言葉を聞いた時、大声をあげ、激しく叫んで、父に言った、「父よ、わたしを、わたしを祝福してください」。 イサクは言った、「あなたの弟が偽ってやって来て、あなたの祝福を奪ってしまった」。
 エサウは言った、「よくもヤコブと名づけたものだ。彼は二度までもわたしを押しのけた。先には、わたしの長子の特権を奪い、こんどはわたしの祝福を奪った」。 また言った、「あなたはわたしのために祝福を残しておかれませんでしたか」。 イサクは答えてエサウに言った、「わたしは彼をあなたの主人とし、兄弟たちを皆しもべとして彼に与え、また穀物とぶどう酒を彼に授けた。わが子よ、今となっては、あなたのために何ができようか」。 エサウは父に言った、「父よ、あなたの祝福はただ一つだけですか。父よ、わたしを、わたしをも祝福してください」。 エサウは声をあげて泣いた。
 父イサクは答えて彼に言った、
  「あなたのすみかは地の肥えた所から離れ、
  また上なる天の翼から離れるであろう。
  あなたはつるぎをもって世を渡り、
  あなたの弟に仕えるであろう。
  しかし、あなたが勇み立つ時、
  首から、そのくびきを振り落とすであろう」。】

 なんというひどい(酷な)のろいの言葉であろうか。それを黙認する神とは、何という慈悲心のない低俗な神(氏神様)であることか。
 これが唯一存在する神(一神教の神と同一のカミ:God)であるならば、ヨブ記のヨブの苦しみの意味は全く違ったものとなる。 きっと新約聖書では、カミ(氏神様)の大反省の後の話(実話)が、展開されているものと信じたい。
 そう祈りつつ、先を読み進むこととします。
2014  8/13 H.Oyama(大山宏)

|

« 地球規模での大事件 | トップページ | 父兄参観日は「音楽と図工」の時間 »

B・・・天地創造の物語~ヨセフ」カテゴリの記事

コメント

日本の全キリスト者というよりも、国語審議会や、外国の方々にお読み頂きたい内容と思いました。
こんな迫真劇(物語)は、実体験者でない限り、書けそうにありませんね。聖書(旧約聖書)のかなりの部分がノンフィクションだということが理解できました。ありがとうございました。

投稿: | 2015年9月23日 (水) 04時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H42、ヤコブは継承権を謀略入手。氏神様はそれを黙認?:

« 地球規模での大事件 | トップページ | 父兄参観日は「音楽と図工」の時間 »