« ヨ6、奴隷の正当化。侵略戦争の策略数々、雹が降る | トップページ | UFO-1、エゼキエル書には(未確認飛行物体:UFO)の詳しい観測記録が数多く記述されています!In the book of Ezekiel (unidentified flying object UFO) of many more observations are described! »

2015年3月 5日 (木)

ヨ7、ヨシュアは百十歳で死亡。~⇒エゼキエル書(UFO)へ

ヨシュア記、第24章、16節~(これ以前の章は割愛します。内容は「侵略で獲た土地の分割分与」と「ヨシュアの決別説教」です。その最後の方、16節から載録を再開します)。
【 その時、民は答えて言った、「主を捨てて、他の神々に使えるなど、我々は決して致しません。我々の神、主みずから我々と、我々の祖先とを、エジプトの地、奴隷の言えから導き上り、また我々の目の前で、あの大いなるしるしを行い、我々の行く全ての道で守り、我々が通った全ての国民の中で我々を守られたからです。主はまた、この地に住んでいたアモリ人など、全ての民を、我々に前から追い払われました。それ故、我々も主に仕えます。主は我々の神だからです」。
 しかし、ヨシュアは民に言った、「貴方がたは主に仕えることは出来ないであろう。主は聖なる神であり、ねたむ神であって、貴方がたの積み、貴方がたのとがを、許されないからである。もし貴方がたが主を捨てて、異なる神々に使えるならば、貴方がたに幸いを下された後も、翻って貴方がたに災いを下し、貴方がたを滅ぼし尽くされるであろう」。
 民はヨシュアに言った、「いいえ、我々は主に仕えます」。そこでヨシュアは民に言った、「貴方がたは主を選んで、主に仕えると言った。貴方がたみずからその証人である」。彼らは言った、「我々は証人です」。ヨシュアはまた言った、「それならば、貴方がたの内にある、異なる神々を除き去り、イスラエルの神、主に、心を傾けなさい」。民はヨシュアに言った、「我々の神、主に、我々は仕えその声に聞き従います」。
 こうしてヨシュアは、その日、民と契約を結び、シケムにおいて、定めと、おきてを、彼らのために設けた。ヨシュアはこれらの言葉を神の律法の書にしるし、大きな石を取って、その所で、主の聖所にあるかしの木の下にそれを立て、ヨシュアは、全ての民に言った、「見よ、この石は我々のあかしとなるであろう。主が我々に語られた全ての言葉を、聞いたからである。それ故、貴方がたが自分の神を捨てることの無い為に、この石が、貴方がたのあかしとなるであろう」。
 こうしてヨシュアは民を、各々その斯業(しぎょう)の地に帰し去らせた。】

【 これらの事の後、主のしもべ、ヌンの子ヨシュアは、百十歳で死んだ。】

【 人々は彼をその斯業(しぎょう)の地のうちのテムナテ・セラに葬った。テムナテ・セラはエフライムの山地で、ガアシ山の北にある。
 イスラエルはヨシュアの世にある日の間、また主がイスラエルのために行われた諸々のことを知っていて、ヨシュアのあとに生き残った長老達が世にある日の間、つねに主に仕えた。
 イスラエルの人々が、エジプトから携え上ったヨセフの骨は、むかしヤコブが銀百枚で、シケムの父ハモルの子らから買い取ったシケムのうちの地所の一部に葬られた。これはヨセフの子孫の斯業(しぎょう)となった。
 アロンの子エレアザルも死んだ。人々は彼を、その子ピネハスに与えられた町で、エフライムの山地にあるギベアに葬った。】

 以上が「ヨシュア記」の最終章です。アロンとは、出エジプト記でモーセがシナイ山中で、
”十戒”を賜わっている時に、余りに帰りが遅いのでモーセは死んだと思った民から促されて”子牛の偶像”を造った人です。そのアロンの子供も死んだ頃に、このヨシュア記は編纂されたらしいです。
ですから、複数の編集者が合作して後日、造られた書物(歴史書類)であり、宇宙人らしき人(氏神様)は、時々現れては「イスラエルびいき」で歴史に干渉(指導)しておられるのが分かります。
 それにしても、「将として突然現れた天使(氏神様の代理?)」は、あれ以降、ハッキリとはその所業が記されていませんでしたね。唐突にあの文章が挿入された後に、策略による侵略戦争が進展したことから慮れば、あの侵略戦争全体を、裏で指揮・指導なさっていたのでしょう。
 次に明確に、宇宙人らしき人やUFOが現れて来るのは、エゼキエル書ですが、その間に編纂されている書を、簡単に内容紹介しておきましょう。


土師記・・・ 指導者、支配者、あるいは救助者の意。支配者として務めを果たした人々。オテニエル、エボテ、デボラ、バラク、ギデオン、アビメレク、エフタ、サムソンなどの土師の物語が中心。

ルツ記・・・ ルツの義母ナオミの物語。ナオミは異邦人モアブの女であったが、夫の死後、ナオミについてベツレヘムに行き、ボアズと再婚、ダビデの祖先となった。ダビデの祖先とは王イエスの祖先ということでもあり、主イエスにはこの異邦人の血も混じっていた。

サムエル記・・・ 重複、矛盾が多く、複数の人の合作らしい。預言者サムエル、サウル、ダビデという偉大な指導者の私生活にスポットをあてて大胆に書かれている。

列王紀(上)(下)・・・ 北イスラエル、南ユダの諸王についての記述。北王国の王の場合は手厳しい評。南王国の王に対しては寛大な評価。 ダビデの晩年ソロモン、続いて王国の分裂時代についての記録。下巻では、エリシャからエヒウ以後南王国の滅亡までを記述。

歴代志(上)(下)・・・ 上巻はアダムからダビデまでの系図、ダビデの治世を記録。
下巻は、ソロモンの治世+レハベアム~バビロン捕囚までのユダの諸王の治世の記録。

エズラ記・・・ エズラ記とネヘミヤ記は元々一つの書。15世紀以後、2つに分離。
前半がバビロン捕囚よりの帰還と神殿の再建、後半はエズラの帰国と改革について記述。

ネヘミヤ記・・・ 前半は、エルサレム城壁の修築の記録。
 
    後半は、エズラの律法公布と改革、&ネヘミヤの改革の記述。
エステル記・・・ 「エステルが王妃に選ばれた事情」。「ハマンの陰謀とエステルの活躍」

ヨブ記・・・ 「神義論」が扱われてる創作物語らしい。後世の文学・哲学に多大な影響を与えた書(作り話らしい)。 全部で、42章もある。読んでいて腹立たしくなります。

詩篇・・・ 「賛歌」「賛美歌」「あるものは神への訴え」。 計150章もある。

箴言・・・ 「比較」という意味。例えば『美しい女の慎みが無いのは、金の環がぶたの鼻にあるようだ」。 全部で、31章ある。

伝道の書・・・ 主題は人生における価値の探求。「空(色即是空、空即是色の空)」の観点に立って人生を見ていく哲学書。 全部で12章しかない。

イザヤ書・・・ 新約聖書で度々引用されている。作成時代として三つの部分に分かれる。第一イザヤ:下降線をたどるユダの国にあって、実際にイザヤが王や主導者に向かって予言したもの(計39章)、
第二イザヤ:(第40~55章)と、
第三イザヤ:(第56章~66章)は後世の別人が作成したもの。

エレミヤ書・・・ エレミヤは南ユダのバビロン捕囚後に活躍した預言者。神の語られる言葉を語るゆえに涙を流し、国賊とののしられ、投獄という苦難をなめた人物。

哀歌・・・「地上的に逆境にありながら、神に望みをおいて生きる」事が詠われている。

    明日からエゼキエル書に入ります。ついでですから、
        エゼキエル書のコメントも並べて置きましょう。
エゼキエル書・・・ エレミヤはアナトテの祭司の息子であったが、エゼキエルも祭司の子であり、最も祭司的な預言者であった。エレミヤとほぼ同じ頃に活躍した預言者だが、エレミヤとは違って静かにその生涯を生きた人。

|

« ヨ6、奴隷の正当化。侵略戦争の策略数々、雹が降る | トップページ | UFO-1、エゼキエル書には(未確認飛行物体:UFO)の詳しい観測記録が数多く記述されています!In the book of Ezekiel (unidentified flying object UFO) of many more observations are described! »

Bible・・「ヨシュア記」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨ7、ヨシュアは百十歳で死亡。~⇒エゼキエル書(UFO)へ:

« ヨ6、奴隷の正当化。侵略戦争の策略数々、雹が降る | トップページ | UFO-1、エゼキエル書には(未確認飛行物体:UFO)の詳しい観測記録が数多く記述されています!In the book of Ezekiel (unidentified flying object UFO) of many more observations are described! »