« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

「アイヌ学」は大間違い. The great mistake "of Ainu". In the Christian Bible that contains many other ethnic history. キリスト教聖書にも他民族の歴史観が多数含まれている.

"Ainu studies (Segawa, Takuro)" there are big mistakes! "pointed out that was held on the day before. Today, let's talk "in the Christian Bible contains numerous other ethnic history".
 「アイヌ学(瀬川拓郎)」には大きな間違いがある!
という指摘を前日に行いました。今日は、「キリスト教の聖書にも他民族の歴史観が多数含まれている」というお話をしましょう。
 まず始めに、ノアの方舟事変ですが、
これと酷似した記述が、ギルガメシュの叙事詩の中に存在しており、どうやらそれをユダヤの民が、チャッカリと頂戴したのだろう、というのは、既に世界史(歴史学者)の常識です。
ギルガメシュ叙事詩の内、関連箇所を転載させて頂きます。
《 洪水物語 》
 ウトナピシュティムは、神々が洪水を起したときの話をする。
エア神の説明により、ウトナピシュティムは船をつくり、自分と自分の家族、船大工、全ての動物を乗船させる
6日間の嵐の後に人間は粘土になる。
ウトナピシュティムの船はニシル山の頂上に着地。
その7日後、ウトナピシュティムは、鳩、ツバメ、カラスを放つ。ウトナピシュティムは船を開け、乗船者を解放した後、神に生け贄を捧げる。
  エンリル神はウトナピシュティムに永遠の命を与え、ウトナピシュティムは2つの川の合流地点に住む。
ウトナピシュティムが話し終え、不死になるには6日6晩の間眠ってはいけないと告げると、ギルガメシュは眠る。ウトナピシュティムは、ギルガメシュとウルシャナビをウルクへ帰還させる。
ウトナピシュティムと彼の妻はギルガメシュのお土産として、海の底で若返る効用がある植物があることを教え、ギルガメシュは足に石の重りを付けて海底を歩きその植物を手に入れる。帰還途中、蛇がその植物を取って行く。
ギルガメシュと船頭ウルシャナビはウルクへ到着。
《 粘土版 12 》
 天地が創造されてしばらく経ったある時、ユーフラテス川のほとりに柳の木が生えていた。これが南風により倒れ、川の氾濫によって流され、これを見つけたイシュタルによって椅子と寝台にする目的で聖なる園に植えられる。
ところがその木に蛇やズー、リリトが棲みつき、これを聞いたギルガメシュにより蛇は撃ち殺され、ズーとその子供達は山へと、リリトは砂漠へと逃げていった。
ギルガメシュの家来たちによって木は切り倒され、イシュタルはその礼に木の根元から太鼓と撥を作り、ギルガメシュはこれを受け取る。
 ところが、詳細は不明だが若い娘たちの叫び声が原因となって太鼓と撥は大地の割れ目から地下に落ちてしまった。
そこでエンキドゥが冥界に向かうこととなり、ギルガメシュはあらゆる注意事項をエンキドゥに言い聞かせるが伝わらず、エンキドゥはタブーを破って冥界に囚われてしまう。
ギルガメシュはエンリルに助けを求めるが取り合わず、エアに助けを求めると彼は承諾した。
最後は冥界にいるエンキドゥが、エア神と太陽神シャマシュの助けによって影(すなわち魂)のみ地上に戻る。その後はエンキドゥにより冥界の様子が語られる。
 洪水物語は、旧約聖書の「ノアの方舟物語」と瓜二つでしょう。
参考までに、粘土板12 の箇所も転記させて頂きましたが、ここには、天地創造という言葉まで出てきています。
 このギルガメシュの叙事詩が書かれたのは、今から3000年以上前というのが常識だそうで、聖書の書かれたのが、今から約2600年前ということからして、
キリスト教の聖書(旧約聖書)の方が、ギルガメシュの叙事詩を大いに参考にして、ちゃっかり、パクったと判断されるのは、説得力があります。
 牧師さんも、神父さんも、反論の余地はないでしょう。
但し、私(大山宏)としては、少々困ったことがあります。
それは、40日40夜 という聖書が多用する数値の使い方が、中国の誇大表現"白髪3千丈"の類(たぐい)である可能性が出て来た事です。
ギルガメシュ叙事詩では、6という数字を好むらしく、6日間の嵐 とか 6日6晩、という表現(数値記述)が用いられています。
 この調子で、聖書中のノアの方舟が『半年間漂流し、丸1年後に箱舟から出た』という数値の記述があやしくなったことが、困るのでした。
 何故、困るのか?
それは、少なくとも半年間は、ノアの方舟は漂流したことを前提にして、”エデンの園は日本にあった(西日本にあった)”という推論を立てたからでした。
この短編小説:「エデンの園のあった場所」は、中国短編文学賞への応募作品でしたが、
『ブログ公開をせざるを得なくなった』、という次第です。
 まあ、これも誰かのお導きと解釈して、来週早々にでも、オープンにして行こうと思っています。
真偽のほどは、読者の皆様にお任せしますよ。
 当然のことながら、私は『エデンの園は西日本にあった』と確信してはいますが。
2015/07/31 大山宏(ひろおおやま:Hiro.Oyama)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

「アイヌ学」での間違い。The mistake in the Ainu studies. Conquerors are capture the history of the conquered peoples of common sense! 征服者は被征服民の歴史を取り込むのが常識!

 I read introduction to Ainu (Segawa, Takuro). Is
plenty of articles written based on carefully, though, to have mistaken view of
history, one will, so let me say one word.

 アイヌ学入門(瀬川拓郎)を読ませて頂きました。 沢山の資料を基に丁寧に書かれてはいるのですが、一つ、歴史観を間違えておられますので、一言述べさせて頂きます。
『アイヌは形質人類学的には縄文時代の日本列島人と近く、本州以南が弥生時代に入った後も、縄文文化を保持した人々の末裔であると考えられている。』
これはウィキペディアの序文(初っ端)に書かれている文章であり、これには、瀬川氏も異存はないでしょう。
 問題は、弥生時代に入った時に、瀬川拓郎氏が
”アイヌに古事記や日本書紀などの歴史認識が押し付けられた”という誤認識(誤解)の下で、「アイヌ学入門」を書かれていることです。
世界史を見れば、
被征服された民族(民族史)まで奪われることは無いというのは明らかです。
例を2、3、列挙しましょう。
〔1〕、アンデス山中のインカ帝国は、スペイン人(ピサロ)に征服され、キリスト教を押し付けられましたが、その民族史(伝承文学)は今も語り継がれていますし、その証拠も多数残っています。
 彼らのキリスト教には(巧妙に)自分達の歴史を潜り込ませている(組み込んでいる)。
〔2〕、アメリカに強制的に奴隷として移住させられた、黒人(アフリカ)の民の多くは、現在キリスト教化していますが、黒人(アフリカに住んでいた人々)が、生まれ故郷の歴史観を捨て去ったという話は、ありません。
〔3〕、ローマ帝国内にキリスト教を浸透させるに当って、ヨーロッパに元々いた民の文学(土着の歴史観)を、(許される限り)キリスト教の中に取り込んだ事実は、万人が認めるところです。
 誰が、”サンタクロースやトナカイが中近東にいると信じている”というのですか。
”イエスキリストが生まれたのは3月頃”が定説であり、12月25日は、”冬至を祝う”という土着民族の祭りを取り込むという方便をやったことは、牧師さん、神父さんも認めています。
 枚挙に暇(いとま)はないですから、古事記、日本書紀の話に移りましょう。
古事記は、稗田阿礼(ひえだのあれ)という人(征服民:弥生人)が、口承伝説(伝承文学)を聞き取って、その”古事記”を書いた、と、小学校でもハッキリと教えています。
口承伝説(伝承)とは、アイヌ(縄文時代人)の伝承文学であることは疑いようもありません。
 にもかかわらず、瀬川拓郎氏をはじめ、アイヌ学のすべての研究者は、この大間違いを犯しておられます。千島列島から沖縄まで、縄文人は1万年から数万年の間、広く生き続けて来たのです。そこに、大陸から弥生人という〔恐らく朝鮮人〕が馬に乗って、侵略してきたのです。
 数としては、少数です。
その少数民族が、多数の土着民(縄文人)を治めるには、彼ら土着の民の歴史観を取り込むのが一番、民心を安定化出来る!、と考えたのが正しい歴史観です。
 これは、世界史の常識ですよ。
 ”アイヌ”という言葉の意味は、”人間”という意味であることも、ウィキペディアにハッキリと書かれています。
『アイヌとは、アイヌ自らの固有の言語であるアイヌ語で「人間」を意味する。』
(貴方がたも、よくご存知のことですね)。
「あいうえお、かきくけこ、、」の民(タミ)が、アイヌ(あいヌ、愛奴)なのですよ。縄文人の歴史の多くは、古事記や日本書紀の中、あるいは、日本の伝承文学や古来からの唄(わらべ歌)の中に、色濃く残っているのです。
 被征服民は、ちょっとやそっとで自分たちの歴史観を捨てたりはしないのですよ。
これ位の認識を持って、アイヌ学を研究なさるべきではありませんか。
きっと、目の覚めるような”日本人観” が得られるはずです。
 ご健闘を祈っています。
  2015年、7月30日  大山 宏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

宇宙空間での衝突実験 ・・地図上に衝突痕跡が!証拠が!

 何と何を衝突させましょうか?
赤い液体の”を、”白いピンポン”に衝突させてみましょう。
サイズは同じ程度とし、ピンポン玉の方は、宇宙船に固定して置きましょうね。
 まずは、正面衝突ケースです。
〔1〕、心・心衝突 ・・・ ピンポン玉の中心に向かって、赤い玉を静かに発射します。
  どうなると思います?
赤い液体の玉は、ピンポン玉を飲み込んだ後、反対側で寄り集まって結集し、再び球となって、遠ざかっていくのです。
ピンポン玉は液体で濡れて、全体が赤くなっていますね。
 次は、オフセット衝突ケースを実験してみましょう。
ピンポン玉の中心を狙うのではなくて、北極点辺りを狙ってを発射するのです。
正確に水鉄砲を発射するのは難しくて、オフセットの程度はバラつきますから、ビデオにでも取っておきましょう。
   どんな結果が得られると思います?
〔2〕、深いオフセット衝突 ・・・ ピンポン玉の北極点辺りを狙って赤い液体の玉が進んだ時のケースです。
実験の結果、ピンポン玉の北半球が赤く色付きましたね。
〔3〕、浅いオフセット衝突 ・・・ 北極点をわずかにかすめる程度に浅く衝突させたケースです。
 この結果は、ピンポン玉の北極附近に、紡錘状(潜水艦型)の赤い印(絵)が残りました。
〔4〕、中くらいのオフセット衝突
   ・・・ 浅くもなく、深くもない程度のオフセット衝突です。
 オフセットの程度によって、様々な絵が出来ますが、この絵の形は、何処かで見たことがありませんか?
 そう、地図や地球儀でよく目にする形ですね。
例えば、エベレスト山系、アンデス山脈の連なり、
北米大陸の西の海岸線、オーストラリアの東海岸線
、・・・。
 海の中では、台湾~日本列島~千島列島に至る海溝線の連なり、インドネシアの南の、ジャワ(スンダ)海溝の形、・・・。
 陸上では、アフリカのエチオピア~タンザニア~モザンビークに至る大地溝帯や湖並びなんかにもよく似ています。
ちなみに、潜水艦型の地形としては、ベーリング海の南のアリューシャン列島から北極海辺りの地形、なんかが似ていると言っても異論はないでしょう。
 そうなんです。地球の皺(しわ)は、このような水惑星との衝突によって、形成されたのです。 もっともこの水惑星は太陽から遠く離れた寒いところを旅して来ますから、その表面は厚い氷(厚さ数10Kmの氷)で覆われているのでして、この氷が地上に彫刻をしたという訳なんです。
 この説を最初に唱えたのは、高橋実という人(故人)であり、その著書、”灼熱の氷惑星”、”氷惑星の謎”という二冊で、仮説を立てられました。今から40年位前の著書ですが、小惑星”ニビル”なんかの発見の元にもなっている模様です。
 この実験は、宇宙船の中で比較的簡単に出来そうでしょう?
その結果と地球の地図とを比較検討すれば、地球の歴史観が大きく転換しそうに思えるのですが、いかがですか?
 2015年、7月29日 大山宏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

「へその館」-6,7,8 《短編応募-4》・・訃報・諜報・F席・頓死・中野学校(旧日本軍スパイ養成所)

「よくそんな所で眠れるね。まるで乞食だ。」
「夜中の8時頃だったかな? 宏は突然、懐中電灯の光をまともに照射され面食らった!泥棒(不審者)がビニールハウスで寝ていると、農家の人に勘違いされたんだな。」
「そうだよな。夜中にビニールハウスの中で光がちらちらしてれば、誰だって怪しむよ。」
「でもね、宏が学生証を示し、必死で事情を説明したら、母屋に連れて行かれて夕飯を食べさせてくれ、布団で寝させてくれ、次の日には昼弁当まで持たせてくれたんだよ。確か、中野学校(諜報活動者要請学校)の卒業生だとか、その農家の主人は喋ってたらしいが」・・・

続きを読む "「へその館」-6,7,8 《短編応募-4》・・訃報・諜報・F席・頓死・中野学校(旧日本軍スパイ養成所)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

「へその館」-3,4,5 短編文学作品4・・携帯電話の爆発・占い師との出逢い

ギ兄「やれやれ、凄い物見せ付けられちゃったな。
  ところで今、西暦何年だ?」
ギ姉「2014年らしいよ。桜はまだ蕾(つぼみ)だから3月!あと23か月したら蓮教寺の仏教婦人大会余興で御主人様が涙流しながら歌うんだよ。覚えてるでしょ、前の話?」
バ婆『ギ兄はもう忘れたな。恋情寺は近くだから、除夜の鐘も衝きに行くんだが、、』
ギ兄「おいおい、宏が呪文(じゅもん)を唱えながら、家の中をぐるぐる回ってるぞ。ああ呪文じゃないや、『かごめかごめ』の歌だ。何回廻れば気が済むんだ?気が狂ったのじゃないだろな、宏は。」・・・

続きを読む "「へその館」-3,4,5 短編文学作品4・・携帯電話の爆発・占い師との出逢い"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

「へその館」-1,2 短編文学作品4・・ムー大陸・陰-陽+海凹陸凸海は若い

   = - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - =
 臍(へそ)の館(やかた)
   = - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - =
 "へその館(やかた)"ってあるのをご存知ですか?
聞いたことないでしょう、宏の館がそれなのです。実は私はバイオリンの精なのですが、その館に40年間、居たことがあるのです。
今日は、その館で起きた様々で不思議な事件について、お話しましょう。まずはその所在地です。
東広島市豊栄町清武篠江谷(しのえだに)。13500

続きを読む "「へその館」-1,2 短編文学作品4・・ムー大陸・陰-陽+海凹陸凸海は若い"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

「お足代?」は、ミステリー小説だった?

 今から5年半前に、『お足代とは?お車代とは?わざわざ足を運んで頂いたお礼とは?』というブログを書きました。
このブログ:「光世界の冒険」はお蔭様で世界中から、毎日数10件、多い時には、数百件のアクセスを頂いて来ているのですが、どういう訳か当初から、
この『お足代とは?・・・』のブログへのアプローチが、
何時も、上位に、ランキングされるのです。
『今月も、数十件のアクセスがカウントされて上から三番目に位置している?』
 不思議に思って本日、この数年前に書いたブログ記事を読んでみました。
アクセス数が多い訳を知りたかった のです。
ですから、インターネット検索画面で、「お足代?」と入力してみたのです。
 そしたら原因が分かりました。
 1ページ目にリストアップされる数件の検索記事の中で、私のブログが、異彩を放っていたのでした。 他の記事は皆、極一般的な解説文が抜粋解説してある中で、私の記事への抜粋紹介記事は、ミステリー小説っぽかったのでした。
内容も、読み直してみると、ミステリー短編小説っぽかった!
自分で言うのもなんですが、中々良く出来ている!
(我ながら感心しました)。
 この場を持って報告させて頂きますが、お蔭さまで私大山宏(67歳)は、再婚出来ました。
ブログや小説を書いてまで、婚活を丸3年間実施した結果、再婚出来たのです。
婚活会社:ノッツェさんにも、お世話になりました。
”34人にプロポーズして40人に断わられる”という実績(世界記録樹立?)も達成しました。その結果、”意中の人(ピアノの元先生)をゲットしたのですから、きっとあなたも喜んで下さることと思います。
 あの、『お足代とは?お車代とは?わざわざ足を運んで頂いたお礼とは?』は、離婚騒動真っ最中に書いたブログだったのですよ、勿論ノンフィクションでした。
あの記事の最後の方には、村興しのヒント(アイディア)まで書いてありました。
 1年前から私は、「ひばりコーラス」という村のサークル活動に参加し、現在、コーラスの会長を務めさせられるまでになりました。
来る8月7日には、賀茂北高等学校の(旧)校歌まで、創立100周年行事の一環として歌います。(CDに収録されます)。
 本日(7/20)は、村で年1回行なわれる”囲碁大会”に参加します。
  やれば出来るものですね、
”良い夢を抱けば、その良い夢が実現する”
”悪い夢を抱けば、その悪い夢が実現してくる”。
 これが、私が、ブログを書き、婚活を続け、小説を書き続けて来た結果、得たものなのです。
皆さんも、良い夢をぜひ抱いて、精進して下さいね。
 きっとその夢は、ある時期に(縁)となって、実現しますよ。
  陰ながら、あなたを応援しています!
    2015年、7月20日  大山宏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

天文図から観測年代を割り出す”ノウハウ”と注意点 ‘Kitora Kofun’ astronomical figure

2019125トップページ
 ”天文図から観測年代を割り出すノウハウ”
 キトラ古墳の天文図(観測データ)から、作成された時代を特定する手法のお話をしています。 コンピューターシミュレーションを行なう上でのノウハウと、実行上の注意点などを補足説明しておきましょう。

Provides a method to determine the age created "observation period to determine from astronomical figure know-how" ‘Kitora Kofun’ astronomical figure (data) from the story. Know-how on computer simulation and operational considerations, such as should clarification.

続きを読む "天文図から観測年代を割り出す”ノウハウ”と注意点 ‘Kitora Kofun’ astronomical figure"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

キトラ古墳の天文図から「古代歴史年代」を割り出す。

 先日、キトラ古墳の天井に描かれた天文図が、意外や意外にも、もの凄く正確に描かれていていることが解かって来ました。
現代の天文学では、宇宙にある無数の星の動きは、過去何億年の昔に遡ってまで、正確に捕えられているのです。その現代天文図に照らし合わせてみたら、”キトラ古墳の天文図が超正確に描かれているということが解かって来た”、
キトラ天文図には、350個の星々が描かれているのですが、その内のわずかに5個か、25個の星の位置をコンピュータ内部で分析してみただけで
1キトラ古墳の天文図 の高精度が確認出来た。
2】製作された時期が「イエス・キリストが生まれた頃の前後だろう、と推定出来た}という訳なのです。

続きを読む "キトラ古墳の天文図から「古代歴史年代」を割り出す。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

キトラ古墳の天文原図が作成された国と県・・・〔北緯34±1度〕

 20181005日 校正チェック
 
20150715日、NHKニュースで、キトラ古墳天文図が、世界最古の天文図であることが報道されました。その報道の中で、国立天文台の相馬充助教は、5つの星の位置と年代によって、僅かに変わる地球の自転軸の傾きを照らし合わせ、AD.400年頃に観測された星空と推測。観測された場所について、相馬助教は、
 「北緯34度付近」と推測されました。
 この天文観測がなされた場所は、キトラ古墳の天文図が発見されて以降、色々と仮説が提出されており、インターネットでも、中国の北京だ、韓国のソウルだ、云々カンヌンの激論が交わされて来ましたが、これは、"北緯38度附近"という時代推定されていた時代でのお話でした。
 今回、「北緯34度付近」が最も確からしい と科学的に証明されてしまったので、世の中が引っ繰り返りそうな雰囲気です。・・・ 

続きを読む "キトラ古墳の天文原図が作成された国と県・・・〔北緯34±1度〕"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

キトラ古墳の天文図から「超古代文明発祥時」を計算する。

【事実1】 2015715日、NHKニュースで、キトラ古墳の天文図が、世界最古の天文図であることが報道された。
 7世紀末から8世紀初めの飛鳥時代に造られた「キトラ古墳」は、石室に極彩色の壁画が残されていた他、天井には金箔(ぱく)で星などを表現した天文図が描かれ、本格的な天文図としては世界最古とも言われています。天文学の2人の専門家が文化庁などとともに、いつ、どこで観測された星空を描いたものか詳しく分析。・・・
 我々も、この議論に加えて頂きましょう。・・・

続きを読む "キトラ古墳の天文図から「超古代文明発祥時」を計算する。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

中国短編文学賞の選考を終えて(高樹のぶ子女史)

概要:最近2年間の間に起きた奇想天外な事件ノンフィクションで語っています。前半は、中国短編文学賞として7作品を送ったのに、7作品とも落選した時のお話しです。後半は2年後に、それが縁で、暗黒物質・暗黒エネルギーの正体を見破るという物理学上の発見につながった。縁とは真に不思議なもの!というお話しです。お楽しみ下さい。

 五月も下旬に入ってから、私はその新聞記事をむさぼり読みました。芥川作家である高樹のぶ子さんが選考委員を務められた某新聞社の総評記事です。
「必死さ伝わる視線の強さ」
 初めてこの賞の選考をさせて頂き、幾つかの感想を持ちました。まず最初に、25枚という短編は大変難しいということです。人生の長い時間を盛り込むと「あらすじ」のようになってしまうし、ではその一こまを描こうとすると、よほどの力が無いと日常の雑感に終始してしまい、文学としては希薄になってしまう。25枚の短編を生み出すのは容易ではありません。そうした覚悟の上で今回の候補作編と向き合いました
・・・、『なあんだ、高樹のぶ子さんは、300遍中のわずか6編を読まれただけなのか。全ての作品の内、わずか5%だけを、読まれただけで、この総評の文章を書かれている?』 ・・・

続きを読む "中国短編文学賞の選考を終えて(高樹のぶ子女史)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

ファーブルの「昆虫記」、エワルの「カッコウ」・・・科学童話を読もう!

昆虫記」は何と120年以上前に書かれた科学童話だったのですね。 動物の「カッコウ」というお話しも大変興味深かったですよ。まずは読んでみて下さい。世界少年少女文学全集:動物文学集(創元社)からの引用です。
   かっこう エワル(デンマーク人)作
 林の奥の青々とした草原に、大きな年とったバラやぶがありました。その中に、もずの夫婦が巣を作っていました。
 五月の初めのお日様がキラキラ輝いている日に、その巣は出来上がりました。それからふたりで並んでしばらく将来のことを話し合ってから、お母さんもずは、きれいな卵を三つ産みました。「やれやれ。」とお母さんもずは、もずが何時もやるやり方で、深くため息をつきました。「もう若い日の、バカ騒ぎの時は終わりましたよ。まじめに生きるべき時が来たんですわ。」  ・・・

続きを読む "ファーブルの「昆虫記」、エワルの「カッコウ」・・・科学童話を読もう!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »