« 「へその館」-6,7,8 《短編応募-4》・・訃報・諜報・F席・頓死・中野学校(旧日本軍スパイ養成所) | トップページ | 「アイヌ学」での間違い。The mistake in the Ainu studies. Conquerors are capture the history of the conquered peoples of common sense! 征服者は被征服民の歴史を取り込むのが常識! »

2015年7月29日 (水)

宇宙空間での衝突実験 ・・地図上に衝突痕跡が!証拠が!

 何と何を衝突させましょうか?
赤い液体の”を、”白いピンポン”に衝突させてみましょう。
サイズは同じ程度とし、ピンポン玉の方は、宇宙船に固定して置きましょうね。
 まずは、正面衝突ケースです。
〔1〕、心・心衝突 ・・・ ピンポン玉の中心に向かって、赤い玉を静かに発射します。
  どうなると思います?
赤い液体の玉は、ピンポン玉を飲み込んだ後、反対側で寄り集まって結集し、再び球となって、遠ざかっていくのです。
ピンポン玉は液体で濡れて、全体が赤くなっていますね。
 次は、オフセット衝突ケースを実験してみましょう。
ピンポン玉の中心を狙うのではなくて、北極点辺りを狙ってを発射するのです。
正確に水鉄砲を発射するのは難しくて、オフセットの程度はバラつきますから、ビデオにでも取っておきましょう。
   どんな結果が得られると思います?
〔2〕、深いオフセット衝突 ・・・ ピンポン玉の北極点辺りを狙って赤い液体の玉が進んだ時のケースです。
実験の結果、ピンポン玉の北半球が赤く色付きましたね。
〔3〕、浅いオフセット衝突 ・・・ 北極点をわずかにかすめる程度に浅く衝突させたケースです。
 この結果は、ピンポン玉の北極附近に、紡錘状(潜水艦型)の赤い印(絵)が残りました。
〔4〕、中くらいのオフセット衝突
   ・・・ 浅くもなく、深くもない程度のオフセット衝突です。
 オフセットの程度によって、様々な絵が出来ますが、この絵の形は、何処かで見たことがありませんか?
 そう、地図や地球儀でよく目にする形ですね。
例えば、エベレスト山系、アンデス山脈の連なり、
北米大陸の西の海岸線、オーストラリアの東海岸線
、・・・。
 海の中では、台湾~日本列島~千島列島に至る海溝線の連なり、インドネシアの南の、ジャワ(スンダ)海溝の形、・・・。
 陸上では、アフリカのエチオピア~タンザニア~モザンビークに至る大地溝帯や湖並びなんかにもよく似ています。
ちなみに、潜水艦型の地形としては、ベーリング海の南のアリューシャン列島から北極海辺りの地形、なんかが似ていると言っても異論はないでしょう。
 そうなんです。地球の皺(しわ)は、このような水惑星との衝突によって、形成されたのです。 もっともこの水惑星は太陽から遠く離れた寒いところを旅して来ますから、その表面は厚い氷(厚さ数10Kmの氷)で覆われているのでして、この氷が地上に彫刻をしたという訳なんです。
 この説を最初に唱えたのは、高橋実という人(故人)であり、その著書、”灼熱の氷惑星”、”氷惑星の謎”という二冊で、仮説を立てられました。今から40年位前の著書ですが、小惑星”ニビル”なんかの発見の元にもなっている模様です。
 この実験は、宇宙船の中で比較的簡単に出来そうでしょう?
その結果と地球の地図とを比較検討すれば、地球の歴史観が大きく転換しそうに思えるのですが、いかがですか?
 2015年、7月29日 大山宏

|

« 「へその館」-6,7,8 《短編応募-4》・・訃報・諜報・F席・頓死・中野学校(旧日本軍スパイ養成所) | トップページ | 「アイヌ学」での間違い。The mistake in the Ainu studies. Conquerors are capture the history of the conquered peoples of common sense! 征服者は被征服民の歴史を取り込むのが常識! »

a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙空間での衝突実験 ・・地図上に衝突痕跡が!証拠が!:

« 「へその館」-6,7,8 《短編応募-4》・・訃報・諜報・F席・頓死・中野学校(旧日本軍スパイ養成所) | トップページ | 「アイヌ学」での間違い。The mistake in the Ainu studies. Conquerors are capture the history of the conquered peoples of common sense! 征服者は被征服民の歴史を取り込むのが常識! »