« 「エデンの園」があった場所〔前編〕・・純粋に科学的な読み物!Where was the Garden of Eden ? Continue to the Pacific Ocean bottom eat? | トップページ | "The Nobel prize you can (part II)"「ノーベル賞はあなたも狙える(前編)」短編-6:後日談。フリ-ズ。事実は小説よりも奇なり。Short-6: later stories. Freeze. The fact than fiction stranger. »

2015年8月 9日 (日)

「エデンの園」があった場所〔後編〕」Where was the Garden of Eden [part II]・コスモ生命体 Cosmo Life. ジャイアント・インパクト Giant Impact hypothesis

 Let's get back to the Earth "(Cosmo life) of' life story. So, this story is a non-fiction "science story".
 地球という"生命体(コスモ生命体)"の話に戻りましょう。しつこいですが、このお話は、ノンフィクションの”科学的な物語”なのですよ。
 月が勢い良く飛び出した巨大衝突の瞬間には(ジャイアント・インパクトの直後には)、地球全体が,"ドロドロに熔けた球体"なのです。
最後の巨大衝突以前の地球にも、少し小さ目のコア中心核(卵の黄身相当)はありましたし、衝突して来た小天体にも、10分の サイズのコアを持っていました。
 衝突した時に勢い余って飛び出しての成分になるのは、軽いマントル部分(卵の白身相当)であって、に近い密度を持つ卵の黄身(コア部)は引力圏を脱出できなくて、地球組成に組み込まれ、現在の地球のコア中心核(卵黄)が出来たのです。
 At the moment of the giant impact, ran powerfully to (immediately after the giant impact hypothesis), the entire Earth "luminiferous mush ball" is.
 Massive clashes previously last planet, too, is the core nucleus of little small (equivalent of egg yolks) and the asteroid come crashing also had one-tenth the size of core. Off when you hit the moon phase of light mantle (equivalent of egg whites)-, cannot escape the gravitational sphere the yolk of an egg with a density close to the iron (core) the Earth composition into the core nucleus of the present Earth (egg yolk) It is made.

 そのコアの周りをマントル:卵の白身(しろみ)が覆っていましたが、あなたが日々目にしている地球表面地殻:【卵の殻(から)相当】もまだ分離していなくて、マントルの中に熔け込んでいたのです。
 この状態の時には火山なんてものは影も形もありません。地球表面を含めて巨大な火の玉状態なのですからね。その火の玉状態の地球の至極近くを、同じく火の玉状態のが周回していたのです。
 月は〔地球のマントル程度の軽い〕密度物質で出来ていて、それが放射熱を宇宙空間に吐き出していって、表面がまず固まり、次第に内部が固化して行ったのです。
 Around the core, mantle's (egg white [more]) Earth surface crust was covered, but you're in the eye every day: [equivalent of egg shell] also is not yet separated, had crowded to melt in the mantle. During this State volcano is not even a trace. Because of the Earth's surface, including a huge "fireball" State.  It is was orbiting fireball State "/" fireball State of the Earth very near the same time. Moon [light of the mantle of the Earth] is they are made of dense matter, just space out the radiant heat it hardens the surface first, went to gradually solidified inside.

 「熱い物が冷えると長さが縮む」事はご存知でしょう。表面が固まった後に内部が冷えていくと、当然中は至る所に空洞が同心円弧状に出来て来たのです。
 アポロ宇宙船の何号だったかは忘れましたが、使用済みの着陸船を月表面にぶつける という実験をやりました。
そうするとその衝撃音は”除夜の鐘”の如く、何日間も鳴り響き続けたという実験結果が得られました。 これが何よりの空洞の証拠です。
 "Hot to cool and shrink length" thing you know.  It is after the Lunar Surface hardened internal ebb and naturally during throughout the cavity concentric arc made came. Bumping landing craft used on the lunar surface or many of the Apollo spacecraft was lost, but that experiment was done. Have your test results and impact sound like a "Bell" that kept ringing days. It is evidence of the cavity it's anything else.
 の中には同心円弧状の空間がいたる所にあって、図体割合にはすごく軽い星なのでした。表面は地球の地殻とほぼ同じなので、中は空洞?、否、『自体が過去の宇宙人が造った宇宙船なのではないか。』という議論さえも、真剣に地球物理学会や天文学会などで大真面目になされたこともあるほどなのですよ。
 またまた話が逸れてしまいました。
 地球が冷え固まるのも、もちろん地表面からです。
放射熱を宇宙空間に放出しつつ表面が冷えていき、まず薄い固体地面(卵の殻)が現れました。
 Concentric arc of space was a very light stars a hulking percentage and all over the place during the month. Cavity in the lunar surface like Earth's crust nearly so?, no, "is not a spaceship built the universe's past the moon itself.  "That discussion is even seriously made, Earth Physics and astronomy society in total seriousness, there is.  Once again they was talking about. For the Earth to cool set is of course from the surface. Continue cooling surface and emit radiant heat into space while the first appeared a thin solid ground (egg shell).
 数億年かけて数10Kmの厚さの地殻に成長していったのです。この原始地球の形には、山も谷も一切無い、という完全な球体なのです。もっと言うと、地殻全体が一枚岩厚さ数10Kmで一周が4万Kmという巨大な球形の一枚岩!
 地殻の内部にはドロドロの熔融マントルがあり、そのマントルの更に内側に直径数千Kmのコア中心核があって、40億年経った今も、ほとんど温度が下がらないまま現在に至っているのです。
 It is, began to grow in number of 10 Km thick crust over hundreds of millions of years. It is a perfectly round shape of the primitive Earth, no mountains and valleys, the. It is saying more whole crust is a monolith of a huge sphere of 40000 Km circuit in monolith, thick 10 Km!
It is while still molten mantle of the mush is located inside the Earth's crust, core core diameter of several thousand Km further inside the mantle 4 billion years almost fall temperatures have arrived now.

 現在の地球の温度分布や密度分布については、数10年前から小・中学校の教科書でも詳細に描かれていますので、あなたのお子さんの教科書を開いて見て確かめて下さい。
Open your child's textbooks on the density and temperature of the Earth are drawn more elementary and junior high school textbooks from 10 years ago, so, sure.
 ようやく地球表面の話に戻って来れました。
この地球表面地殻は、厚さ数10Km一枚岩!なのですよ。
その原始地殻の上に、小天体よりははるかに小さい隕石が無数に降って来て、ちょうど月と同サイズのクレータが、同じ位の密度で分布していました。
 空気が取り巻いている事を除けば、その光景は、「 アポロ宇宙船の飛行士が見たのと同じ光景!」でした。
 Finally leaving back to the story of the Earth's surface. Earth surface crust is 10 Km thick monolithic! what it is.  On the primitive Earth, much smaller than the celestial meteorites came down to countless, just and equal-sized crater was distributed at the same density. Apart from the things that surround air, the scene was "Apollo astronauts saw the same scene!" It was.
 その形は完全な球形であり、
  我々が現在日常的に目にするような山々も無く、
   水の流れで出来たような谷もなくて、
  ノッペラボウの巨大な一枚岩の如き地殻があって、その表面は細かい塵層(厚さ数cm程度)で全表面がおおわれていました。
月表面に観測されるようなクレータはあるにはありましたが、その状景は、現在の地上で見られる地表面の山谷の状景とは似ても似つかない、”まるで月世界”の風景でした。
 Its shape is a perfect sphere and, without any mountains we now routinely to the eye and work flow of water Valley, nopperaboua huge monolith of Earth's crust and surface all surfaces are covered with fine dust layer (few centimeters thick). The crater to be observed on the lunar surface is nothing similar had their scenes are scenes seen on the current ground surface heights, "as Moon" of scenery was.
 空には空気はありました。
しかし、それは二酸化炭素と窒素の空気層であり、雲は?というと、ドライアイスの雲が厚くおおっていたのでした。
 火山ですか?そんなもの当時はありませんよ。
  地殻変動?
   それも無かったのです。

 ちょっと考えてみて下さい。
数億年掛けて静かにゆっくりと冷えて固まった一枚岩の地殻なのですよ。
内部は月と同じような空洞が出来易くて、外の空気を内部に引き込む分とも、内部から地殻の隙間を通して外にマグマを噴出するような火山なんて、あり得なかったのです。
 In the empty air. But it is air layers of carbon dioxide and nitrogen, and the clouds are? and did say, covered thick clouds of dry ice. What is a volcano? thing at that time you don't. Crustal deformation? It is also important. Please think. It is a monolith millions of years quietly cooling slowly, hardened crust. It is easy can be equal, hollow inside, and also draws in outside air from the inside through gaps in the Earth's crust outside magma erupt like volcanoes, it's impossible.
 放射性物質の熱エネルギーですか?
内部温度は、6000程度であり、核反応が新たに起こるには程遠いのです。
太陽系の出来始めの頃の放射性同位元素などは遠の昔に、安定な元素に殆んど全てが変化しているのです。
 プルトニウムなんてのは地球内部にさえも、まったく残ってはいなかったのです。
 Radioactive heat energy? It is far from nuclear reaction happens to the internal temperature is about 6000 degrees.  Is possible beginning of the solar system, such as radioactive isotopes in the far past, stable elements to most of it and has changed all of that. Plutonium is left entirely to the Earth's interior is not.
 でも現実的には我々が住んでいる地球には高い山もあり海溝もあり、大きなコスモ生命体の一種として活動しているのです。
 鶏(にわとり)の卵が孵(かえ)って雛(ひな)が生まれる為には、その殻を割らなければ出て来られないのですが、
自分の体内エネルギーでその殻を割る事は出来ないのでした。
 However and is the highest mountain on Earth is that we live in trenches and acting as a kind of big Cosmo life. You can't crack the shell in your body's energy is not come out once to hatch chicken eggs and chicks are born without breaking its shell, but did.
 しかし、コスモ生命体って凄いですね。
卵の殻(から)を割って出て来たくてうずうずしている雛(ひな)のために、その硬い殻(から)を、そっと割ってくれて、しかも、海の水が殆んど無かった地球に、を提供 して包み込んでくれたのですからね。
 However, Cosmo life is awesome. Chicks dividing the egg shell wanted to come out and are itching for, its hard shell and divide gently and sea water is most of them I and is wrapped, providing there was no earth, water and ice.
 ”卒啄同機”という言葉を聞いた事がおありでしょう。正にあれです。
 あの眠り込んだような原始地球、その一枚岩のような殻が銀河生命体によって割られたのでした。40億年前に起こったこの事件によって、初めて地球に”海”が出来始めたのです。
 はっきり申せば、「ある天体(天体M)から地球に持ち込まれる様になった」のです。
 長くなりましたので、ちょっとコーヒーでも飲みましょう。
      2015年 8月8日 大山宏
 You have "graduated from WTE aircraft" that word you ever heard.  It is exactly that. Was he asleep like early Earth, the monolith-like shells was broken by Galactic lifeforms.  It is 4 billion years ago happened the first started developing ocean on Earth.  That is, "from celestial objects (object M) water and ice on the Earth brought to became".
Longer so I drink coffee.  8/8/2015. Hiro. Oyama
PS,高樹のぶ子さん、ゴメンなさい。貴女には、このノンフィクション小説を読んでみて、という方が無茶でした。同様に、中国新聞社文芸部の方々に評価をしてくれと頼むこと
自体が無茶でした。 しかし、本当に世の中を平和へとリードする意思がおありなら、全てのことを自分に与えられたチャンスと捕え、行動していく姿勢 が大切なのではありませんか?要らぬ御節介ですが、それが、あなたがたの成長に繋がるのではないでしょうか。
 PS, Takagi Nobuko, gomen. You try reading nonfiction novel that was unreasonable. Similarly, people of China newspaper literary evaluation ask was itself unreasonable.  However, will lead to peace, the world really isn't important is attitude and action on the opportunities given to you all that if you are caught? The osechi Keisuke to spare, but it will lead to the growth of you in.
《 さて、続きをお話ししましょう。繰り返しますが、ノンフィクションの純粋に科学的なお話しです。実話であることをお忘れなく。》
 はっきり言えば、ある天体〔 天体M 〕から水や氷が地球に持ち込まれる様になったのです。そして、約20億年前になってその〔 天体M 〕から、地球上に持ち込まれる水や氷の量が飛躍的に増えて行って、現在の太平洋・大西洋・インド洋を含む全ての海 が、現在の水量となって行ったのです。
"Now, let's talk more. Again, be genuinely non-fiction scientific is still talking. Don't forget that the true story. "To be clear, a celestial [celestial M] from is water and ice was brought to Earth. And 2 billion years before the [celestial M] from the go dramatically increased the amount of ice and water brought in on Earth, including the current Pacific Ocean, Atlantic Ocean and Indian Ocean sea is now water and went.
 この海が出来上がっていく詳しい話は別の機会に回し、先を急ぎましょう。結果的には、
厚さ:数10Kmの地殻(一枚岩)が、20回程度の愛情深い衝突を受けて、20枚程度のプレートに分けられたのです。
 同時に、一方のプレート隣りのプレート下に押し込めるという整形手術も(同時に)行われたのでした。
 割れてしまえば、その更に下はマントルという液体なのですから、ズルズルと、近隣のプレートの下に潜り込んで行けます。ただし、
 愛情深い衝突時直後には、プレートは一気に1000Km、も、瞬間移動させられているのです。その瞬間移動の時に、下のマントルも引きずられて流れ出し、その後、年間10Cm 程度の僅かずつですが、プレートを日本列島の下に押し込め続けているという訳です。
 Turn on another occasion the full story on this oceans day, let's jump to the destination.  As a result, thickness: is divided into 20 degree plate, 10 Km of the crust (monolith) is approximately 20 times affectionate struck by.  I had tucked away beneath the plate next to the plate while at the same time that plastic surgery is done (at the same time). From is you cracking up even under a liquid mantle of slurping and go hiding under nearby plate. However, affectionate collision shortly after plate once in 1000 Km, the moment has been to go for. This is a translation during the teleportation, pulled even mantle beneath the flowing, then about 10 Cm per year is slightly, but plate still tucked under the Japan Islands.
 証拠ですか?
実は明確な証拠があったのです。
 それも、皆さんが良くご存知の”ハワイ諸島”のホットスポット移動の観測データ の内に  あったのです。短編小説の枚数制限があるので、ごく簡単に触れておきましょう。
 ハワイ海山列・天皇海山列として並ぶ海山の各年代を地質調査したデータは、図書館の本棚でも容易に見られるものなのですが、それを元に、 小学校的な算数で,移動の速さ を割り出してみると、
  約2000万年前と、5300万年前とで、
  急激に太平洋プレートが瞬間移動 した!
 という明確なグラフが得られるのです。
 詳しくは、
ブログ「太平洋プレートが瞬間移動した証拠」をご覧になって頂くとして、結論を急ぎます。
 What is the evidence?  It is in fact had clear evidence. It well you guys been in hot spots through the "Hawaiian Islands" you know.  There is limit of a short story, so let's touch briefly. And each age of the seamount to seamount Hawaiian-Emperor seamount chain as geological survey data are easily seen even the library's bookshelves, but in the arithmetic in elementary school, it moved fast to calculate it, "about 20 million years ago 53 million years ago and with the  Pacific plate moment moving rapidly! '  It is obtained a clear chart said. For more information, blog and would like to see moment moving Pacific plate evidence, hasten to a conclusion.
 地球が生命体、太陽系内の星々も生命体なら
 当然の如くに太陽系全体も生命体の一種、
  銀河系もコスモ生命体の一種である事は、
      誰でも納得されるでしょう。
 更に、ミニ・ビッグバン以降の拡大中の、我々が観測出来る宇宙全体も、巨大なコスモ生命体である事は否定のしようがないでしょう。
 最近は暗黒物質・暗黒エネルギーで、天文学会や物理学会では喧々諤々(けんけんがくがく)の議論がなされていますが、これもその内落ち着くでしょう。アインシュタイン思想である相対性原理の解釈が一部間違っていたのですから。まあ、今回のテーマとは外れますので、興味ある方は、そちらのブログ「光世界の冒険:重力圏をお読みください。
 Earth is also stars in the solar system, life life if of course like you Cosmo life kind as the Milky Way Galaxy and even the entire solar system is a kind of life that everybody understand that.  Is Cosmo life throughout the universe, can be observed since the mini big bang enlargement, we have a huge negative is not. Dark matter and dark energy in recent years, the society for astronomy and physics is lay out (as kugaku said) of will settle in that it also has been discussed, but. Had different interpretation of the principle of relativity Einstein thought that some time away. Disengages and the theme well, so those who are interested, there's blog "light world Adventures: gravity" Please read.
 本論に戻ります。聖書世界に登場してくる唯一神が、どのレベルのコスモ生命体であるのかは、断定出来ませんが、ホーキング博士も含めての最新宇宙論の議論の中では、このコスモ生命体のことも、冗談抜きで研究されているのです。
 エデンの園が極東(東アジア)のどの辺りにあったのか、というお話に戻りましょう。 
 To return to the main discourse.  It is also Cosmo life study seriously the latest Cosmology including Dr. hawking is not predicated of God appeared in the biblical world, Cosmo life of any level is discussed in. Let's get back to the story of the garden of Eden was in area of far East (East Asia) or that.
 手術でお腹を切らなきゃあならなくなった時、外科医の先生が「(へそ)を避けつつ切開手術をされる」という事を聞かれた事があるでしょう。
 卵から細胞分裂を開始した最初のポイントが臍(へそ)であって、組織構造が複雑なのです。切開後に縫い合わせても中々傷口が塞がらないという事を、外科医は経験学上ご存知なのです。
 When you have stomach surgery, surgeon Dr. asked "avoiding the umbilical incision surgeries" that we may. First point egg started dividing cells in umbilical, is a complex organizational structure.  It rose even after the incisions sewn together while we wound is surgeon on the experience, you know. Also ago the 'navel of the Earth Japan, and toyosaka, Hiroshima, Hiroshima Prefecture in there' and rather novel: wrote "navel" to that history and umbilical that grounds the story it was.
 また以前に、『地球の臍(へそ)が日本、しかも広島県豊栄町にある』という小説:「臍(へそ)の館(やかた)を書きましたが、あれは歴とした根拠のある臍(へそ)の話でした。今回、太平洋プレート移動という大陸移動説:〔プレート・テクトニクス〕の真因に関して触れました。 そこにも、あなたも既に御存知である明確な、”臍(へそ)の証拠”があります。それは、世界中でたった14枚しか存在しない大陸プレートの内の”四枚が重なり合っている”という特殊な位置に、日本列島があるという事実です。
 他に こんな複雑な場所が地球上にありますか?
  ありませんね。
  日本列島の地下構造は、
(しわ)だらけの臍(へそ)”と瓜二つなのでした。
This time, the theory of continental movement of the Pacific plate moved: [plate tectonics] of scratched convenes. There also you already know in a clear "umbilical evidence".  It is a fact that it is called "four overlapping" special position of missing only 14 continental plates around the world just in the Japan Islands.  Other such complicated places on Earth? It isn't. The underground structure of the Japan Islands is "covered with wrinkles navel" and spitting.
 鉱物資源に関してもそれが言えます。日本は産出量こそ少ないのですが、世界の鉱物資源の殆んど全ての種類が産出されるのです。過去には金や銀の産出量も多くて、一時期には、”黄金の国(ジパング)”と呼ばれていました。
  "マルコポーロの東方見聞録"のことですよ。
アイヌあいうえおを話す:縄文人)の歴史も、金銀産出で彩られています。
 また、今から2000年前にキリストが生まれた時に、『東方から3人の博士さんが、わざわざ祝福訪れた。』という記録も皆さんよくご存知の話ですし、中国古代史に於いても、『蓬莱(ほうらい)の国をに求めて旅立った。』なんて人が、何人も歴史に名前を連ねています。 そうでなければ、かの聖徳太子が、「日の出ずる国から日の沈む国へ」なんて、まことに失礼な手紙を、いくらなんでも書き送るはずもないし、中国隋(ずい)の国も、その手紙を破り捨てたり無視したりはしないで、キチンと返書を日本に返したのでした。
 It is true with respect to mineral resources. Japan are very low production volume, but most of the mineral resources of the world's and produced all kinds of.  Many gold and silver production in the past and at one time was known as the "Golden country (Jipang)". Is "Marco Polo of the Marco Polo".  Ainu (u, e after your speakers: Jomon people) of history is decorated with gold and silver production. In addition, when Christ was born 2000 years ago from now on, "visited three Dr. bother blessing from the East." That story recorded, well most of you know in the ancient history of China ; "hourai of the country seeking to the East, left." What are some people lined up name history. No refugees from the country rising sun Sun write anything much what a truly rude letter to Prince Shotoku or otherwise, should be breaking away the letter of Chinese sui, do not ignore the The kitchen and the answer returned to Japan so.
 結論ですが、エデンの園は、実は日本の何処かにあった、ということです。
アダムとイブとがエデンの園を追い出された時、「エデンの園の東に、ケルビムと、回る炎の(つるぎ)とを置いて、命の木の道を守らせた」という記述があります。
このことからすると、エデンの園は太平洋のすぐ近くではなくて、 少し西の辺り;〔関西か中国地方の山の中〕であろうと、推理できます。
 歴史って本当に面白いですね。
 「エデンの園があった場所」 おわり
 Conclusion is, Garden of Eden, is actually somewhere that was that of Japan. When kicked out of Eden and Adam and Eve, in the East of the garden of Eden Cherubim and a flaming sword-and that he followed the way of the tree of life can be found.
Garden of Eden is near the Pacific Ocean, and for this reason is not the West a little bit around here; [Kansai Chugoku mountain in] in can be guessed would be.
 It is really interesting history.
"Where was the garden of Eden" the END.

PS,このノンフィクション小説は、昨年末に中国新聞社から「中国短編文学賞」の募集がなされていることを知り、”地球科学”のこのお話を、その応募作の一つに加えてみたものでした。SF小説というよりも、ネイチャーなどの科学雑誌向きのお話でした。(本来は このブログ上で展開し、頻繁にアクセスして頂いている方々に、まず発信すべきものでした)。
 この数年間、多大なる関心を持って、常時アクセスして頂いている方々、大学や各種研究機関からアクセスして頂いている方々に感謝申し上げます。
 御礼方々、そのお名前を列記させて頂きます。
トヨタ自動車(5)、パジェロ製造(5)、豊田通商(2)、豊田商事(2)、豊田中央研究所(3)、パナソニック(79)、パナソニック電工(17)、日立製作所(32)、
日産自動車(15)、日本電気(14)、名古屋大学(5)、富士重工業(16)、キャノン(16)、住商情報S(1)、広島大学(5)、コニカミノルタ(9)、気象庁(2)、市光工業(4)、日本スポーツ振興会(1)、大日本印刷(5)、住友製薬(1)、東京女子医大(1)、宮崎高専(1)、京都大学(3)、科学技術振興(2)、ニッセイ情報T(1)、東京家政大学(1)、兵庫県立大学(4)、富士通(5)、東レ(2)、タカタ(2)、ナガセ(1)、アルバイン(3)、新潟大学(1)、三菱電機(7)、トーテックアメンティ(1)、月島機械(2)、JFEホールディングス(1)、慶應義塾大学(2)、千葉教育委員会(8)、佐賀大学(1)、海洋研究機構(10)、沖縄県立総合教育センター(5)、北海製罐(1)、市光工業(4)、東京理科大学(6)、大同工業大学(2)、名城大学(3)、静岡大学(6)、首都大学東京(1)、日本放送協会(7)、富士フィルム(9)、セイコーエプソン(14)、富山大学(9)、双日(2)、日本大学(7)、ホンダエンジニヤリング(6)、ケーヒン(6)、ジャフコ(1)、熊本ソフト(1)、相模女子大学(1)、九州大学(4)、リコー(16)、中部大学(1)、防衛大学(2)、伊藤忠テクノ(2)、神奈川大学(1)、JALインフォテック(1)、不二越(3)、ブロードバンドタワー(1)、駒沢女子大学(1)、鹿児島大学(3)、日本電波工業(1)、日本女子大学(1)、つくば市教育委員会(4)、日本カーバイト工業(2)、セコムトラストシステムズ(1)、多摩美術大学(1)、リョービ(16)、スミダコーポレーション(1)、厚生労働省(2)、北陸先端科学技術大学院大学(1)、マダコンド工業(1)、愛知学院大学(4)、日揮(2)、N・T・コムウエア(2)、タムロン(8)、タカタ(2)、京都女子大学(1)、日本無線(1)、SRIエデユケーション(1)、川崎医科大学(1)、日本ユニシス(2)、カブコン(2)、富士フィルム(9)、スクウェア・エニックス・ホールディング(2)、熊本大学(2)、大京(1)、任天堂(2)、アサヒビール(2)、日本ユニシス(2)、日本テレビ(3)、ヤマハシステム開発(1)、名桜大学(1)、大阪市立大学(1)、千葉大学(9)、NTTエレクトロニクス(1)、福岡女子大学(1)、上越教育大学(1)、熊谷組(1)、サイバネットシステム(3)、東京農業大学(2)、トランスコスモス(4)、筑波大学(1)、東京日産販売(1)、初芝橋本高校(1)、TMI総合法律事務所(1)、東京経済大学(1)、錦名印刷(1)、東京工業大学(3)、熊本大学(2)、宇部興産(2)、恩賜財団済生会(1)、西日本鉄道(1)、日本シイベルヘグナー(1)、山口市(2)、住友商事(2)、三井物産(2)、北九州市立大学(1)、マーケッティングJP(1)、高知工科大学(4)、住友電気工業(2)、島根大学(1)、大鵬薬品(1)、関西大学(2)、岩手日報社(1)、日本電信電話(2)、ミツミ電機(2)、大学評価・学位授与機構(1)、杏林大学(1)、長瀬産業(1)、宇部高専(1)、ミツバ(8)、幸福の科学(2)、農協観光(1)、キャロルシステム(3)、ブラザー工業(3)、三菱スペースソフトウェア(2)、岩手医科大学(1)、日本精機(1)、宇宙航空研究開発機構(4)、東京放送(4)、マツダ(13)、乃村工業社(1)、静岡大学(6)、日本テレビ放送(3)、阿南高専(1)、ニコン(10)、キーエンス(2)、日本サムスン(2)、三菱電機(7)世界文化社(1)、理化学研究所(3)、農林水産消費技術センター(1)、セイコーエプソン(14)、小糸製作所(3)、日本IBM(1)、東北大学(11)、物質・材料研究機構(1)、北海道新聞社(1)、京都府立大学(1)、理科工業(1)、信州大学(4)、朝日新聞社(3)、インフォコム(5)、東北大学(5)、昭和電工(1)、日本ビクター(2)、関西電力(1)、東京大学(11)、茨城県立医療大学(1)、オリンパス(3)、ヤマハ発動機(7)、大阪大学(3)、苫小牧高校(3)、高知工科大学(4)、山形大学(1)、国土交通省国土地理院(2)、参天製薬(1)、三井造船(1)、本田技研工業(2)、愛知県名古屋市(1)、関西大学(2)、東北電力(1)、日本カーバイト工業(2)、宇部興産(2)、都市開発機構(1)、横浜国立大学(1)、石川島播磨工業(2)、ソニー(6)、日本ビクター(2)、ダイヤモンドリース(1)、富士通ゼネラル(1)、国立科学博物館(1)、国土交通省(1)、米国海軍(1)、北海道大学(1)、日本電子(2)、厚生労働省(2)、・・・
 以上、ここ1年余の間(2015年頃)にアクセス頂きました。パナソニック79)、トヨタ系列からのアクセスが印象的です。これに続くのが、日立製作所(32)さんみたいですね。大学では、東北大(11)、東大(11)、富山大(9)、千葉大(9)・・・報道関係では、日本放送協会(7)、東京放送(4)、朝日新聞(3)、日本テレビ(3)、《2015年夏調べ》
各方面からアクセスを受け、お仕事のご参考にして頂けたこと、まことに有り難く思っています。ブログの書き続ける励みになっています。 感謝!
2015年 8月9日、大山宏 2018 7/12 修正
メール、s6m62tj1@ene.megaegg.ne.jp
  携帯電話、080-6559-6060

|

« 「エデンの園」があった場所〔前編〕・・純粋に科学的な読み物!Where was the Garden of Eden ? Continue to the Pacific Ocean bottom eat? | トップページ | "The Nobel prize you can (part II)"「ノーベル賞はあなたも狙える(前編)」短編-6:後日談。フリ-ズ。事実は小説よりも奇なり。Short-6: later stories. Freeze. The fact than fiction stranger. »

Y ジャイアントインパクト「エデンの園があった場所」」カテゴリの記事

コメント

エデンの園があった場所は、日本の関西地方にあったと科学的に導けました。〔後編〕で展開しています。
その正確な住所は、東広島市豊栄町清武2463番地の一帯です。
そこには1億5千年前の古い地層です。是非一度訪れてみられては如何ですか?
 電話下されば、ご案内しますよ。
080-6559-6060
カーナビをお使いの方は、上記住所をご入力下さい。

投稿: 〔前編〕をお読み下さった皆様へ大山宏より | 2017年6月 4日 (日) 19時24分

「日本超古代文明のすべて」という本のP164に、『・・・「古史古伝」は古事記日本書紀的な日本列島内史観に囚われず、古代における海外との交流を伝えている。もともと日本人の祖先は日本列島に渡来・定着・分布した人とその子孫である(アダムとイブが日本列島に生まれたという確証でもないかぎり)。』という文章を発見して、思わず笑ってしまいました。 この”エデンの園があった場所”というノンフィクション小説の結論は、最初に書いておいたように、『エデンの園あった場所は日本です。しかも関西地方らしいです』という推論に達するのです。
 この結論はユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖典(旧約聖書)の解析から出て来たのです。⇒《アダムとイブが日本列島に生まれたという証拠が聖書内に存在!》⇒『もともとの日本人の祖先は、日本列島に渡来・定着・分布した人々を受け入れて(混血して)いっただけ!』という意味になるのですから、ビックリ仰天でしょ。 その方が遥かに理にかなった史観になるでしょ。⇒そうすると、世界的規模の「外八州史観」の展開はより現実的であることになりますね。
 後編を読まれた後で、『日本超古代文明のすべて』という本も図書館から借りて来てお読みになると、眼が開けること請け合いです! Hiro. Oyama 広.大山

投稿: ひとりの縄文人より | 2019年4月 1日 (月) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「エデンの園」があった場所〔後編〕」Where was the Garden of Eden [part II]・コスモ生命体 Cosmo Life. ジャイアント・インパクト Giant Impact hypothesis:

« 「エデンの園」があった場所〔前編〕・・純粋に科学的な読み物!Where was the Garden of Eden ? Continue to the Pacific Ocean bottom eat? | トップページ | "The Nobel prize you can (part II)"「ノーベル賞はあなたも狙える(前編)」短編-6:後日談。フリ-ズ。事実は小説よりも奇なり。Short-6: later stories. Freeze. The fact than fiction stranger. »