« Magic-hand [時空間疾走₋4」(最終編)。Statesmen human experiment slaves deliberately Kyoto supremacy principle world peace Memorial Cathedral world peace Memorial. | トップページ | 原爆投下は人体実験・都市破壊テストであったと認識すべき。 »

2015年8月 4日 (火)

無防備の兵士達、墓場への疾走、溶けた戦車、Bible Guinea pig bomb 'mushroom cloud' confessions of a tank, American atomic bomb soldiers has gone unprotected.

 「人体実験 アメリカ軍」でインターネット検索してみて、驚きのノンフィクション記事に出逢った。
”アメリカ被爆兵士の告白”と題する記事である。
1946年から1962年にかけて、アメリカでは、300回もの核実験が行われ、多数の兵士が、モルモットのように実験に立ち会わされた。
 比較的爆心地に近い地上や塹壕の中で被爆した人、爆撃機から核爆弾を投下した人、軍艦上で水中や大気中の核爆発を体験した人など、陸海空の兵士たちが、今、当時の体験を語る。
 彼等の多くは、あの実験によって、どうして肉体的にも精神的にも、終わることなく自分たちが苦しめられ、我が子まで苦しめられるのか疑問を抱いている。
”無防備の兵士たち”、 ”墓場への疾走”
  ”溶けた戦車”  、 ”巨大なきのこ雲”
 との4つの証言記録が、写真付きで掲載されていた。
《 
写真の方はインターネット検索でご覧になってください。》
海軍の軍艦に乗せられて被爆体験をした人の記事です。
 一端、放射能に犯されてしまったら、一生汚染されたままです。墓場に行くまで、汚染されたままなんです。私には、3人の子どもが生まれました。エニウエトクでの実験のあとです。上の娘は、10代のとき、心臓に穴があいているのがわかりました。次の娘も、心臓の弁に障害が見つかり、末の子は、知的障害の疑いがあります。
 私は、どんな形であれ、アメリカの役に立ったと誇りに思っています。ただわからないのは、どうして私たちを、終わることのない苦しみにさらしたのか。肉体的にも精神的にも、あの実験は私を苦しめ、私は、わが子を苦しめています。
 このホームページの作成者所感にも、衝撃を受けたので、転載しておきます。
作成者所感:
 昨年だったか、アメリカで模擬核実験をコンピュータ・シミュレーションで行い、核実験も進歩したものと、ある意味で感心したものだ。しかるに、広島、長崎に核爆弾投下後、15年以上もかけて行った各種核実験に、アメリカ軍兵士が、人体実験のように立ち会わされていたことは、始めて知った。
 それから40年以上たった今、彼らのナマの告白が、アメリカのプロダクションによって、明らかにされたことに、まず驚かされた。被爆した彼等の多くに、本人のみならず、子どもたちの世代にまで被爆の影響を受けている人がいる。放射能の本当の怖さは、被爆本人はもちろんだが、遺伝子レベルでの次世代への影響にあるような気がする
今になってアメリカは、世界の意向に反して、包括的核実験停止の批准を拒否するらしいって?
 アメリカ軍というか、為政者(アメリカ合衆国政府)は、酷いことをする(した)のですね。
敵国であった、外人【日本人(広島県人・長崎県人・・)】に対して、
婦女子・子供を含む人々数10万人に対して、原爆の人体実験 をほどこしたばかりではなく、アメリカ国民(米国軍人)をさえも、モルモットにしていたのでした。合衆国大統領は、就任時に、”聖書”に手を置いて宣誓するそうですが、あれは単なる儀式に過ぎないようですね。
民主主義の名前が泣くというものでしょう。
 少なくとも、
クリスチャンとは呼べない。
呼ぶとすれば、
当時の大統領は”悪魔そのもの”でしょう。
聖書を座右の銘とする国人とはとても言えないですね。
  大反省をして頂きたい
少なくとも、今後は
人体実験(人をモルモットとする実験)は、やらないと宣誓して頂きたい。
それが、イエス・キリストを信じる国の政府が、大統領が、アメリカ合衆国民が誓うべきことだと、思います。
 近年の中国政府は、天安門事件は起しましたが、原爆の人体実験台に中国人民を使うことはやってはいない様子ですよ。
砂漠上で核実験を行い、
自分自身を含めた東アジアの人々の頭上に、放射能をばらまいただけです。 アメリカの方が、はるかにひどい実験を実施しており、その反省をされたとは思えないですね。
    《
 続きを読む 

|

« Magic-hand [時空間疾走₋4」(最終編)。Statesmen human experiment slaves deliberately Kyoto supremacy principle world peace Memorial Cathedral world peace Memorial. | トップページ | 原爆投下は人体実験・都市破壊テストであったと認識すべき。 »

President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無防備の兵士達、墓場への疾走、溶けた戦車、Bible Guinea pig bomb 'mushroom cloud' confessions of a tank, American atomic bomb soldiers has gone unprotected.:

« Magic-hand [時空間疾走₋4」(最終編)。Statesmen human experiment slaves deliberately Kyoto supremacy principle world peace Memorial Cathedral world peace Memorial. | トップページ | 原爆投下は人体実験・都市破壊テストであったと認識すべき。 »