« 神々が潜む所-2・・・拡大しても見えない?宇宙を探し廻ってもダメ? | トップページ | G6)ジャイアント・インパクト説⇒地球のムカシ大陸は一つだったを導く the Giant impact hypothesis ⇒ Old-Earth was one continent, lead. »

2015年9月27日 (日)

Celestial-body:天体Mの直接衝突の証拠はあなたの地図帳で見つけられる。in your map-book, found evidence of the direct collision of.

 『タクラマカン砂漠が重衝突(天体Mのコアが地球をえぐった直接衝突)ならば、天体Mの氷殻が地表をえぐった証拠が必ずあるはずだ。』と思い至り、探してみました。 そうしたらありました。候補は2つ。
第一候補は、モーセが渡ったとされる”紅海”であり、
第二候補は、アラビア海⇒ペルシャ湾⇒イラク⇔トルコと連なる山脈・海溝の連続ですね。
"The Taklamakan desert should always have a heavy hit (stabbed the Earth celestial M core direct impact) then scooped out the ground celestial M ice core evidence." And I tried looking for a generalized. It was after that. It's two candidates. First candidate, Moses crossed the "Red Sea" is, and the second suggestion is Arabian Sea ⇒ Persian Gulf ⇒ Iraq-is the continuous trench of the mountains together with Turkey.
 紅海からタクラマカン砂漠までの距離は、ざっと3000Kmであり、インドネシア(ジャワ)異変での距離(2800Km)と略一致しています。侵入方向に関しては、タクラマカン砂漠の潜水艦構造から判断できる侵入方向(東北東)と、方向を同じくしています。
 Distance from the Red Sea to the Taklamakan desert is roughly 3000 Km, and, in Indonesia (Java) incident (2800 km) stands to match. Has intrusion direction, can be determined from the submarine of the Takla Makan desert intrusion direction (East), and the same time.
 第二候補のペルシャ湾(イラン)異変案での侵入方向は、東北方向であり少しずれています。その進行方向を約3000Kmたどると、シベリアの大平原が広がっていました。 この観点で、アリューシャン列島異変を見直してみましょう。
その侵入方向(北向き)をたどると、3000Km先には、超広大な平原:【シベリア~北極海~カナダ北部】が対応しているではないですか。
Intrusion direction in the Persian Gulf for the second suggestion (Iran) incident is a northeastern direction, and is off a bit. Follow the direction in which about 3000 Km, and had spread the plains of Siberia. In this regard, let us review the Aleutian Islands incident. Follow the penetration direction (North) and 3000 Km from the Super vast plains: [Siberia and Arctic-Canada Northern] is not supported by.
 何ですか、質問? What is the question? 
3000Kmってしつこく言うけど、どのくらいの大きさか?』という質問?
地球の半径が、約6370Kmですから、3000Kmはその6370Kmの半分ですよ。大体話があうでしょ。半面衝突というのはこの程度の事。全面衝突(心心衝突、真央衝突)では、その時点で、地球も氷惑星も大一完の終わりとなって貴方は生まれてきていません。
我々がこうして生きているのは、全面衝突ではなかったお蔭です。 本論にもどります。
"3000 Km said insistently, but how big??" With that question? The radius of the Earth is about 6370 Km, 3,000 Km is 6370 Km half. Each story is about, right? Half-face collision and say about this thing. Total impact (the intentional collision, Mao hits) at that time, Earth planet ice also large one, you are not born with the end of the end. We the living is the favor was not completely crash. In this paper, we will be back.
 もう一つ、これまで触れてこなかったアルプス山脈について、調べてみましょう。
トルコ~オーストリーにかけての褶曲山脈群、あるいはイタリア半島の山波~クレタ島~キプロス島にかけての連なり〔地中海の連なり〕の大きなカーブが、約3000Kmの爪痕半径を持っている様子です。この爪跡円弧の中心線(侵入方向)を約3000Kmたどった先には、モスクワ大平原が広がっていたのでした。
Let's examine another and did not mention it ago the Alps. Turkey-fold mountain group between Austria and Italy peninsula travels-Crete-sequence between the Cypriot [of the Mediterranean] of seems big curve has scars radius of about 3000 Km. Had spread to the Moscow Great Plains followed the left arc center line (penetration direction) for about 3000 Km.
 何を言いたいのか、と言うと、
●天体Mのコアが地球をえぐるという重衝突が起こった時には、その手前約3000Kmには、天体Mの氷殻による爪跡円弧〔+大褶曲山脈〕がある!
●(天体Mのコアまでは地球表面に当らなかったが)天体Mの氷殻が掘り込んで出来たのが、世界のあちこちにある大褶曲山脈である!
●地球の起伏(大褶曲山脈・大海溝・大平原・・)は従来言われて続けてきた地殻変動で出来たのではなくて数10回に及ぶ天体Mによる直接衝突によって形造られたものである。
これらの事が、小中学生の持っている地図帳からだけでも明らかに読み取れるし、説得力がある!ということです。
 Say what I want to say or
●-during heavy clashes that gouge the Earth celestial M core took place before about 3000 Km, celestial M ice core according to fingernail arc [+ large fold mountains] is!
●-Be located around the world, will (hit Earth's surface to the core of the celestial M) astronomical M ice shell dug deep into the big fold mountains!
●-UPS and downs of the Earth (big fold mountains, large trenches, Plains, and) is by direct impingement by celestial M at number 10, rather than made by crustal deformation has previously said, form built in. Obviously can be read only from elementary and middle school students have a map book and a convincing! " is.
Photo

 Genesis description of the Earth's surface ever was taught in primary and secondary schools came mountain, valleys, Plains, was something like the following.
1) is the Great Plains there if it rains we carved valleys, valleys have done.
2) just thumped carved mountain, Plains spread a wide open plain. It buried at the same time, sea, stratum containing many fossils.
3) Lifting the submarine strata several thousand meters, on the Great Plains.
4) Great Plains was lifted, it was raining... that could explain the origin of repetition.
 これまで小中学校でしつこく教えられて来た地球表面の山,谷,平野の成因説明は、以下のようなものでした。

1)大平原があって、そこに雨が降って谷が削られていき、深い谷が出来ていった。
2)山がドンドン削られていって、平原が広がっていき、広い広い平野が出来た。 同時に、海は埋められていって、多くの化石を含んだ地層ができた。
3)その海底地層が数千メートル持ち上がって、大平原になった。
4)その持ち上がった大平原に、雨が降って・・・
   という繰り返しの成因説明でした。
 この説明(山の成因説明)が、ひっくり返ったのです。
山波・山岳構造・褶曲山脈の基本形は、天体Mとの直接衝突によって形造られたのでした。
なるほど部分的には、雨が山肌を削り、土砂を海へと運びました。海溝を埋めていったでしょう。火山もニキビのようなものが出来たでしょう。
 It was repeatedly said that Genesis describes. But,
it’s this explanation (origin description of the mountain) was overturned. Base form of the first mountain structure and range of fold mountains is by a direct collision with the celestial M-was built. Partly to cut a mountain rain, sediment carried into the sea. He filled the trench.
 I would have also volcanic pimple-like things done.
 However, because the mountain structure in the world (big fold mountains), celestial M directly created conflict in the mountain of little height and shape. I'm from the map book you have read the thing.
 しかし、世界中に見られる山岳構造(大褶曲山脈)は、天体M直接衝突でもって、ほとんど今の高さ・形の山へと作り上げたのでした。
 あなたの持っている地図帳から、そんなことが読み取れるのですよ。Photo_2
この図の説明文には『大陸同士の衝突によって・・・』とありますが、横衝突だけではこんな構造はできません。
岩石がアメ細工のように曲がりくねったこのような形になるためには、上方から強烈に押さえつける(殻群の)圧力の下で、瞬間的に数10Kmも移動するという横圧縮移動がかかってはじめて、このような褶曲山脈は出来るのです。
あくまで、瞬間加圧(加熱)⇒瞬間減圧(冷却)で、このような構造は可能なのですよ。
うみゆりアンモナイト原生動物も、こうして地層内に閉じ込められた。 だらだらと加熱や冷却をしてたらみんな熔け混ざってしまいます
 In the description of this figure "in the collision of continents." and not such a structure as the lateral impact. Rock candy to be winding wrought in this form from above against the intense is under pressure (ice core group's) momentarily to move 10 km next to the compression move, can for the first time, such as folding mountains. But the moment pressure (heating) ⇒ moment decompression (cooling), such structures are possible. Sea lilies, Ammonite, protozoa, thus trapped in. If you're heating and cooling and, they melt get mixed up.

|

« 神々が潜む所-2・・・拡大しても見えない?宇宙を探し廻ってもダメ? | トップページ | G6)ジャイアント・インパクト説⇒地球のムカシ大陸は一つだったを導く the Giant impact hypothesis ⇒ Old-Earth was one continent, lead. »

a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Celestial-body:天体Mの直接衝突の証拠はあなたの地図帳で見つけられる。in your map-book, found evidence of the direct collision of.:

« 神々が潜む所-2・・・拡大しても見えない?宇宙を探し廻ってもダメ? | トップページ | G6)ジャイアント・インパクト説⇒地球のムカシ大陸は一つだったを導く the Giant impact hypothesis ⇒ Old-Earth was one continent, lead. »