« 南周り欧州航路・・ムンバイ航空路、アルプス上空を飛ぶ | トップページ | 神々が潜む所-2・・・拡大しても見えない?宇宙を探し廻ってもダメ? »

2015年9月25日 (金)

神々が潜んでいる場所 Where the gods are lurking... It's a series of purely scientific stories.純粋に科学的なお話のシリーズです。

 古くて新しい科学的なお話です。
まずは、最新の身近な発見 から始めましょう。
ある人が、我が家の門柱で車を傷付けてしまいました。
夜間とはいえ、私よりも遥かに運転の上手な人が、自損事故を起されたのです。一人芝居とか、自業自得と呼ばれる類の事故ですね。It's an old, new scientific story. Let's start with the latest familiar discoveries. A man has damaged a car at the gate of my house. Even though it was nighttime, a person who was much better at driving than I had a self-inflicted accident. It is an accident of the kind called the one-person play or own business.
 Photo
 これは我が家の館道(たてみち)です。
写真の右側に、門柱が大きく写っています。
この門柱に、ピカピカに磨いてある車の側面ボディーを擦り付けられたという自損事故でした。
 車の運転には相当な自信をお持ちの人でしたので、自損事故の保険には入っておられなかったそうですが、後ドアと側部ボディーの二つを大きく傷付けられてました。
 写真の奥の方に、その時のタイヤの跡が白くくっきりと残っています。 もう少し近寄ってみましょう。
This is the way of my house. On the right side of the photo, there is a large gate post. It was a self-harm accident that the side body of the car which was polished shiny was rubbed against this gate pillar.  Because it was a person who had considerable confidence in the operation of the car, it seemed not to have been insured of the self-injury accident, but two of the rear door and the side body were greatly damaged. In the back of the photo, the tire marks at that time are white and clear. Let's get a little closer.
I took a picture of the road surface from directly above .】
 
路面を真上から撮りました。】

Photo_3
 前輪の両タイヤ跡がペアーでクッキリと残っています。手前には(薄い)タイヤ跡があって、車の進んで来た痕跡を留めています。Both tire marks of the front wheel remain in a pair. There is a (thin) tire mark in front of it, and traces of the car's progress are kept. The car is going to move from the bottom of this photograph toward the top, and it seems to have been rubbed lightly of the hong by the gate pillar at the back door first. [2] Once, I was resumed forward after back, but how to say, suddenly cut the steering wheel to the right hand, brake with a loud sound of gully. Then, the mark which cut the steering wheel to the right to the left is clear and white, and remains on the concrete road surface.
この写真の下の方から上の方に向かって車は進もうとしていて、【1】まず、後ドアを門柱でホンの軽く擦られた様子です。【2】一旦、バックしてから前進を再開されたのですが、どう言う訳か、急にハンドルを右手に切り、ガリガリという大きな音と共にブレーキ! そこで、ハンドルを右に左にと切り直した跡が、クッキリと白く、コンクリート路面に残っています。
Photo_4
 ”足が付く”という泥棒言葉(探偵用語?)がありますが、はっきりと残るものなのですね、足跡というのは。
泥棒が雨の日には絶対に忍び込まないという心理は良く分かりました。
 この事件を通して、「心の動き」と、実際に起こる現象との関係について、私は改めて大きな興味を抱いた訳です。The word "foot" (detective term?) There is, but it is the one that remains clearly, and the footprint is.  The psychology of thieves never sneaking in on a rainy day was well understood. Through this incident, I was once again very interested in the relationship between the movement of the mind and the actual phenomenon.  
 私はその現場に居あわせていて、【1】のドア擦り事故の直後に、事故からの切り抜け方を指導してあげたのです。しかし、その人は門柱から少し離れたところで前進に切り替え、1メートルほど進行した直後、何を思ったのか急ハンドルを右に切って、ガリガリと門柱の角で、後部ボディーを大きく傷つけてしまったのでした。
私は車の外からハンドルをつかみ、3回4回抜け出せる方向に回してあげたのですが、その人はより重症な方向へと進路を選択し行動してしまうのでした。
 I was at the scene and taught them how to get out of the accident right after the door-rubbing accident. However, the person switched to the advance a little away from the gate pillar, cut the steering wheel to the right what was thought immediately after it progressed about one meter, and the rear body was greatly damaged in the corner of the gate pillar. I grabbed the steering wheel from outside the car and turned it three or four times in the direction I could get out of it, but she chose to take the course in a more severe direction and act.
 30年間無事故無違反が自慢の方でした。
事故を初めて起されて、パニックに陥られたのでしょうが、こういう時にその人の性格や性癖というものが現われてくるのだなあ』と、私は思いました。
『何故、こんな他人の失敗をここブログに暴露(ばくろ)するのか?』という苦言ですか?
それはねとかものごころ」とかいうものと、起きて来る現実の現象との間に関連があるという証拠!のように、感じたからです。For 30 years, he was proud of his no-accident violations. I thought, 'The character and the character of the person appear at such time though it might have been caused the accident for the first time, and it was panicked.' "Why are you exposing other people's failures to this blog?" Is that a bitter word? The reason for it is that it felt like evidence that there is a relation between the phenomenon of the reality which happens with the one like the mind or the one like the one.
Don't think of it as "exaggerated" or "unscientific." Let's talk about the super serious and scientific kind of story.

『大げさだ』とか『非科学的だ』などとは思わないで下さい。 その”超真面目で科学的な類(たぐい)のお話”をしましょう。

I've been a sunny man since I was young. Don't you think the weather forecast comes off well? The weather forecast seems to have hit comparatively well in recent years after launching a weather satellite called Amedas, but still, the forecast is fixed every day, every hour, every time, finally that state.
 私は若い頃から”晴れ男”なのでした。

天気予報はよく外れるとは思いませんか?アメダスとか云う気象衛星を打ち上げてから天気予報は近年比較的良く当っているように見えますが、それでも、予報は毎日毎日、毎時間毎に、ドンドン修正されて、やっとあの状態、なのです。
 私は予報官が何と予報していようが、自分が晴れて欲しい時にはいつも、晴れるように”念力を掛ける”ことにしています。
そうすると、そのように、自分に身近なお天気が変わって来るのです。
”晴れ男、晴れ女”はそういう超能力を備えた人達なのであり、まことに予報官泣かせの人種なのです。
No matter what the forecaster predicts, I always "try to keep in mind" that it will clear up whenever I want it to clear up. Then, the weather familiar to me changes like that. "Sunny man, sunny woman" is people with such superpowers, it is truly a race of the forecaster crying.
You're wearing a spit on your eyebrows! No, it seems to be taking unscientific action to disregard the fact that the mind is moving the reality.
 (まゆ)につばを付けているあなた! 駄目ですよ、が現実を動かしている事実を無視するような科学的な行動をとっているようでは。

 同様に、”雨女、雨男”も実際に存在しています。
この人達は、どういう風に『心の中で思っているのか?』というと、
『あの日は雨が降って欲しくないけれども、いつもいつも私が何かしようとする時には雨が降るから、またあの日も降るんじゃあないかな。心配だな・・・。』と思って、
暗示をお天道様に掛けている(願っている)のです。
Likewise, "Rain Woman, Rain Man" actually exists. How do these people think in their hearts? I mean, 'I don't want it to rain that day, but it always rains when I try to do something, so it's not going to rain again that day. I'm worried about you. I'm hoping that you're multiplying the hint to heavenly way.
Through out the prayers, we're making forecasters feel ‘nimmari’; smile. Sometimes, when a catastrophe occurs, they are called "once every 100 years, and it was unexpected", or "This is why we have to spend more money on the weather forecast."
 その祈りが通じて、予報官をニンマリさせているのです。
たまに大災害が発生すると、彼らは、「100年に一回の大災害で、予想外でした」とか、
「これだから、天気予報にはもっとお金を掛けなければなりません」だとか、のたまわれるのです。
 こんな嫌味を言うつもりで、ブログを書き始めた訳ではありませんでした。
」が、「物や現象」を左右するというお話の途中でした
 話をもどします。I didn't start writing a blog with the intention of saying this disgusting thing.  I was in the middle of a story where the mind controlled things and phenomena. I'm going to get back to the story.
A long time ago, the word fractal or chaos became popular. The word catastrophe is also popular, isn't it? There was also the word paranormal. In the world of research, it was discussed seriously, even as "if a butterfly swings a feather in Japan, a hurricane occurs in the United States." There was some reason for that.
 一昔前にフラクタルとか、混沌という言葉が流行りました。
キャタストロフィーという言葉も流行りましたね。超常現象という言葉もありました。
そんな研究が世界中で行なわれた中で、
”日本で蝶が羽を一振りするとアメリカでハリケーンが発生するというようなことまで、大真面目に議論されたのです。その理屈には一理ありました。
 実際にその可能性は、科学的には否定出来ないのです。
In fact, the possibility cannot be denied scientifically. When it's about weather, it's hard to explain, so let's change it to the stock price story. There is a 50% 50% chance that the stock price will go down or go up. One investor happened to say, "I think it's about time the stock price went down a lot." Let's say you started selling a lot of stocks.  Then, the chain reaction is caused immediately, and the order of the sale of the stock increases rapidly one after another. You've had a bitter experience, too, so you know this. Today is a world of information overload, so the influence of the mind of only one person is running all over the world instantly.
 気象の話では、説明しずらいので、株価の話に変えて説明しましょう。
株価が下がるか上がるかは、完全に50%50%の確率です。
ある一人の投資家が、たまたま『そろそろ株価が大幅ダウンするのではないかな?』なんてふと思って、株を大量に売り出したとします。
すると直ぐに、連鎖反応を引き起こして、次々に株の売り注文が急増するのです。
 あなたも苦い経験をお持ちでしょうから、これは分かりますね。
現代は情報過多の世界ですから、たった一人の人の心の影響が瞬時に世界中を駆けめぐるっているのです。
昔は「悪い噂は千里の道を走る」程度でしたから、さほどに問題にはならなかったのですけど、疑心暗鬼という心は本当に恐いものです。
 この例は、しっかり”もの心”が事象や事件を引き起こしているでしょ?
気象現象だって同じ事なのです。
In the old days, "bad rumors run the way of a thousand miles", so it didn't become a problem so much, but the mind of doubt and darkness is really scary. In this example, the mind of the firm is causing the event and the event, right? It is the same thing even if the weather phenomenon is.
The probability of "whether the weather at a certain point is going to clear or in the direction of rain" is a 50% 50% chance at that point .
「ある地点の天候が晴れる方向に向かうのか雨の降る方向に向かうのか」の確率は、その時点(その瞬間)では、50%50%の確率なのです。
 勿論、長期予報は春夏秋冬を踏まえた予報ですから、当るのが当たり前です。
でも、明日の〔貴方がいる地点の天気〕が予報官が言った通りになる確率は当るも八卦、当らないのも八卦なのです。
その地点、その地方に想いをはせる人達の多くが心で思い願ったように、気象は変化していく、のです。
〔事件発生後の事後説明に惑わされてはいけません、株価の乱高下についても、異常気象についても!〕
Of course, the long-term forecast is based on the spring, summer, autumn and winter, so it is natural to hit. However, the probability that tomorrow's [weather at the point where you are] will be as the forecaster said is "hit, but it is also eight, and it is not hit. The weather changes, as many of the people who think about the region have wished at that point.
[Do not be deceived by the explanation after the incident, about the turbulence of the stock price, about abnormal weather!]
 経験学上、3日から1週間先の気象は、想いの方向に変化していく様子です。
この「心が事象や現象を動かしていく」を納得した株屋さんが、(ばくち)をしかけるのは昔も今も変わりませんが、莫大な資産家はそれを(陰に陽に)実行していらっしゃるのです。
 この人達のことを「死の商人と呼ぶのです。
博打打ちは早かれ遅かれ破算しますが、死の商人」は狡猾(こうかつ)でして、数千年前から私腹を肥やし続けて来ておられます。
今は核戦争さえも”何とか利用してなんとか儲けよう”と企んでおられる様子ですね。くわばらクワバラ。
In my experience, the weather from three days to one week seems to change in the direction of my thoughts.  It is not the same as the past and the present that the stock shop who consented to this "the mind moves the event and the phenomenon" to put it on, but a huge wealthy man is executing it in the sun in the shadow. They call them merchants of death. The gambling will be broken sooner or later, but the Merchant of Death has been crafty and has been enriching the private body for thousands of years. Now, even nuclear war seems to be plotting to make a profit somehow by using somehow.
A bar. Let's do it again tomorrow.
 続きはまた明日にしましょう。
PS1このお話シリーズでは「心の力学」「心と科学との融合」を目指します。
    2015年 9月25日  大山 宏
PS1: In this series, we aim at "the dynamics of the mind" and "the fusion of the mind and science". September 25, 2015 Hiro. Oyama

PS2玄関先での門柱にゴシゴシと車を擦りつけた車のその後です。
昼間、その擦り傷の跡を車修理屋さんと3人で、詳しく見る機会がありました。そうしたら、その修理屋さんが即座に、「この部分は、前にも誰かがひどくこすり付けられてますね」と言ったのです。
その通りだったそうで、『母さんが何年か前に、同じ箇所をこすり付けたのだ。』と白状しました。
 It is after the car which rubbed the car with the ‘goshi-goshi’ to the gate pillar at the doorstep. In the daytime, i had a chance to take a closer look at the scars of the scrape scar with a car repair shop and three people. Then, the repair man immediately said, "This part is rubbed badly by someone before"
That's right, she said, 'My mom rubbed the same spot some years ago.  I confessed. Don't you think this is a scary story? It's actually a true story I've come across. It happens. It's a coincidence. It is difficult (super-scientific). (Statistical mathematics also had an event in front of my eyes about the probability of winning the lottery.) It's most certain to judge that you rubbed the same part so that you could be attracted to something. If you ignore this, you will be branded an unscientific person.
 これって恐い話だとは思いませんか。実際に私が遭遇した実話ですよ。

これを「たまたまだよ。偶然の一致だよ。」で済ますのは、困難(超非科学的)です。(統計数学上でも、宝くじに当る確率の事象が眼の前で起こったのです。)
何かに引き寄せられるように、同じ箇所を擦りつけたと判断するのが最も確からしいのですよ。これを無視したなら、あなたは非科学的な人烙印(らくいん)を押されることでしょうね。

|

« 南周り欧州航路・・ムンバイ航空路、アルプス上空を飛ぶ | トップページ | 神々が潜む所-2・・・拡大しても見えない?宇宙を探し廻ってもダメ? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 本日は2018年12月28日です。前日は大雪予報が全国的に予報され、高速道路でのチェーン装着義務が法制化されたこともあって、『カー用品店のチェーンが飛ぶように売れた』とNHKニュースが流れていました。広島県豊栄町の我が家の庭も雪化粧がなされ、デジタルカメラに周囲の風景を写して回りました。『さて、タイヤ交換をしなければ・・・』と思って道具箱を車から取り出し、倉にしまってあるタイヤを転がしながら運んでいた時に、変な違和感を感じたのです。『これは夏用ののっぺりとした夏用のタイヤじゃあないか?』『???』
 車に付いているタイヤを見ると、雪対策用の彫りの深いタイヤが付いています?『???』
 私は車の燃費に関しては人並み以上にうるさい方で、春になって雪が降らなくなれば即、夏用のタイヤに交換する習慣が身についているので、タイヤ交換を忘れるはずはあり得ないのですが、現実にはこの1年間、冬用のタイヤで何万Kmも走り回っていたことになるのでした。人は誰でもそう判断します。
 しかし、どうもそうではなさそうです。このブログ記事「神々が潜んでいる場所」と似たような異常現象がまたまた豊栄町の我が家:へその館で起こった!と私は解釈しました。その証拠を残す意味を込めて、しょっちゅうお世話になっている豊栄モータースのお兄ちゃんに電話を掛け、『何年か後に、あのこまめで吝嗇家(りんしょくか=けちん坊)の大山宏が冬用のタイヤのままで1年間、走り回っていた事を覚えておいて下さい。』と、証人になってくれるように電話で頼みました。
 こういう事件は頻繁に「へその館」では起きていますので、私は『またまた、神々の遊び心・イタヅラだな。未来の私が時空間旅行でやって来て、過去を修正した時に、うっかりタイヤの交換をその時期(12月中旬に例年なら初雪が降ります。その時期)に合わせておいたんだ。仕事を終えて未来に返ったのなら、現在の数限りない難問も無事快方に向かうのだろう。やれやれやっと澄子母さんの最後の願いもかなうということか』と、ほっとしました。
 2018/12/28 ひろ.おおやま(大山宏)
 雪用のラジアルタイヤはもの凄く大きな音が走行中にします。春から秋にかけて、そんなタイヤ音で走行し続ける訳はありません。耳障りなタイヤの爆音を聞きつつ運転する度に、『未来の私が時空間を越えてやって来て過去を修正する作業をなし、未来に帰って行ったんだ』という確信を強めるのでした。
 2019/02/05 ひろ.おおやま(大山宏)

投稿: 雪用のタイヤで夏中走り回っていた? | 2018年12月29日 (土) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神々が潜んでいる場所 Where the gods are lurking... It's a series of purely scientific stories.純粋に科学的なお話のシリーズです。:

« 南周り欧州航路・・ムンバイ航空路、アルプス上空を飛ぶ | トップページ | 神々が潜む所-2・・・拡大しても見えない?宇宙を探し廻ってもダメ? »