« 地球整形手術の痕が直接の証拠・・これが一番わかり易い | トップページ | あなたの地図帳で分かる天体Mの侵入方向と、各プレート移動速度との対応 »

2015年9月16日 (水)

天体M構造も地図帳で確認可能!Celestial M structure can be confirmed with the Atlas! "Invasion from the ice planet and left RADIUS."《氷惑星の侵入方向と爪跡半径》

 昨日(2015/9/15)に、フットボール型の潜水艦構造地形 が、地球表面に爪跡として残されている事、その代表格はタクラマカン砂漠だ。というお話をしました。 今日は、そのような地形が何故できたのか? について、まずお話しましょう。
この”フットボール型の潜水艦構造地形”は、見た目には小さく見えますが、強烈な彫刻が地球に”ほどこされた”証拠なのです。
 Yesterday (2015 / 9 / 15), football-type submarine tectonic topography, but is preserved as the claw marks on the Earth's surface, the representative's Taklamakan desert. The story. Today, "why could such terrain? ' The first talk about Facebook. It is a proof of this football-type of the submarine structure terrain looks small in appearance, but intense sculpture on Earth "decorated".
 何故なら、天体Mのコア(中心固体部分)が、地表面を削り取った(あと)だからなのです。
地球と同サイズ程度の天体M(氷惑星、ニビル?)が地球と直接衝突した時、もし、地球と同程度の重さがあったなら、地球に水や氷を与えるのではなくて、逆に地球の物質をもぎ取って行ってしまいます
 Because scars celestial M core (solid core) is shaved off the surface of it is. About the same size as Earth's celestial M (Ice planet, Nibiru?) Will go wrested the substance of the Earth reversed, rather than clashed directly with the Earth at the if, as heavy as the Earth was giving water and ice on the Earth.
 ですから、地球に水や氷が移動し続けるためには、コア重量は地球の重さの8分の1程度であるはずなのです。
コアの重さ(大きさ)が、小さ過ぎてもいけません。小さ過ぎると、太陽から遠い位置にある水素(H)や酸素(O)を沢山集めてくることが不可能になるからです。 コア重量は地球の重さの8分の1程度がちょうど良いと計算されます(高橋実説)。
 Therefore, it is to keep moving water and ice on the Earth core weight about one-eighth the weight of the Earth is supposed to be. Must not be too small core weight (size). It is impossible to gather a lot of oxygen (O) and hydrogen (H) is located and too far from the Sun. (because of Minoru Takahashi) is calculated and core weight is about one-eighth the weight of the Earth just right.
 
重さが8分の1ということは、球(コア球)の直径は、地球直径の半分です。
  球体積の式は、V=(4/3)πr^3 でしたね。
(1/2)x(1/2)x(1/2)=1/8: 8分の1 思い出しましたか。
この重いコアの周りにの溶け込んだが大量に有って、全体としては地球と同程度の直径を持っているのが、天体Mの構造なのです。 そして、寒い寒い太陽系の外側まで旅して水素・酸素(水)を集めて来るので、その表面には、厚さ数10Kmの(氷殻)が出来ているのです。その様子は、地球コアを包むマントル(液体)の周囲に地殻(固体の層)があるのと似ています。
 Weighs 1/8; that is half the diameter of Earth is the diameter of the sphere (spherical core). Sphere volume formula is V = (4/3)πr^3 it was. (1/2) x (1/2) x (1/2) = 1/8: reminded you of ( 1/8 ) ? With large amounts of water around the heavy core part of sand, have a diameter comparable to the Earth as a whole is the structure of the celestial M. And traveled to the cold cold homeworld is so come bringing hydrogen and oxygen (Water) on its surface, made number 10 Km thick ice (Ice core). Similar to the crust (solid layer) has around the mantle surrounding the Earth's core (liquid).
 地球と天体Mとが直接衝突する場合、ほとんどの衝突は氷殻部分と衝突します。ニアミス衝突(このニアミス事件がノアの箱舟事変)の場合には、混じりのだけが大量に地球に移動してして来ています。
 Direct conflict between Earth and celestial M, most crashes are collide with ice shell part. Near-miss collisions (near-miss incident with Noah's Ark incident) of, if the earth move large amounts of sand mixed with water only, to come.
 氷殻で衝突する時には、数10Kmの厚さの氷殻の下にも、地球は頭を突っ込むのですが(中は液体の水なのですから)、地球表面に皺(しわ)痕跡を残す整形手術は、割れた氷殻群で行なわれるだけです。 その結果が、ヒマラヤ山系など、全世界の褶曲山脈が出来て来た!という訳です。
 During the clash in the ice shell beneath the ice shell thickness of 10 Km of Earth is stick your head is (because liquid water is in), just leave wrinkles traces on the surface of Earth's cosmetic surgery is done in cracked ice core group. Came range of fold mountains of the world, such as the Himalayan mountain system is made as a result! "is a translation.

ニアミス衝突や直接衝突 があるのなら、天体Mのコアにぶつかるという重衝突 も起こったのではないか』と、考えられるでしょう? YES、起りました。 数10回の天体Mとの衝突の内の何回かは、実際に重衝突だったのです。そしてその証拠が、フットボール型の潜水艦構造地形、として、地球表面に記録されたという訳なのですよ。
 Would be considered "near-miss collisions and direct impact if the celestial M core in a heavy collision happened not?'? YES, occurred. Collision with celestial M 10 times in several times was a heavy collision actually is. And the evidence that football-submarine tectonic topography, it is a translation that was recorded on the Earth's surface.
 コアは固体(球)ですが、サイズが小さい(1/2)です。 ですから、深くてハッキリとした削り痕を地球表面上に残したのでした。 この重衝突の証拠の一つが、タクラマカン砂漠だった。
数億年~数10億年前の古い時代の衝突だったので、タクラマカン砂漠ゴビ砂漠には草が生えだして来ています。一方、極最近できたサハラ砂漠には、”見渡す限り砂だらけ!”という状態が見えるという訳です。
 もう一つの重衝突の例は、インドネシア沖のスンダ海溝が造られた時の衝突ですが、
Core is a solid (ball), but size is small (1/2) are. It was so deep and clear cut marks left on the Earth surface. One evidence of this heavy clashes was the Taklamakan desert. Millions of years-1 billion several years ago in old age conflict was in the Taklimakan desert, and the Gobi desert grass grows out come is. In the Sahara desert, on the other hand, was very recent, "as far as sandy!"  It is a translation which is called. Heavy collision of another example is the collision when it was built the Sunda trench off the coast of Indonesia,
Photo_3時代が現代に比較的近いためもあって、爪跡半径が2800Kmという超大型の大地構造を造ると同時に、南シナ海というフットボール型の潜水艦構造地形  を爪跡として残したのでした。これが、【天体Mのコアとの衝突:重衝突】の2例目です。
爪跡半径の中心点がちょうど、南シナ海の中央辺りにあるのも、数値計算で意味のある数値となりそうです。 計算の得意なあなた、ちょっと検討してみてくれませんか。
 Super Duper 2800 km of Earth to build a wake RADIUS, relatively close to the modern era and at the same time, South had left the football type of sea submarine tectonic topography as a fingernail. This is [celestial M core collision: heavy collision] of second. The center point of the left RADIUS just Udo, South around the middle of the sea is also significant in numerical value seems. Calculation of I not unto thee, I consider?

 このように、あなたの手元にある地球儀や地図帳には、天体M(氷惑星)の爪跡 が沢山残されている(書き込まれている)のです。 古い傷跡は、その後の新しい整形手術痕で多少は変形を受けていますが、詳細に検討すれば、前後関係ははっきりしてくるはずです。 時計を逆回しにしつつ、形を過去に戻していくと、昔の大陸(例えばパンゲア大陸)に、この方向から、この深さで、天体Mが衝突して来た結果、こういう大陸分裂と大陸移動が起こったのだ!ということが、理路整然と語られる時代が、近いうちに実現することでしょう。
 Atlases and globes are at your fingertips, is still a lot of celestial M (ice planet) of (written) is. Old scars is somewhat deformed in the then new orthopaedic surgical scar is examined in detail, the context clearly comes should be. While the backwards clock back together form the past and old continent (for example the Pangaea continent) in depth from this direction, came to collide with the celestial M as a result, such continental breakup and continental drift happened! "told reasoned that age is Will be realized in the near future.

 どうです、ウェゲナーの大陸移動説よりも、もっとセンセーショナルな技術論文が出来るとは思いませんか?
 このブログを読んで下さっているあなた(貴方・貴女)、チャンスですよ。
ダメで元々。 勇気をふるって、挑戦なさってみて下さい。
    2015年 9月10日 大山宏
参考:私の持っている地球儀は、
      Replogle  World Ocean
SERIES  30cm DIAMETER GLOBE です。定年退職記念として(2010)に、東京の地球儀専門店で娘が買ってくれました。
海の中の起伏から、陸の起伏まで、凹凸で掘り込まれた傑作な地球儀です。
活用している地図帳は、数10年前の学生時代の”しろもの”です。上記のスンダ(ジャワ)海溝の地図コピーも、その古い地図帳が出典です。
 結構役立ちます。大切に取っておいて良かった!
 And how is Wegener's continental drift theory from the even more sensational and technical papers, don't you think? You are reading this blog (you and I), it is chance. Originally in the bad.
 Please do try and brave. 2015/ 9/ 10, Hiro. Oyama
reference: Globes that I have Replogle World Ocean SERIES 30 cm DIAMETER GLOBE. As the retirement of (2010), the girl was bought by Globe specialty store in Tokyo. It is a masterpiece and globes from the ups and downs in the sea of undulating land until digs on uneven surfaces. Used Atlas is a student 10 years ago, "forever". Above the Sunda (Java) trench map copy, the old map book is Wikipedia. I can help you. To keep the good!

|

« 地球整形手術の痕が直接の証拠・・これが一番わかり易い | トップページ | あなたの地図帳で分かる天体Mの侵入方向と、各プレート移動速度との対応 »

a 断面図でごまかされた「プレートテクトニクス」の嘘 Lied cheated in the section "plate tectonics"」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天体M構造も地図帳で確認可能!Celestial M structure can be confirmed with the Atlas! "Invasion from the ice planet and left RADIUS."《氷惑星の侵入方向と爪跡半径》:

« 地球整形手術の痕が直接の証拠・・これが一番わかり易い | トップページ | あなたの地図帳で分かる天体Mの侵入方向と、各プレート移動速度との対応 »